プテラ 育成論。 プテラ育成論!!

プテラ育成論

プテラ 育成論

プテラの歴史 第一世代 実戦に耐える技を覚えないため、たとえ相手に先手を取っても倒しきれずに返しのターンにあたりでやられるのがオチであった。 全国大会での採用実績は通常フォーマットではおろかですら皆無であった。 ただ、予選7地域中ベスト4進出が2例記録されていた。 一応素早さの種族値130からを放てる上に相性上には非常に有利で、レベル30戦で行われたニンテンドウカップ'98ではという有効打にはなる技が存在していたため、当時の大会でも恐らくだが同じように使われていたのだろう。 シナリオでは四天王のが使用。 まともな技構成が少ない四天王の中でもこのプテラのは強力であり、ポケモンによっては一撃で倒されることもざらであった。 第二世代 、()、の獲得、の強化、の習得によって実戦的な攻撃手段を手に入れた。 また、第一世代では覚えられてもほぼ意味の無かったも、への有効打として利用価値が認められた。 この世代で需要が伸びた、を両方半減以下に抑えることができ、耐性面は環境の変化によって少しは救済を受けた。 個体値によっては同じ130族のサンダースにはじしんで対抗できるようにはなったが、この世代ではとがトップメタの一角にあったため耐久力が低いサンダースの地位自体が相対的に低下しており、サンダースに対するメタとしてはほとんど重要視されなかった。 ただ、「モバイルカップ2001」環境ではレベル30戦である都合上による削り、による一撃必殺技対策などから要注意ポケモンとなった。 シナリオでは第一世代同様に、チャンピオンとなったが使用。 当時習得不可能な筈のを覚えていた。 また、殿堂入り後のカントー地方の14番道路でと交換で入手可能。 これにより、化石ポケモンでは唯一第二世代のソフト単体で入手できる。 第三世代 でを、でいわなだれを獲得し、火力が向上。 特性を獲得したことに加えて、同じく教え技を利用してを習得することでいわゆる「まもみがプレッシャー」のコンボが可能になった。 ではを持たせてひたすら火力を放つタイプのプテラが流行した。 の、ウエポンに対して優秀な耐性を発揮するのも大きい。 ポケモンリーグ2005東京大会小学生の部優勝メンバーの1体であり、その優勝パーティは、など採用しており速攻に寄せた構築となっていた。 ポケモンリーグ2005中学生以上の部では決勝進出者9人中1人が使用。 第四世代 の獲得によって火力に磨きがかかったが、先制技の増加やの登場、などの「」の流行は逆風であり、こだわりハチマキ型は第三世代と比べて激減し、むしろステルスロックを最速で撒く仕事を行うのが主流となった。 の教え技でを得たが、突ける弱点の範囲がメインウエポンと被るのが難点。 第五世代 を積み技として獲得したが、プテラの耐久力では積む余裕が無いのが難点。 新規の技としてはも獲得。 最速の使いという個性を持つが、バグによりランダムマッチでの使用は禁止されていた。 新たに獲得したは。 では能力を上げるきのみが解禁され、またアクアテールやといった各種教え技が復活し、きんちょうかんの実用性は上がったといえる。 同複合タイプのアタッカーとしては火力も実用的な技のバリエーションも上回るが登場している。 基本としては素早さに任せてに対する、やに対する、やに対するで役割破壊するのが仕事であった。 じしんへの抑止力となるランドロスへの役割破壊要因というのが最大の存在意義であった。 第六世代 の獲得、フリーフォールの禁止解除などから、一気に活躍の幅が広がった。 技は新たにを獲得。 それに合わせていわなだれ、フリーフォール、おいかぜなどを駆使し、やで活躍した。 メガシンカ+特性かたいツメを獲得したことで火力が底上げされ、、、などが実戦的な技となった。 韓国の有名なポケモンプレイヤーのパク・セジュンがダブルバトルで活躍させるなどして話題になった。 2016年3月に開催されたカントー図鑑限定戦の『カントークラシック』ではジュニアカテゴリで9位、マスターカテゴリで10位の使用率を記録し、登場当初と比べれば第一世代のポケモンの中での立場は格段とよくなったと言える。 この大会は6匹対戦で持ち物なしというルールであり、素の素早さが高くステルスロックを覚えるプテラはそれだけでも重宝された。 レート戦X・Yリーグのトリプルバトルでは前半のシーズンだと使用率20位台半ばから後半が定位置であったが、それ以降はランクインしたりなかったりであった。 一方同じレート戦でもORASリーグではメガシンカポケモン全盛であったため、他にメガシンカさせたいポケモンがいるということで、ダブルバトルでもトリプルバトルでも使用率ベスト30入りを果たせないなど需要が伸び悩んだ。 単体でも強化を受けたがパーティ構築レベルでも進歩を見せており、禁止解除されたでキャッチした相手をので殴ったり、相手をフリーフォールで連れ去った余裕を活かしてでを積んだりして、フリーフォールで持ち上げられない相手をので削る「プテラスタン」が成立。 JCS2015環境でそこそこ使われた。 ORASリーグ後半のトリプルバトルではが型を1番手として、が型を2番手程度としたため、いわゆる「半減木の実」を食べさせない型もそこそこ使われた。 第七世代 2017年7月に開催された、弱点が5つ以上あるポケモンのみが出場できる大会フォーマット『ポケモン危機一髪! 』のジュニアカテゴリで使用率6位、マスターカテゴリで使用率4位に入った。 2017年9月に行われたメガシンカ可能なポケモンのみによる限定戦『メガランブル』ではジュニアカテゴリで使用率29位、マスターカテゴリで使用率25位を記録しているが、43体が出場可能というポケモンの選択肢が狭いレギュレーションであったため、メガシンカポケモンの中でもどちらかというと下層に位置することを証明してしまった。 この世代ではメガプテラのかたいツメとのシナジーより威力そのものを重視した技構築が主流となっており、じしん、アイアンヘッド、ストーンエッジ、こおりのキバがテンプレとなった。 かわりに第六世代に主流であったつばめがえしの採用率に陰りが見えている。 WCS2019世界大会会場でが配布され、を獲得。 特殊技の火力を上げる補助技がしか存在しないプテラにとって、Zおいわいはの火力を上げる手段として重宝するが、入手難易度は極めて高くレーティングバトルではほぼ考慮されなかった。 SMのにはを持ってのみを覚えた狙い型プテラが存在している。 ひるみによる損失を警戒するのは当然のこと、この型のプテラで上から確定1発にされるポケモン 、、など をなるべく使用しないことが重要で、対策必須のポケモンと言える。 道具、特性無しの66シングルで行われるの対戦では最速の使いというだけでトップメタの地位を築き上げている。 対策はステルスロックを撒かれる前提のものでないと現実的ではなく、後続ので昆布が成立する前にを張る、でループを断ち切るなど、実用的かつ汎用性を損なわない方法は限定されている。 第八世代 メガシンカを没収された。 代わりに、、、を習得したことがの解析により判明。 ソード・シールド本編には現在未登場。 一般的な育成論 との複合タイプであり、同じタイプのとは、素早さと特性で差別化できる。 非常に高いと高いを持つが、・は低い。 性格をようきにして、物理アタッカーに育成するとよいだろう。 通常特性はとであり、プレッシャーはPP削りに役立つものの自身が低耐久なので相性はそれほどよくなく、いしあたまは効果が適用される技がしか存在せず、この技自体も・やが無いと覚えられず、苦労して覚えさせてもタイプ不一致なのでそこまで劇的な威力は出ない。 やといった相性抜群の技を覚えられない点が悔やまれる。 隠し特性はであり、きのみを使用不可にするため特性の中では一番扱いやすい。 攻撃技の候補としては、・・・・・・・・等が挙げられる。 変化技の候補としては、・・、等が挙げられる。 などの高威力の技を覚えないので、・を持って火力を補うとよいだろう。 同じ戦法を使うとは、(が無くても)技が効かない、となどのコンボも可能と差別化は十分。 耐久力はあまりないが、相手の補助技をかわしてみがわりが残っている間に使える回復技のも採用したい。 ただし先手でを使用した場合、技が効果抜群になるので注意が必要である。 メガプテラ することで、元から高いとがさらに上昇する。 その他のステータスもわずかに上昇するため安定性がやや増す。 特性と高い攻撃を活かすためにも、メガプテラを使用する場合はアタッカーに育成することが望ましい。 最速にした場合、を持ったすばやさ無補正の95族(実数147)まで追い抜けるため、やなどの最速80族に対して先制で攻撃が可能となる。 特性はとなり、直接攻撃の威力が上昇する。 ただ、プテラにとって主力のいわタイプの技は直接攻撃技がそもそもなく、効果が適用されるのは、、、、、、などいずれも威力100に満たないものばかりであり、同じ特性のと比較するとやや力不足である。 それでも攻撃はメガリザードンXをわずかに上回っているため、かたいツメを利用しなくても強力な攻撃を繰り出せる。 レベル1限定戦では素早さの種族値が最高のポケモン。 ただし、レベル1最速の実数値は8であり、相手が込みならの実数値5のポケモンに先制される水準である。

次の

プテラ育成論!!

プテラ 育成論

全国 No. 8 m 重さ : 59. プレッシャー 相手が使用したわざのPPを1多く減らす。 手持ちの先頭にいると、レベルの高い野生ポケモンが出現しやすくなる。 隠れ特性 夢特性 きんちょうかん 相手がきのみを使えなくなる。 プテラのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 プテラの特徴 【良いところ】• 素早さは130族であり、ほとんどのポケモンに先手をとって攻撃や「ちょうはつ」をすることができます。 耐久はないので、HP満タンの相手を狩ろうとするよりは、バトル終盤に出してHPの減った相手を抜いていく使い方がオススメできます。 飛行タイプなので、相手の「じしん」読みでの交代出しができます。 相手がプテラの「ストーンエッジ」で1発圏内に入っていればそのまま倒せることもあります。 【悪いところ】• 攻撃種族値は105と中途半端です。 「いのちのたま」「こだわりハチマキ」など火力UPアイテムが欲しいところです。 耐久がなく速攻型で、やられる前にやるタイプのため「でんじは」で機能停止します。 6on6の先発で、プテラの高い素早さから先制「ステルスロック」を撒く型があります。 プテラは耐久がなく、交代出しが難しいため、相手に「こうそくスピン」で「ステルスロック」を撤去されると撒き直すことはキビシイです。 交代出しのしやすいドータクンやラグラージで撒けば、相手に撤去されても撒き直しやすいというメリットがあります。 タイプ一致のメインウェポンはどれも欠点があります。 「ストーンエッジ」は命中率が80と低く安定しません。 「つばめがえし」は必中技ですが、威力が60と低いです。 「ゴッドバード」は「パワフルハーブ」込みで1発限りの技と使いにくいです。 素早さが高く、攻撃がそこそこのため終盤のアタッカーにし、傷ついたポケモンを狩ってもらうことがありますが、先制技「バレットパンチ」「こおりのつぶて」「アクアジェット」で弱点を突かれて辛いです。 相手が火力UP系アイテムを持っていると一撃で落ちることも。 ハッサム、メタグロス、マンムーは天敵です。 特性「いしあたま」「プレッシャー」はどちらもあまり役立ちません。 反動を受けるような技は弱点のつけない「すてみタックル」くらいですし、耐久型でないなら「プレッシャー」も微妙。 「ステルスロック」に弱いです。 6on6で撒かれるとただでさえバトルに出しにくいプテラがさらに出しにくくなります。 またパーティの「ステルスロック」に対する耐性を考慮すると、味方のポケモンに縛りがかけられてしまいます。 プテラの型 特性 : プレッシャー 性格 : ようき 努力値: 攻撃252、素早さ252、HP6 持ち物: いのちのたま等火力UP系 メイン: ストーンエッジ、つばめがえし サブ技: じしん、こおりのキバ、だいもんじ 補助技: なし プテラは耐久のない速攻型であり、相手からの反撃はできるだけ受けたくありません。 バトルの終盤に出し、すでに傷ついた相手を狩る型です。 性格・努力値について。 いじっぱりだと抜かれるポケモンが多く対応範囲が狭まります。 なるべく多くのポケモンに先手をとって倒していきたいのでようき最速・攻撃振りとします。 持ち物について。 攻撃種族値が微妙であるためどうしても火力不足となります。 攻撃力を補う「いのちのたま」など火力UP系アイテムを持たせてください。 技について。 「ストーンエッジ」「じしん」「選択肢」「選択肢」という技構成とします。 終盤での戦いを想定しているため、なるべく対応範囲を広げたいところです。 「ストーンエッジ」はメインウェポン。 命中率以外は優秀な技です。 「いのちのたま」持ちでも耐久無振りゴウカザルですらギリギリで乱数1に持ち込めず確2という感じなので、HP満タンの相手を狩ることはできません。 終盤までに相手にダメージを蓄積させておきたいところです。 別なポケモンで「ステルスロック」などを撒いておくと終盤プテラのサポートとなります。 「じしん」は、メインウェポンの岩技を半減してくる鋼タイプの弱点をつける技です。 「バレットパンチ」の無いメタグロス、ジバコイルなどに撃つことができます。 「つばめがえし」はタイプ一致ですが、威力が60と低いです。 岩技を半減してくる格闘タイプに効果抜群です。 また、ヘラクロス・キノガッサの4倍弱点をつくことができます。 「こおりのキバ」はほぼガブリアスピンポイントの技です。 「いのちのたま」持ちならHP4振りガブリアスを高乱数1にできるので、撃ち合いでは役に立つでしょう。 「だいもんじ」は主にエアームドに撃つ技です。 プテラが特攻無振り下降補正でも、「いのちのたま」持ちでHP振りエアームドを確2にできます。

次の

【ピカブイ】リザードンの入手方法と育成論

プテラ 育成論

プレッシャー あいての つかう わざの PPを おおく へらす。 プテラの特徴 「ひみつのコハク」から復活させることが出来る凶悪ポケモン、プテラ。 そのステータスは、素早さがずば抜けて高く、攻撃もそこそこあります。 反面、耐久力や特攻は、期待できるほど数値が高くないので、攻撃と素早さを意識した速効型が良さそうに見えます。 主な戦型は、サポート兼攻撃で、相手の「ちょうはつ」の影響を受けにくいため、プテラが倒される覚悟で、「ステルスロック」を撒くのが特徴になります。 「きあいのタスキ」等で、耐えさせた場合、相手が先制しない確率が高いので、比較的ダメージを与えられます。 候補技 技名 特徴 ストーンエッジ 物理 タイプ一致で、威力が100あるため、破壊力は期待でいますが、命中率の低さに注意が必要です。 いわなだれ 物理 タイプ一致で、威力は75ですが、「ストーンエッジ」より、命中率が高く、怯み効果も狙えます。 じしん 物理 地面タイプで、威力100の技です。 多くの相手の弱点を突く事が出来ます。 かみくだく 物理 悪タイプで、威力80の技です。 対エスパー・ゴーストタイプ辺りに、ピンポイントで攻撃します。 こおりのキバ 物理 氷タイプで、威力65の技です。 相手のガブリアス・ボーマンダに、ピンポイントで攻撃できます。 つばめがえし 物理 タイプ一致で、威力60の技です。 威力は低いですが、必中技なので、バトルタワー等にオススメの技です。 だいもんじ 特殊 炎タイプで、威力は120ありますが、役割破壊で入れるとしても、プテラの特攻だと、ダメージは期待できません。 ステルスロック 補助 プテラの使う補助技でも、かなり有能な補助技です。 6on6の試合で、先発に使うと、強い技です。 ちょうはつ 補助 プテラの素早さを生かして、受けのポケモンや、積み型のポケモンの妨害が出来ます。 いばる 補助 相手の攻撃を2段階上げる代わりに、相手をこんらん状態にさせます。 「みがわり」があると、安心できます。 ほぼ、「まもる」等と、同感覚で使えます。 かげぶんしん 補助 自分の回避率を1段階上げます。 「いばると、特性「プレッシャー」の組み合わせで、嫌がらせが出来ます。 はねやすめ 補助 嫌がらせ型の、回復技です。 よほど相手に隙が無い限り、使う事の無い技です。 主な戦型 物理型 努力値 攻撃252 素早さ252 HP6 チイラのみを使うならば、HPを、4n調整 持ち物 きあいのタスキ こだわりハチマキ チイラのみ いのちのたま たつじんのおび 性格 ようき 確定技 ストーンエッジ or いわなだれ 候補技 じしん かみくだく こおりのキバ つばめがえし みがわり ちょうはつ 等 一般的な、プテラの攻撃型です。 火力は低いですが、耐久力も無いため、相手の弱点を突けるならば、「きあいのタスキ」が無難かもしれません。 サポート型 努力値 攻撃252 素早さ252 HP6 or HP252 素早さ252 攻撃6 持ち物 きあいのタスキ 性格 ようき 確定技 ステルスロック 候補技 ストーンエッジ いわなだれ じしん かみくだく ちょうはつ いばる みがわり 等 6対6の対戦で、先発で出てくる事が多いポケモンです。 先制して、「ステルスロック」を撒いた後、出来る限り相手にダメージを与えていきます。 スカーフ型 努力値 攻撃252 素早さ252 HP6 持ち物 こだわりスカーフ 性格 いじっぱり ようき 確定技 ストーンエッジ or いわなだれ 候補技 じしん かみくだく こおりのキバ つばめがえし 等 相手の読みを外す、スカーフ型です。 特に、相手の先発を潰すのが役割ですが、何体も倒せるようなポケモンでは無いので、ピンポイントで使います。 いばみが型 努力値 HP252 素早さ252 持ち物 たべのこし 性格 ようき 特性 プレッシャー 確定技 いばる みがわり 候補技 まもる ちょうはつ かげぶんしん はねやすめ ストーンエッジ じしん 等 相手のポケモンを潰す事が目的ですが、こちらは、相手のPPを減らす戦い方です。 徹底的な嫌がらせですが、突破されることもあるので、注意が必要です。 コラム 要注意ポケモン メタグロス ドータクン エンペルト オススメの組み合わせ 砂嵐パーティー全般 6on6での先発 対策方法 基本的には、耐久面が脆いので、簡単に倒すことが出来ます。 メタグロスや、エンペルト等の先制技で攻撃すれば、簡単に倒せます。 ただ、相手の攻撃に注意が必要なので、かなりのリスクを伴う事もあります。 比較的倒しやすいのは、ドータクンで、鋼タイプで攻撃できるだけでなく、相手の攻撃を耐える事も簡単にできます。 ただ、前提として特性は「ふゆう」です。 相手が、「ふきとばし」を使ってくることも考えられますが、「トリックルーム」や、「ジャイロボール」を使えば、大丈夫でしょう。

次の