羽生 結 弦 ブログ 蒼い 炎。 羽生結弦 成功への軌跡

羽生結弦 自叙伝『蒼い炎』で明かされた衝突事故の真相と壮絶な闘い【葛藤】

羽生 結 弦 ブログ 蒼い 炎

羽生結弦選手の最新情報は、午前中から流れたみたい。 今日に限って、午後からネットをみられたので やっと新刊本の情報に追いつきました! でも「蒼い炎」飛翔編となる第2章が出版されることは 以前からネット上で、チラチラ流れていたような。 だから驚きというより、いよいよ出版予定が確定したんだ! という思いでしたけどね。 一時「蒼い炎」は、ネットでトレンドに浮上するほど! これって羽生結弦選手について何も知らないと さっぱり意味不明でしょうね~ 今のところ扶桑社の公式発表は、発売日7月上旬になるけど Amazonによると、7月7日発売みたいですね! しかも、羽生結弦選手は印税について すべて今回もアイスリンク仙台へ寄付するとは いつもながら潔いほど、映画の原作さながらに立派ですね~ 映画「殿、利息でござる!」の友情出演に続き もちろんソチオリンピックの報奨金など すべて被災地支援に寄付しているし。 出版する扶桑社も売上げの一部を寄付するそうで どうやら良心的な出版社らしく、安心しました~ ただネットによると、ライターは長谷川仁美さんらしい とのこと、まだ現時点であまり大っぴらにできないのかな? でもファンは、長谷川仁美さんが関わることを知る方が 購入するにも安心材料になると思うくらいだけど。 扶桑社の「フィギュアスケートLife」で活躍される ライターさんなので、きっとおなじみだろうし。 2012年から16年までの4年間にわたり 舞台裏をロングインタビューでも描くとは 注目ポイントでしょうからね~ あとタイトルの「蒼い炎」の由来を、今回ネットから知り それも感慨深いな~と。 先行して表紙の写真が決まっていたらしく 衣装の蒼いグラデーションからインスパイアされたそうです。 だから悲愴の衣装から、舞い上がる炎のように見えて 羽生選手のクールさと燃え盛る闘志のイメージも込めると。 多分「蒼い炎」の編集者さんに直接、質問したのかな? ベテランのスケオタさんが発信してくれた内容みたい。 しばし第2章となる新刊本「蒼い炎」飛翔編に つい想いをめぐらせていましたが気づいたら すでに、アイスショーFantasy on Ice2016 in 札幌の 現地レポがネットに次々と! なんとFaOI札幌では、福間洸太朗さんによるピアノ生演奏の前に 羽生結弦選手のメッセージが代読されたことに すっかり釘付けになっちゃいました! いろんな方のツイをまとめると、こんな感じでしょうか? 会場の真駒内アイスアリーナは全日本フィギュアで初優勝し さらに、昨年末は4連覇したことで 羽生結弦選手にとってゲンの良い場所だと。 スポンサーリンク だからFaOI札幌により、この会場で滑ることや 福間洸太朗さんとのコラボを楽しみにしたので残念… 今回は出られなくて、ごめんなさい。 そして今はトロントで治療中、治すことに専念しますが また、みな様の前で自分らしい演技をお見せしたいので 待っていてください、羽生結弦。 FaOI札幌では、ショパンの「バラード第一番」は映像がないまま 福間洸太朗さんが奏でるピアノの調べだけが 蒼い照明が彩る、誰もいないリンクに流れた模様… でもボストン開催の世界フィギュア選手権が終了して 練習拠点のカナダに戻ってから 初めて羽生結弦選手自身の言葉が、やっと届けられる とっても大切な機会になったのでは? 現在トロントで治療中だと、やっとリアルに伝わる気がします。 もちろん羽生結弦選手はカナダに滞在中という想いでいましたが 誰かを通じての経過報告だと、やはり現実的な感覚になれば いまいち実感が薄い理由になっていたのかも… やはり羽生結弦選手自身の言葉が届くことが何より大切であり きっと多くが今回の言葉により、じっくり完治するまで待とうと このメッセージにより改めて感じられたのでは? そして今日から、アイスショーFaOIは札幌に場所を移し 宇野昌磨選手が参戦する模様についても ネットの現地レポにより、様々に伝わります。 注目の宇野昌磨選手の新プログラムお披露目は どうやらレポの感じから、フリーの演技でしょうか? 衣装は襟元を開くシャツらしく、赤がベースだと伝わりました。 さらにチェック柄がアクセントに入るっぽい。 パンツは定番のブラックカラーでも ひざ下にキラキラ装飾がみられるらしく 宇野昌磨選手にしては派手そうでも、きっと似合うだろうな~ それに久々の再会になるはずだったでしょうから 羽生結弦選手と、素敵なツーショットが観たかった! それから、福間洸太朗さんは1日に ヤマハホールでピアノリサイタルだったらしい! ステファン・ランビエールさんが会場に足を運ぶらしく しかもアンコールが、ホントにフィギュア好きって感じ。 気分が乗ったのか、4曲も演奏したみたい。 まずエリック・サティの 「Je te veuxジュ・トゥ・ヴー」が1曲目。 町田樹さんの現役時代最後のエキシビションナンバーだし! 2曲目がアナモルフォシ 続いて、リストのパガニーニと愛の夢とはね~ もしかして福間洸太朗さんが まさしく、最強のスケオタだったりして!.

次の

蒼い炎

羽生 結 弦 ブログ 蒼い 炎

英語版の羽生結弦フォーラムにこの夏に発売された羽生結弦選手の自伝『蒼い炎 II 』の一部翻訳が投稿されていたそうで、ブルーさんがイタリアフォーラムでも紹介していました。 (それにしても世界のユヅファンの翻訳ネットワークは凄いですね。 彼がどんな逆境にあったのかを読みながら・・・マンマ・ミーア・・・鳥肌が立っている(号泣) でも彼は決して屈しなかった。 スケート靴にやっと足が押し込める状態でアイスショーに出て、終わりのない『クワド大会』に挑戦せずに済んだんだもの」 「ハサミでお腹の糸を切ろうとしたというエピソードを読むに至っては・・・もはや何と言ったらいいか分からないわ。 (驚愕) 今日からユヅをランボーと呼ぶわ!!!」 「本当にクレージーボーイね・・・世界選手権の後、傷が痛みだして、激痛のためベッドで寝返りを打つのも大変だったのよ・・・ 腹部の手術の後、4週間は安静にしていなければならなかったのに、彼は3週間後にはもう練習していたんだから・・・彼の身体は患部を守るために引きつって炎症を起こした。 それで足首を歩くのも困難なほど酷く痛めて、2週間安静にしなければならなくなった・・・」 (ボストンワールドのエピソードを読んで) 「結弦は結弦、ずっと変わらない。 体調が良くない時こそ、戦士の顔が剥き出しになり、私達人間には耐えられないような痛みの限界を越えて200%の力を発揮する。 そして自分自身の夢と目標のために前進し続けるのよ。 彼の世界選手権で勝ちたいという気持ちは痛みや本当に悲惨な状態だったリンク(このような重要な大会でこんな酷い氷で滑らせるなんて信じられないわ)にも負けなかった。 最終的に今回は彼も自分の惑星から地上に降りて来て、私達と同じ人間になったけれど 結弦、存在してくれてありがとう!」 「可哀想に・・・こんな深刻な怪我だったとは思わなかったわ!! でもユヅらしいわね。 彼は例え片足でも滑るでしょうから! 日本人特有の気質と言うべきかしら。 私はテニスも見るんだけれど、前回のウィンブルドンで有名な日本人テニスプレーヤーの錦織が背中の痛みのために棄権したの。 信じられないのは、コーチ自らコートに降りて来て、強制的に彼を棄権させたことよ!!!このエピソードからも彼らが真の戦士で、だからこそ彼らの国でこれほど愛されているのが分かるわ。 でも結弦の場合はもっと衝撃的だった。 だって、彼はエキシにも参加して・・・そして彼のキャリアで最も美しい演技の一つを披露したんだもの!!!驚異的だわ・・・ いずれにしても彼の新しいプログラムを見るのが待ちきれないわ!!!」 <新プログラムの話題> 「雑誌『アイスショーの世界2』を読んだファンによれば、ブライアンはインタビューの中でシェイ=リーン・ボーンがユヅの新しいフリーの振付けを終えたと話していたそうよ。 ショートは7月にジェフリー・バトルが振付けするそうよ!!!」 「ビバー!!!ジェフリーとシェイ=リーンはユヅにとって保証ね。 どんな曲を選んだのか早く知りたいわ!!!」 「きっと2つとも素晴らしいプログラムに違いないわ!」 「ショートについての新たな情報よ。 ANAのMs城田のインタビューによれば、ショートは「Hello I love you」に似た系統のプログラムらしいわ。 まだ曲名は明かせないらしいけれど でもユヅが披露する新プロは衣装と共に興味深いプログラムであることは間違いないわね。 フリーも音楽を含め順調だと言っているわ・・・」 「翻訳されているその他の情報によればショートは『ハロー・アイ・ラブ・ユー』のようにテンポの激しいリズミカルな曲だそうよ・・・」 「ワオ!ユヅとジェフリー・バトル、そしてハロー・アイ・ラブ・ユー系統の曲? これは・・・死を招くコンビネーションね!!! ユヅはファン全員をこうしたいらしいわね・・・ : 」 「ワオ!待ちきれないわ!!!それじゃあジャズよりロックの可能性が高いのね!!! 最高だわ!!!」 「どうやらユヅリーノは誰も彼もノックアウトしたいようね!!! 全く悪い子ね! みんなでTOTOの曲をやりましょう!!!じゃないと私は具合が悪くなってしまう!! 何の曲だと思う??? リズミカル???漠然とし過ぎていて・・・該当する曲は無数だわ!!! 新衣装は???告白すると、私は髪を逆立てて、黒かメタリックなレザーをまとったユヅを見てみたい気がするのよ・・・ 勿論、ユヅは優美で繊細なイメージだけれど・・・あああ想像が尽きないわ!!! だって彼のスケートとスタイルは『ハロー・アイ・ラブ・ユー』の頃よりずっとずっと成熟したもの!! だからみんな、爆発を覚悟しなければ!! それに振付けはバトルだと考えただけで・・・気絶!」 「幾つかの情報が一滴、また一滴と漏れてきているわね・・・私達をこの数か月間、縛り付けておくのに十分な量だけね・・・・ 効果は絶大ね。 アマトリチャーナはパンチェッタ(ベーコンの一種)、ペコリーノチーズ、トマトソースを使ったパスタで、卵と生クリームのカルボナーラよりあっさりしていて、でも濃厚なトマトソースの味が絶妙で本当に美味しいんです! スパゲッティ・アッラ・アマトリチャーナ 私はずっとアマトリチャーナはローマのお料理だと思い込んでいたのですが、今回のイタリアの地震で村の大半が倒壊したアマトリーチェ村が発祥の地なんですね。 チャリティへの呼びかけから僅か 2 日間でイタリアでは既に 700 店を超えるレストランが賛同し、この「 Eat For Italy 」支援の輪は SNS を通じて世界中に広まっているそうで、日本でも幾つかのレストランが既にこの募金運動に賛同しています。

次の

羽生結弦 自叙伝『蒼い炎』で明かされた衝突事故の真相と壮絶な闘い【葛藤】

羽生 結 弦 ブログ 蒼い 炎

英語版の羽生結弦フォーラムにこの夏に発売された羽生結弦選手の自伝『蒼い炎 II 』の一部翻訳が投稿されていたそうで、ブルーさんがイタリアフォーラムでも紹介していました。 (それにしても世界のユヅファンの翻訳ネットワークは凄いですね。 彼がどんな逆境にあったのかを読みながら・・・マンマ・ミーア・・・鳥肌が立っている(号泣) でも彼は決して屈しなかった。 スケート靴にやっと足が押し込める状態でアイスショーに出て、終わりのない『クワド大会』に挑戦せずに済んだんだもの」 「ハサミでお腹の糸を切ろうとしたというエピソードを読むに至っては・・・もはや何と言ったらいいか分からないわ。 (驚愕) 今日からユヅをランボーと呼ぶわ!!!」 「本当にクレージーボーイね・・・世界選手権の後、傷が痛みだして、激痛のためベッドで寝返りを打つのも大変だったのよ・・・ 腹部の手術の後、4週間は安静にしていなければならなかったのに、彼は3週間後にはもう練習していたんだから・・・彼の身体は患部を守るために引きつって炎症を起こした。 それで足首を歩くのも困難なほど酷く痛めて、2週間安静にしなければならなくなった・・・」 (ボストンワールドのエピソードを読んで) 「結弦は結弦、ずっと変わらない。 体調が良くない時こそ、戦士の顔が剥き出しになり、私達人間には耐えられないような痛みの限界を越えて200%の力を発揮する。 そして自分自身の夢と目標のために前進し続けるのよ。 彼の世界選手権で勝ちたいという気持ちは痛みや本当に悲惨な状態だったリンク(このような重要な大会でこんな酷い氷で滑らせるなんて信じられないわ)にも負けなかった。 最終的に今回は彼も自分の惑星から地上に降りて来て、私達と同じ人間になったけれど 結弦、存在してくれてありがとう!」 「可哀想に・・・こんな深刻な怪我だったとは思わなかったわ!! でもユヅらしいわね。 彼は例え片足でも滑るでしょうから! 日本人特有の気質と言うべきかしら。 私はテニスも見るんだけれど、前回のウィンブルドンで有名な日本人テニスプレーヤーの錦織が背中の痛みのために棄権したの。 信じられないのは、コーチ自らコートに降りて来て、強制的に彼を棄権させたことよ!!!このエピソードからも彼らが真の戦士で、だからこそ彼らの国でこれほど愛されているのが分かるわ。 でも結弦の場合はもっと衝撃的だった。 だって、彼はエキシにも参加して・・・そして彼のキャリアで最も美しい演技の一つを披露したんだもの!!!驚異的だわ・・・ いずれにしても彼の新しいプログラムを見るのが待ちきれないわ!!!」 <新プログラムの話題> 「雑誌『アイスショーの世界2』を読んだファンによれば、ブライアンはインタビューの中でシェイ=リーン・ボーンがユヅの新しいフリーの振付けを終えたと話していたそうよ。 ショートは7月にジェフリー・バトルが振付けするそうよ!!!」 「ビバー!!!ジェフリーとシェイ=リーンはユヅにとって保証ね。 どんな曲を選んだのか早く知りたいわ!!!」 「きっと2つとも素晴らしいプログラムに違いないわ!」 「ショートについての新たな情報よ。 ANAのMs城田のインタビューによれば、ショートは「Hello I love you」に似た系統のプログラムらしいわ。 まだ曲名は明かせないらしいけれど でもユヅが披露する新プロは衣装と共に興味深いプログラムであることは間違いないわね。 フリーも音楽を含め順調だと言っているわ・・・」 「翻訳されているその他の情報によればショートは『ハロー・アイ・ラブ・ユー』のようにテンポの激しいリズミカルな曲だそうよ・・・」 「ワオ!ユヅとジェフリー・バトル、そしてハロー・アイ・ラブ・ユー系統の曲? これは・・・死を招くコンビネーションね!!! ユヅはファン全員をこうしたいらしいわね・・・ : 」 「ワオ!待ちきれないわ!!!それじゃあジャズよりロックの可能性が高いのね!!! 最高だわ!!!」 「どうやらユヅリーノは誰も彼もノックアウトしたいようね!!! 全く悪い子ね! みんなでTOTOの曲をやりましょう!!!じゃないと私は具合が悪くなってしまう!! 何の曲だと思う??? リズミカル???漠然とし過ぎていて・・・該当する曲は無数だわ!!! 新衣装は???告白すると、私は髪を逆立てて、黒かメタリックなレザーをまとったユヅを見てみたい気がするのよ・・・ 勿論、ユヅは優美で繊細なイメージだけれど・・・あああ想像が尽きないわ!!! だって彼のスケートとスタイルは『ハロー・アイ・ラブ・ユー』の頃よりずっとずっと成熟したもの!! だからみんな、爆発を覚悟しなければ!! それに振付けはバトルだと考えただけで・・・気絶!」 「幾つかの情報が一滴、また一滴と漏れてきているわね・・・私達をこの数か月間、縛り付けておくのに十分な量だけね・・・・ 効果は絶大ね。 アマトリチャーナはパンチェッタ(ベーコンの一種)、ペコリーノチーズ、トマトソースを使ったパスタで、卵と生クリームのカルボナーラよりあっさりしていて、でも濃厚なトマトソースの味が絶妙で本当に美味しいんです! スパゲッティ・アッラ・アマトリチャーナ 私はずっとアマトリチャーナはローマのお料理だと思い込んでいたのですが、今回のイタリアの地震で村の大半が倒壊したアマトリーチェ村が発祥の地なんですね。 チャリティへの呼びかけから僅か 2 日間でイタリアでは既に 700 店を超えるレストランが賛同し、この「 Eat For Italy 」支援の輪は SNS を通じて世界中に広まっているそうで、日本でも幾つかのレストランが既にこの募金運動に賛同しています。

次の