キムタク 山田 うどん。 【納得】木村拓哉さんが絶賛する「山田うどん」に初めて行ってみた正直な感想 → やはりキムタクは神

地産地消・自家製うどん 釜揚げ屋 (岩手県山田町)

キムタク 山田 うどん

元SMAPの木村拓哉がネット番組「木村さ~ん!」(GYAO!)の#59が9月15日に配信された。 この回は「木村拓哉、埼玉のソウルフード!??『だうどん』を喰らう!」のタイトルで、キムタクが山田うどん食堂を味わうという内容。 埼玉県のリスナーから山田うどん食堂を勧められ、実食してみることとなった。 「山田うどん食堂は埼玉を中心にチェーン展開している大衆食堂です。 最初のお店がオープンしたのは1964年。 リーズナブルであることから、ドライバーや学生に愛されています。 元は『山田うどん』という店名でうどんが中心でしたが、今ではメニューは和食から中華まで多岐にわたります。 そのため昨年8月、『山田うどん食堂』に名前を変えました」(フードライター) キムタクもメニューの多さに「すっげぇあんじゃん」と驚きを隠せない様子。 さんざん悩み、番組ディレクターから「珍しい。 木村さんが迷ってる。 スパっていつも決めるのに」と指摘されるほど。 1人で決めきれず店員さんにおすすめを聞いた後、やっと決定。 冷やし麺が好きだというキムタクが頼んだのは「冷やしピリ辛担々風つけ麺」だった。 これに埼玉県民から大ブーイングが寄せられている。 キムタクの選んだメニューにダメ出しされているのだ。 「山田うどんに行って『パンチセット』を食べないのはわかっていないというのがその理由。 ごはんとみそ汁、とろろ小鉢にモツ煮込みがついた『パンチ定食』が山田うどんの名物なんですよ。 店員さんからもおすすめとして紹介されています。 それなのに食べなかった木村に怒りの声が上がったわけです。 埼玉のソウルフードを食べに行ったのに、そのソウルフード『パンチ定食』を食べないとは何事かというわけです」(芸能ライター) 埼玉県民にとって山田うどんとパンチ定食は魂の拠り所。 だが、それを軽視されるかたちになったことが許せないのだろう。 また木村が何かとライバル視されることが多い千葉県出身であることも、怒りに火を注ぐ結果になったのかもしれない。

次の

【納得】木村拓哉さんが絶賛する「山田うどん」に初めて行ってみた正直な感想 → やはりキムタクは神

キムタク 山田 うどん

黄色い看板でお馴染みの「山田うどん食堂」。 埼玉・所沢発祥で、県民のソウルフードともいわれるチェーン店である。 この山田うどんに元SMAPの木村拓哉さんが初来店した。 動画配信サービス「GYAO!」の番組「木村さ~~ん!」(第59回、2019年9月15日配信)の企画で、埼玉・草加市にある谷塚店を訪れたのだ。 初来店ゆえに、屋号にもなっているうどんを注文すると思いきや、木村さんは「冷やしピリ辛担々風つけ麺」を注文。 まさかのチョイスに、ツイッターやネット掲示板には驚きの声があがっている。 「すげえ(種類)あんじゃん」 番組のテロップによれば、木村さんにとって山田うどんは「初体験」。 入店してすぐ、共演者の「(山田うどんには)カレーある」という発言を聞いて、「え?うどん屋さんだよね?」とビックリした様子。 おもむろにメニューを眺めると、 「すげえ(種類)あんじゃん」 とポツリ。 「今本気で考えてる」とメニュー表を凝視しながら、注文を決めた。 うどんではなく「冷やしピリ辛坦々風つけ麺」である。 「いただきますっ」と、麺を割りばしで豪快にすくいあげ、つけ汁に半付け。 ズズズーッと勢いよく口に啜りあげると、「正解」の一言。 その後、「うまっ」「うまいわこれ」と啜り続けた。 つけ麺を完食した木村さんは、 「おいしかった。 うどん屋さんだと思って入ってみたら、本当に食堂なので、ドン・キホーテも幅あったけど、ここ(山田うどん食堂)も幅あるよ」 と感心していた。 すっかり満足した様子の木村さんは、「ざるうどん・そばの相盛り」と「ミニパンチ(もつ煮込み)」も頼んでみたいと話していた。 この番組が配信されると、ツイッター上には、「キムタクが山田うどん食べたんだって感動してる」「キムタクが山田うどんを食した…だと?」と驚きのコメントが。 そのほか、うどん店なのにうどんを頼まない姿勢に対して、 「うどん食えよ」 というツッコミも。 たしかにその通りかもしれない。 しかし、山田うどんに通いなれているユーザーからは、 「山田うどんのうどんはおまけだからな」 「山田うどんでうどん食うやついるの?」 「うどん屋で無いことを早々に看破するとはさすが一流は違うな」 といったコメントも。 どうやら山田うどんでは、うどん以外を注文するのが「通」らしい。 そのため、今回の木村さんのチョイスを「分かってる」と高く評価(?)する声も目立っていた。 2019年9月17日 17時20分 Jタウンネット.

次の

地産地消・自家製うどん 釜揚げ屋 (岩手県山田町)

キムタク 山田 うどん

山田うどん(flickrより、Kazuhiko Sakurai• 黄色い看板でお馴染みの「山田うどん食堂」。 埼玉・所沢発祥で、県民のソウルフードともいわれるチェーン店である。 この山田うどんに元のさんが初来店した。 動画配信サービス「GYAO!」の番組「木村さ〜〜ん!」(第59回、2019年9月15日配信)の企画で、埼玉・草加市にある谷塚店を訪れたのだ。 初来店ゆえに、屋号にもなっているうどんを注文すると思いきや、木村さんは「冷やしピリ辛担々風つけ麺」を注文。 まさかのチョイスに、ツイッターやネット掲示板には驚きの声があがっている。 「すげえ(種類)あんじゃん」 番組のテロップによれば、木村さんにとって山田うどんは「初体験」。 入店してすぐ、共演者の「(山田うどんには)カレーある」という発言を聞いて、「え?うどん屋さんだよね?」とビックリした様子。 おもむろにメニューを眺めると、 「すげえ(種類)あんじゃん」 とポツリ。 「今本気で考えてる」とメニュー表を凝視しながら、注文を決めた。 うどんではなく「冷やしピリ辛坦々風つけ麺」である。 「いただきますっ」と、麺を割りばしで豪快にすくいあげ、つけ汁に半付け。 ズズズーッと勢いよく口に啜りあげると、「正解」の一言。 その後、「うまっ」「うまいわこれ」と啜り続けた。 つけ麺を完食した木村さんは、 「おいしかった。 うどん屋さんだと思って入ってみたら、本当に食堂なので、ドン・キホーテも幅あったけど、ここ(山田うどん食堂)も幅あるよ」 と感心していた。 すっかり満足した様子の木村さんは、「ざるうどん・そばの相盛り」と「ミニパンチ(もつ煮込み)」も頼んでみたいと話していた。 この番組が配信されると、ツイッター上には、「が山田うどん食べたんだって感動してる」「キムタクが山田うどんを食した... だと?」と驚きのコメントが。 そのほか、うどん店なのにうどんを頼まない姿勢に対して、 「うどん食えよ」 というツッコミも。 たしかにその通りかもしれない。 しかし、山田うどんに通いなれているユーザーからは、 「山田うどんのうどんはおまけだからな」 「山田うどんでうどん食うやついるの?」 「うどん屋で無いことを早々に看破するとはさすが一流は違うな」 といったコメントも。 どうやら山田うどんでは、うどん以外を注文するのが「通」らしい。 そのため、今回の木村さんのチョイスを「分かってる」と高く評価(?)する声も目立っていた。

次の