チューリッヒ 観光。 チューリッヒ旅行でお勧め!すぐ行ける観光スポット7選

チューリッヒからツェルマット・ユングフラウヨッホへの行き方【スイス】

チューリッヒ 観光

Contents• 日本からチューリッヒまで フィンランド航空にて、ヘルシンキを経由してチューリに夕刻到着。 フィンランド航空を選んだ理由は、料金は10万円弱、直行便は高くて手が出ないので、ヨーロッパ系かアジア系の乗継便で絞ったのですが、どの航空会社比較しても、総移動時間が少ない割に値段も手ごろでした。 行きも帰り総移動時間は15時間ほど、乗継時間も二時間ほどです。 飛行機は名古屋発10時過ぎの乗継便で約15時間の旅ですが、時差の関係で7時間日本時間の前倒しになるので、同日の18時前ににチューリッヒに到着することになります。 ヘルシンキでの乗り換えは、日本人のスタッフが常駐しているため、何かあった場合も安心して利用可能です。 フライトの到着が重なると、手荷物検査・シェンゲン協定の入国審査に時間がかかるため、買い物などは帰りに回して、先に審査を終わらせましょう。 チューリッヒ空港から市内までは鉄道で移動 チューリヒ空港到着後は、空港から市内まで鉄道での移動です。 空港の到着ロビーから空港駅まで、列車マークがつながっているので、このマークに従って歩きます。 到着フロアから1階下に降りた所がSBB(スイス国鉄)の切符売り場です。 ここでチューリヒ中央駅までの切符を購入します。 特急や急行で約10分で料金はCHF3. チケット販売機は、英語の選択が可能です。 また、空港駅は終着駅ではないので、必ずチューリヒ中央駅(Zurich HB)と書かれた列車に乗って下さい。 スイスパスを到着日から利用する場合は、日付印をここで押してもらいます。 私の場合、到着が夕方でその日はチューリッヒに移動するだけだったので、スイスパスは使わず、切符を購入して乗車しました。 チューリッヒ市内のホテルは徒歩で チューリヒ中央駅到着後、ホテルまでは徒歩で移動となります。 私が宿泊したホテルは、中央駅から徒歩十分ほどにある『HOTEL ROTHAUS』。 寝るだけだから安宿で充分、それでもCHF139(12000円位)もします。 これでもチューリッヒ市内では安い方を選んだのですが、宿泊費は相当高いと覚悟した方が良いかもしれません。 ホテル自体は簡素で清潔、すぐ向かいにコンビニもあり、観光の拠点としてとても便利が良いので、これくらいの価格で済ませることができるなら合格です。 初めてのチューリッヒ、あいにくの雨で背中には重いバックパック。 傘も差さずに地図を片手に歩きました。 計画では徒歩で行くしか頭になかったのですが、後になってトラムの駅がホテル前にある事を知りました。 疲れもあって、チェックインした後は近くのスーパーで買った惣菜とパンで夕食を済ませ就寝。 本来はチューリッヒでの移動は、基本的に全てトラムでできるので移動は非常に便利です。 後になってトラムの駅がホテル前にある事を知りました。 観光名所は、徒歩で充分回れますが、とても便利なのでぜひ一度試しに乗ってみてください。 チューリッヒ市内観光は短時間でも楽しめる 二日目、昨夜に引き続きあいにくの雨模様。 午前中は中世の建造物も数多く残る、新しさと古さが融合した街並みを散策する。 おもな見どころはリマト川の両岸なので、一般の観光なら徒歩で充分です。 チューリヒの街を散策すると、中世にタイムスリップしたかのようなかわいい街並みを眺めることができます。 家の一つ一つがパステルカラーで、とてもかわいい!お店の看板も、全てオリジナルになっていて、街を歩くだけで大満足ですよ。 朝食を食べる目的でニーダードルフ通りを歩きます。 旧市街のメインストリートが約700mもあり、骨董品や画廊、雑貨店やブティック、カフェやレストランが並んでいます。 平日の朝なのか、人はまばらで少し寂しい印象でした。 朝食に選んだのは小さなカフェ。 外観は撮れませんでしたが、地元の人らしき老夫婦やスーツを着たビジネスマンで賑わっていたので迷わず決めました。 注文してから作ってもらえるハンバーガーと、ショーケースに並んだパンとコーヒーの軽い朝食をとりました。 お腹が空いていたから美味しかったのですが、どうしても日本と比べると価格の割に量と味のバランスがとれていませんね。 1日目にしてスイスの物価の高さを思い知らされました。 ハンバーガーセットで1000円くらいでした。 チューリッヒ湖、リンデンホーフの丘、St. あいにくの雨ですが、家族連れがハイキングを楽しんでいます。 帰り道には偶然通りかかったCOOPへ。 半額になったおにぎり発見しましたが半額で1. 9CHFじゃ高すぎます。 チョコレートと炭酸飲料を購入して小腹を満たしました。 せっかくなら、ハイキングの前にスーパーに寄って軽食を買っておくのが良いですね。 ベルニナ特急の乗車駅クールで宿泊 夕方、マイエンフェルトから二駅先にあるクールへ移動。 翌日に乗車するベルニナ特急の停車駅でもあります。 朝8時の電車に乗るために、クールで一泊。 駅自体はこじんまりしていて、駅の中央から出て、クール市街に続くバーンホフ通りを歩きます。 宿泊ホテルは『Hotel Drei Konige』ドイツ語圏らしいホテル名です。 未だに何と読んでいいのか分かりません。 散策に便利な旧市街にあり、駅からは徒歩で10分ほど。 宿泊客は1階のレストランで使えるドリンクチケットがもらえます。 レストランはスイスの家庭料理が食べられます。 あいにくレストランは満席で、待ち時間がかなりあると言われたのであきらめました。 ここのレストランはガイドブックににも載っているので、クールを訪れたらぜひ、スイス料理を味わってください。 入口の扉を開けると、すぐ正面に二階のフロントに続く階段が現れます。 2階フロントから撮影。 なかなか趣のあるエントランスの扉を開けると、すぐ階段があります。 入って左側がレストランです。 客室はシンプルながらも、共同トイレ・バスで各部屋に洗面台が備わっています。 スイスだからでしょうか、むき出しの洗面台も絵になります。 クールの夜は幻想的 写真が見つからなかったのですが、クールといえば噴水、と言ってってもいいいくらい町のあちこちにあります。 最初、クールは噴水の町かと思っていましたが、違いました。 スイス全体に噴水があるのです。 各家庭に水道が出来るまで、生活に必要な水道だったようです。 スイスでは、国旗を掲げている家が多くあります。 愛国心からなのでしょうか?小道を入ると可愛らしい建物がいっぱいです。 静かなクールの街。 スイスの国旗が絵になります。 クールの夜は幻想的。 オレンジの街頭とスイスの国旗が映えています。 クールの町並みが一番スイスらしいと思います。 クールは交通網の便が良くMIGROSやCOOPといったスーパーが街の目抜きに立地していて何かと便利。 チューリッヒまで列車で1時間半、マイエンフェルトまでは15分程度各地へと観光するのに好都合である。 スイスを旅する貧乏旅行者に、拠点としてお勧めできるお得な宿もたくさんあります。 まとめ• チューリッヒ空港駅からチューリッヒ市内までは鉄道で約10分。 空港駅は終着駅ではないので、必ずチューリヒ中央駅(Zurich HB)と書かれた列車に乗って下さい。 チューリッヒでの移動は、基本的に全てトラムでできるので移動は非常に便利です。 乗らなくても観光名所は、徒歩で充分回れます。 チューリヒの街だけなら、半日もあれば充分です。 列車を待つ間に1時間でも2時間でも時間ができたら、ぜひ中世の街を散策してください。 ベルニナ特急の乗車駅、クールはコンパクトな町。 ちょっとした散策だけで、スイスのイメージを裏切らない街並みに触れることが出来ます。

次の

スイス列車の旅

チューリッヒ 観光

チューリッヒ湖 Lake Zurich スイスには1500以上の湖があるといわれていますが、チューリッヒで特に人気の高い観光地はチューリッヒ湖。 チューリッヒから南東に約40キロメートルに渡って細長く延び、その風光明媚な湖の姿を見に多くの人が訪れます。 周辺はリゾートや高級住宅街となっており、レストランやオシャレなカフェが軒を連ねています。 湖でのメイン観光はやっぱり遊覧船でしょう。 夏季は毎日運航され、ケー橋側の桟橋から出ている1時間半のコースから、7時間のコースまで4つのコースを提供しています。 冬は1時間半と4時間のコースのみです。 爽やかなチューリッヒ湖の風を浴びながらの遊覧観光は、爽快で忘れられない思い出になること間違いなしです。 湖面から見る街並みやチョコレート工場などいつもとは違った視点からチューリッヒを満喫出来ちゃいますよ。 遊覧コースの中にはBBQクルーズなど多彩なイベントも楽しめます。 アルトシュタット 旧市街 Old Town Altstadt リマト川の東岸に、中世の街並みを色濃く残したチューリッヒの旧市街があります。 ニーダードルフ通りを歩くと、ちょっとした盛り場のような雰囲気を楽しめ、遅くまで人々が賑わい華やかなんですよ。 旧市街地で一際目立つ、プレディガー教会には突き刺すように天に伸びる塔も見られ、車も入ってこられない場所も多いので、ゆっくり穏やかな気分で観光出来ます。 石畳の道が多く点在し、ヨーロッパならではの雰囲気を味わいながらの観光にチューリッヒの古い歴史感じるでしょう。 レトロな雰囲気の雑貨屋さんには、スイスらしい工芸品なども並んでおり、お土産探しも出来ます。 ウィンドウショッピングだけでも十分楽しめますよ。 オシャレなオープンカフェもあるので、疲れたらゆっくりお茶を飲みながら、チューリッヒの雰囲気を体感するのも素敵な観光ですね。 チューリッヒ動物園(Zoo Zurich) 日々進化を遂げ世界中のメディアからも注目を集めるチューリッヒ動物園、こちらもおすすめの観光地です。 園内では、マダガスカルの熱帯雨林の中で動物が放し飼いされたり、間近で動物と接したり、ありのままの状態に近い動物たちに会えるのが魅力です。 また、2014年には11000平方メートルの広さの「ケンクラチャンエレファントパーク」が完成し、中ではゾウたちがゆったりと過ごしています。 最大の見どころは、巨大プールを泳ぐゾウを見ることです。 日本では見られないユキヒョウやふんわりした毛並みが心をくすぐるリャマ、行列を作って園内を歩くガチョウの行進も見れちゃいます。 チューリッヒ動物園内の観光には、マソアラエクスプレスに乗って巡るのも楽しいですよ。 園内にはピクニックエリアもあるので、お弁当持参で訪れるのもいいですね。 ファミリーでのチューリッヒ観光には外せない観光スポットです。

次の

スイス列車の旅

チューリッヒ 観光

チューリッヒの半日観光コース 早速、チューリッヒ中央駅(Zurich HB)から、散策をスタートさせましょう。 チューリッヒ中央駅 それにしてもおしゃれな駅ですね~。 彫刻もかわいい。 駅前にいるこの人は、スイスの鉄道王「 アルフレッド・エッシャー」さんです。 クレディ・スイス銀行の創業者でもあります。 まずは駅からまっすぐ「 バーンホフ通り」を進みましょう。 バーンホフ通り おしゃれなお店が立ち並ぶ通りを、 路面電車が颯爽と駆け抜けていきます。 おしゃれな建物を左に曲がって 橋をくぐると、 川が現れました。 右手の遊歩道を渡ると、 すぐ近くに白鳥が…! 絵になる~! 素敵な景色がいっぱいです。 …ん?窓から何かが覗いてるぞ。 …!! この、動物が窓から覗いている店を過ぎたら、右折します。 階段を上ると、 左手に「リンデンホフの丘(Lindenhof)」があります。 リンデンホフの丘 ここからは、チューリッヒの街が一望できるのです。 涼しい風が吹くこの丘は、休憩にぴったり。 ダンスするにもぴったり。 ノリノリですね!(懐かしの「マカレナ」を踊っていました) もちろん、スイスではおなじみの 水飲み場も完備されています。 sponsored link 見学が終わったら、再び橋を渡って、さらに先へと進みましょう。 近未来的デザイン。 しばらく歩いて、突き当りの歩道橋を渡れば、 ゴール地点のチューリッヒ湖に到着~! チューリッヒ湖 ここ、「チューリッヒ湖」は幅約3km、長さ約40kmの大きな湖です。 水辺は、鳥たちであふれていました。 白鳥や、 黒い鳥(オオバン?)がいっぱい。 ひとしきり、鳥を眺めた後は、 橋を渡り、 川の反対側を歩いて帰ってくれば、 旧市街なども見ることができます。 このチューリッヒ中央駅からチューリッヒ湖までの往復ウォーキングコース、詳しいルートは歩き方にのってます。 インスタをよく見る方、ネットの速度が遅いと嫌な方は「 4G LTE 300MBプラン」、インスタに写真をガンガンアップしたり、Youtubeなどの動画を見たり、3人以上でシェアして使う方は、「 4G LTE 600MBプラン」が良いでしょう。 現地空港に着いたら電源を入れて、端末に書かれたパスワードをスマホに入力するだけで使えます。 人口は約39万人。 ドイツ語圏。 チューリッヒ空港からチューリッヒ市街(チューリッヒ中央駅)までは、電車で約12分。 ・ 気候:年平均気温は8. 最寒月(1月)の平均気温は-0. ・ ベストシーズン:5月~9月。 ・ 見どころ:チューリッヒ湖、グロスミュンスター大聖堂、チューリヒ美術館、スイス国立博物館、リンデンホフの丘…など ・ ホテル:人気の都市だけあって、ホテルは全体的に高め。 ビジネス客が多く、平日でも満室になりやすいため、予約は早めにしておきたい。 市内のホテルに泊まれない場合は、空港近くや周辺都市に泊まると良い。 (個人的には、宿代が安く景色の綺麗なマイエンフェルトがおすすめ。 細かいお金がない場合は、 すぐ近くの両替機で、両替ができます。 ちなみに、チューリッヒ中央駅は、スイス最大の鉄道駅だけあって、とても広いです。 注意したいのは、ホーム上にある階段からだと、コインロッカーのある場所へ行けないということ。 (…そう。 わたしはここで迷いました) ポイントは、一度 ホーム前方へ行き、そこからエレベーターで1つ下るということ。 構内図で見ると、この位置です。 ・ ・ ・ カテゴリー• 234•

次の