無職 年金 免除。 自営業・無職の年金保険料免除(申請免除)

失業者なら簡単にできる国民年金保険料免除の継続方法

無職 年金 免除

読みたい場所へジャンプ!• 国民年金の免除は親と同居していると難しい?!何か方法はないの? 一人暮らしの場合と親と同居の場合では免除の基準も異なるとお伝えしましたが、それは「本人及び世帯主」の年収で免除できるかどうかが決まってくるからです。 例えば現在無職だとして一人暮らしなら自分が働かないと世帯のどこからも収入がないので問答無用で免除可能ですが、親と同居していると世帯主である親が払えるお金をもっていれば免除できなくなります! といってもなんとか自分で年金を払わないようにしたいと考えている方も多いハズ。 実際このような場合はどうすればいいのか、その方法をお伝えします! 親の扶養に入る 年収130万円に満たない場合は親の扶養に入ることができます。 そうすれば年金だけでなく健康保険も親の勤務先が支払ってくれることになるので自分で支払う必要はありません。 これが最も手軽でお金も出ていかず、将来もらえる年金にも反映されるのでいい方法と言えますね。 納付猶予制度を利用 親が扶養に入れてくれそうにない場合、免除制度とは異なりますが50歳未満の人であれば国民年金の猶予制度を利用することができます。 免除制度と同じように猶予制度適用期間中は国民年金の支払いは不要になります。 では免除と猶予制度にはなんの違いがあるのか、確認しておきましょう。 配偶者がおらず実家暮らしの方だと自分の年収のみで猶予できるか否かの審査が行われますから、免除制度よりも審査通過の難易度は低くなります。 そのため全納と比べれば少なくはなりますが、将来もらえる受給額にもきちんと反映されるようになっています。 それに反して納付猶予制度の場合は、支払わなくて良くなった分の年金が一切受給額に反映されません。 なのでお金に余裕が出てきたら、10年前の猶予分から追納することが可能なためそうしておいたほうが安心です。 自分の所得と世帯主である親の所得が、ともにこの計算で求めた数字以下であれば全額免除することができるんです! 例えば親子3人暮らしでお父さんはお母さんを扶養していて、自分は扶養されていないという場合なら以下のようになります。 同じ条件で全額免除以外の一部納付については下記のような基準になっているので1度親の所得を確認してみましょう。 親の年収が高ければ年金免除は受けられないため、そんな時は自分の年収が130万円に満たないことを確認して親の扶養に入れてもらうのが得策といえます。 また親が扶養に入れてくれない場合は猶予制度を利用することも出来ますが、追納しないと将来もらえる受給額がほとんどないということになってしまうため注意しましょう。 親の所得基準も明確に決まっているので、年金免除を希望する場合は親の所得確認をするようにしてくださいね! スポンサーリンク.

次の

収入がない子供の国民年金保険料は親が払うことで所得税・住民税が安くなる

無職 年金 免除

一般的なニートであれば年金を支払わなくても大丈夫です。 ここでいう 一般的とは、収入がない無職のニートを指します。 支払わないといってもパターンが2つあります。 支払いが 猶予になる時と、支払いが 免除になるケースです。 どちらの場合も 金銭的に余裕が出たら後から納付することができるので、その点については安心してください。 それぞれについて解説していきます。 猶予になるケース こちらは 親の扶養に入っているニートの場合、主に該当します。 年金の支払いが猶予になると、国から年金を支払えという催促はなくなります。 もちろん猶予になっている期間は年金を支払わなくてもいいです。 しかし将来の年金受給額に加算されることはありませんので注意してください。 年金の支払いが猶予になる条件 年間の所得が57万円以下であること。 (独身の場合) 正確には結婚しているや子供がいる場合は違ってくるのですが、ニートには無縁の話です。 働いておらず収入のないニートであれば、この条件に当てはまると思います。 免除になるケース 免除になると年金の受給額へ一部が加算されるため、免除されるならそれを狙いたいです。 しかし親の扶養に入っているニートの場合、親の収入が少ない場合でないと免除にはなりません。 なったとしても一部のみというケースがあります。 親の扶養に入らず生活しているニートや、 親が定年後である場合は免除されることがありますので、条件を確認していきましょう。 少しややこしいですが、 自分でどれに当てはまるのかを計算しなくても実は大丈夫です。 その中で一番良い条件のものに当てはめてくれるのです。 次は手続きの方法について解説していきます。 手続きをする必要はあるのか めんどくさければ無理に書類などを提出しに行かなくても大丈夫といえば大丈夫です。 理由は年金を支払っていないと向こうから家に来てくれます。 その時に免除・猶予の申請書類を持ってきてくれるのです。 ですが年金催促の手紙や電話、訪問がウザいという場合や、家族に見られたくない時は自分で申請してしまうと良いでしょう。 申請方法 役所へ行って申請する方法と、郵送で必要書類を送る方法があります。 自分に合った方を選択してください。 役所へ直接行く 住民登録をしている市(区)役所・町村役場の国民年金担当窓口へ行ってください。 マイナンバーカード(もしくは年金手帳) 上記のものを持っていくと良いでしょう。 郵送で送る 下の申請書をダウンロードして郵送します。 申請内容で分からないことがあるならば、役所へ行ってしまう方が早いこともあります。 まとめ ニートであれば年金が 猶予・ 免除のどちらかに該当する可能性が非常に高いです。 何も申請していないと未納となり後々に困ることもあります。 猶予・免除の申請をしたところでこちらにデメリットはありませんので、申請することをオススメします。 申請書類で継続審査を希望しておけば、一度申請するだけでこの先は猶予・免除の申請は不要です。 また、過去2年分まで遡って猶予・免除の審査がなされるので、未納でしばらく過ごしてしまった方もぜひ申請してください。

次の

無職で年金が払えない|失業したら国民年金免除を忘れずに!

無職 年金 免除

先日友人から凄い話を聞きました。 友人はアルバイトで生活しています。 1人暮らしで、毎月大体12万弱の収入です。 給料明細を見ても源泉徴収はされていないらしく 確定申告もしてませんし、住民税の申告で所得0でしてますから 市役所には無職で通っているというのです。 健康保険も毎月千円ちょっとらしいです。 年金も無職で全額免除してるとか・・・・ これを聞いて腹が立ちました! 私は毎月5千円ほど保険代を払っているのに どうしてこんな事がまかり通るのでしょうか? 無職で何年も保険や年金払ってたら市役所はおかしいと思わないのですか? 無職が家賃・光熱費、公共料金支払えるわけないでしょう? ちょっと考えれば分かりますよね? 詳しいことは分かりませんが収入があるのに無職になってるのですから マルサが調査してもいいのではないですか? 私が密告したらマルサは動きますか? 腹立たしい人がいるものなんですね。 マルサは、国税局の査察官でしょうから、小さい金額では動きません。 しかし、税務署は動くかもしれません。 また、市役所からすれば、住民税と国民健康保険を不当に免れていることになるでしょうから、市役所も動くかもしれません。 さらに、国民年金の免除制度は、要件を満たし免除が許された場合には、保険料の一部を納付したことと同等、納付期間については納付した人と同等となります。 年金事務所も動くかもしれませんね。 これらの役所へ密告してはいかがですかね。 できるだけ詳しい情報があれば、動く確率も上がるかもしれません。 その友人の氏名・生年月日・住所・勤務先などがあると良いでしょうね。 公共料金や家賃のことをおっしゃっていますが、節約すれば支払える可能性があるでしょう。 また、税金・保険各種がそれぞれの役所に分かれているため、役所側も推測で動くと対象者が増えすぎて動けないのでしょう。 あなたからの情報で動くかも知れませんね。 私は零細の会社の役員です。 税金などの国民の義務は果たしています。 ただこの不景気で会社の業績悪化に伴い、簡単に変更のできない役員報酬のせいで、保険料も税金も高く払い、残ったお金も会社へ貸し付けるようなことになっています。 ご友人のような不正は許せませんね。 その時親と同居だから生活出来るとでも答えておけばそれで通ります。 ただし親と同じ住所で住民登録しておく必要はありますけどね。 役人だってバカじゃありませんただおかしいと思っても申告内容に無理な点でもなければ それで受理するしかないのが今の役所です。 またこの件で密告してもまず動きません動くとすれば不正受給です。 生活保護や障害者母子家庭などの 給付にうその申告をしているなどならすぐに動きます。 Q 今、無職の23歳です。 実家に暮らしています。 自分の税金ぐらいは払おうかと思っているのですが、どの税金に対して、いくら払えばいいものかわかりません。 親は面倒をみてくれると言っていますが、自分のことなので自分で支払っていきたいと思っています。 税金、保険など自分が支払うべき金額を毎月、親に渡すつもりです。 ここでは一般的成人が暮らしていくのに、毎月いくらお金がいるのか、ぜひとも教えていただきたいと思います。 国民健康保険は親の扶養に入れてもらっています。 この場合、親にどのくらい払えば妥当なのでしょうか。 あと、県民税、市民税はどのくらいの額なのでしょうか。 他にも支払うべき税金などあったらご指摘、お願いします。 A ベストアンサー 【税金関連】 1 所得税 今年(2003年)1月から12月末までの収入が年間103万円以下なら所得税は0円です。 還付(所得税が戻る)の必要があれば来年2月16日から3月15日に確定申告にて還付請求ください。 還付手続先は住所地を所管する税務署です。 因みに、今年年末時点で働いていればその会社で年末調整を行なうでしょうから、他に収入がなければ来年の確定(還付)申告の必要はないです。 goo. php3? 住民税算出式は市区町村により多少異なりますが、主に前年の所得金額に応じた所得割と、所得金額の多少にかかわらず、一定の均等割(東京特別23区の場合は特別区民税分3,000円+都民税分1,000円)との合計額が住民税となります。 住民税は前年の所得等により算出され、翌年の6月より支払いがはじまりますので留意が必要です。 つまり2002年1月から12月の収入に対し、2003年6月よりの支払いとなります。 taxanser. nta. HTM 【社会保険関連】 1 年金関連 日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の方は全て国民年金に加入することになっています。 自営業者、農業や漁業に従事している方は国民年金の保険料を自分で納めます。 このような方を国民年金の第1号被保険者といいます。 会社などに勤め、厚生年金保険や共済組合に加入している方は、国民年金の保険料を直接納めることはありません。 これは厚生年金保険や共済組合が加入者に代わって国民年金に必要な費用を負担しているからです。 このような方を国民年金の第2号被保険者といいます。 従って、会社に就労しなければ第1号被保険者となります。 保険料は13,300円/月です。 加入手続は住所地を所管する市区町村役場国民年金課です。 尚、保険料の減免については、市区町村役場を通して申請を行い、社会保険庁長官が認めた場合に限り免除されます(申請免除)。 この申請免除については、平成14年4月分の保険料から、これまでの保険料の全額を免除する制度に加えて、保険料の半額を免除する制度(半額免除)が施行されてます。 sia. htm qa0601-q604 2 健康保険関連 国民健康保険料は各市区町村により違いがありますが、概ね前年の所得が関係してきます。 因みに、東京特別区(23区)の場合の健康保険料の算出式は次の通りです。 goo. php3? 還付(所得税が戻る)の必要があれば来年2月16日から3月15日に確定申告にて還付請求ください。 還付手続先は住所地を所管する税務署です。 因みに、今年年末時点で働いていればその会社で年末調整を行なうでしょうから、他に収入がなければ来年の確定(還付)申告の必要はないです。 goo. php3? Q 平成18年~平成20年8月まで無職の期間があり、その間に現在の所得の状況を教えて欲しいような書類が来ました。 所得がなかったので税金がかからないと思い、返送しなかったのですが、無職でも住民税を払わなければいけなかったのでしょうか?ちなみに国民保険は無職の期間も払っていました。 現在は平成20年9月から始めたアルバイトの仕事で月13万程度の収入があります。 現在もアルバイトの方は続いていおり、社会保険、雇用保険に加入しています。 その間住民税はアルバイトでも給与から天引きされているのでしょうか? 確定申告をしたらいくらか戻ってくるのでしょうか? 今まで確定申告をしたことがないのですが、今までの分をさかのぼって申告できるのでしょうか? 質問がわかりづらくてすみませんがわかる方教えてください。 A ベストアンサー >無職でも住民税を払わなければいけなかったのでしょうか? いいえ。 正確に言えば、住民税は前年の所得に対して翌年課税ですので、去年無職で所得が0なら今年はかかりませんが、今年無職でも去年一定の所得があればかかります。 >その間住民税はアルバイトでも給与から天引きされているのでしょうか? いいえ。 前に書いたとおりです。 また、収入があっても、扶養する人がいない場合、年収が93万円~100万円(市町村によって違います)を超えなければかかりません。 ですので、貴方の場合今年もかかりません。 >確定申告をしたらいくらか戻ってくるのでしょうか? 年収103万円以下なら所得税かかりません。 バイト先で年末調整というのをしてあれば、確定申告しなくても還付されているはずです。 バイト先から「源泉徴収票」をもらったと思いますが、その中で「源泉徴収税額」の欄に数字が0(もしくは未記入)であれば、年末調整されていて所得税は還付されています。 そうでなければ、所得税天引きされたままになっています。 源泉徴収票、印鑑、通帳を持って税務署に行ってください。 所得税全額戻ってきます。 急ぐ必要ありません。 明日は税務署めちゃ混みです。 避けたほうがいいです。 >無職でも住民税を払わなければいけなかったのでしょうか? いいえ。 正確に言えば、住民税は前年の所得に対して翌年課税ですので、去年無職で所得が0なら今年はかかりませんが、今年無職でも去年一定の所得があればかかります。 >その間住民税はアルバイトでも給与から天引きされているのでしょうか? いいえ。 前に書いたとおりです。 また、収入があっても、扶養する人がいない場合、年収が93万円~100万円(市町村によって違います)を超えなければかかりません。 ですので、貴方の場合今年... Q 私は現在、精神障害者2級で無職で自立支援で病院に2500円を基本として支払っています。 無職で年金額は年間79万円ぐらいです。 でも区役所の調査書類に、昨年、「家族に食べさせてもらっていた」と書類に書いたところ、 毎月、国民健康保険料が、2300円か2800円引かれています。 びっくりします。 医療費は3割負担で、ほかの病院にも通院しているので、年金だけでは赤字で苦しいです。 ときどき、母親が70歳で年金を受給していますが、私の医療費が足りないので、私のために借金をして、それが膨らんでいっています。 とても不安です。 なぜ収入がないのに、障害年金から、国民健康保険料が、月に2300円か2800円も引かれなければならないのですか。 区役所に抗議したほうがいいですか。 こんなに夜遅くなっても、将来が不安で眠くなりません。 ご存知の方、教えていただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 少なくとも、障害基礎年金2級を受給していて無職なら、国民年金保険料は無条件(所得と関係なし)で全額納付免除(法定免除)ですよ。 法定免除っていうのは、回答1の申請免除とは違います。 回答1は、これをごっちゃにして説明してますけれど、違った説明になっちゃってます。 法定免除を受けられるときはそっちのほうが優先されるので、わざわざ申請免除(こっちは所得によって、受けられる・受けられないが決まる)をする必要はないんです。 障害基礎年金1級か2級を受けてて、無職(厚生年金に入ってないということ)の人だったら、障害年金をもらえるようになったときから、障害年金を受けられることを役所に届けるだけで、免除されます。 質問者さんは、そうやって法定免除になってはいませんか? 一方、国民年金保険料というのは、質問者さんの所得だけじゃなくて、家族全体(世帯)の所得を見て決まります。 市区町村によって計算式は違うものの、ざっくり言って、(1)所得割(世帯の所得に応じて計算する)、(2)資産割(世帯の資産[持ち家とか土地とか]に応じて計算する)、(3)均等割(その国民健康保険に入っている人1人あたりいくら、として平等に負担する額)、(4)平等割(1世帯あたりいくら、として平等に負担する額)という4つの部分の合計で成ってます。 要は、質問者さんの障害年金は非課税所得だけれども、ほかの家族の課税所得とか資産があったりすれば国民健康保険料は生じるし、みんなで平等に負担するしくみだからやっぱり国民健康保険料はどうしても生じてしまう、っていうしくみになっています。 こういうしくみになってますけれど、でも、質問者さんが障害年金を受けてて無職なんだ、っていうことはちゃんと反映して、その結果で国民健康保険料を計算してますよ。 なので、正直、障害年金を受けてない人なんかとくらべたら、ずっと保険料は低くなってます。 均等割と平等割の部分を「減額」する、っていうしくみで、全国共通のしくみ。 国民年金保険料でいう法定免除に相当するものです。 なお、それでも生活がしんどい、というときは、市区町村によって基準がばらばらなんですけれど、さらに減らしてもらえることもあります。 こっちは「減免」といいます。 いろいろ心配なら、「減額」や「減免」のことを市区町村に確認したほうがいいでしょう。 ただ、どっちにしても、ちゃんとしくみを理解しないでぎゃあぎゃあ抗議しても、はっきり言ってお門違いになってくるので、そこは勘違いしないでくださいね。 そのほか、市区町村に重度障害者の医療費減免制度はないですか? 自立支援医療(精神通院)とはまた別で、障害者手帳(身体、精神、知的のどれか)を持ってれば、どの科・病院でも医療費自己負担分が軽減される、っていうしくみです。 もしこれが利用できれば、精神科以外の通院の医療費が軽くなると思います。 これまた市区町村によって基準はばらばらですけれど、精神の人も利用できることが多いので、ちゃんと問い合わせて説明をしてもらって、もし利用できるなら利用したほうがいいと思います。 少なくとも、障害基礎年金2級を受給していて無職なら、国民年金保険料は無条件(所得と関係なし)で全額納付免除(法定免除)ですよ。 法定免除っていうのは、回答1の申請免除とは違います。 回答1は、これをごっちゃにして説明してますけれど、違った説明になっちゃってます。 法定免除を受けられるときはそっちのほうが優先されるので、わざわざ申請免除(こっちは所得によって、受けられる・受けられないが決まる)をする必要はないんです。 障害基礎年金1級か2級を受けてて、無職(厚生年金に入ってない... Q すみません。 実家暮らしで、働いたことがないので収入0なのですが、 国民年金保険料納付案内書が届いたんですけど、どうしたらいいですか? もちろん払いません。 払う気もありません。 親が今まで、無職だから免除?みたいなものをしてくれていたみたいなのですが、 自分で解決したいのですが、働くという選択肢と収めるという選択肢以外で、 どうすればいいでしょうか?クズですみません。 ご教授ください。 祖父、年金。 祖母、パート+年金。 私、無職。 私は無職で、どこの企業にも属しておらず、世間的には無職ですが、 一応金銭的な収入はある状況です。 このような場合、無職扱いになって、世帯収入は、 年金と、パートの分だけになるのでしょうか?私の収入は把握されていないと 思うのですが。 ご教授お願いします。 銀行の預貯金額とかも調べられるのでしょうか? 私の見解では、企業などからの収入が役所に知れ、そこで家計内の総所得として勘定されている・・? A ベストアンサー 年金保険料を払いたいけど、無職で金がないとして免除申請をしましょう。 この制度は「払えないから、払ってない」人は期間計算にいれません。 「払えないから、なんとかしてくれ、できたら免除してくれ」と申請をした者には「免除します」となり、免除期間は年金の計算をする際に加入期間として算入してくれます。 無論、全額キチンと払ってる方とは差が出ますが、それはしょうがないと諦めましょう。 一番困る場合として、年金保険料を、免除申請もなしで「滞納し続ける」と、仮に障害者になったときに障害年金が出ません。 私の知り合いで、そういう方がおられ、とても可哀想で不憫です。 「手続きさえしておけば」と後悔されてますが、後の祭りです。 年金保険料については、租税と同じ徴収手続きがとられますので、年金機構が自力で強制執行(滞納処分と同じ)をしてきます。 自力でというのは、裁判所に訴えて差し押さえをしてもらうという必要がなく、年金機構の徴収職員自身が差押をする権限をもってます。 裁判所から差押がされるということはありません(そういう回答が仮にあったら、間違いです。 彼らはそんな手続きなどせずに、財産調査権限を持ち、財産差し押さえすることができます)。 「金があるのに納めない」という者の財産差し押さえは以前からされてましたが、昨今毅然たる態度で差押をするようです。 政府の考え方が代わったのと、社会保険庁から年金機構となるさいに「納める力がある人からは、強制的にでも徴収する」考えが強くなったと思います。 一番悪いパターンは「無連絡、無相談、払わない」です。 差押をして徴収してくれれば、まだ「支払期間がある」ことになりますが、無財産の方で差押えるものがないとなれば、自動的に「年金支払額の計算をする期間が不足してる」状態になるわけです。 差押されるのも困りますが、計算期間が不足してるので、受給資格がないとされるほうが、もっと困ります。 受給年齢になったときに「あなた、資格がありません」といわれても、それこそ後の祭りだからです。 年金保険料を払いたいけど、無職で金がないとして免除申請をしましょう。 この制度は「払えないから、払ってない」人は期間計算にいれません。 「払えないから、なんとかしてくれ、できたら免除してくれ」と申請をした者には「免除します」となり、免除期間は年金の計算をする際に加入期間として算入してくれます。 無論、全額キチンと払ってる方とは差が出ますが、それはしょうがないと諦めましょう。 一番困る場合として、年金保険料を、免除申請もなしで「滞納し続ける」と、仮に障害者になったときに障害年... A ベストアンサー 退職した場合、健康保険の選択肢は以下の3つです。 (1)国民健康保険に加入 (2)それまで加入していた健康保険の任意継続被保険者制度を利用 (3)配偶者または親の被扶養者になる (3)の場合、年収は130万円未満でなければならないので、対象にはならないでしょうね(?) また、 2 は退職後20日以内に手続きを行う必要がありますので、これも期限切れのようです。 となると、選択肢は 1 しかないと思います。 国民健康保険の保険料額は、居住する市区町村、前年度の所得、保有資産などによって異なりますので、一概にいくらとは言えません。 国民健康保険は、居住する市区町村の国民健康保険の担当窓口で手続きを行います。 手続きの際は、印鑑と退職日が明らかな書類を持参する必要があります。 保険料は、後日金額決定後、納付書が送られてくるので、それに従って納めることになります。 また、国民年金への加入義務、40歳以上なら介護保険の加入義務もあります。 尚、手続き料などは発生しません。 免除の区分が4つあるようですが、せめて半額免除なら、なんとか払えるとは思うのですが... 不服の申し立ては可能だと、ハガキに書いていました。 実際に申し立てした経験はなく、身近に体験したという人の話を聞いたこと無いので、今回、初めての試みをしてみたいと思ってますが、もし、不服申し立てをしたら、今後なにか不利益になったり、悪いことにならないかと、なんだか心配・不安があり... 申し立てしても良いのかどうかを、情報等を知ってる方いましたら教えていただけたらと思います。 もし、不服をしたとしたら、その希望(半額免除)を述べると、適用されるのでしょうか? あと、決定するまでの期間はどれくらいかかるのでしょうか? 今現在、健康保険は必要なので、任意継続保険を毎月きちんと保険料を支払っています。 国民年金の免除についての審査は、どのように決定してるのでしょうか? 前年度や近月の収入状況などでしょうか? わたしの収入あまり無いほうで、年収は約100万円ちょっとくらいです。 会社に勤めて厚生年金に加入した際は、給与天引きでしたが、近年、転職 パートや臨時や派遣など)が多いわたしは、失業になる度に、国民年金の免除申請をした経験が数回あります。 以前の申請後の結果は全額免除だったり、半額免除だったりでした。 免除の区分が4つあるようですが、せめて半額免除なら、なんとか払えるとは思うのですが... 不服の申し立ては可能だと、ハガキに書いていました。 実際に申し立てした経験はなく、身近に体験したという人の話を聞いたこと無いので、今回、初めての... A ベストアンサー 障害年金というのは、普段健康な人はほんとに縁がないと思いやすいんですが、重い病気やうつ病やひきこもり、その他精神障害、思いがけない事故など案外範囲は広いものです。 ただ、初診日の前月の状態(納付状況)で請求の権利あるかどうか(納付要件)がまず、みられます。 その上で障害の状況あてはまるかみられます。 このためには、国民年金の期間ある人はその3分の2以上納付期間あるか、または前々月以前の1年に未納がないかどちらかの条件を満たすことが必要となってきます。 これは、現在厚生年金の人でも同じです。 現時点では、あなたは万一今年度が未納であっても、3分の2超えてるとのことなら大丈夫と思いますが、今後また、転職などで未納が一時的に増えたりした時に3分の2を割り込んだりすることがあればいけないと思います、生活してるときいちいち計算してるわけではないので、今3分の2超えてるで安心ですが、できる限り100パーにちかづけておくほうがいいと思います。 いざというとき、前1年に未納があり、3分の2に少し足りないというだけで、大切な障害年金受けれなかったりしたら大変ですから。 あんまり心配させたら申し訳ないのですけど、知識はむだにはなりませんから。 障害年金というのは、普段健康な人はほんとに縁がないと思いやすいんですが、重い病気やうつ病やひきこもり、その他精神障害、思いがけない事故など案外範囲は広いものです。 ただ、初診日の前月の状態(納付状況)で請求の権利あるかどうか(納付要件)がまず、みられます。 その上で障害の状況あてはまるかみられます。 このためには、国民年金の期間ある人はその3分の2以上納付期間あるか、または前々月以前の1年に未納がないかどちらかの条件を満たすことが必要となってきます。 これは、現在厚生年金の人でも同...

次の