単位 パスカル。 1メガパスカルは何キロ?1分でわかる値、換算方法、どれくらい、kg/cm2 、kPaとの関係

変換 kgf/㎡ 宛先 パスカル (kgf/m² → Pa )

単位 パスカル

力の大きさは,中学校で習う[N(ニュートン)]という単位で表されます。 ただし,[Pa(パスカル)]で表すこともあります。 1m 2の板の上に1kgのおもりを乗せたとき, その板が地面をおすときの圧力は,約9.8Paです。 気圧の単位も,Paで表します。 ただし,「100倍」を表す「h(ヘクト)」をPaの頭に付けて, hPa(ヘクトパスカル)と表すことのほうが多いです。 1hPaは100Pa,つまり1m 2の板の上に約10kgのおもりを乗せたのと同じ圧力です。 地球上の空気の気圧を平均すると,約1013hPaであるといわれています。 これがいわゆる「1気圧」とよばれる気圧です。 ということは,地球上の空気は,約1万kgものおもりを,1m 2の板の上に置いたときと 同じ圧力を,地球上の全ての物体に与えていることになります。 もちろん,私たちの体も,同じ圧力を空気から受けているのです。 この他にも,気圧を表す単位がいくつかあります。 「mb(ミリバール)」は,1991年まで日本で広く使われていた単位で, 1mb=1hPaです。 「mmHg(水銀柱ミリメートル)」や「torr(トル)」は,戦前や外国などで使われていた単位で, 1mmHg=1torr, 760mmHg=1013hPa(1気圧)です(1mmHg=1. 33hPa)。

次の

N(ニュートン)とPa(パスカル)は変換できる?N/m2とPaの換算方法|白丸くん

単位 パスカル

眼には見えませんが、私たちの身の回りにある空気にも重さ(質量)があり重力が働いていますから、膨大な量の空気が集まれば、受ける圧力もそれなりの値になる訳ですね。 具体的に大気圧がどの程度の数値になるのかは、標高(高度)や緯度によって異なります。 高い場所になるほど、その上にある空気の量は少なくなりますから、受ける圧力も小さくなるのです。 大気圧が変化する要因はこれ以外にも、温度や体積、海上からの水蒸気蒸発による影響などがあり、同じ標高・海抜高度でも気圧が異なるという状況があり得ます。 何らかの要因で気圧が異なる領域ができると、圧力が平衡状態になろうとして、高気圧側から低気圧側へ空気が流れ込みます。 この空気の移動が「風」が生まれる原因です。 なお、大気圧を表すのに何らかの基準が必要だと判断された結果、海面での値を基準、即ち1と定めたのが、本記事で解説する「標準気圧」です。 単位記号 [atm] 既に想像がついていらっしゃると思いますが、atmという単位の単位記号は、atmosphereの頭3文字を取ったものです。 読み方 「アトモスフィア」から来ているので、そのまま「 アトム」と読みます。 atmの定義・意味 先の大気圧の項で書いた通り、atmつまり標準気圧とは 海面における気圧を1とした圧力を意味しています。 具体的には、SIが定められた地フランスのパリと同緯度の平均海水面における平均気圧の値から、以下のように定義されました。 過去記事でもいくつか出てきますが、単位の世界ではフランスという国が結構重要な役割を果たしているんですね。 しかし圧力の単位はパスカルだけではありません。 これらとの換算方法についてもご紹介しておきます。 よって、ヘクトパスカルとatmとの関係式は次の通りです。 今でも血圧測定の時などに使われることがありますね。 このmmHgとatmとの関係式は以下となります。 atmだけではなく、例えばパスカル Pa とmmHgというように圧力関連の単位同士を換算したい時は参考にしてみて下さい。 参考記事: まとめ atm:標準気圧の単位を表す。 atmosphereの頭3文字を取った単位で、「アトム」と読む。 フランスはパリと同緯度の海水面の平均気圧を基に定められた大気圧の基準で、その定義は下式の通り。 25 hPa 記事本文中では、パスカルやヘクトパスカル以外の圧力の単位との換算方法についてもまとめているので、変換したい方は参考にして下さい。

次の

気圧の単位

単位 パスカル

私たちの生活の中には、圧力を活用した様々な製品が存在します。 例えば、ポンプ、シリンダー、コンプレッサー、タービンなどは、圧力を原理とした機械製品です。 ここでは、機械設計で必ず理解が必要となる圧力に関する基礎を解説します。 圧力とは 圧力とは、単位面積に対して垂直に働く力のことです。 床の上に置かれた荷物によって働く圧力は、「 かかる力」を「 受ける面積」で割って求めることができます。 例えば、下図のように同じ重量を持つ荷物であっても、受ける面積が異なると、圧力も異なります。 圧力の単位 圧力の単位には、 Pa パスカルと読みます が使われます。 Pa(パスカル)と言われても、ピンと来ないですよね。 「圧力計」の単位も、Pa表示が標準となっていますのでPaに慣れる必要があります。 1Pa とは、1平方メートル m 2 の面積あたりに1ニュートン N の力が作用したときの圧力となります。 そこで、以前に使用されていた工学単位系である、kgf に換算すると、9. 1 kgf/m 2 となります。 1 Paは、1 m 2の床の上に「りんご(約100g)」おかれているくらいの力がかかっていることを示しています。 このように表現してみると、1Paとは非常に小さな圧力であることがわかります。 そして、実際の設計では、もう少し大きな圧力が使われるケースが多いです。 例えば、• 自動車のタイヤの空気圧は、240 kPa• 水道の圧力 1 MPa• 蒸気機関車の蒸気圧は、1. 6 MPa のように、kPa やMPa と大きな圧力が加わります。

次の