犬 マイクロ チップ 義務 化。 犬と猫へのマイクロチップの取り付け義務化について詳しく解説!

改正動物愛護法が成立。犬・猫はマイクロチップが義務化に

犬 マイクロ チップ 義務 化

犬猫のマイクロチップ義務化ってどういうこと? 犬猫のマイクロチップ義務化とは一体どういうことか、ピンとくる方はいるでしょうか。 日本国内では、ここ数年で急速に広がりを見せ、マイクロチップ装着を義務化する改正動物愛護法が衆院本会議で成立したばかりです。 今後、施行されるまでにはもうしばらく時間がかかりますが、マイクロチップ義務化の法律が施行されるのは、ほぼ確実と言えるでしょう。 マイクロチップの装着は、販売用として繁殖された犬や猫が対象となり、販売前にブリーダー側がマイクロチップの埋め込みをしなくてはいけません。 マイクロチップは、ペットが迷子になった時に役立つ他、飼育放棄や動物虐待などを防ぐことが目的です。 犬猫のマイクロチップの義務化はいつから? ではこの犬猫のマイクロチップっていつから義務化されるのかというと…この記事を執筆している時点では決まっていません! 2019年6月12日に 改正動物愛護法が可決されたものの法律としては施行されていません。 法律が施行されてから 「犬猫のマイクロチップの義務化」が 3年以内に義務化されるという話もありますが、実際に法律として施行されていないので現状ではこの先どうなるかは決まっていません。 また合わせて「 生後56日以内の犬や猫の販売禁止」も決まりました。 こちらは法律が施行されてから 2年以内の予定になっています。 今後さらなる議論により決まっていくことでしょう。 そもそも犬猫のマイクロチップって何なのさ? そもそも犬猫のマイクロチップとは何か。 長さが1センチ前後、直径は2ミリほどで筒状のもので、アンテナとICが内蔵されています。 マイクロチップひとつひとつに固有番号が割り振られていて、専門の読み取り機をかざすことで、データを読み取ることができるのです。 機械を身体に埋め込むなんて抵抗があるという方も少なくないでしょう。 今回の改正法は、今後販売される犬や猫に対しての義務化であり、 既に飼われているペットは義務化の対象外となります。 つまり、既にペットとして飼っている犬猫にマイクロチップを装着させないからといって、飼い主が罰則を受けることはないのです。 しかし、マイクロチップには装着のメリットもあるので、飼い主さんは任意で装着するかどうかを決めることができます。 マイクロチップを装着するメリット そもそもメリットがないのであればマイクロチップをわざわざ埋め込むことを義務にまでする必要はありませんね。 ではマイクロチップ装着によるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか? 迷子にならない なんといってもこれ。 マイクロチップの普及の要因ともなったのが東日本大震災。 この時に離れ離れになった愛犬と飼い主を結び付けたのがこのマイクロチップ。 これを機に普及し始め2010年には約45万件の登録であったものが、2016年には約141万件にまで装着率が増えているのだそうです。 しかし、全体の飼育頭数から考えるとわずかに10%足らずとのことなので完全普及とはいえないのが現状のようですね。 そのためどんなことがあっても「私が飼い主です」となります。 逆にいうのなら、飼い主が誰であるかを生涯にわたって証明されるので無能な飼い主の責任逃れによる飼育放棄を減らすことができます。 動物はおもちゃではないので 「捨てる」という行為はあってはなりません。 しかしやはり意識低い系の飼い主は簡単に捨てようとします。 こういったことの抑止になるのはとてもいいことですね。 ペット保険が割り引かれる? これは保険会社により異なりますが、保険会社によってはペット保険の保険料が割り引きになるところもあるそうです。 マイクロチップを装着するデメリット では反対にデメリットはというと、 金銭的な負担 マイクロチップを埋め込む場合は無料ではありません。 基本的には獣医さんに相談することになると思いますが、金額的に一律化されているわけではありませんので装着場所によっては金銭に開きがある場合も…。 ペットへの負担 後述しますがマイクロチップは非常に安全性が高いとは言われています。 ですが、ほんのコメ粒ほどの大きさのものとはいえ体内に異物を埋め込むこと自体、全くペットに負担がないとは言い切れないでしょう。 この辺りまだまだ賛否両論あります。 そもそも普通の人はリーダーなんて持っていない メリットの項でお話しした「迷子にならない」ですが、そもそも普通の一般家庭には読み取り用のリーダーなんてありません。 ですから迷子犬を見つけたとしても飼い主を特定させるためには、保健所や警察などでリーダーを持っているところまで連れていく必要はあります。 そのためマイクロチップを装着するだけでなく、鑑札などはつけておいた方が良いでしょう。 マイクロチップはどうやって埋め込むの? ではこのマイクロチップどうやって埋め込むのかというと… マイクロチップの埋め込みは手術が必要? マイクロチップの埋め込みは、 特殊な注射器を使って埋め込みます。 注射器なので、短時間で終わり、局所麻酔を使って埋め込むので痛みもなく、身体への負担はほとんどないとされています。 埋め込む場所は首の近く、 背骨の左側と決まっています。 マイクロチップに助成金が出るってホント? 動物病院でマイクロチップの埋め込みをするには、だいたいの3千円〜1万円が相場になっています。 この埋め込みの他、マイクロチップの固有番号やペット所有者の情報を環境省のデータベースに登録する必要があります。 この登録費として別途千円が必要となります。 自治体によっては助成金を出しているところもあるので、お住まいの地域の情報を確認してみてください。 マイクロチップの安全性は大丈夫? マイクロチップによる健康への被害はほとんど報告されていません。 機械を身体に入れることによる、電磁波などによる影響が心配されていますが、 日本獣医師会によると身体への影響は認められないそうです。 マイクロチップ自体が、安全性も高い適合ガラス等で覆われているため、副作用やショック症状の報告もほとんどないとのことです。 マイクロチップの埋込みによる動物への障害はほとんどありません。 日本国内で、動物体内に埋込んだマイクロチップの副作用、ショック症状等についての報告は、今までに1件も寄せられておりません。 動物ID普及推進会議及び日本獣医師会で諸外国の機関 WASAVAやBASAVA での副作用の症例を調べていますが、これまでに腫瘍が認められたという症例が2件ありましたが、何千万頭も埋込まれている中の2件であり、ワクチン摂取によるアナフィラキシーショック等と比較しても、安全性は高いと言えるでしょう。 かなり安全性が高いのはわかりますが、それでもわずかながらにも副作用で腫瘍の可能性がるということでしょうか? やっぱりちょっと怖さはあるかもしれません… まとめ 今回は犬猫のマイクロチップについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか? もう既に愛犬にマイクロチップを導入している方もいるでしょうし、これから検討する方もいるでしょう。 マイクロチップ装着は世界的にも普及していて、海外渡航の際にマイクロチップを装着していないと、渡航できない国もあります。 また、近年、日本は災害が多く発生していて、災害時にペットと離ればなれになってしまった時などには、とても役立つのではないでしょうか。 トイプードルと楽しく過ごすためのコツをたっぷり記事にしてみました! トイプードルのしつけ 愛犬と楽しく暮らすためにはやっぱりしつけは覚える必要がありますよ。 トイプードルの習性 トイプードルの知っておきたい習性について。 もちろん他の犬種にも共通する話題がいっぱいです。 トイプードルの食事 トイプードルに必要な栄養や食べていいもの・食べさせてはいけないものなど食事に関するあれこれ。 トイプードルの病気・医療 知っておきたい、愛犬の病気や医療についてまとめてみました。 こんな症状の時ってどうなの? ドッグフード トイプードルにおすすめのドッグフードの紹介です。 実際に試したレビューもたっぷりとお届け! 犬のしつけ教材 トイプードルと信頼関係を築きながら正しいしつけを行えるしつけ教材をご紹介します。 教えて! トリマーさん!! 元トリマーの茶々美さんの記事です。 トリマーだからわかるあんなことやこんなこと話してくれます。 よく読まれている記事なんですぞ!.

次の

改正動物愛護法が成立。犬・猫はマイクロチップが義務化に

犬 マイクロ チップ 義務 化

【犬猫マイクロチップ】義務化になるの? 不安なので調べてみたよ。 こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:)。 ご訪問いただきましてありがとうございます! 今回は、ちっと気になる「犬猫のマクロチップ」について調べてみました。 これだよ。 これ! 新聞の記事によると! 本日()で、「犬猫のマイクロチップの装着義務化」の記事を見かけました。 記事によると、• 「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護連盟」がまとめた 動物愛護法改正案の骨子案ができたみたい。 来月5月の下旬に、国会に提出して、• で、国会の議決をへて、成立させるみたい。 装着するなら、生後間もないほうが都合がいいんだ! っていう、「 規制は厳しすぎひん?」「 ペット産業を保護しよう」という意見が対立しているらしい。 でも、たぶん成立すると思うんだ。 第198回国会において可決されました! 衆議院で可決されたよ! 第198回国会において 令和元年5月31日(金) 衆議院(環境委員会)で、採決されて、全会一致によって可決されました。 令和元年6月6日(木) 衆議院(本会議)で、全会一致によって可決されました。 参議院で可決されたよ! 令和元年6月11日(火) 参議院(環境委員会)で、全会一致で可決されました。 令和元年6月12日(水) 参議院(本会議)で、原案通り全会一致で可決されました。 こんな感じになったよ! 衆議院・参議院インターネット審議中継を聞きたい方はここをクリックして聞いてください。 1:26:27分頃から 1:04:34分頃から 参議院については、 ホームページの左のサイドバーの環境委員会をクリックして、 開催日2019年6月11日を選択してください。 いつから? いつから義務化になるのかは、まだ分かってないのです。 直ぐに義務化するのか、数年後に義務化するのかで意見が対立しているみたいです。 ちなみに、「法律を守らなくちゃいけなくなる日」のことを「施行日」と言います。 「施行日」は法律の附則に書いてあるの。 法律が成立したら、 こんな法律 できましたよ~~! と、みんなに知らせる期間(官報による公示)があるので、「施行日」は、そのときに分かります。 たしかに、実感するよね マイクロチップの装着義務化については、その必要性を日々実感するのです。 SNS上でも、本当に「迷子の犬猫の投稿」が毎日のように流れていてます。 それに、せっかく保護されても、「3日後に殺処分」だなんて投稿されると、本当に悲しいです。 でも、不安なことがいっぱいある! なので、マイクロチップを装着することも 仕方がないのかなと思うのです。 でもですよ! でも、いざ装着するってなると、いろいろ疑問が出てきます!• そもそもマイクロチップって何?• 安全なの?• 事故やトラブルないの?• 犬猫に負担にならない?• マイクロチップが病気を誘発しないの?• 装着方法ってどうするの?• ひょっとして手術?• お値段は? なので、飼い主目線に立って、調べてみました。 そもそも、マイクロチップって何? マイクロチップってこんなもの 【出典:動物の愛護と適切な管理】 長さは8ミリから12ミリ、直径が2ミリほどの筒形ものです。 「電子タグ」で、飼い主のデーター(15桁の数字)が登録できます。 「電子タグ」は、リーダーという読取器を使って読み取ることができます。 言わば、ペットの身元証明みたいなものなの! ちなみに、GPS機能はついてない でも、残念なのが、GPS機能付きではないことです。 GPS機能つけるとなると大きくなるからかな? 飼い主のデータはどこで管理登録するの? マイクロチップの番号と飼い主の連絡先などのデータは、 「」のデーターベースに登録します。 登録料は1000円(1千円)です。 一般的な登録手続きの流れはこうだよ! 猫も、首輪で木の枝にひっかかると危ないんだよ。 次に、リーダー(読取器)から電波を受信するだけなので、電池が不要なのがいいです。 それに、迷子や自然災害、盗難や交通事故など、 飼い主と離ればなれなったときでも、マイクロチップがあれば、飼い主のもとに戻ってくる 可能性が高くなるのがいいです。 全米獣医師会のHPでも 保護された迷子の帰還に関してマイクロチップの効果が非常に高い事が報告されています。 — 藤原祥雅 EYabR4t9b9Ny75U それによると保護された犬猫7700匹のうち犬でもチップ無し21.9%に対して有り52.2%と大きな効果が有りますが、驚くべきは猫の方で、無し1.8%に対して有り38.5%と20倍以上の帰還率になっています。 — 藤原祥雅 EYabR4t9b9Ny75U こりゃ、安心! たしかに、戻ってくる可能性が高くなるのはありがたいだけど・・・ でも、離れ離れになったときの不安は、マイクロチップを装着していても、していなくても一緒なんだよね。 事故にあってないか? ケガしてないか? 変な人に拾われていないか? さみしがっていないか? お腹空いてるんじゃないか? 戻ってくるまでは、胸をかきむしられるんだよね。 こっそり言っておくよ。 でも、安全なの?事故とかトラブルはないの? でも、安全なの? とはいっても、異物なので、大丈夫なのか心配です。 事故とかトラブル報告はないの? 飼い主が一番気になることは、体内で破損したときのことです。 (公)日本獣医師会のホームページでは、「副作用やショック症状は、今まで一件もない」としてますが、 まだまだ普及されていない日本の現状を考えると、必ずしも断定はできないようです。 なので「絶対ない!」とは言えないという認識でいたほうがいいです。 ご心配になっている体内での破損ですが、これは私達も真剣に取り組んでいて世界最高レベルの強度を持たせています。 生体模擬スポンジでの実験ではスイスのメーカーのポリマー樹脂製マイクロチップが折れた力の4倍以上となる33.6Kg重の力を加えても折れませんでした。 — 藤原祥雅 EYabR4t9b9Ny75U たとえば、マイクロチップの迷入 よくあるのは、「マイクロチップの迷入」のようです。 背中に埋め込んだはずのマイクロチップが、腕、肘などに移動してしまうことです。 中にはお腹に移動してた子もいるようです。 マイクロチップの迷子のことね。 マイクロチップが腕、肘などにあると、 犬猫は、どうしても異物感をかんじて、引っ掻いたり、噛んだり、ぶつけたりするそうです。 あるいは、マイクロチップが迷入したところを 怪我をしたときに破損してしまう可能性があるようです。 なので、マイクロチップを装着後は、 皮膚内に安定するまで、しばらくは激しい運動を避けたほうがいいみたいです。 もし移動していたら、• マイクロチップの形状に異常がないか(破損していないか)?• どうしたらいいのか?• マイクロチップが移動していることをどう表示したらいいのか? などを獣医さんにみてもらって、相談してね。 体内での移動も大きな問題だと考えていて人用の医療技術を使って安全に周囲の組織と結合するマイクロチップを開発中です。 言い忘れていましたが、インジェクターの針も細くなっていてうちの製品は最も細い針になっています。 — 藤原祥雅 EYabR4t9b9Ny75U そうなると・・・ そうなると 「この子のマイクロチップはお腹にありますねん!」って、 「首輪の裏に、書いといたほうがいい」のかなあと思うのです。 結局、首輪を着けることになっちゃうよね。 う~む。 ここは、リーダー(読取器)の性能を もっと上げてもらわないとアカンような気がします。 どうやって装着するの? 装着の方法は? マイクロチップの装着は、 マイクロチップの埋め込みという「 獣医療行為」なるので、必ず動物病院でします。 ひょっとして手術? 大丈夫です。 皮下注射になります。 大掛かりな手術ではないので、安心です。 こんな、通常の注射器の針よりも少し太い針の「インジェクター」といわれるチップ注入器で入れます。 【出典:PetLIVES】 痛みは、普通の注射と同じくらいだそうです。 あたしは、猫じゃないので痛さは分からんけど、たぶんそうやと思う。 なので、鎮静剤や麻酔はなしでするそうです。 どこに埋め込むの? 埋め込み場所は、首の後ろの皮膚の下です。 ところで、犬猫の負担にならない? 年老いた犬猫に負担にならならいか不安じゃないですか? あまりにも高齢すぎると迷ってしまいます。 子犬や子猫も迷います。 それに、あまりにも小さい犬猫(ヨークシャーテリアとかチワワ)だと、もっと不安になります。 そんな時は「獣医師」に素直に相談したほうがいいと思います。 これは、別に失礼なことじゃないです! 獣医さんの仕事には、不安になっている飼い主の不安を取り除くために、「医療行為の説明義務」があるんですもの、大丈夫です。 本当に親身になってくれる獣医さんは、ちゃんと親切に説明してくれます。 副作用ないの? まれに、異物が入ると過剰反応を起こして炎症することがあるそうです。 傷口が膿んで、中から膿が出てくるやつです。 なので、埋め込んだ後も炎症を起こしてないか注意する必要があるみたいです。 (公)日本獣医師会のホームページによると、 マイクロチップは、安全性の高い生体適合ガラスやポリマーで密閉されいるから「大丈夫だ!」と言ってますが、 ここも過信せず、ペットの個体差もあるので、 ひとりひとりの飼い主さんの、装着後のアフターケアは大切になってくると思います。 」とされています。 アメリカでは4500万匹以上にチップが入っていますので、この率は家に帰れるメリットとは比べ物にならない程低いと言えると思います。 — 藤原祥雅 EYabR4t9b9Ny75U 後から取り外せるの? どうしてもという要望であれば、できるそうです。 外科手術になるので、全身麻酔などの覚悟が必要です。 獣医さんに相談してみてね。 いったい、手術費用ってどれくらい? 費用は、犬猫の場合は数千円程度(だいたい5000円前後)だそうです。 これまた、行きつけの動物病院で相談してみてね。 その他のこと 登録事項の変更はどうするの?• 飼い主の住所が移転したとき• 飼い主が変わったとき• 動物が死亡したとき には、登録変更の手続きが必要になってきます。 ちなみに、登録している飼い主からの「変更手続き」は無料です。 必要な書類• 犬猫のマイクロチップの義務化について調べてみました。 近々、動物愛護法が改正されるそうです。 動物取扱業者は義務づけられます。 その他の取得した者については努力義務が課せられます。 マイクロチップそのものについても調べてみました。 費用は、登録費用1000円と手術費用5000円前後です。 化膿止めの薬など処方されたら、その分の費用もちょっとかかると思います。 最後に、ふくカエルの考え 法律が施行されても、そもそもマイクロチップの装着義務を日本にいる すべての犬猫にするのかは、まだまだ決まっていません。 仮に施行されても、今現時点(2019年)の飼い主は、努力義務にとどまっています。 飼い主の人は、• マイクロチップがどういうものなのか?• 安全なのか? をちゃんと理解した上で、各自が決めたらいいと思うのです。 まだまだ、賛否両論がはげしく、反対意見も多い問題です。 でも、一番大切なのは、ペットの命を最後まで自分の手元で面倒をみて、 そして、ペットが「自分の人生をちゃんと生き切った」と満足できるように、環境を整えて大切にすることです。 とふくカエルは考えています。 最後まで、読んでくださってありがとうございます。 またのお越しをお待ちしております。 ふくカエルでした。

次の

犬のマイクロチップが義務化?装着料金や登録方法など

犬 マイクロ チップ 義務 化

義務の対象になるのは、これから犬や猫を購入される方、そしてペットショップなどの販売業者です。 すでに飼われている方に対しては「努力義務」なので、装着しなくても罰則はありません。 ただマイクロチップは、犬や猫にとっても飼い主さんにとってもメリットが大きく、将来的に捨てられたり殺処分される猫や犬を減らすことにもつながるんですよ。 マイクロチップとは 小さな身分証明証 マイクロチップにはその猫だけが持つ番号と飼い主の情報が記録されています。 特殊なマイクロチップの専用読み取り器で番号を読み込むことで、 猫の身元や誰に飼われている猫かを確かめることができます。 一度埋め込んだら交換や抜いたりする必要はない 一度埋め込んだマイクロチップは、寿命が尽きるまで体の外に抜き出したり交換したりは必要ありません。 マイクロチップには電子機器ですが外側は生体に適合するガラスで覆われており、 30年は問題なく使用可能なので、一度埋め込んでしまえば猫が何度も嫌な思いをすることはないです。 マイクロチップを埋め込む場所 猫の首・背中の後ろ側 マイクロチップを埋め込む場所は、猫の背面・首・背中あたりになります。 皮膚の下に埋め込むので、体の深くまで入れ込むわけではありません。 また皮下ですが、日常生活を送っていて出てきたりすることはまずありません。 マイクロチップを埋め込む時期 猫によっては生後4週から 猫のマイクロチップの装着が可能になるのは、生後4週目からになります。 ただ4週を過ぎたらすぐにマイクロチップを装着した方がいいというわけではなく、猫によっても個体差があるので何歳で装着するかは獣医さんと相談して時期を決めましょう。 マイクロチップを埋め込む方法 インジェクター(注入器)を使う マイクロチップを猫や犬に装着する際は、 「インジェクター」という注入器を使って注入します。 メスや手術などではないため、猫にとって精神的にも身体的にも負担のかかりにくい方法でマイクロチップを入れることができます。 マイクロチップ費用は1万円弱 マイクロチップの費用はだいたい1万円弱です。 安くても5,000円以上はかかると考えておきましょう。 必ず動物病院で マイクロチップは注入器で装着できますが、体内への埋め込みになるため 動物病院で獣医さんに行ってもらう必要があります。 マイクロチップの痛みや副作用 マイクロチップへの一番の抵抗として、 猫への副作用などの健康被害、痛みです。 猫への精神的・肉体的負担はあるのでしょうか。 マイクロチップの痛み マイクロチップは 過度な痛みは与えないと言われています。 実際の痛みは猫にしかわかりませんが、首や背中の後ろなど皮膚が厚く痛みの少ない場所に装着されるので、痛みは強くないと言われています。 麻酔の有無 マイクロチップの装着は、基本的に麻酔なしで行います。 場合によっては局所麻酔を行うこともありますが、マイクロチップの埋め込みは注入器を使って一瞬で行われます。 麻酔自体も猫の体に負担になることもあることから、基本的にマイクロチップの装着では麻酔は使用しないようです。 マイクロチップによる副作用 マイクロチップ装着による猫への副作用や症状はほとんどないと考えて大丈夫だと思います。 マイクロチップは生体適合のガラスに包まれており、犬や猫以外の様々な動物にもすでに装着されてきています。 また犬や猫などのペット以外の動物にもマイクロチップの装着はすでに行われており、 副作用などの症例もほとんどありません。 マイクロチップのメリット でもマイクロチップを埋め込み必要が本当にあるのでしょうか?マイクロチップを埋め込むことでどんなメリットがあるんですか? 脱走した愛猫の殺処分を防げる マイクロチップが確認できれば、猫に飼い主がいることを猫の保護側が知ることができるため、 愛猫が殺処分される危険を防ぐことができます。 そしてマイクロチップの番号から飼い主の情報がわかれば、すぐに自宅に連れて帰ることができます。 猫が脱走して保健所に連れて行かれた時に首輪が外れていた場合、 愛猫が殺処分になってしまう可能性があります。 また野良猫と勘違いされてしまうと、保護した人によっては、新しい飼い主を探されてしまったり、自分で飼ってしまったりすることもあります。 自分の猫だという証明 マイクロチップは猫にしか与えられていない番号と飼い主情報を確かめられるので 猫が自分の家の猫であるという証拠になります。 マイクロチップを埋め込んでいるという事実があるだけでも自分の家へスムーズに戻ってきやすくなります。 もし自分の家の猫が脱走して保護された時、また犯罪に巻き込まれて連れ去られた時、他にも飼い主と名乗る人が現れた時など、 猫が自分の家の猫であるという証明できない時に、マイクロチップは非常に役立ちます。 取り外されることがない また マイクロチップはGPSや首輪のように取り外されたり無くしてしまうことがないこともメリットとして大きいです。 GPSは首輪につけるものも多いため、首輪を取ってしまえば自分の猫の証明にはなりませんし、その後の行方もわかりません。 安易に捨てることの防止 犬や猫にマイクロチップが埋め込まれることで、安易に飼い主がペットを捨てることを防止できます。 捨て犬・捨て猫のマイクロチップを調べることで誰が捨てたのか特定することができるため、安易に犬や猫を捨てる人を減らすことができると期待できます。 マイクロチップを埋め込む前の注意点 マイクロチップにもデメリットはあるはず。 どんな点に注意すればいいのでしょうか。 どこにいるか分かるわけではない 注意点として、マイクロチップを埋めこんだからと言って 脱走してしまった猫がすぐに見つけられるわけではありません。 マイクロチップには猫がどこにいるのか分かるGPS機能は付いていないので、もし猫がどこかを徘徊し続けたり、他の誰かに飼われるようになったりした場合は、見つからないことも考えられます。 いざ脱走してしまった時にどこら辺にいるのか、どこに連れて行かれてしまったのか知ることができます。

次の