耳 かゆみ 市販 薬。 【顔の脂漏性皮膚炎】おすすめの市販薬4選【歴6年経験者がレビュー】

耳から汁が出る5つの原因!市販薬で応急処置は?

耳 かゆみ 市販 薬

耳鳴りの薬 治療薬?市販薬?処方薬?効く薬は? 不快でつらい耳鳴りを抑える治療は対症療法によるもので、基本的には薬での治療になります。 耳鳴りの原因は様々で、その原因や症状によって適切な薬は異なってきます。 耳鳴りに効く薬には市販薬と処方薬がありますが、どのような種類があるのか、効果や副作用など、耳鳴りを軽減・緩和させる薬についてご紹介します。 耳鳴りの原因 「キーン」「ピー」といった高音や「ボー」「ブーン」といった低音、セミの鳴き声のような音など、不快に感じ日常の生活に支障が出ることもある耳鳴り。 耳鳴りの原因は様々で、原因の特定が難しいこともありますが、次のようなことが原因として挙げられます。 耳の病気 メニエール病、突発性難聴、聴神経腫瘍、中耳炎、内耳炎など 脳・精神的な病気 脳腫瘍、脳出血、うつ病、パニック障害など 全身の病気 糖尿病、自律神経失調症、更年期障害、高血圧、低血圧、肩こり、頭痛、喘息、風邪など 生活習慣 疲労、睡眠不足、ストレスなど 音響外傷 ライブやパチンコなど大きな音を聞いたことが原因で細胞が傷つく 他に、気圧の変化によるもの、加齢によって起こる老人性難聴に伴う耳鳴りや、抗生物質や降圧剤など薬の副作用で耳鳴りなどの症状が起きることもあります。 耳鳴りと同時に起きることがある難聴・めまい・頭痛 耳鳴りの症状と併せて、難聴やめまい、頭痛の症状が現われることがあります。 難聴 海外で行われた調査では、耳鳴りがする人の90%が難聴を伴っているという報告があります。 難聴は音や話し声が聞こえにくい状態で、耳鳴りの症状があって検査をするとある一定の音域の聞こえが悪いことがあります。 めまい 立ち上がった時や長時間立っていた時などに起きるめまいの場合は、耳や脳の病気が関わっている可能性は少なく、高血圧・低血圧・ストレス・疲れなどが原因として考えられます。 しかし、• 回転性めまい(自分や周りが回転している感じがする)• 非回転性めまい(体が揺れるようにフワフワする)• 平衡失調(体が左右に揺れる感じがする) によるめまいの場合には、メニエール病や突発性難聴など、耳鳴りと関係する病気のこともあります。 頭痛 頭の主に片側が「ズキンズキン」「ドクドク」と痛む片頭痛と同時に、吐き気を伴うめまいや耳鳴りの症状が出ることがあります。 この場合の耳鳴りは、正確には「頭鳴(ずめい)」と言い、音が伝わる道筋の異常で起こる耳鳴りとは違い、脳の神経細胞が異常な興奮状態になることが影響して、頭全体に雑音が聞こえるように感じます。 これが両側の耳で耳鳴りがしているように感じられるのです。 あるテレビ番組で耳鳴りやめまいにトリプタン製剤が効くといった内容が紹介されたことがあるようですが、トリプタン製剤は片頭痛の治療に用いられる薬です。 耳鳴りは治らない!?耳鳴りの治療 耳鳴りを直接「治す」「止める」という方法は確立されていないため、治療は対症療法になります。 耳鳴りの治療には、以下の方法があります。 薬物療法 抗めまい薬、抗不安薬、抗うつ薬、末梢血管拡張剤、血流改善薬、ビタミン剤、浸透圧利尿薬など。 心理療法 ストレス・不安を軽減することで耳鳴りを起こしにくい環境づくりをする。 耳鳴りの原因となる病気の治療 耳鳴りの原因がメニエール病、突発性難聴、中耳炎などによる病気の場合は、その病気の治療を行う。 TRT療法 耳鳴りに慣れるための治療。 雑音を聴き、耳鳴りに意識を集中させないようにする。 これらの対症療法の中で、基本となるのはやはり薬による治療です。 難聴やめまいについても、通常であれば薬による治療になります。 耳鳴りに効くのは市販薬?処方薬? 耳鳴り対策で飲む薬は大きく分けると以下の種類があります。 薬局で購入できる市販薬• 病院で処方される薬 漢方薬を飲む場合には、薬局で漢方成分が入った市販薬を購入するか、病院で処方してもらうか、漢方薬局で調剤してもらうかになります。 また、薬ではありませんが、サプリメントの活用を考える方もいるかもしれません。 耳鳴りに効くとされる薬で、市販薬・処方薬・漢方薬でどのようなものがあるのか詳しく見ていきます。 耳鳴りに効く市販薬 耳鳴りに効く市販薬として挙げられるのは、主にビタミン剤です。 他には、血流を改善したり、精神や疲労へ働きかけたりする成分が含まれていると耳鳴りにも効果が期待できる市販薬と考えられます。 血行の改善や加齢によって衰えた神経の調子を整えることで耳鳴りや肩こりを改善する薬です(15歳未満の方は服用できません)。 症状が軽いとご自身の判断で市販薬を飲まれる方もいるかもしれませんが、市販薬にも副作用があるので注意が必要です。 耳鳴りやめまいの症状を感じたら、まずは病院を受診するといいでしょう。 症状によっては、早期の治療が必要になることもあります。 ご自身の判断で市販薬を飲む前に病院での診察をおすすめします。 病院は何科に行くの? 耳鳴りの症状が出て病院を受診する際には、何科に行けばいいのでしょうか。 基本的には耳鼻咽喉科を受診するといいでしょう。 なぜなら、耳鳴り・難聴・めまいの多くは耳の病気が原因となって起こる症状だからです。 耳鼻咽喉科では、耳の病気ではないか、専門的な検査・診断をしてくれます。 その結果、耳の病気が原因でなければ、脳神経外科や心療内科、精神科などの受診を必要に応じてすすめてくれたり、紹介してくれたりします。 もし、耳鳴りの症状の他に、激しい頭痛や手足のしびれ、舌のもつれなどの症状も現われている場合には、脳梗塞や脳出血などの病気の可能性があるので、はじめから脳神経外科を受診するといいでしょう。 処方される薬の種類 病院で耳鳴りの緩和や軽減のために処方される薬は、血液循環を改善する血流改善薬や不安や緊張を緩和させ精神を安定させる抗不安薬、ビタミン剤など様々な種類があります。 症状によって処方される薬は異なるので、薬の種類や薬品名、効果、副作用についてご紹介します。 抗めまい薬・内耳血流改善薬 神経の興奮を抑制し、脳や内耳の末梢神経を拡張して、血液循環を改善する薬。 メニエール病をはじめ、内耳障害によるめまいの症状を緩和し、めまいや吐き気を抑えます。 薬品名(商品名) 製剤名(一般名) 効果 メリスロン ベタヒスチンメシル酸塩 内耳の血流を増加 イソメニール イソブレナリン塩酸塩 血流をよくし、内耳液を正常化 セファドール ジフェニドール塩酸塩 前庭神経の調整作用、血流改善 【適応症】 メニエール病、良性発作頭位めまい症、前庭神経炎、突発性難聴など 【副作用】 眠気、頭痛、頭重感、発疹、食欲不振、口の渇きなど 抗不安薬(精神安定剤) 一般的に精神安定剤と呼ばれ、耳鳴りやめまいに対する不安・緊張を和らげる薬。 不安や緊張をほぐして気分を安定させる効果があり、めまいや耳鳴りを意識しなくなることで症状を軽減させます。 速効性があり、急性のめまいや耳鳴りにも使われます。 眠気、ふらつき、倦怠感など 浸透圧利尿薬 メニエール病が原因の耳鳴り・めまい・難聴の際に使われる薬です。 メニエール病は、内耳のリンパ液が過剰に増えることで、内耳全体に水ぶくれ(内リンパ水腫)ができます。 そのため、浸透圧利尿薬の利尿作用によって、間接的に内耳のリンパ液を排出し内リンパ水腫を軽減します。 薬品名(商品名) 製剤名(一般名) 効果 イソバイド(液体) イソソルビド 内耳のリンパ液を排出する メニレットゼリー 【適応症】 メニエール病 【副作用】 吐き気、下痢、食欲不振、頭痛、不眠など 副腎皮質ホルモン薬(ステロイド薬) 神経の炎症を抑える作用や、内耳の代謝をよくする作用があり、内耳の代謝が原因で症状が出ている場合に効果的です。 効果が期待できる一方、副作用も強いのですが、耳鳴り・難聴・めまいの治療では短期間の使用が多いため、医師の指示に従って使用すれば副作用はそれほど心配ありません。 薬品名(商品名) 製剤名(一般名) 効果 プレドニン プレドニゾロン 古くから使用される最も標準的なステロイド薬 リンデロン ベタメタゾン 長期間型で作用は強力 【適応症】 突発性難聴、外リンパ瘻、前庭神経炎、内耳炎など 【副作用】 免疫力の低下、イライラ、不眠、肌荒れ、血糖値の上昇、ムーンフェイスなど ビタミン製剤 処方されるビタミン剤は、ビタミンB12、ビタミンC、複数のビタミンを含む総合ビタミン剤などがあります。 中でも、ビタミンB12は処方されることが多く、神経の働きを正常に保つように働きます。 内耳の神経が原因となって起こるめまいや耳鳴りの治療に用いられます。 薬品名(商品名) 製剤名(一般名) 効果 メチコバール メコバラミン ビタミンB12を補い、末梢神経の修復、代謝改善 シナール アスコルビン酸・パントテン酸 ビタミンC製剤 疲労回復、代謝改善 ビタメジン ビタミンB1、B6、B12複合 ビタミンB1、B6、B12を補う 【適応症】 メニエール病、突発性難聴、前庭神経炎、内耳炎など 【副作用】 まれに胃の不快感、吐き気、食欲不振など 脳循環代謝改善薬 血管を広げる作用によって、血流量を増やし血液循環を改善して、代謝を活性化します。 末梢神経の働きを改善するため、耳鳴りやめまいの治療でも処方されることがあり、代表的な薬がアデホスコーワです。 薬品名(商品名) 製剤名(一般名) 効果 アデホスコーワ アデノシン三リン酸二ナトリウム めまいや耳鳴りを改善 (内耳障害の改善) セロクラール イフェンプロジル酒石酸塩 動脈硬化などを改善 【適応症】 メニエール病、突発性難聴、椎骨動脈などの動脈硬化、脳梗塞など 【副作用】 まれに胃の不快感、食欲不振、口の渇き、吐き気、頭痛など 抗うつ薬・SSRI 抑うつ状態やパニック障害など精神面が原因となって、耳鳴り、めまい、難聴の症状が出ている場合には、抗うつ薬が効果的です。 耳鳴りなどの症状は「いつ治るのか」と不安をさらに強くし悪循環を招くこともあるので、抗うつ薬は悪循環を改善するのにも有効です。 SSRIは効果が高く副作用が少ないと評価されている抗うつ薬です。 気分に関係する「セロトニン」という脳内物質に作用して、神経伝達をよくして抑うつ的な気分を改善します。 水ぼうそうにかかった後、体内のウイルスは完全に消えるわけではなく神経の根本に潜伏していて、免疫力が低下した時に活性化し、耳鳴りなどの原因となる場合があります。 検査で帯状疱疹ウイルスの再活性化が原因と分かれば、抗ウイルス薬が処方されます。 薬品名(商品名) 製剤名(一般名) 効果 バルトレックス バラシクロビル塩酸塩 帯状疱疹ウイルスの増殖を抑制 【適応症】 帯状疱疹(ただし、専門医の判断で帯状疱疹ウイルスの再活性化によるメニエール病、突発性難聴、前庭神経炎、片頭痛などに処方されることがある) 【副作用】 下痢、吐き気、ふらつき、発疹など 抗てんかん薬 脳の神経細胞の興奮状態を鎮める薬で、てんかんの発作予防に処方されますが、脳の神経細胞が異常に興奮することが影響して起きる「頭鳴」(頭全体に雑音が聞こえ、両耳で耳鳴りがしているように感じる)などの改善にも効果が期待できます。 薬品名(商品名) 製剤名(一般名) 効果 デパケン バルプロ酸ナトリウム 脳の神経を鎮める リボトリール クロナゼパム 精神・新家系の不調に応用 【適応症】 てんかん(ただし、専門医の判断で、突発性難聴、頭鳴<脳波異常>、片頭痛、群発頭痛などに処方されることがある) 【副作用】 眠気、ふらつき、吐き気、食欲不振、倦怠感など パベリン塩酸塩・ニコチン酸アミド配合錠 耳鳴りの緩和剤として、有効成分パパベリン塩酸塩とニコチン酸アミドを配合した薬があります。 パパベリン塩酸塩は、血管拡張剤として内耳の血流や周囲の血管の循環を改善します。 ニコチン酸アミドは、末梢血管を拡張させるビタミン剤で低下した内耳の細胞の機能を改善します。 漢方薬 漢方では、耳鳴りや難聴の原因は主に体の水分の代謝が悪化することにあると考えられています。 そのため、体内の水分の流れをよくする漢方薬を使います。 余分な水分を体外に排出する利水剤には、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)や真武湯(しんぶとう)などがあります。 また、水分の流れがよくない時は血の巡りも悪いことが多く、血流をよくする漢方薬も使われ、例として黄連解毒湯(おうれんげどくとう)、釣藤散(ちょうとうさん)などが使われます。 耳鳴りにいいと言われ、サプリにも使用される蜂の子も漢方薬として使われることがあります。 漢方は体質に合っていないと十分な効果を感じられませんし、副作用もあるので、医師などに自分に合った漢方薬を選んでもらうことが大切です。 副作用の心配がない耳鳴りサプリ 医師に耳鳴りは治らないと言われたり、病院で処方してもらった薬が効かないと感じたりした方などが、何か他の方法はないかと調べた結果、サプリメントを利用することがあります。 サプリメントは薬ではありませんが、症状の緩和をサポートする成分が入っています。 血流改善やリラックスする効果は耳のトラブルへもいい影響を与えると考えられるので、薬での治療のサポートとしてサプリメントを活用するのもいいでしょう。 植物由来にこだわり、副作用や他の薬との飲み合わせを気にする必要がないサプリメントがおすすめです。

次の

耳鳴りの薬|治療薬?市販薬?処方薬?効く薬は?|耳鳴り助け隊

耳 かゆみ 市販 薬

痛い・痒いの「しもやけ」の症状に効く市販薬 しもやけとは、冬季に見られる手足や鼻先、耳などの末端部分の血行不良に起因する痒みや痛み、腫れなどの症状を言います。 しもやけが起こる原因は複数あると言われ、もっとも多いのが寒暖差によるもの。 皮膚表面の血管は外気が温かいと膨張し冷たいと収縮しますが、建物の外と内では温度に大きな差が生じる冬の時期には、この調節が上手く働かなくなってしもやけになってしまうのです。 また、水仕事を終えた後やお風呂に入った後に、水分をしっかりと拭き取らずにいると気化熱が発生し、皮膚表面の水分が失われてしまいますが、これもしもやけを起こす大きな原因と言われています。 さらに、冷え症の方、家族にしもやけになりやすい人がいる方は、しもやけになりやすいと言われています。 しもやけは、痒みや痛みを発生させるだけではなく、掻きむしりや睡眠不足による二次疾患も引き起こす場合もありますので、素早く対処することが大切です。 しもやけに効くおススメの市販薬5選【塗り薬】 軽いしもやけで、皮膚科を受診するという方はあまりいないかも知れません。 しかし、そのまま放置するには痒みや痛みがつらい、という場合には市販薬を使ってみるのはいかがでしょうか。 そこでここでは、 しもやけに効くと言われている市販薬を5つご紹介したいと思います。 オロナイン 皮膚疾患や外傷治療薬として、昔から一家に一つは常備されているオロナインは、しもやけの塗り薬としても使用できます。 水仕事のあとやお風呂上がり、就寝前に患部に擦り込むようにして使います。 また、ステロイドが入っていないので子供にも使えて安心です。 販売会社:大塚製薬 URL: 紫雲膏 江戸時代の医師華岡青洲が考案した漢方薬入りの軟膏で、各メーカーから同じ名前で発売されています。 紫根に含まれるシコニンが有効成分であると考えられ、抗炎症作用や抗菌作用などがあります。 販売会社:アルフレッサファーマー URL: ユースキン 炎症を鎮める成分であるグリチルレチン酸や、血行を促進するビタミンE、皮膚の潤いを高めてくれるグリセリンやビタミンCなどを配合し、痒みの原因となる炎症を抑えながら健やかな皮膚状態に回復します。 販売会社:ユースキン製薬 URL: ベルクリーンS軟膏 血行促進効果があるトウガラシの成分と、痒みを鎮める成分であるクロタミトンの働きにより、しもやけの諸症状を改善してくれます。

次の

耳の中がかゆい!考えられる5つの原因をチェック!

耳 かゆみ 市販 薬

スポンサーリンク 耳がかゆいと感じて、耳掃除をすると汁が出てきた事はありませんか? もしかしたら、「外耳炎」の症状かもしれません。 耳がかゆいと感じるのは、 花粉症や黄砂などのアレルギー反応によって起こる事があります。 痒みを感じるので、つい耳掃除をしすぎてしまい、 耳の中の皮膚に傷をつけてしまい炎症を新たに起こしてしまいます。 もし耳掻きをし過ぎてしまって、 耳だれが出て外耳炎になってしまった時に、 耳鼻科がお休みの時はどんな市販薬を使用すれば良いのでしょうか。 そこで今回は、耳のかゆみの応急処置に良い、市販薬を紹介します。 リンデロン軟膏 かゆみ、炎症がしばらく治ります。 しかし、すぐに「再発」してしまいます。 その場しのぎとして使用しましょう。 リバガーゼ 軽い炎症でしたら、アクリノールを含んだこのガーゼを使用すると効果的です。 アクリノールは、化膿を緩和する効果があります。 丁度良い大きさに切って、耳に詰めるだけなので簡単です。 また、副作用ないので安心です。 パピナリン 外耳炎にオススメされることが多い、市販の点耳薬です。 スポイトで耳に垂らす、もしくは綿棒で優しく患部につけて治療します。 パピナリンの成分には、痛みを和らげる作用と、細菌やばい菌を殺す作用があります。 この2つの作用が外耳炎に良く効くのです。 ベトネベート軟膏 耳鼻科で処方されるリンデロンという抗生物質の軟膏に似た成分の市販薬です。 ステロイド成分が用いられているので、湿疹やかぶれに良く効きます。 ジュクジュクした化膿した外耳炎に用いられます。 スポンサーリンク しかし抗生物質なので、用法用量を守ること、 使い続けても効果が表れなかったり悪化する場合には、 使用を止めて耳鼻科を受診しましょう。 テラ・コートリル軟膏 配合成分に副腎皮質ステロイドがあり、抗炎症作用を持っています。 また、抗菌力を持っている物質も入っているので、 細菌による炎症が原因の外耳炎にはピッタリです。 化膿した状態の患部に塗る薬です。 ドルマイコーチ軟膏 外耳炎に限らず、湿疹や皮膚炎などに万能の抗生物質系の軟膏です。 配合成分に2種類の抗生物質があり、抗菌作用も持っています。 比較的弱いステロイドの薬ではありますが、 よく注意しながら使用する必要があります。 レスタミンコーワ軟膏 蕁麻疹、湿疹、かゆみに効果的な薬です。 体の内部で生じている敏感反応を抑える飲み薬で、 外耳炎のかゆみを止めるために用いることができます。 しかし、殺菌作用や抗炎症作用は無いので、根本的な解決にはなりません。 このように、様々な市販の薬があるのです。 しかし注意したいのが、あくまで応急処置だということです。 早めに耳鼻科を受診して、しっかり治療しましょうね。 また、ステロイドが含まれる薬は量が難しいです。 よく分からない、不安があるという時は、 使用しないようにしましょうね! スポンサーリンク.

次の