ガチマッチ c- ヒビ。 スプラトゥーン2 レギュラーマッチとガチマッチ

【スプラトゥーン】SIGUMA師匠の爆速上達イカ道場!! 第15回 「ガチマッチにチャレンジしよう!」

ガチマッチ c- ヒビ

試合にして、「ウデマエメーター」を満タンにすると上がる。 ぶっちゃけ、かなり上がりやすく下がりにくい。 まず今作のウデマエは飾りです。 下がりにくく上がりやすい仕様を採用しているため試行回数を増やせば最終的にはどんどん上がっていきます。 これもライト向けの調整なのかなと思います。 この内容もかなり同意できる。 ガチパワー変動が、チームメンバーのガチパワーの総和によること• 自分のガチパワーが高くなってくると「格上のガチパワー」とマッチングすることがあまりない• マッチングしたメンバーのガチパワーの分散が激しすぎること ために起こる、 強い人が弱い人を頑張って介護しなければならない状況になっていること。 例えば、ガチパワーが• 150, 150, 150, 150 のチームA チームパワー600• 400, 150, 75, 75 のチームB チームパワー700 が戦ってチームAが勝つと、システム的には格上のチームBのガチパワーは大きく引かれるため、パワー400の人がめっちゃ辛いということ。 そんなクソみたなマッチングになってねえだろwと思うかもしれないが... これはもう 賽の河原と言われても仕方ないと思う。 強い人が無双して勝つようなゲームであれば、こので問題なかったかもしれないが、のガチルールはそういうふうにはあまりできてない。 というか、「前作よりも協力が必要」とか言って売り出してるし。 取られているエリアは1人では塗れないし、ヤグラに乗りながらの戦闘は不利だし、ホコを持っての1vs4の戦闘は難しい。 というか1人でも足を引っ張る味方がいるとしんどい試合になりやすい。 一部のアホみたいにうまいトッププレイヤーか、前線を張って敵をなぎ倒せるブキでないと、の称号を得るのは時間と精神の面で難しいと思われる。 この状況が、ただでさえ強いスシコラヒッセンばかりの環境を助長してるとも思う。 あと、スシコラヒッセン、というかジェットパック・インクアーマーが有能すぎるせいで、スシコラ・ヒッセン等でOKラインに到達してから、十分に練習していないそんなに強くないブキを持ってきて戦犯をかましまくるプレイが出来てしまうのも非常に勘弁してほしい。 ガチパワーはブキ毎に切り替えたりしてる様子はない?ので、強ブキで稼いだガチパワーでガッツリ味方のヒビが入りまくることとかがありそうでマジで不快。 妄言 この節は妄言なのであまり真に受けないでください。 強者優遇弱者冷遇のレート変動をチョのアイスバーを食べながら思いついた 味方と相手のチームパワーを以下のように計算する• 相手側: チームメンバーのガチパワーの平均• 味方側: 自分以外の3人のガチパワーの平均 さっきのチームAとチームBでチームBが勝ったとき• 400の人• 相手150 vs 味方100で相手が格上• 150の人• 相手150 vs 味方183. 333... でこちらがすこし格上• 75の人• 相手150 vs 味方208. 333... でこちらが格上 という風になる。 強い人• 弱者をキャリーできればおいしい。 キャリーできなくてもしょうがない。 弱い人• 強者の足を引っ張ると罪が重い。 キャリーされても旨味は少ない。 という強者優遇。 というところまで書いて、これはやっぱりあまり幸せなゲームになれなさそうな気もするし、のって難しいなあという気持ちになった。 やっぱ普通に本当にガチパワー近い人同士でマッチングしてくれ~~~.

次の

スプラトゥーン2のガチマッチのヒビについて。

ガチマッチ c- ヒビ

ゲージのヒビとOKラインの意味とは? ウデマエが下がるまでのカウントダウン ウデマエゲージに付くヒビは、ウデマエが下がるまでの指標の様なものです。 あとどれくらい負けたらウデマエが下がるよ、と言う目安になります。 ヒビは、最大で4つまで付きます。 ウデマエゲージにヒビが付く条件 ウデマエゲージにヒビが付く条件としては、戦績において マイナス評価を受けることが挙げられます。 ウデマエゲージにヒビが4つ付くと… ウデマエゲージにヒビが4つ付くと、ウデマエゲージが折れてしまい、ウデマエが下がってしまうことがあります。 しかし、ある条件を満たすと、ウデマエが下がらずに済みます。 OKライン(ウデマエキープ)ってなに? ウデマエゲージに、ヒビが4つ付いたのに、ウデマエが下がらなかったのは、 ウデマエのポイントがOKラインを超えていたことで、ウデマエキープが発動したためです。 ウデマエC以上になると、ウデマエゲージに黄色い縦線(OKライン)が付きます。 このOKラインを超えていると、ヒビが4つ付いても、ウデマエキープが発動し、ウデマエは下がることはありません。 まとめ ウデマエ維持がしやすくなった スプラトゥーン2では、負けてもすぐはウデマエは下がりません。 そして、一定のポイントを超えていれば、負け越してもウデマエを維持できるので、前作より遥かにウデマエの維持がしやすくなりました。 ウデマエが上がったら、まずはOKラインまでポイントを稼ぎ、ゆっくりでも良いので、着実にウデマエを上げていきましょう。 スプラトゥーン2 関連リンク•

次の

スプラトゥーン2 レギュラーマッチとガチマッチ

ガチマッチ c- ヒビ

ガチパワー ウデマエX以外のでは「ガチパワー」という数値がルール毎に存在する。 ウデマエC-でそのルールをプレイし始めたばかりだと表示されないが、何試合かプレイし計測が完了すると、 試合メンバー全員の推定合計ガチパワーが試合開始時(および)に表示されるようになる。 ただし、自分自身を含む個人のガチパワーを直接確認する方法はない(でも不可)。 ガチパワーは毎試合の結果によって測定されるが、簡単に言うと• 「格上」相手の試合では、勝つと大幅に上がり、負けると少しだけ下がる• 「格下」相手の試合では、負けると大幅に下がり、勝つと少しだけ上がる という、長期的な戦績を示す数値となっており、 マッチングは同じウデマエのグループ内でもガチパワーがより近い人と組まれやすくなっている。 対戦相手のガチパワーと、現在のウデマエで想定された標準のガチパワーとの差が「ウデマエメーター」の変動の大きさに影響を与える(後述)。 ウデマエメーター 毎試合の勝敗が決まると、「ウデマエメーター」が変動し、これが一定条件を満たすとウデマエ自体が上下する。 今作では、前作の「一つのメーターが勝敗で伸び縮みする」仕様から変更され、• オレンジのバー: 勝つことで蓄積• ヒビ割れ : 負けることで蓄積 という、2つの独立したゲージが組み合わさった仕様となった。 バトルで勝つとウデマエメーターのオレンジ色のバーが伸びる。 メーターがバーで満タンになるとウデマエが上がる(原則1段階)。 負けた場合はウデマエメーターにダメージが入る。 一方、ヒビ2つの段階から1回の敗北でいきなりメーターが割れることはない。 はじめに述べた通り、勝ちと負けは完全に独立して記録されており、勝ってもウデマエが上がらない限りヒビは消えないし、逆に負けても貯めたバーが戻ることはない。 メーターが割れたとき、• このとき残るゲージは、割れる前にOKラインを超えていた部分の量に比例し、OKラインに達しない範囲となる。 割れる前にOKラインちょうどだった場合はメーター残量はゼロになり、また昇格直前まで伸びていた場合はメーター残量はOKラインの少し手前となる。 メーターの伸び方とダメージの大きさ(ヒビの入りやすさ)は、マッチした相手によって試合ごとに変わる。 ファミ通のインタビューで以下のように語られている。 受けるダメージは、試合のガチパワーによって決まります。 相手チームのガチパワーが、いまのウデマエで想定されているガチパワーよりも高ければ、負けてもダメージが少なくなります。 逆に、いまのウデマエで想定されているよりもガチパワーが低い相手に負けた場合は、負けたときに受けるダメージが大きく、いきなりヒビが入ってしまうこともあるかもしれません。 例えば、自分が想定ガチパワー1700である場合、 「平均ガチパワー1600の相手」と戦う時は 負けるとヒビ割れしやすく、勝ってもメーターが上がりにくい。 「平均ガチパワー1800の相手」と戦う時は 負けてもヒビ割れしにくく、勝つとメーターが上がりやすい。 ということになる。 そしてマッチする相手のガチパワーは自分のガチパワーによって決まる。 「Xパワー」については、「ガチパワー」のような数値に関する公式の言及がない。 ただ、• Xパワーが高い敵チームには、勝てば自分のXパワーは上がりやすく、負けても下がりは少ない• Xパワーが低い敵チームには、勝っても自分のXパワーは上がりにくいが、負けると大きく下がる という、「ガチパワー」と同じ法則性があるのは明らかに見て取れる。 しかし「同じ勝利試合で、自分よりXパワーが高い味方の方がパワー上昇が大きかった」という報告もあり、 それが事実なら「ガチパワー」のように単純な勝敗とチーム間パワー差だけで決まっているわけではない可能性もある。 試合開始時にブキが光る演出 試合開始時、ブキが光るイカに出逢うことがある。 これは直近の複数試合におけるそのブキでの勝率が高い「脂がのったイカ」の証とのこと。 具体的な条件は明確にされていないが、そのルール・そのブキでの直近32試合中20勝12敗以上(すなわち勝率6割以上)になる勝率になると光る、との説が有力だ。 光るブキはチーム内に複数いることもあるが、光るイカは必ずチーム内の並びが上になっており、この数値はチーム内の並びとも関係がある。 ただし、マッチングには考慮されていないと公式に明言されている 先述のを参照。 アップデートを重ねた現在も同様の条件かは不明であるが、直接ウデマエやガチパワーとの関係も確認されておらず、 ひとまず「そのブキで最近の勝率が高い、チョーシのいいイカ」の大まかな目安と理解しておくのがいいだろう。

次の