検索 ショートカット キー。 「Microsoft Edge」のキーボードショートカット(ショートカットキー)について

137個のWindowsショートカットキー一覧表(PDF有)

検索 ショートカット キー

次のメッセージに切り替える メッセージを開いたまま。 Tab Outlook ウィンドウ、フォルダー ウィンドウの小さなウィンドウ、[閲覧ウィンドウ]、[To Do バー] のセクションの間を移動する。 F6 Outlook ウィンドウ、フォルダー ウィンドウの小さなウィンドウ、[閲覧ウィンドウ]、[To Do バー] のセクションの間を移動し、Outlook リボンにアクセス キーを表示する。 方向キー フォルダー ウィンドウ内を移動する。 Space [閲覧ウィンドウ] 内で 1 ページ下のテキストに移動する。 Esc 検索結果をクリアする。 F4 開いているアイテムの中でテキストを検索する。 開いているアイテムの [閲覧ウィンドウ] で機能します。 F12 名前を付けて保存する [メール] のみ。 F7 スペル チェックを実行する。 F2 フィールド内の編集を有効にする [メール] ビューまたは [アイコン] ビューを除く。 Insert 未読メッセージにクイック フラグを追加する。 F4 検索または置換を実行する。 次の予定に移動する。 F11 [アドレス帳の検索] ボックスに名前を入力する。 F5 配布リストのメンバーの一覧を更新する。 開いている連絡先で、リストに記載されている次の連絡先を開く。 F11 連絡先を検索する。 Esc 連絡先を閉じる。 Insert アイテムにフラグを設定するか進捗状況を終了にする。 テキストの書式を設定するのショートカット表 Web情報をアイテムに追加する ショートカットキー 説明 Home 稼働日の開始時刻を選択する。 End 稼働日の終了時刻を選択する。 PageUp 1 画面上の時間のブロックを選択する。 PageDown 1 画面下の時間のブロックを選択する。 Home 一覧の最初のカードを選択する。 End 一覧の最後のカードを選択する。 PageUp 現在のページの最初のカードを選択する。 PageDown 次のページの最初のカードを選択する。 起点より後のカードが選択されている場合は、選択済みのカードを非選択にする。 起点より前のカードが選択されている場合は、選択済みのカードを非選択にする。 Enter 選択したアイテムを開く。 Home アイテムがグループ化されていない場合は タイムラインの最初のアイテム、またはグループ内の最初のアイテムを選択する。 End アイテムがグループ化されていない場合は タイムラインの最後のアイテム、またはグループ内の最後のアイテムを選択する。 アイテムが選択されているときのショートカット表 グループが選択されているとき.

次の

「Microsoft Edge」のキーボードショートカット(ショートカットキー)について

検索 ショートカット キー

すべてを選択 テキストやフォルダ、ファイルなどをすべて選択できます。 画面に収まりきらないテキストやファイルも含めて選択することができます。 コピー テキストやフォルダ、ファイルなどをコピーできます。 切り取り テキストやフォルダ、ファイルなどを切り取れます。 貼り付け テキストやフォルダ、ファイルを貼り付けられます。 元に戻す 直前の動作を元に戻せます。 うっかり必要なデータを消してしまった場合も、ボタン一つで復元することができます。 やり直し 5. で元に戻した操作を取り消すことができます。 上書き保存 ファイルを上書き保存できます。 ファイルを初めて保存する場合は新規保存となり、その後は上書き保存となります。 作業の取り消し 処理中の作業を中断します。 ファイルのアップロードなどをキャンセルする際に使えます。 削除 選択しているテキストや図形を削除します。 ファイルの場合はゴミ箱へ移動します。 ウインドウを閉じる 開いているブラウザを閉じたり、Officeなどのアプリを閉じることができます。 アプリをすべて閉じた状態で、デスクトップ上でキーを押すと、シャットダウン画面が表示されます。 検索 作業画面内に含まれるキーワードを検索することができます。 ブラウザページの記事の中で語句を探したい場合などに便利です。 印刷 ブラウザやOfficeアプリ上でキーを押すと、印刷画面が表示されます。 そのまま印刷したい場合は、Enterキーを押すと印刷が進みます。 シャットダウン Windowsデスクトップ画面上でAlt+F4キーを押すと、シャットダウンの画面が開きます。 その状態で「OK」を選択するとシャットダウンが行われます。 作業の停止 進行中の作業を停止します。 ファイルのコピーやWebページの読み込みを中止するなど様々なシーンで使用できます。

次の

【Word】検索箇所の確認に役立つショートカットキー

検索 ショートカット キー

すべてを選択 テキストやフォルダ、ファイルなどをすべて選択できます。 画面に収まりきらないテキストやファイルも含めて選択することができます。 コピー テキストやフォルダ、ファイルなどをコピーできます。 切り取り テキストやフォルダ、ファイルなどを切り取れます。 貼り付け テキストやフォルダ、ファイルを貼り付けられます。 元に戻す 直前の動作を元に戻せます。 うっかり必要なデータを消してしまった場合も、ボタン一つで復元することができます。 やり直し 5. で元に戻した操作を取り消すことができます。 上書き保存 ファイルを上書き保存できます。 ファイルを初めて保存する場合は新規保存となり、その後は上書き保存となります。 作業の取り消し 処理中の作業を中断します。 ファイルのアップロードなどをキャンセルする際に使えます。 削除 選択しているテキストや図形を削除します。 ファイルの場合はゴミ箱へ移動します。 ウインドウを閉じる 開いているブラウザを閉じたり、Officeなどのアプリを閉じることができます。 アプリをすべて閉じた状態で、デスクトップ上でキーを押すと、シャットダウン画面が表示されます。 検索 作業画面内に含まれるキーワードを検索することができます。 ブラウザページの記事の中で語句を探したい場合などに便利です。 印刷 ブラウザやOfficeアプリ上でキーを押すと、印刷画面が表示されます。 そのまま印刷したい場合は、Enterキーを押すと印刷が進みます。 シャットダウン Windowsデスクトップ画面上でAlt+F4キーを押すと、シャットダウンの画面が開きます。 その状態で「OK」を選択するとシャットダウンが行われます。 作業の停止 進行中の作業を停止します。 ファイルのコピーやWebページの読み込みを中止するなど様々なシーンで使用できます。

次の