歯を白くするペン。 塗るだけで歯を白くする!噂の【ホワイトニングペン】の効果

アトラスタワー歯科コラム

歯を白くするペン

丁寧な歯磨きこそが究極の着色予防となります。 市販の歯磨き粉、電動歯ブラシ、歯を白くする歯磨き粉の違いについてまとめたサイト「」も人気ですので読んでみて下さい。 紹介しきれなかった「」も参考にして下さい。 歯を白くする方法まとめ 「歯を白くする裏技」はホントに歯を痛めますので注意してください。 「0円で歯を白くする裏技」は意外な方法だったでしょうね。 失敗しない歯を白くする方法としてお伝えした「自宅で自分で歯を白くする方法」は知っておいて損はありません。 あなたの悩みである歯の黄ばみ・着色汚れを取り、白い歯を取り戻せば、明るい生活が待っているはずです。 早く始めることがポイントです。 歯の黄ばみやすい人は、食環境を変えることも禁煙も難しいので、「歯を白くする歯磨き粉」を使う価値はあります。 市販の歯磨き粉より高いデメリットはありますが、毎日使う必要はないんです。 3日に1回使うなど頻度を減らせば、高いデメリットもなくなり、お財布にも優しくなります。 やっぱり、きれいで白い歯をキープするには歯磨きが一番大切です。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 あなたの参考になれば幸いです.

次の

自宅で歯を白くする方法を教えます!4つのおすすめ商品を紹介

歯を白くするペン

ホワイトニングペンとは? ホワイトニングペンとは、白くしたい歯にマニキュアみたいに塗る、新しいペンタイプのホワイトニンググッズです。 日本でも市販されているから薬局やドラッグストアで見たことがある人もいるかもしれませんね。 日本のホワイトニングペンは海外のものと成分が違います。 海外で販売されているホワイトニングペンの成分は、過酸化水素や過酸化尿素など。 日本ではそうした成分は医療機関しか使えないから、薬事法の関係でこれとは違う成分が使われています。 日本のホワイトニングペンの主な成分は亜塩素酸ナトリウム。 これは食品添加物として使われることもあるからわりと安心の成分だけど、漂白効果はイマイチです。 歯の表面の汚れは落とせても本当に白くするのはムリみたい。 ホワイトニングペンでも、海外のものと日本のものとでは効果に大きな違いがあるんですね。 高い漂白効果のあるホワイトニングペンをゲットしたいなら、ネットで個人輸入できるのでチェックすると良いでしょう。 ただし、海外製のものはリスクもあります。 デメリットとして後ほどご紹介します。 まずはメリットから見ていきましょう。 ホワイトニングペンの効果とメリット ホワイトニングペンのメリットは、塗るだけで簡単に歯のホワイトニングができること。 携帯しやすいペンタイプだから自宅やオフィス、どこでも好きなときに好きなところでホワイトニングできます。 使用前に軽くブラッシングをし、ティッシュなどで歯の表面を軽くふき取り乾燥させます。 あとはマニキュアを塗るように歯にホワイトニングジェルを塗布して、15分くらい放置するだけ。 その後はまた軽くブラッシングすると良いでしょう。 気になる効果については、海外のホワイトニングを使えばかなりの漂白効果が期待できそうです。 日本のと違って、海外のホワイトニングペンは歯の表面だけでなく内部まで漂白できるものもあるからです。 亜塩素酸ナトリウムが使われた国産のホワイトニングペンは漂白効果はほとんどないけど、歯の表面の黄ばみや着色を取る効果は期待できそうです。 ホワイトニングペンのデメリット 海外のホワイトニングペンを個人輸入して使うなら、副作用というデメリットがあることも覚えておきましょう。 強い成分が使われているから効果が高い分、歯や歯茎がダメージを受けることがあります。 もともと日本では薬事法で認められていない商品だから、副作用が起きても自己責任ということになるんです。 特に最近では、改良が重ねられて漂白成分の濃度がより高くなった海外のホワイトニングペンも販売されています。 日本からもネットで簡単に購入できるから、使用するときは気を付ける必要がありそうですね。 ホワイトニングペンを使うとき、むし歯があると強く痛むこともあるから、歯科医院でむし歯を治してから使うのがベストです。 あと、神経を取ってしまった歯やひどく変色している歯には効き目がありません。 日本のホワイトニングペンに使われている亜塩素酸ナトリウムも、歯にダメージを与えることがあるようです。 なるべくダメージを減らして安全に使うために正しい使用方法を守ることが大事ですね。 日本で市販されているホワイトニングペンは、漂白というより汚れを落とす効果があります。 海外のホワイトニングペンは漂白効果が期待できるけど、リスクは把握しておきましょう。

次の

ホワイトニングペンで歯が白くなる?口コミでおすすめホワイトニングペン人気ランキング6選!

歯を白くするペン

注意点過酸化水素は歯に染みる可能性があります。 過去にホワイトニングで染みたことがある人は日本製ホワイトニングペンを使いましょう。 口コミで人気のホワイトニングペンランキング6選 口コミで評価の高い人気のおすすめホワイトニングペンをランキング形式で発表します。 特徴は過酸化水素35%とマウスオープナーが付属していることです。 歯が白くなるのはもちろん、マウスオープナーがついているので誤って歯茎についたりしないので安全です。 かなり評判もいい製品なのでおすすめです。 個人的にマウスピースがついているので1番安全に使いやすかったです。 オーラグロウにはトリートメントも配合されているので歯にも優しい製品でです。 ただ購入は日本で出来ないので個人輸入を行いましょう。 おすすめはBUYMAです。 過酸化水素製品の中では唯一BUYMAで入手できる製品です。 この製品も35%の過酸化水素がホワイトニングペンに配合されていて効果大です。 特徴は米国Amazonでの購入だと約1,300円(12ドル)で購入できることです。 安いホワイトニングペンが欲しい人はおすすめです。 こちらも日本では入手不可能なので個人輸入での購入が推奨です。 ホワイトニング効果が口コミで評判の製品です。 GO SMILEも過酸化水素35%の製品です。 日本で入手できないので個人輸入で購入しなければいけないです。 多くのセレブが使っていることで話題になりました。 ハイスマイルの特徴は過酸化水素を使用していないことです。 ホワイトニング効果は日本製と過酸化水素製品の中間です。 ホワイトニングする際に薬剤が歯に染みる人や、過酸化水素が歯茎に触れたりするのが怖い人にとって安全な製品です。 こちらはBUYMAで入手可能です。 2種類の液を歯に塗ってから歯磨きする製品です。 1回30秒でホワイトニング出来る製品です。 過酸化水素不使用なので効果は薄いです。 コーヒーを毎日飲む人やタバコのヤニを取りたい人におすすめです。 安いので喫煙後などに使うのがおすすめです。 ホワイトニングペンまとめ:白くなるが安全性が低い 3. 0 安いのにホワイトニング効果はかなり高いです。 一方で入手しづらさや口腔内のトラブルを考えるとあまりおすすめできないです。 個人責任で使用してください。 安全でおすすめホワイトニング方法は? ホワイトニングペンより安全で確実なホワイトニング方法を紹介します。 オフィスホワイトニング 【公式HP】 スターホワイトニングは2,500円からホワイトニングできます。 東京・大阪に医院展開の日本最安ホワイトニングクリニックです。 ホワイトニング歯磨き粉 【公式HP】 国内で一番人気のホワイトニング歯磨き粉です。 ホワイトニング成分の種類と安さがおすすめポイントです。 間違いなく失敗しない歯磨き粉です。 \あわせて読みたい関連記事/.

次の