宇崎 竜童 年齢。 宇崎竜童

宇崎竜童に逮捕歴?阿木燿子が嫁で現在子供は?大学,本名は?

宇崎 竜童 年齢

宇崎竜童と嫁・阿木燿子に子供は? ロック歌手で強面俳優としても有名な宇崎竜童さん笑顔はかわいく素敵なんですが、見た目がチョット恐いです。 一世風靡したロック界のカリスマも年齢が70歳(生年月日1946年2月23日)となってしまいました。 70歳にしては見た目が若く!とても70歳とは思えません! 歌手・俳優の他にも作曲家に映画監督まで幅広く活躍しています。 80年代には宇崎竜童、新井武士さん率いるダウン・タウン・ブギウギ・バンドでブレイク 90年代には竜童組を結成させ音楽業界を大暴れしソロとしても活動をしていました。 そんな宇崎竜童さんの人生は、意外にも波乱万丈でした。 親のお陰で裕福な生活を送る中、父親の会社が倒産し一気に借金地獄に! 歌手になりたかった宇崎竜童さんは、家庭の現状を目の当たりにしたら『歌手になりたい』など口が裂けても言えなかったそうです 何をやっても長続きせず職を転々とする中!ある時、友人のコンサートに飛び入り参加したのがキッカケでスカウトされ歌手デビューする事になりました。 その歌手デビューが、有名なダウン・タウン・ブギウギ・バンドとしての歌手活動だったのです。 1971年12月に作詞家の阿木燿子さんと結婚 下の画像がその時の写真です。 まさに美男美女ですね。 奥さん本当に綺麗な人です。 歌手・作曲家の宇崎竜童さんと作詞家の阿木燿子さん まさにアーティスト夫婦ですね。 この二人の手がけた作品の殆どが、昭和の歌姫である山口百恵さんの楽曲であり、何度も大ヒットを重ねました。 この夫婦コンビが、山口百恵さんを時代と共に支えたと言っても過言ではないでしょう! そんなアーティスト夫婦の二人ですが、二人の間に子供は居るのでしょうか? 調べてみたところ! 二人の間に子供は居ないみたいです。 宇崎竜童さんが、1946年2月23日 妻の阿木燿子さんが、1945年5月1日と意外にもお互いに同年代なんですね! そんな同年代の二人の結婚の馴れ初めとはどんなだったのでしょうか? 二人の出会いは宇崎竜童さんが、軽音楽クラブに入り最初に声かけられたのが妻である阿木燿子さんだった こと時に作曲家としての才能も目覚めた!宇崎竜童さんは、『 大学は仕事と嫁の両方を見つけてくれた最高の場所だった 』と話しています。 初めて会った気がせず!前世でもあっているかの様に思え嫁にするならコイツと直感的に思えたそうです。 二人は付き合い交際を始め!直ぐにでも結婚したかった宇崎竜童さんは、結婚の申し入れをするも阿木燿子さんの返事は『もう少し待って』と言われること7年間 ようやく結婚する事となりました。 長かったね! 仲良し夫婦の秘訣について宇崎竜童さん次の4つが大事だとはなしています。 宇崎竜童さんがゴミ捨て担当• 妻には敬語• 相手に要求しない• 自分は4分の1人前 奥さんを引立てて生活をする事が夫婦仲良しの秘訣だそうです。 調べたところ二人の間には子供がいませんでしたが、宇崎竜童さんの仲良し夫婦の秘訣である4ヶ条があるからこそ子供が居なくても夫婦間が仲良しで居られるのかもしれませんね 芸能界でも、おしどり夫婦呼ばれる二人!今後とも末長くお幸せに仲良くいて下さい。

次の

宇崎竜童

宇崎 竜童 年齢

経歴 [ ] 1972年末にに対抗した長いバンド名「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」を思いついたが、当時のバンド仲間(アマチュア)にレコーディングの話を持ちかけたところ全員怖気づいて解散状態になる。 その後メンバー集めに奔走し、1973年4月に改めてバンドを結成、ダウン・タウン・ブギウギ・バンドと命名する。 同年12月に/エキスプレスレーベルからシングル「知らず知らずのうちに」でデビュー。 1974年12月に「」、1975年3月に「」を発表。 基本的にブルースを基調としたロックサウンドを展開するバンドだったが、流行語化した「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」内のフレーズ「アンタあの娘の何なのさ」に見られるようなコミカルな部分が注目され、人気バンドとなる。 1975年末にはに出場し、「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」を演奏。 その後もヒット作を多く発表したが、1970年代末にロック路線を望むバンドとコミカル路線を望むレコード会社の間に大きな溝が出来た。 宇崎竜童並びに阿木燿子の山口百恵プロジェクトへの起用のきっかけについて、当時山口百恵を担当していた川瀬泰雄はこう語る。 「僕と金塚さんは、いい曲を書く作家やシンガーソングライターを常に探していて、実現はしませんでしたけど、矢沢永吉さんや中島みゆきさんにもお願いしたいと考えていました。 若手の作家なら、まずアルバム用に書いてもらって、様子を見るというのが1つのパターンになっていましたね。 宇崎さんもその一人でした。 「港のヨーコ〜」が大ヒットして、機会があればお願いしようかなと思っていたら、ある番組で宇崎さんと共演した百恵の口から宇崎さんの名前がでたので、本人がそう言うんだったら、こちらも望むところだと。 酒井さんも「面白いんじゃないか」という反応だったので、まずアルバム用につくってもらったんです。 宇崎さんの曲はもちろんですが、阿木さんの詞も素晴らしかったんですよね。 宇崎さんに依頼したとき、僕はまだ阿木さんのことをよく知らなかったんですけど、リアルな描写と、イメージが画として見えてくる感性の鋭さに驚いて「この人は天才だ」と思いました。 百恵も「やっと私の詞ができた」と言っていましたが、だからこそ詞の表現にも説得力が生まれたんでしょう。 」 宇崎竜童は山口百恵の作品を「横須賀ストーリー」〜「さよならの向う側」まで制作した。 「港のヨーコ」のイメージから脱却するため、1979年12月31日の「ASAKUSA NEW YEAR ROCK FESTIVAL'79-'80」()を最後に、過去の楽曲を「封印」。 1980年にダウン・タウン・ファイティング・ブギウギ・バンドに改名し、ダウン・タウン・ブギウギ・バンド時代の楽曲は演奏せず、トレードマークだったを着るのも止め、シリアスなブルースとロックを追求することになる。 NHK大河ドラマ「」のメインテーマ「OUR HISTORY AGAIN」の製作を最後に東芝から離れる。 翌1981年にと契約し、「ブギウギレーベル」を立ち上げるが、ソロ活動期間を経て同年12月31日、ASAKUSA NEW YEAR ROCK FESTIVAL'81-'82」(浅草国際劇場)を最後に解体(解散)した。 バンド名の由来 [ ] 宇崎がこのバンドを結成するまでにやってきた音楽や親しんできた音楽のリズムがどまりだったこと、そしてエイトビートの極致はだと確信していたことから「ブギウギ」、また自分はどう見てものおぼっちゃんという柄ではないことから「」、これらを合わせてダウン・タウン・ブギウギ・バンドと命名された。 メンバー [ ]• :ボーカル、トランペット、サイドギター (1973年 - 1981年)• :ベース、ボーカル (1973年 - 1981年)• 和田静男:リードギター、ボーカル (1974年 - 1981年)• :キーボード (1976年 - 1981年)• 浅岡タカシ:ドラムス (1979年 - 1981年) 脱退メンバー• 蜂谷吉泰:リードギター (1973年 - 1974年)• 福原昭一:ドラムス (1973年)• 相原誠:ドラムス(1973年 - 1976年)• 鈴木洋行:ドラムス(1976年 - 1977年)• 坂庭泰三:ドラムス(1977年 - 1979年) ディスコグラフィ [ ] シングル [ ]• ソウ (1976年3月5日)• (1974年5月5日)• (1975年2月5日)• (1975年12月1日)• (1976年6月5日)• (1976年12月5日)• (1976年12月5日)• (1977年10月20日)• (1978年9月5日)• (1978年12月20日)• 1980年• (1981年9月21日)• (1987年) ライブ・アルバム [ ]• 脱・どん底音楽会 (1975年)• あゝブルース Vol. 3 (1977年)• 実況録音盤 (1977年)• ライブ!バックストリート (1979年)• BOOGIE AT JUST MIDNIGHT (1980年)• 翌年にブギウギレーベルから再発。 サウンドトラック [ ]• (1978年)• (1979年4月5日)• 曽根崎心中 PART2 (1980年8月18日) 編集盤 [ ] この節のが望まれています。 傑作大全集 (1977年)• BALLAD of D・T・B・W・B (1979年)• ROCK of Down Town Boogie Woogie Band (1980年)• 傑作大全集II (1980年)• 蔵出し~ダウン・タウン・ブギウギ・バンド・オフィシャル・ブートレッグ (2007年) その他 [ ]• 激昂 (1980年) - vs• 編曲も担当 出演 [ ] テレビドラマ [ ] 第34話「港のヨーコは殺されていた? 映画 [ ] (、) - ガソリンスタンドの店員役(、和田静男、新井武士、相原誠)。 主題歌「一番星ブルース」(作曲:宇崎竜童、編曲:ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)及び挿入歌「トラックドライビングブギ」(作曲:宇崎竜童、編曲・歌:ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)も担当した。 主題歌はシリーズ全10作の内、9作で使用されている。 (、東映) - ラテンクォーターのバンド役• 主題歌「欲望の街」も担当した。 宇崎は劇伴も担当している。 CM出演 [ ]• バスクリン•

次の

矢沢永吉さんと宇崎竜童さんはふたりとも、素晴らしいミュージシャンですが、バ...

宇崎 竜童 年齢

また、芸名の「所ジョージ」が、ミュージシャンの「柳ジョージ」さんから「ジョージ」をとって、「所沢の柳ジョージ」という意味で名付けられたという話がありますが、それはデマで、 実際には、さんが、所さんの出身地・所沢市の「所」と、外国にも通用するようにと、自身の本名「シュージ(修司)」からひらめいて、「ジョージ」と名付けられたそうです。 若い頃は「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」の前座 所さんは、中学時代に音楽に目覚め、ギターを始めたそうですが、音楽の道には進まず、高校卒業後は、一年間の浪人生活を経て大学に進学。 高校時代の所さん。 ところが、せっかく浪人してまで入った大学の授業には一度も出ず。 しかも、学費納入の手続きをし忘れてしまったことから除籍処分になってしまいます。 それで、かねてより興味のあった音楽の道を志すと、程なくして、レコード会社に送ったデモテープがプロデューサーの北島肇さんに「面白い」と認められて音楽業界入り。 」をリリースすると、 言葉のセンス、ユーモアが斬新だったことから、音楽業界ではおもしろいと評判になり、一躍、コミックソング界やフォークソング界にセンセーションを巻き起こします。 また、1983年からは、 「笑っていいとも! 」のレギュラーとなり、 「金言・格言 色紙でどうじょ! 」などのコーナーで安定した人気を誇ると、 俳優としても、1980年代半ばから1990年にかけて、 「うちの子にかぎって」「パパはニュースキャスター」「はいすくーる落書」「ママハハ・ブギ」などテレビドラマにも脇役として数多く出演し、 「うちの子にかぎって」より。 さんと所さん。 「パパはニュースキャスター」より。 (左から)所さん、石堂穣さん、松本留美さん。 「ママハハ・ブギ」より。 (左から)石田ひかりさん、 さん、所さん、さん、さん。 1993年には、監督の映画 「まあだだよ」で、 「第17回日本アカデミー賞優秀助演男優賞」「第36回ブルーリボン賞助演男優賞」を受賞。 1994年にはスペシャルテレビドラマ 「私は貝になりたい」で主演を務められるなど、俳優としての才能も開花されたのでした。 「私は貝になりたい」より。 所さん、さん、長沼達矢さん。 ただ、こうして、タレント・司会業・俳優業では人気を博す一方で、本業のシンガーソングライターではまったく売れず。 (1980年代前半には、CBSソニーの新人登竜門 「新宿ルイード」などで、しばしば営業活動をされていました。 ) それでも、所さんは、 20代で歌手デビューして、30代ぐらいまでは、「何で売れないんだよ」って思ってたよ。 だってそっちを目指してたんだから。 最初のうちは逆ギレだよね。 「どうせ聴かねえんだろ、お前ら!」って。 そこで音楽を辞めちゃって、司会業としてニコニコ暮らす方向にも行けたわけ。 でも、40年もやっていると楽しくなってきちゃって。 聴かれない歌をどんどんつくる、みたいな。 おかげさまで60過ぎていまだに歌をつくってる。 どこからか面白くなってくるのよ。 だからみんなも、途中で「俺には向いてない」とか「つまんない」とかジャッジしないで、やり始めたことはずっと続けた方がいい。 人生は長いんだから。 役者さんで売れなくても、会社員になって全部辞めちゃうんじゃなくて、ちょっと匂いのするところにいる。 「もう辞めたよ」ってウソついて、内緒でやればいいと思うんだ。 と語っておられ、現在でも、タレント業のほか、ミュージシャン、作家、ゲームクリエイター、発明家、漫画家ほか、様々な方面で活動されています。 ただ、その歌の歌詞が、 タバコは体に悪いから 値段を上げましょ吸わないように お酒も体に悪いから 庶民の腕から取り上げましょう 政府は国民を考えて 悩んでおります親心 交通事故などないように ガソリンも上げます バンバンザイ わたくし政府のお役人 もらう給料も目に涙 着るもんもろくすっぽ買えません いつもダブルの背広です ・・・ というもので、所さんいわく、発売直前になって、 「社風に合わない」 「会社の品位を汚す」 「うちは沢田研二と、野口五郎でいく」 と、上層部に発売を中止されてしまったのだとか。 なかなか風刺の利いた歌詞ですが、当時、 「ポリドール」は、さんやさんなど売れっ子を抱えるれコード会社。 わざわざ、所さんでギャンブルを打つ意味がなかったのかもしれませんね。

次の