肩こり 頭痛 病院。 肩こり 病院・治療院・クリニックの探し方 [肩こり] All About

【医師監修】ヘルペスで頭痛や肩こりが起こるのはなぜ?マッサージで改善する?

肩こり 頭痛 病院

対象範囲が広く症状も多様であるが故に、原因は多岐にわたります。 つまり、一言で説明することができないものなのです。 そのメカニズムは以下です。 頚椎ヘルニアの項目で詳しく解説します。 ストレートネックとは、本来はゆるやかにカーブしている頚椎がまっすぐになっている状態を指します。 ストレートネックになると、頭部を支える首から背中の筋肉に大きな負荷がかかります。 その結果、肩こりを悪化させる要因になることがあるのです。 冷え性 冷え性の人は血行不良を起こしやすいので、肩こりにもなりやすいと言えます。 薄着をしている・お風呂は湯船に入らずシャワーで済ましている・冷たいものをよく飲む習慣がある方は注意をしましょう。 眼精疲労 眼精疲労が原因で肩こりが悪化することもあります。 目から入った情報は脳の後ろにある後頭葉で視覚化されているのですが、目を酷使すると後頭葉に血液が停滞して血行不良を起こします。 その結果、肩こりを生じさせることがあるのです。 歯科治療 歯科治療が肩こりのきっかけになっていることもあります。 よくあるケースが、歯の治療をしたら肩こりになったというもの。 噛み合わせが変わったことで 食べものを噛むときの左右のバランスが変化し、その影響で頚椎のバランスが崩れて、筋肉に負荷がかかることが原因かと考えられています。 肩こりを治したい方は整形外科 病院 や接骨院、または整体院やマッサージ店に行くことが多いかと思います。 これら施設には明確な違いがあり、それぞれ提供できる施術内容が大きく異なります。 接骨院でよく見られるツボ押しや鍼灸 しんきゅう なども施術している院もあります。 マッサージや鍼灸治療などを施術していますが、整形外科のように確定診断をしたり薬剤を処方したりはできません。 接骨院で湿布を販売することはありますが、接骨院が扱う湿布には薬効成分は含まれていません。 なお、接骨院と整骨院は同義語と考えて問題ありません。 また、その店独自のルールやポリシーに沿った施術をするのが特徴です。 最初に行くべきは整形外科!その理由は? 結論から言うと 肩こりが気になったら、まずは整形外科に行くのがベストです。 肩こりを治すために、接骨院や整体・マッサージに行く方も多いかと思います。 もちろん、その選択は間違いではありません。 しかし、 肩こりだと思っている症状が本当に肩こりなのかどうか、確定診断ができるのは整形外科にいる医師のみです。 頚椎ヘルニアやほかの病気・けがである可能性もあるので、まずは整形外科で診断を受け、症状に応じてその後の通院施設や治療方法を決めるといいでしょう。 余談ですが、関西の方は肩こり治療のために接骨院や整体・マッサージに行くことが多く、関東の肩は整形外科に行くことが多いという話もあります。 接骨院は、3つの段階を経て肩こりを完治に導きます。 ツボや鍼で筋肉をほぐす まず硬直して血行不良を起こしている筋肉を、温熱療法や低周波治療器・マッサージ・ツボ押しなどでほぐします。 筋肉の硬直・血行不良が改善されると、肩こりの症状は一時的に緩和します。 しかし ほぐすだけでは、筋肉が再び硬くなって痛みを生じさせる可能性が高いと言えます。 そこで続く2つのステップを踏んで、肩こりの再発を防ぎます。 骨格を整える の項目で解説したように、骨のゆがみは筋肉に痛みを発症させる原因になります。 つまり、いくら筋肉をほぐしても 骨がゆがんでいる限り、肩こりは再発するということです。 そこで骨格矯正で骨を正しい位置に戻して、肩こりが再発しない体作りのサポートをします。 インナーマッスルを鍛える 骨格矯正を何回か繰り返したら、次は骨を支えるインナーマッスルを強化します。 インナーマッスルで骨をしっかり支えられるようになると、体表面の筋肉に負荷がかかりにくくなります。 インナーマッスルを鍛える手段のひとつとしては、電気刺激で筋肉を鍛えるマシンがあります。 家庭用マシンもありますが、家庭用のものが筋肉に与えられる電気刺激は最大40ヘルツ程度です。 一方、接骨院の機器は4,000ヘルツから最大16,000ヘルツの刺激を筋肉に与えられるので、 効率的にインナーマッスルをつけることが可能です。 肩こりがひどい方は、長年骨格がゆがんでいるケースが多々あります。 その状態が長いと、脳はゆがんだ骨格を「正しい骨格」だと認識してしまいます。 そのため、 矯正で正しい骨格を作っても、脳がそれを異常だと判断し、ゆがんだ骨格に戻してしまうことがあります。 そこで、脳が骨格を戻すスキを与えないように 治療初期は週2回程の短いスパンで接骨院に通って、正しい状態をキープする必要があります。 矯正を続けると、徐々に脳が正しい骨格を覚えていきます。 早い人なら約1カ月、遅い人でも約3カ月で、正しい骨格に戻るでしょう。 骨が鳴ることのデメリットは特にありませんが、音が鳴らない矯正方法もあります。 「音が出るのが怖い」という方は、医師や柔道整復師に相談をしてみましょう。 運動でおすすめなのは、 水泳です。 肩まわりの筋肉を動かして血行を良くするには肩甲骨を動かすことが大切なので、クロールなどをすると良いでしょう。 水泳が苦手な方は、肩甲骨を動かすストレッチを。 また 1日6時間以上の睡眠をとって、筋肉の疲労回復のサポートもしましょう。 食事については、 栄養バランスを意識し、タンパク質や旬の食材を食べることをおすすめします。 特に長時間のデスクワークやパソコン作業・スマホ操作は、首から背中にかけての筋肉に負担をかけます。 デスクワークをしている方は 1時間に1回は立ち上がり、歩いたりストレッチをしたりして筋肉の硬直をほぐすようにしましょう。 パソコンのモニターを目線と同じ高さか、目線より上にするのもいい方法です。 視線が上がることで自然と姿勢が良くなります。

次の

首こり病外来のご案内(頚筋症候群)

肩こり 頭痛 病院

首の後ろの痛みは、他の原因が隠れている可能性もあります。 発熱や嘔吐など、症状によっては内科的なことも関係する場合もあります。 他の病気が隠れている可能性もあるので、そのような場合は 「総合内科」や「脳神経外科」の受診も検討してみてください。 レントゲンでは見えない部分もMRIなら確認することができるので、 首の中側が実際にがどんな状態になっているのか より正しい資料を元に、医師の目と、自分の目で 確認することができます。 専門知識をもった医師に相談することで、 レントゲンやMRIといった正確な情報をもとに 治療のアドバイスをもらうこともできます。 正確な情報で正確な原因と治療方法を探る意味でも、 整形外科の受診は絶対に外すことはできません。 なぜ整体やマッサージでは治らない? 整体やマッサージ店に行っても、首の痛みが解消しない という話をよく耳にしますが、それはなぜなのでしょうか。 そもそも首凝りから発生する痛みの原因は 姿勢が悪いといった日常生活によるものが大きく関係しているので いくらマッサージをしても、根本的な解決にはならないのです。 また、整体やマッサージ店は「医師」ではないので、 マッサージで筋肉の揉みほぐしはできますが、 「医療行為」はできないそうです。 あくまでも対処するだけであって、 治療ではないことを知っておくといいでしょう。 首の痛みと頭痛の原因は? 首の凝りや痛み・頭痛といった症状は、 いったい何が原因で首の痛みや頭痛が発生するのでしょう。 その主な原因は姿勢の悪さにあるといいます。 私達は、パソコンやスマートフォンに依存してしまって 日常的に姿勢が悪い状態になっています。 PCの画面を凝視するあまり、どうしても首が前のめりになったり、 スマホを見るために下を向いた状態になってしまいます。 このような状態が続くと、肩や首の筋肉が緊張して硬くなり、 頭の筋肉が強く引っ張られた状態になるそうです。 その結果、頭が締め付けられたような 頭痛にも悩まされることになります。 つまり、この原因に対して何らかの対策をしない限りは どんな薬を使っても、何度マッサージをしても 首の痛みから開放されることはないと言えます。 首の痛みと頭痛の対策は? 凝りからくる首の痛みや頭痛から開放されるためには、 どんな方法で何をすれば症状を改善できるのでしょうか。 日常生活の改善 普段から、 正しい姿勢を意識して行動することが 最も効果的で、本当の意味で治療になります。 正しい姿勢を維持することができれば 首の痛みだけでなく、肩こりや腰痛にも効果も期待できます。 スマホやPCを使用する時間を減らすだけで、 自然と姿勢も元に戻るので効果がありますが、 使用時間を減らすことが、難しい人も多いと思います。 PC画面の高さ調整や、スマホスタンドを使うことでも ある程度姿勢を正しくすることができるので、 使用方法を改良してみるのも方法の一つです。 正しい姿勢を維持する• スマホやPCを使用する時間を減らす• スマホやPCの使用方法を見直す ストレッチと体操 ストレッチや体操をすることもおすすめです。 凝り固まっている首の筋肉を、ストレッチで伸ばしてあげることで 日常的に負担のかかっている首を、リセットすることができます。 また、前のめりになった首を元に戻す体操をすることで ストレートネックの治療ができるので ストレッチと合わせて行うとより効果的です。 首のストレッチで筋肉の伸ばす• 首の位置を元に戻す体操をする 最近では、小学生から大人まで、ほとんどの人が携帯電話やスマートフォンを持っている時代。 メールや電話だけでなく、ツイッターやラインなどのSNSも使うようになってきました。 YouTub... 寝ている時の姿勢も大切! 意外と見落としがちなのが「眠っているときの姿勢」です。 起きているときは正しい姿勢を意識したり 改善していくことができますが、眠っている間はそうもいきません。 寝具が自分に合っていないということも考えられるので 今使っている寝具を見直してみるのもおすすめです。 特に 枕は高さが高すぎると、 首を痛めてしまう原因にもなるので要注意! 起きているときだけでなく、 寝ている間の姿勢も改善すれば更に効果が期待できます。

次の

肩こりがひどいから病院に行くか迷っている方へ【何科に行くべき?】

肩こり 頭痛 病院

この肩こりは、原因が複数絡み合って出現している事も珍しくなく。 治療して、改善するまでに時間がかかる場合もあるでしょう。 そんな中で、この肩こりを早く治したい!!と思うのは当然かと思います。 実際に肩こりを感じた場合は、どこに受診・治療してもらうのがいいのでしょうか? 病院・整体・整骨院・針・マッサージ店など治してくれそうな治療施設は沢山あるでしょう。 その中で、肩こりを完全に治す為には理学療法士である私個人的には、 まずは、病院に行くのがBSETだと思っています。 まず、最初に行うべきなのが、病院で受診する事だと思うのです。 そこで、今回は、【肩こりを治す為には病院が良いのか?】というテーマについて話していきたいと思います。 この記事を読めば、• 肩こりを治す為の方法や考え方を知れる• 肩こりの予防について知れる といった2点のメリットがあります。 肩こりでお悩みのあなたには必見の内容にしています。 では、本日も宜しくお願いいたします。 1 肩こりで病院に行くのは効果はあるのか? まず、肩こりの場合に病院を受診する事については、効果的だと思います。 健康保険も適用されて、通常の受診と同様に診察を受けることができます。 なので、一先ず、病院で検査をしてある程度の治療方針を決める方がいいでしょう。 一先ず、整形外科に受診をして、検査を受けるのがいいでしょう。 そして、原因を突き詰める。 という流れが自然かなと思います。 肩こりの症状には別の病気が隠されていることもあるので、整形外科でも原因がわからなければ、内科や他の科に受診するのが良いとも言えます。 2 肩こりは何科にいくべきか? では、肩こりの場合はどの科で診てもらうのがいいでしょうか? 肩こりの症状によって、原因がいくつか考えられるので。 症状の出方と診察科についてお伝えしていきたいと思います。 2-1 整形外科の場合 まず一般的な肩こりの場合は 整形外科が良いでしょう。 ここが第一選択肢となります。 整形外科というと骨折や捻挫などのけがをイメージしますが、運動器 骨や筋など 一般の診察も行います。 肩こりは筋や関節に症状が出ることが多いので、整形外科の対象となるでしょう。 一先ず、整形外科領域で治療を行う事で様子を見る事が第一選択と言っていいと思います。 そして、それでも改善しない場合に他の原因を疑い、次の科を受診する。 といった流れがいいでしょう。 受診して、整形外科領域ではない原因が見つかった場合は紹介してもらえるのでこれがまた、安心になるのです。 【症状の特徴など】 首や肩、背中の筋のこった感じ、張った感じ、痛みなどの症状が主です。 筋をリラックスさせる薬や、痛みが強い場合は鎮痛薬などが処方されたり、リハビリテーションの適応であれば処方されたりすることがあります。 2-2 神経内科の場合 神経内科はあまりなじみのない科かもしれませんね。 この科では、脳、脊髄などの神経系や筋などの病気を扱います。 特に神経・筋にかかわる難病などが専門です。 筋ジストロフィー、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症などが例です。 【症状の特徴など】 肩こりの症状だけでなく、めまいやしびれ、手のふるえなどの症状が出ているときは 神経系の異常がある可能性があります。 神経内科で脳、脊髄などの検査を受けておくと安心です。 神経内科的な疾患が見つかれば、病気に応じた治療が開始されます。 特に問題がなければ他の科を紹介してもらえると思います 神経内科で痛み止めなどが処方されることもあります。 神経内科は比較的大きな病院にありますので、事前に調べていきましょう。 2-3 脳神経外科の場合 脳神経外科は主に脳にかかわる手術を行いますが、その他にも手術の必要のない脳梗塞や脊髄疾患なども扱います。 具体的には、 脳出血、脳梗塞、クモ膜下出血、脳挫傷、脳腫瘍などです。 【症状の特徴など】 肩こりに激しい頭痛や吐き気を伴っている場合は脳に異常が生じている場合があります。 頭部のCTやMRI検査などを行い、異常がないか確認します。 通常の肩こりでも頭痛をともなうことがありますが、痛みがひどい場合は一度脳神経外科を受診しておくと安心です。 異常がなければ他の科を紹介されるかもしれませんが、そのまま脳神経外科で頭痛の治療 痛み止めなどの処方 をする可能性もあります。 2-4 心療内科の場合 心療内科は主に心身症を扱う科です。 精神科との違いが分かりにくいかもしれませんが、 精神科は主に病的な精神を扱います うつ病、統合失調症など。 心療内科で扱う心身症とは、精神的、社会的な要因で起こる身体の障害です。 例えば、心臓は悪くないのに動悸がする、胃腸に病気はないのにお腹が痛くなる、便秘するなどの症状が出ているが、原因は精神的なストレスだった。 このように精神的なストレスなどから起こる身体の不調は心療内科で扱います。 肩こりも精神的なストレスによって生じることがあります。 【症状の特徴など】 以前肩こりの症状はなかったのに、環境が変わってから肩こりが始まったり、仕事でのストレスの上昇に伴って肩こりが起き始めたりした場合などは、精神的な原因も考えられます。 このような場合は精神安定剤や睡眠を改善させる薬などが処方されることがあります。 3 肩こりの緩和の為にするべきこと 神経疾患などが原因の場合は専門的な治療が必要となりますが、一般的な肩こりの場合は肩こりの緩和法がありますので、試してみると良いでしょう。 主なものをご紹介します。 3-1【ストレッチ】 肩がこっているときは、肩周囲の筋が緊張 力が入っている状態 し続けている状態となっています。 触ると固く、張ったような状態です。 この状態が続くと痛みが出たり、筋の柔軟性が低下したりしてきます。 時々ストレッチを行うことで、筋を伸ばし、緊張を下げ、柔軟性を改善させることができます。 二次的に血流もよくなりますので、さらに肩こりの改善に効果的です。 伸ばした状態で数十秒保持する静的なストレッチや関節を動かしながら行う動的なストレッチを組み合わせて行うと良いでしょう。 3-2【筋肉をほぐす】 ほぐすというと、こりかたまったものを柔らかくするというイメージでしょうか。 肩こりが起こると、筋は固くなっていますから、柔らかくしてあげましょう。 ご紹介したストレッチも筋肉をほぐす効果がありますが、その他にマッサージがありますね。 マッサージは心地よく、筋の緊張を下げる効果があります。 あまりにも強いマッサージは、痛みが強く、逆に緊張を上げてしまう恐れがありますので、心地よい程度に行うと良いでしょう。 最近話題のものでは 肩甲骨はがしや筋膜リリースなどの手技もあります。 3-3【悪い姿勢をとらない】 悪い姿勢が肩こりの根本的な原因となっている場合があります。 このような場合には、姿勢を改善することで肩こりを治すことができますです。 悪い姿勢は首や肩、背中の筋に負担をかけ、肩こりの原因となります。 代表的な悪い姿勢は背中が丸くなって頭が下向きの状態のまま、最近では頭を下に向け、スマホなどを長時間使用する機会が増えているので、肩こりの原因の一つとなっています。 胸を張り、頭を上げ、顎を少し引いて、良い姿勢を保つことで肩こりを起こりにくくします。 長時間同じ姿勢でのデスクワーク、スマホなどの使用はよくありませんので途中で体操するなど心掛けましょう。 4 肩こりを怖がる必要はないし、肩こりだと思い込まない方がよい 診察を受け、特に神経系の病気などがなく、一般的な肩こりと診断された場合ですが、肩こりの症状を気にしすぎないことです。 これは、痛みなどの不快な症状すべてに言えることなのですが、症状を気にしすぎることは改善に対してマイナスに働きます。 肩こりを怖がったり、自分はひどい肩こりだなどと思ったりしないことです。 症状を気にし始めると、常に意識が不快な症状に向いてしまい、本来の症状よりも強く不快を感じるようになってしまいます。 症状を無視するようにすると、意外に症状が軽くなって気にならなくなる場合もあります。 肩こりに意識を向ける癖をなくすように、気になり始めたら他のことを考えるような癖をつけましょう。 認知療法的な考え方になります。 5 肩こりの体験談・経験談 肩こりを持っている方は多いのですが、特に症状が重い方に接する機会がありました。 紹介したいと思います。 当初、頭痛や吐き気を伴うようなひどい肩こりでしたが、きっかけは交通事故による「むち打ち」がきっかけになっていたようでした。 このような方を複数例経験しましたので、むち打ちがきっかけとなって慢性の肩こりとなってしまうこともあるようです。 むち打ちは検査しても異常が見つからないことが多いのですが、不快な症状が残ることがあります。 過度な安静や治療に対する依存が症状を長引かせることもあるようで、必要以上に安静や治療をしないほうが予後がよいという報告もあります。 症状を気にしすぎず日常生活を送る方が良いようです。 診断名がつかない場合は、リハビリテーションを行うことも困難となります 原因が分からないのですから仕方がないことではあります。 しかし患者さん側としてみればどうにかしてもらいたいわけですから、別の病院へ行ったり、病院以外の治療施設へ行ったりすることもあるでしょう。 このような時、まず試していただきたいのは、 自分でできるストレッチや日常生活の改善 姿勢など です。 姿勢を良くして、自分にあった運動 ストレッチ、肩こり体操、水泳、ウォーキングなど を見つけると、かなり改善を期待できます。 慢性肩こりは治らない、持病だからという考え方をやめて、運動したり、姿勢を改善したりすればよくなるものだと考えを変えることが大切です。 特に長年肩こりの人は、肩こりは治らないものだと思い込んでいる場合があると思いますので、まずここから直して 治して 行きましょう。 姿勢の改善と運動を行うことで想像以上の効果があることを実感できると思います。 6 まとめ 今回は肩こりと病院についてお伝えしました。 ひどい肩こりや突然起きた肩こりの症状には、 別の病気が隠れていることもあります。 気になる症状がある場合は一度病院で検査を受けてみることをおすすめします。 特に異常が見つからなかった場合は、姿勢の改善と運動を実践してみてください。 肩こりを治すのは時間はかかるかもしれませんが、 必ず軽減させる事は可能です。 まずはやってみることです。 きっと効果を感じられるでしょう。 今回の話もあなたの力になれたら嬉しく思います。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 皆様のご健康をお祈りいたします。 執筆:mamotteライター 理学療法士 イワモト 追記・編集:運営者 理学療法士 平林 mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。 リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。 その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。 そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。 このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。

次の