カリム ラッコ。 ダークソウル3 効率的なソウル稼ぎ

フロイド・リーチ (ふろいどりーち)とは【ピクシブ百科事典】

カリム ラッコ

ばーっと感想を書いておきます。 中編の途中くらいまで本当に読めなかったです。 今までの流れだと寮長のカミルがオバブロする…はずなんだけど、散々言われてる(気がする)ように、オマージュ元映画の『アラジン』に即して考えると、アラジン…というよりサルタン王の特徴を受け継いでいるのがカリム、そしてであるジャファーの特徴を受け継いでいるのがだと思われたので、どっち!?どっちなの!?と超ハラハラしていました。 カリムがオバブロする可能性もあるはあるなと思っていて「を庇うため」とか「に催眠術かけられてることに実は気づいてる」とか「陽気で朗らかな性格は本当に表向きで実は腹黒」みたいな展開もありえるな〜…とか思っていたし、もで中盤まではマジで「従者であることにそこまで疑問を持っていないのかも?」ともとれる振る舞いをしていたので… 私もの催眠術にかかっていたのだろうか… 4章は初!の、寮長じゃない人がオーロットするという展開で、超おもしろかったです!さすが先生というか、王道だけどベタではない脚本が毎回毎回上手だし、キャターの魅せ方や関係性まで本当によく練られていておもしろすぎる… カリムの愛、の反発 今回、マジでどっちも悪くなくね??ってなって本当につらかった!!笑 がこういう考えにたどり着くのも必然すぎて、親とが悪いんじゃんってなったし、カリムはカリムでおぼっちゃま特有の人の良さは本物だったので… 4章が始まる前から2人のセリフは大体お互いに対してのコメントが多くて、カリムはを「兄弟みたい」と言っているにも関わらず、はカリムの毒味をしたり、授業中に刺客がきてもいいようにほとんどすべての授業をカリムと同じものをとったりなど、あくまでも上下関係があるっては思ってるんだなーと感じていた。 それをは「従者として当然だと思ってるからそうしてる」のか、「本心を隠してそうしてる」のかは4章までわからなかったです。 カリムの方も、口ではそう言ってるけど実際にはを目下のものとして思っているのでは?とも思えて(今回の件でカリムはまじでを兄弟で親友と思っていたことが判明したわけだが…)、この2人は本当はどういう関係性なの??って一番気になっていた。 他寮の寮長・副寮長と違って、ここにはマジで主従関係があるっていうのが、重かったですね〜〜〜!! 「は絶対にオレに毒を盛ったりしない!」ってセリフが出てきた時点で、絶対フラグじゃん!!!!!と思って早くも私は泣いていました。 笑(毒は盛らなかったね) カリムって家は金持ちだけど本人はそこまで優秀なタイプではなく、でも朗らかで明るい性格、人を疑わない、面倒見がいいなどの点で「寮長の器ではある」っぽいのがまたにくいとこだよなー、そして本人は権力にしていないのもよくわかった。 が暴走したときにためらわずに「お前が寮長になっていい、オレは実家に戻るから…!」って言葉が出てくるカリムくんの性格の良さよ…。 ジェイドのユニーク魔法に対峙しても口を割らなかったカリムの仁義にも感動。 (「ラッコちゃんって超口が軽そうなのに意外」とか言ってくるフロイドのセリフ、嫌味が効いてていいですね) でもそんな「性格がいいところ」もにとってはムカつくポイントでしかなかったんだろうなー、というのもすごくわかる…(「イイコすぎてウザい」「良い人を通り越して気持ち悪いです」とズバズバ言ってくるリーチ兄弟おもしろすぎ)。 がカリムに対して「嫉妬してる」とかでもなく、「マジで嫌いで利害関係がなければ1ミリも関わりたくない」とまで言い切るとは思わなくて笑ってしまった。 そんなに嫌いなのによくここまで尽くしたね!? まあ最終的に、オバブロ後目が覚めたにかけた一言目が泣きじゃくりながらの「生きてて良かった……!!!」だったカリムくんはあっぱれでしかなくて、この2人の関係性が始まるのはここからなんだな、と思わせてくれる、綺麗すぎない終わりなのもせつなくてじんわりでした。 にしても、世界中にこれを配信されてしまったらバイパー家大丈夫なんか?の親もももう故郷にいられなくならん??大丈夫??これが先生のオリジナル作品だったら絶対殺されてたと思うから、ディズニー監修で良かった………… 先生がぶちこんだ「カリムの代わりに毒味係のが死にかけたことがある」って過去エピソード、先生なら何倍も膨らませてダークな展開に持ち込むことも可能だと思うんだけど、幸か不幸かここはディズニーの世界なので、メインキャラが殺されたりしないのであった!!!!! 性格が悪すぎるオクタヴィネル3人組が最高 オクタヴィネル3人組は、典型的な「敵だと超手強いけど味方になると心強い」キャターたちで大好きです。 隙あらばアズールの悪口をねじ込んでくるジェイド面白すぎて超笑った。 (ジェイドがヒプマイの銃兎と同じCVってことを知ってるので、腹黒優等生ボイスが似合うなーって毎回にやにやしてしまう) 序盤、が手強すぎてまじで今回どうすんの!?って思ってたんだけど、モストロ・ラウンジで3人が出てきたときの安心感よ!笑 「あっ、なんとかなりそう」って思わせてくれるつよつよキャラの3人組…だいすきだ… 意外だったのが、ジェイドが「1人につき一生に一度しか使えないユニーク魔法」を、こういう内輪のいざこざのときに使ってくれたこと!狡猾な男の子たちなのでこんな重大な魔法をこのタイミングで使ってくれるなんてびっくりした。 アズールと契約して「声を差し出した」フロイドはやっぱり一番アリエル要素を受け継いでるのかな、なんて思ったり…。 うまく対比されていたのが、アズールとリーチ兄弟には「別に上下関係はない」ってところ。 地元が同じ同級生で、昔から友達で、おもしろいから一緒にいるだけっていう、まるでドライな口調でアズールとフロイドは説明してたけど、3章で判明したように意外や意外、ニックな友情を築いているってのがいいよね。 リーチ兄弟なんて2人とも背が高くて性格もハチャメチャで、手強そう以外の何者でもないのに、アズールのことを普通に友達として好きっていうのが良いギャップ!(フロイドがアズールのことはちゃんと名前で呼んでるっていうのがその特別性の何よりの証明だと思う) ハーツラビュルの寮長副寮長も幼馴染だし、スカラビアだけが上下関係がガチっていうしんどさが際立ってると思った。 エーデュースいいやつらだよほんと わざわざ公共を乗り継いで主人公たちの危機にかけつけてくれる2人いいやつらすぎる!!エーデュースはほんと良いコンビだよなって思います。 将来2人で寮長副寮長になるんだろうなって思うし、大人になってからも良いライバルでいそう。 高校で出会った一生の友達ってかんじ。 カリムとは今後どうなるかなあ、と思ったけど、フェアリーガラでカリムが変わらずにを「友達」と強調していたこと、は「友達じゃない」って突っぱねられていたことから、今後もこんな感じで腐れ縁みたいになっていけるのかも…と思った。 にとってそこが地獄じゃないならいいんだけど。 カリムがどこまでも真っ直ぐなのでそこは安心なんだけど、この2人が健やかに育つことをただ祈るのみ。 5章のサポート役でまた出てきてくれると思うので、そのときにの心境の変化が見れるといいな。 ソシャゲの感想書くの初めてで難しすぎる、全然うまく書けない… けどツイステを大好きでスカラビアを大好きだから何か書いておきたかった。 もっと上手く書けるようにがんばります。 せっかくのなので今の時点でのみんなの印象を書いておく。 リドル:概念的にのシエルに近くて、先生の十八番だよねってにやにや。 小柄で高慢な美少年はいいものだ。 トレイくんとの関係をもっと知りたい。 エース:最初はいやなやつだなーってイライラすることが多かったけど、途中からふつうにめっちゃいいやつになった。 デュース:見た目は真面目系で中身は要領が悪い、ってだけだとここまで好きにならなかったと思うけど、「元ヤン」というさらなるギャップが超おもしろい男。 エースとのデュオ魔法でのワル語録が最高。 ケイト:こういう明るくて誰にでも平等に接する男の子大好きです!大好きななのに、真面目系なトレイくんのことを親友だと思ってるのも超かわいい。 3年生だからちょっと客観的なポジションなのもいい。 トレイ:優等生メガネと見せかけて、みんなのお兄さんポジなのずるすぎる。 優しくて穏やかでたまにちょっとSっぽいところがどきどきする。 レオナ:2章終盤まで全然よさがわからんかったけど、チェカの登場で印象が180度変わって大好きになった。 こんなんずるい、好きになるしかないやろ!!笑 作中で基本的に「王子様」として扱われているのが最高。 寮メンバーとの絡みも好きだけどヴィルとのコンビも好き。 ラギー:かわいすぎる。 本人は別に人に尽くすタイプでもなさそうだけど、レオナの近くにいるからそういう立ち位置になっちゃってる感じがかわいい。 貧困育ちのわりにレオナとは割と馬があってそうなので、卒業してからもレオナの側近とかで働いてほしい(願望)。 ハイエナらしいずる賢さもあるけど、基本的には働き者の努力家なのが好きです。 ジャック:勉強もできる「硬派な不良」なのいいよね。 レオナとの関係性をもっと掘ってほしい。 エーデュースや監督生たちの面倒をいやいや見てくれるところも頼りになって好き。 結構だよな。 アズール:プライド激高美青年はいいものだ。 努力家ってとこがいい。 寮長なのにリーチ兄弟にやや振り回されているのもかわいい。 ジェイド:最初は普通に優等生かと思っていた。 フロイドとは別の方向にやばい男。 大好き。 フロイド:こりゃ人気出るわな気分屋のS男。 大好き。 ジェイドとのコンビが大好きで、双子だけど兄でも弟でもないって設定めっちゃ好きです!私の中の兄弟萌えの血が騒ぎまくってます。 カリム:こういう陽気な男の子を今まであんまり好きになったことなかったけど、大好き。 背が低めなのがかわいい。 頭飾りがリボンなのもいい。 こんなに良い子だからこそ、のに座る顔が、人の上に立つ側の人間の顔でどきどきした。 :多分好きになるだろうなぁーという予感があって、案の定好きになった子。 声に起伏がないところがすき。 身嗜みを整えてそうなのがいい。 授業は全部カリムと同じものをとってるのに部活は別にしてるのが気になってる。 ダンスもバスケもよっぽど好きなんだろうなって勝手に思ってる。 ヴィル:来月オバブロするかもしれない人。 美人で努力家、そして他人の努力もしっかり評価できる気高い人。 レオナに対して「顔がいいだけのダメ男」「王子の名が聞いて呆れるわ。 玉子の間違いなんじゃないの!?」などいちいちセンスのある毒舌を吐いてるのが大好き。 エペル:まだ全然よくわからん。 ルーク:こちらも全然よくわからん。 今後も興味出ない気がする。 :こんなに美麗な見た目なのに中身もうちょっと…なんかこう…違う方向のオタクキャラにしてほしかった!笑 喋り方が一昔前のオタクってかんじでもったいない。 わざとなのか?いいとこの家の子っぽいのがたまらん。 オルト:オルト本人の見た目にもキャラにも興味ないんだけど、多分の闇を反映して存在している子だろうから気になってる。 ハデスは黄泉の国のだし、死者の蘇生…なんだろうな…たぶん… マレウス:ラスボスなのかもしれない。 センターキャラ。 リリア:顔と声が全然違う人。 シルバー:頭悪そう。 セベク:やい上に性格がそんなによくない。 今後もっとみんなの性格や各キャラの関係性がわかってくると思うととっても楽しみです!! chanaoi214.

次の

【ツイステ】新章*熱砂の国の知略担当

カリム ラッコ

ばーっと感想を書いておきます。 中編の途中くらいまで本当に読めなかったです。 今までの流れだと寮長のカミルがオバブロする…はずなんだけど、散々言われてる(気がする)ように、オマージュ元映画の『アラジン』に即して考えると、アラジン…というよりサルタン王の特徴を受け継いでいるのがカリム、そしてであるジャファーの特徴を受け継いでいるのがだと思われたので、どっち!?どっちなの!?と超ハラハラしていました。 カリムがオバブロする可能性もあるはあるなと思っていて「を庇うため」とか「に催眠術かけられてることに実は気づいてる」とか「陽気で朗らかな性格は本当に表向きで実は腹黒」みたいな展開もありえるな〜…とか思っていたし、もで中盤まではマジで「従者であることにそこまで疑問を持っていないのかも?」ともとれる振る舞いをしていたので… 私もの催眠術にかかっていたのだろうか… 4章は初!の、寮長じゃない人がオーロットするという展開で、超おもしろかったです!さすが先生というか、王道だけどベタではない脚本が毎回毎回上手だし、キャターの魅せ方や関係性まで本当によく練られていておもしろすぎる… カリムの愛、の反発 今回、マジでどっちも悪くなくね??ってなって本当につらかった!!笑 がこういう考えにたどり着くのも必然すぎて、親とが悪いんじゃんってなったし、カリムはカリムでおぼっちゃま特有の人の良さは本物だったので… 4章が始まる前から2人のセリフは大体お互いに対してのコメントが多くて、カリムはを「兄弟みたい」と言っているにも関わらず、はカリムの毒味をしたり、授業中に刺客がきてもいいようにほとんどすべての授業をカリムと同じものをとったりなど、あくまでも上下関係があるっては思ってるんだなーと感じていた。 それをは「従者として当然だと思ってるからそうしてる」のか、「本心を隠してそうしてる」のかは4章までわからなかったです。 カリムの方も、口ではそう言ってるけど実際にはを目下のものとして思っているのでは?とも思えて(今回の件でカリムはまじでを兄弟で親友と思っていたことが判明したわけだが…)、この2人は本当はどういう関係性なの??って一番気になっていた。 他寮の寮長・副寮長と違って、ここにはマジで主従関係があるっていうのが、重かったですね〜〜〜!! 「は絶対にオレに毒を盛ったりしない!」ってセリフが出てきた時点で、絶対フラグじゃん!!!!!と思って早くも私は泣いていました。 笑(毒は盛らなかったね) カリムって家は金持ちだけど本人はそこまで優秀なタイプではなく、でも朗らかで明るい性格、人を疑わない、面倒見がいいなどの点で「寮長の器ではある」っぽいのがまたにくいとこだよなー、そして本人は権力にしていないのもよくわかった。 が暴走したときにためらわずに「お前が寮長になっていい、オレは実家に戻るから…!」って言葉が出てくるカリムくんの性格の良さよ…。 ジェイドのユニーク魔法に対峙しても口を割らなかったカリムの仁義にも感動。 (「ラッコちゃんって超口が軽そうなのに意外」とか言ってくるフロイドのセリフ、嫌味が効いてていいですね) でもそんな「性格がいいところ」もにとってはムカつくポイントでしかなかったんだろうなー、というのもすごくわかる…(「イイコすぎてウザい」「良い人を通り越して気持ち悪いです」とズバズバ言ってくるリーチ兄弟おもしろすぎ)。 がカリムに対して「嫉妬してる」とかでもなく、「マジで嫌いで利害関係がなければ1ミリも関わりたくない」とまで言い切るとは思わなくて笑ってしまった。 そんなに嫌いなのによくここまで尽くしたね!? まあ最終的に、オバブロ後目が覚めたにかけた一言目が泣きじゃくりながらの「生きてて良かった……!!!」だったカリムくんはあっぱれでしかなくて、この2人の関係性が始まるのはここからなんだな、と思わせてくれる、綺麗すぎない終わりなのもせつなくてじんわりでした。 にしても、世界中にこれを配信されてしまったらバイパー家大丈夫なんか?の親もももう故郷にいられなくならん??大丈夫??これが先生のオリジナル作品だったら絶対殺されてたと思うから、ディズニー監修で良かった………… 先生がぶちこんだ「カリムの代わりに毒味係のが死にかけたことがある」って過去エピソード、先生なら何倍も膨らませてダークな展開に持ち込むことも可能だと思うんだけど、幸か不幸かここはディズニーの世界なので、メインキャラが殺されたりしないのであった!!!!! 性格が悪すぎるオクタヴィネル3人組が最高 オクタヴィネル3人組は、典型的な「敵だと超手強いけど味方になると心強い」キャターたちで大好きです。 隙あらばアズールの悪口をねじ込んでくるジェイド面白すぎて超笑った。 (ジェイドがヒプマイの銃兎と同じCVってことを知ってるので、腹黒優等生ボイスが似合うなーって毎回にやにやしてしまう) 序盤、が手強すぎてまじで今回どうすんの!?って思ってたんだけど、モストロ・ラウンジで3人が出てきたときの安心感よ!笑 「あっ、なんとかなりそう」って思わせてくれるつよつよキャラの3人組…だいすきだ… 意外だったのが、ジェイドが「1人につき一生に一度しか使えないユニーク魔法」を、こういう内輪のいざこざのときに使ってくれたこと!狡猾な男の子たちなのでこんな重大な魔法をこのタイミングで使ってくれるなんてびっくりした。 アズールと契約して「声を差し出した」フロイドはやっぱり一番アリエル要素を受け継いでるのかな、なんて思ったり…。 うまく対比されていたのが、アズールとリーチ兄弟には「別に上下関係はない」ってところ。 地元が同じ同級生で、昔から友達で、おもしろいから一緒にいるだけっていう、まるでドライな口調でアズールとフロイドは説明してたけど、3章で判明したように意外や意外、ニックな友情を築いているってのがいいよね。 リーチ兄弟なんて2人とも背が高くて性格もハチャメチャで、手強そう以外の何者でもないのに、アズールのことを普通に友達として好きっていうのが良いギャップ!(フロイドがアズールのことはちゃんと名前で呼んでるっていうのがその特別性の何よりの証明だと思う) ハーツラビュルの寮長副寮長も幼馴染だし、スカラビアだけが上下関係がガチっていうしんどさが際立ってると思った。 エーデュースいいやつらだよほんと わざわざ公共を乗り継いで主人公たちの危機にかけつけてくれる2人いいやつらすぎる!!エーデュースはほんと良いコンビだよなって思います。 将来2人で寮長副寮長になるんだろうなって思うし、大人になってからも良いライバルでいそう。 高校で出会った一生の友達ってかんじ。 カリムとは今後どうなるかなあ、と思ったけど、フェアリーガラでカリムが変わらずにを「友達」と強調していたこと、は「友達じゃない」って突っぱねられていたことから、今後もこんな感じで腐れ縁みたいになっていけるのかも…と思った。 にとってそこが地獄じゃないならいいんだけど。 カリムがどこまでも真っ直ぐなのでそこは安心なんだけど、この2人が健やかに育つことをただ祈るのみ。 5章のサポート役でまた出てきてくれると思うので、そのときにの心境の変化が見れるといいな。 ソシャゲの感想書くの初めてで難しすぎる、全然うまく書けない… けどツイステを大好きでスカラビアを大好きだから何か書いておきたかった。 もっと上手く書けるようにがんばります。 せっかくのなので今の時点でのみんなの印象を書いておく。 リドル:概念的にのシエルに近くて、先生の十八番だよねってにやにや。 小柄で高慢な美少年はいいものだ。 トレイくんとの関係をもっと知りたい。 エース:最初はいやなやつだなーってイライラすることが多かったけど、途中からふつうにめっちゃいいやつになった。 デュース:見た目は真面目系で中身は要領が悪い、ってだけだとここまで好きにならなかったと思うけど、「元ヤン」というさらなるギャップが超おもしろい男。 エースとのデュオ魔法でのワル語録が最高。 ケイト:こういう明るくて誰にでも平等に接する男の子大好きです!大好きななのに、真面目系なトレイくんのことを親友だと思ってるのも超かわいい。 3年生だからちょっと客観的なポジションなのもいい。 トレイ:優等生メガネと見せかけて、みんなのお兄さんポジなのずるすぎる。 優しくて穏やかでたまにちょっとSっぽいところがどきどきする。 レオナ:2章終盤まで全然よさがわからんかったけど、チェカの登場で印象が180度変わって大好きになった。 こんなんずるい、好きになるしかないやろ!!笑 作中で基本的に「王子様」として扱われているのが最高。 寮メンバーとの絡みも好きだけどヴィルとのコンビも好き。 ラギー:かわいすぎる。 本人は別に人に尽くすタイプでもなさそうだけど、レオナの近くにいるからそういう立ち位置になっちゃってる感じがかわいい。 貧困育ちのわりにレオナとは割と馬があってそうなので、卒業してからもレオナの側近とかで働いてほしい(願望)。 ハイエナらしいずる賢さもあるけど、基本的には働き者の努力家なのが好きです。 ジャック:勉強もできる「硬派な不良」なのいいよね。 レオナとの関係性をもっと掘ってほしい。 エーデュースや監督生たちの面倒をいやいや見てくれるところも頼りになって好き。 結構だよな。 アズール:プライド激高美青年はいいものだ。 努力家ってとこがいい。 寮長なのにリーチ兄弟にやや振り回されているのもかわいい。 ジェイド:最初は普通に優等生かと思っていた。 フロイドとは別の方向にやばい男。 大好き。 フロイド:こりゃ人気出るわな気分屋のS男。 大好き。 ジェイドとのコンビが大好きで、双子だけど兄でも弟でもないって設定めっちゃ好きです!私の中の兄弟萌えの血が騒ぎまくってます。 カリム:こういう陽気な男の子を今まであんまり好きになったことなかったけど、大好き。 背が低めなのがかわいい。 頭飾りがリボンなのもいい。 こんなに良い子だからこそ、のに座る顔が、人の上に立つ側の人間の顔でどきどきした。 :多分好きになるだろうなぁーという予感があって、案の定好きになった子。 声に起伏がないところがすき。 身嗜みを整えてそうなのがいい。 授業は全部カリムと同じものをとってるのに部活は別にしてるのが気になってる。 ダンスもバスケもよっぽど好きなんだろうなって勝手に思ってる。 ヴィル:来月オバブロするかもしれない人。 美人で努力家、そして他人の努力もしっかり評価できる気高い人。 レオナに対して「顔がいいだけのダメ男」「王子の名が聞いて呆れるわ。 玉子の間違いなんじゃないの!?」などいちいちセンスのある毒舌を吐いてるのが大好き。 エペル:まだ全然よくわからん。 ルーク:こちらも全然よくわからん。 今後も興味出ない気がする。 :こんなに美麗な見た目なのに中身もうちょっと…なんかこう…違う方向のオタクキャラにしてほしかった!笑 喋り方が一昔前のオタクってかんじでもったいない。 わざとなのか?いいとこの家の子っぽいのがたまらん。 オルト:オルト本人の見た目にもキャラにも興味ないんだけど、多分の闇を反映して存在している子だろうから気になってる。 ハデスは黄泉の国のだし、死者の蘇生…なんだろうな…たぶん… マレウス:ラスボスなのかもしれない。 センターキャラ。 リリア:顔と声が全然違う人。 シルバー:頭悪そう。 セベク:やい上に性格がそんなによくない。 今後もっとみんなの性格や各キャラの関係性がわかってくると思うととっても楽しみです!! chanaoi214.

次の

ツイステ4章について語らせて

カリム ラッコ

前編・中編 ネタバレNGの方は、こちらのページは閉じていただき、大丈夫〜な方はスクロールをお願い致します。 先日終了した初イベントと入れ替わりで、新章が追加。 舞台はスカラビア寮です。 スカラビアは「アラジン」が元ネタで、オリエンタルな雰囲気が魅力的です。 主な寮生は、寮長であるカリムと副寮長でもある。 これまでの3つの寮と違う所は、元ネタであるを担当しているのが副寮長である部分です。 カミルは王様ポジ。 リズミックも、アラジンの世界を感じるパレード仕様。 監督生を魔法の絨毯に乗せてあげる際のセリフも、アラジンのセリフを思い出させてくれました。 こういうちょっとした所に元ネタを感じさせてくれるのが粋だな〜と思います。 各寮では寮長に求められる素質というのがそれぞれ存在しており、寮によって異なっているようです。 それにしてもポムフィオーレ寮、さすがというべきか... 美しさと毒を合わせ持つ女王のイメージにぴったりの条件です。 物語が進むにつれて、やはり厄介ごとに巻き込まれていくオンボロ寮生の1人と1匹。 今回の助っ人は、例の如く前章の主役寮.... という事で、オクタヴィネルの皆さんです。 全然関係ないのですが、フロイドのネーミングセンス、最高すぎやしませんか? ウミヘビくんというのはのことですが、なかなか的を得ていると思いますし、カリムのラッコちゃんも... 私も監督生を呼びたい、小と。 スカラビア寮でラウンジ仕様のスーツ、なかなか暑そうです(笑) この3人は如何なる時も対等である関係性ですので、主従であるカリムとの関係とも対極的です。 これも見越した上での人選なのかもしれません。 それにしても、オクタヴィネル寮の3人は並ぶと安定感抜群ですので、箱推しの方はかなり胸熱なのではないかなと思います。 あのコンビ、めちゃくちゃいい声でアリエルを勧誘するんですから、そりゃついて行っちゃいますよ。 私も行くわ。 流し目が最高に妖しげでミステリアスなのも最高です。 演技の息もぴったりな、まさに最凶トリオ。 それにしても可愛いです(笑) 一癖も二癖もあるナイトレイヴンカレッジの生徒達。 スカラビア寮の物語がどこに、どのように着地するのか... 今から色々予想しながら楽しみたいと思います。 それでは* mamefuku13.

次の