理髪 店 コロナ。 新型コロナウィルス感染予防への取り組み

理髪店に美容室(美容院)は含まれるの?緊急事態宣言で休業になる?

理髪 店 コロナ

コロナウイルスの影響が、自粛要請されなかった理髪店にも出ています。 顔剃りも自分でするとなると大変でした。 その他の店 ファミリーレストランでも11時〜20時までの営業。 くら寿司 11時〜22時30分までの営業。 デパートや百貨店は食料品売場だけの営業だったり、イオンモール草津とかはジョーシンとか一部店舗を除き休業。 スーパーのイオンスタイルは営業。 その他の図書館とか美術館や博物館もだめです。 出かける場所がなく、自宅にいる時間も休日は多くなったような気がします。 逆に言うと、買い物に行く回数は休日多くなったような気もします。 この際、自粛ムードならいっそ掃除でもと思い、部屋の片付けしてました。 とにかく、我慢しつつやれることをやっている感じです。 仕事もなくなる事なく、行けているので幸い影響は少なかったです。 病院はコロナ感染者出た為に、面会中止や小児科も新規や紹介の診査を中止してます。 これも、自分は幸い定期通院で予約ありなので、診査受けられますので、自分への影響は全くなかったです。 いろいろありますが、みなさんはコロナによる影響はどうですか? 逆に、感染者減らないかと思っている人はいませんか? とにかく、収束してイベント再開の時期が早く来てほしいです。

次の

新型コロナウィルス感染予防への取り組み

理髪 店 コロナ

不安を抱えたまま無理にお店にいく必要はありませんし、近々何かの用事があってその前にどうしても髪を整えておきたいとか、髪が伸びすぎてガマンできないなど、どうしてもという理由がないのでしたらキャンセルは大いに有りだと思います。 コロナウィルスが落ち着いてもう安心だと思えるまで待つのも賢明な判断です。 美容院・理容室が実施しているコロナ対策例 美容院・理容室によって、実施されているコロナウィルス対策は様々です。 実際にお店で行われているコロナ対策を見ていきます。 このような対策をしている美容院・理容室があります。 これらすべてを徹底して行っているお店もあれば、今の時点では何も対策をしていないお店もあります。 ですので、心配であれば自分の行きつけのお店や、これから行こうとしているお店のウェブサイト ホームページ を見てみたり、メールや電話で問い合わせてみるといいですね。 ウェブサイトに情報がない場合は、一番早いのは電話で聞くのが早いです 美容院・理容室におけるマスクの問題 スタッフがマスクをしている店もしていない店もある 各お店によってスタッフがマスクを着用しているところもあれば、していないところもあります。 マスクは着用していれば感染しないものではなく、どちらかというと人にうつさないためにするための意味が大きいです。 なので、施術をしてもらうお客さんの立場からすると、少しでも感染リスクを減らすためには自分の髪を担当してくれる人にマスクをしていてもらいたいところですよね。 となると、スタッフがマスク着用している美容室を選択するというのもありだと思います。 お店にマスクをして行き、着用したままでも対応してもらえる? 中には、美容室にマスクをしていきたい方もいると思います。 さらにマスクをしたままカットやカラーをしてもらいたい方もいるのではないでしょうか? これに関してもお店によって対応は様々ですし、うける施術内容によってもマスクを着用したままでもできるかどうかが変わってきます。 マスクを着用しているとカットやカラーがやりずらいし、カラー剤や髪の毛が付いて汚れてしまうという理由でマスクを外していただくというスタンスのお店もありますし、、 マスクが汚れても大丈夫で、マスクを付けたままでできる施術内容であればマスクを着用したままでOKというお店もあります。 中には、お店側でお客さん用のマスクを用意しておいて、汚れたりした場合にマスクをくれる親切なお店もありますし、本当にいろいろなお店がありますので、この件に関しても、気になる点をあらかじめお店に問い合わせておくと間違いなです。 コロナウィルスの理美容室への影響や対策まとめ いろいろ見てきましたが、まとめますとお伝えしたい要点は3つ。

次の

福岡県嘉麻市で初コロナ!感染者60代男性の身元と理髪店はどこ!?感染経路と行動歴やお客さんへの感染は大丈夫!?ネットでの反応公開

理髪 店 コロナ

不安を抱えたまま無理にお店にいく必要はありませんし、近々何かの用事があってその前にどうしても髪を整えておきたいとか、髪が伸びすぎてガマンできないなど、どうしてもという理由がないのでしたらキャンセルは大いに有りだと思います。 コロナウィルスが落ち着いてもう安心だと思えるまで待つのも賢明な判断です。 美容院・理容室が実施しているコロナ対策例 美容院・理容室によって、実施されているコロナウィルス対策は様々です。 実際にお店で行われているコロナ対策を見ていきます。 このような対策をしている美容院・理容室があります。 これらすべてを徹底して行っているお店もあれば、今の時点では何も対策をしていないお店もあります。 ですので、心配であれば自分の行きつけのお店や、これから行こうとしているお店のウェブサイト ホームページ を見てみたり、メールや電話で問い合わせてみるといいですね。 ウェブサイトに情報がない場合は、一番早いのは電話で聞くのが早いです 美容院・理容室におけるマスクの問題 スタッフがマスクをしている店もしていない店もある 各お店によってスタッフがマスクを着用しているところもあれば、していないところもあります。 マスクは着用していれば感染しないものではなく、どちらかというと人にうつさないためにするための意味が大きいです。 なので、施術をしてもらうお客さんの立場からすると、少しでも感染リスクを減らすためには自分の髪を担当してくれる人にマスクをしていてもらいたいところですよね。 となると、スタッフがマスク着用している美容室を選択するというのもありだと思います。 お店にマスクをして行き、着用したままでも対応してもらえる? 中には、美容室にマスクをしていきたい方もいると思います。 さらにマスクをしたままカットやカラーをしてもらいたい方もいるのではないでしょうか? これに関してもお店によって対応は様々ですし、うける施術内容によってもマスクを着用したままでもできるかどうかが変わってきます。 マスクを着用しているとカットやカラーがやりずらいし、カラー剤や髪の毛が付いて汚れてしまうという理由でマスクを外していただくというスタンスのお店もありますし、、 マスクが汚れても大丈夫で、マスクを付けたままでできる施術内容であればマスクを着用したままでOKというお店もあります。 中には、お店側でお客さん用のマスクを用意しておいて、汚れたりした場合にマスクをくれる親切なお店もありますし、本当にいろいろなお店がありますので、この件に関しても、気になる点をあらかじめお店に問い合わせておくと間違いなです。 コロナウィルスの理美容室への影響や対策まとめ いろいろ見てきましたが、まとめますとお伝えしたい要点は3つ。

次の