さと ちゃん 構文。 【対決】迷惑LINEアカウントに「#おじさん文章ジェネレーター」で生成したウザい文章を送りつけてみた! (対 いずみちゃん編)

【対決】迷惑LINEアカウントに「#おじさん文章ジェネレーター」で生成したウザい文章を送りつけてみた! (対 いずみちゃん編)

さと ちゃん 構文

中国語文法を体系的にまとめた文法書の決定版! 初級者から中級者まで学べる本格的な文法参考書! この1冊で、中国語文法の考え方がわかります! 文法ガイドブックとしても最適! <はじめに より抜粋> 1. 豊富な用例 各種文法事項および概念を論じる際には、具体例 (ピンイン付き)をたくさん示しつつ、より明確な 形で内容を理解できるように努めました。 その用例については、多様な言い方に触れてほしい という思いから、省略を表す( )や言い換えを 表す「 / 」を用いた個所が少なくありません。 多方面からの解説 メーンとなる解説部分の記述を補足・補強する ものとして、[参考][比較]および[中国語らし い表現]ほか、様々な角度から理解を深める試みが 施してあります(各記号の意味については、p. 10 を参照)。 さらに、説明の過程で注釈を多く用いたいという点も 本書の特長の一つです。 参照個所の掲示 「文法事項の体系的理解の促進」という本書の 性格上、別々の個所で言及した事項の相互の関連付 けというものが欠かせません。 ドリルの活用 各箇所には、学習者に役立つようにドリルが付い ています。 このドリルは復習用というだけでなく、 知識のさらなる強化という意味合いも兼ねており、 一部やや難しい用法を学ぶことも可能だと考えます。 なお、まとめとして総合ドリルをつけておきました。 頑張ってチャレンジしてみてください。 いかにも東外大らしい構成だが、メリハリがなく初心者向けとしては総花的過ぎる感。 実際に本を手にして感じたのは、ページの紙質がひどい。 まるで表紙に使うような分厚い紙で、ケント紙かボール紙といってよい。 そのため、ページが見開きの状態のままでじっとしていてくれず、パタンと閉じてしまう。 イラッとして、見開きのページをげんこつで叩いたり、ギュッと押しつけて読みやすい状態にすることに。 新しい本の場合、人によっては本を痛めつけることに抵抗のある人もいる(小生もその一人)であろうが、とにかく暴力的なカスタマイズを要する。 やり過ぎると背割れを起こして本がパカっと背表紙で2つ3つに割れる可能性もありそうだ。 それくらい硬い。 製本センスがない。 紙のことで他に言うと、極厚手の紙なので、指先の脂分などがつきやすく、小口が手垢で汚れやすそうだ。 美術系の古本でよく見るあのような小口の目立った汚れである。 これは読んでいて気を使う。 活字のポイントももう少し大きい方が見やすいと思う。 詰め込んだ組み方なので余計にそう感じる。 ページに分厚い紙質を使っているのは、本の厚みを出すためというのもありそうだが、目的が邪推のとおりなら、活字の大きさ、行間、章立てなどで、もっと正攻法で見やすくして本の厚みを出すべきだろうと思う。 2011年度後半のNHKラジオ中国語講座応用編「表現力を鍛えよう!〜目指せ 補語の達人〜」の講師による文法書である。 NHKラジオ講座では入門編の講師と解説能力の差が際立っていたが、期待にたがわず文法がきっちりと過不足なくまとめられている。 必要に応じて他の項目へのリンクが記載されているし、索引も実用的でしっかりしている。 目次と索引で調べたい文法項目に手早くたどり着ける実用的な文法書に仕上がっている。 例文や練習問題も豊富に盛り込まれているのに約300ページのコンパクトな本に仕上がっているのは見事。 「ゆとり世代」向けの最近の参考書に比べると文字がびっしりと詰まっている印象を受けるかもしれないが、真っ当な参考書・文法書としてはこの程度は普通であろう。 また、殆どの例文にピンインが示されているのも親切である。 適度な量のイラストも本の印象を柔らくしていて効果的。 唯一気になったのは色の使い方を含めたレイアウトである。 2色刷りだが黒1色でも良かったかもしれない。 注意事項、補足的な説明がが赤字で書かれているが、それらは黒字のままにして、むしろポイントとなるキーワードを赤字にする方が良かった。 現在のような色のつけ方をするのであれば、黒赤の2色刷りでなく、黒青の2色刷りを選ぶべきだったと思う。 (黒青の2色刷りの例としてはがある。 )文字の大きさのバランス、フォントの選択、改ページの仕方など、著者というよりは編集者、出版社にもう少し頑張ってほしかった。 文法書として内容が良いだけに、画竜点睛を欠いたか。 ターゲットとする中国語の初級〜中級の文法書、NHKのラジオ講座などで独学している人の参考書としてお勧めできる。 (ただし、「初級」向けであって、ピンインが読めない人向けの入門書ではないことに注意。 NHKラジオの入門編や入門書を一通り終えた「初級者」向けである。 ) かれこれ15年前、中国語検定の勉強を、旅行目的で頑張っていました。 (5年間続いたのですが・・3級までで挫折。。 ) 今、久しぶりに中国語文法の本書を手にしても、幾らか記憶は残っていて、楽しく復習しています。 最初はNHKのテキスト&テープ(古いですけど)のヴァリエーションが販売されていたので、セットで勉強していました。 テープやCDなど、ピンインが難しくて、初心者は、耳から入るとわかりやすいんです。 本書は、中級や、ある程度学習された方には馴染みやすいと思います。 まず、読み物として一通り楽しめました。 文法書にしては、詰め込みでは無くて、ストレスを感じさせない、親しみやすい内容です。 ドリルで認識度を確認できます。 以上、自主学習の副教材として、おすすめだと思います。 使っている文字が漢字なので、日本語と同じようなニュアンスで考えたら大間違いです。 所謂中国国内は簡体字が共通語として認識されており、日本人が通常使うことが多い繁体字は共通語ではありません。 そのような基本的な文法以前の約束から丁寧に解説されています。 文法解説では日常会話を例文に挙げてあることが多く、実用的だと思います。 個人的には「的」の使用場面が理解できたのが助かりました。 これで中国語の新聞なども少しずつ意味が取れるようになると思います。 発音に関しては発音記号が各単語、各文に付いていますが、それでも中国語の正しい発音は難しいと思います。 CDが付いていれば正しい発音も覚えることができて、会話にもつながると思います。

次の

さとちゃんって、何者なん?

さと ちゃん 構文

中国語文法を体系的にまとめた文法書の決定版! 初級者から中級者まで学べる本格的な文法参考書! この1冊で、中国語文法の考え方がわかります! 文法ガイドブックとしても最適! <はじめに より抜粋> 1. 豊富な用例 各種文法事項および概念を論じる際には、具体例 (ピンイン付き)をたくさん示しつつ、より明確な 形で内容を理解できるように努めました。 その用例については、多様な言い方に触れてほしい という思いから、省略を表す( )や言い換えを 表す「 / 」を用いた個所が少なくありません。 多方面からの解説 メーンとなる解説部分の記述を補足・補強する ものとして、[参考][比較]および[中国語らし い表現]ほか、様々な角度から理解を深める試みが 施してあります(各記号の意味については、p. 10 を参照)。 さらに、説明の過程で注釈を多く用いたいという点も 本書の特長の一つです。 参照個所の掲示 「文法事項の体系的理解の促進」という本書の 性格上、別々の個所で言及した事項の相互の関連付 けというものが欠かせません。 ドリルの活用 各箇所には、学習者に役立つようにドリルが付い ています。 このドリルは復習用というだけでなく、 知識のさらなる強化という意味合いも兼ねており、 一部やや難しい用法を学ぶことも可能だと考えます。 なお、まとめとして総合ドリルをつけておきました。 頑張ってチャレンジしてみてください。 いかにも東外大らしい構成だが、メリハリがなく初心者向けとしては総花的過ぎる感。 実際に本を手にして感じたのは、ページの紙質がひどい。 まるで表紙に使うような分厚い紙で、ケント紙かボール紙といってよい。 そのため、ページが見開きの状態のままでじっとしていてくれず、パタンと閉じてしまう。 イラッとして、見開きのページをげんこつで叩いたり、ギュッと押しつけて読みやすい状態にすることに。 新しい本の場合、人によっては本を痛めつけることに抵抗のある人もいる(小生もその一人)であろうが、とにかく暴力的なカスタマイズを要する。 やり過ぎると背割れを起こして本がパカっと背表紙で2つ3つに割れる可能性もありそうだ。 それくらい硬い。 製本センスがない。 紙のことで他に言うと、極厚手の紙なので、指先の脂分などがつきやすく、小口が手垢で汚れやすそうだ。 美術系の古本でよく見るあのような小口の目立った汚れである。 これは読んでいて気を使う。 活字のポイントももう少し大きい方が見やすいと思う。 詰め込んだ組み方なので余計にそう感じる。 ページに分厚い紙質を使っているのは、本の厚みを出すためというのもありそうだが、目的が邪推のとおりなら、活字の大きさ、行間、章立てなどで、もっと正攻法で見やすくして本の厚みを出すべきだろうと思う。 2011年度後半のNHKラジオ中国語講座応用編「表現力を鍛えよう!〜目指せ 補語の達人〜」の講師による文法書である。 NHKラジオ講座では入門編の講師と解説能力の差が際立っていたが、期待にたがわず文法がきっちりと過不足なくまとめられている。 必要に応じて他の項目へのリンクが記載されているし、索引も実用的でしっかりしている。 目次と索引で調べたい文法項目に手早くたどり着ける実用的な文法書に仕上がっている。 例文や練習問題も豊富に盛り込まれているのに約300ページのコンパクトな本に仕上がっているのは見事。 「ゆとり世代」向けの最近の参考書に比べると文字がびっしりと詰まっている印象を受けるかもしれないが、真っ当な参考書・文法書としてはこの程度は普通であろう。 また、殆どの例文にピンインが示されているのも親切である。 適度な量のイラストも本の印象を柔らくしていて効果的。 唯一気になったのは色の使い方を含めたレイアウトである。 2色刷りだが黒1色でも良かったかもしれない。 注意事項、補足的な説明がが赤字で書かれているが、それらは黒字のままにして、むしろポイントとなるキーワードを赤字にする方が良かった。 現在のような色のつけ方をするのであれば、黒赤の2色刷りでなく、黒青の2色刷りを選ぶべきだったと思う。 (黒青の2色刷りの例としてはがある。 )文字の大きさのバランス、フォントの選択、改ページの仕方など、著者というよりは編集者、出版社にもう少し頑張ってほしかった。 文法書として内容が良いだけに、画竜点睛を欠いたか。 ターゲットとする中国語の初級〜中級の文法書、NHKのラジオ講座などで独学している人の参考書としてお勧めできる。 (ただし、「初級」向けであって、ピンインが読めない人向けの入門書ではないことに注意。 NHKラジオの入門編や入門書を一通り終えた「初級者」向けである。 ) かれこれ15年前、中国語検定の勉強を、旅行目的で頑張っていました。 (5年間続いたのですが・・3級までで挫折。。 ) 今、久しぶりに中国語文法の本書を手にしても、幾らか記憶は残っていて、楽しく復習しています。 最初はNHKのテキスト&テープ(古いですけど)のヴァリエーションが販売されていたので、セットで勉強していました。 テープやCDなど、ピンインが難しくて、初心者は、耳から入るとわかりやすいんです。 本書は、中級や、ある程度学習された方には馴染みやすいと思います。 まず、読み物として一通り楽しめました。 文法書にしては、詰め込みでは無くて、ストレスを感じさせない、親しみやすい内容です。 ドリルで認識度を確認できます。 以上、自主学習の副教材として、おすすめだと思います。 使っている文字が漢字なので、日本語と同じようなニュアンスで考えたら大間違いです。 所謂中国国内は簡体字が共通語として認識されており、日本人が通常使うことが多い繁体字は共通語ではありません。 そのような基本的な文法以前の約束から丁寧に解説されています。 文法解説では日常会話を例文に挙げてあることが多く、実用的だと思います。 個人的には「的」の使用場面が理解できたのが助かりました。 これで中国語の新聞なども少しずつ意味が取れるようになると思います。 発音に関しては発音記号が各単語、各文に付いていますが、それでも中国語の正しい発音は難しいと思います。 CDが付いていれば正しい発音も覚えることができて、会話にもつながると思います。

次の

【画像】AT限定さん、高校生に喧嘩売られて泣きながら発狂wxywxywxywxywxywxywxy

さと ちゃん 構文

中国語文法を体系的にまとめた文法書の決定版! 初級者から中級者まで学べる本格的な文法参考書! この1冊で、中国語文法の考え方がわかります! 文法ガイドブックとしても最適! <はじめに より抜粋> 1. 豊富な用例 各種文法事項および概念を論じる際には、具体例 (ピンイン付き)をたくさん示しつつ、より明確な 形で内容を理解できるように努めました。 その用例については、多様な言い方に触れてほしい という思いから、省略を表す( )や言い換えを 表す「 / 」を用いた個所が少なくありません。 多方面からの解説 メーンとなる解説部分の記述を補足・補強する ものとして、[参考][比較]および[中国語らし い表現]ほか、様々な角度から理解を深める試みが 施してあります(各記号の意味については、p. 10 を参照)。 さらに、説明の過程で注釈を多く用いたいという点も 本書の特長の一つです。 参照個所の掲示 「文法事項の体系的理解の促進」という本書の 性格上、別々の個所で言及した事項の相互の関連付 けというものが欠かせません。 ドリルの活用 各箇所には、学習者に役立つようにドリルが付い ています。 このドリルは復習用というだけでなく、 知識のさらなる強化という意味合いも兼ねており、 一部やや難しい用法を学ぶことも可能だと考えます。 なお、まとめとして総合ドリルをつけておきました。 頑張ってチャレンジしてみてください。 いかにも東外大らしい構成だが、メリハリがなく初心者向けとしては総花的過ぎる感。 実際に本を手にして感じたのは、ページの紙質がひどい。 まるで表紙に使うような分厚い紙で、ケント紙かボール紙といってよい。 そのため、ページが見開きの状態のままでじっとしていてくれず、パタンと閉じてしまう。 イラッとして、見開きのページをげんこつで叩いたり、ギュッと押しつけて読みやすい状態にすることに。 新しい本の場合、人によっては本を痛めつけることに抵抗のある人もいる(小生もその一人)であろうが、とにかく暴力的なカスタマイズを要する。 やり過ぎると背割れを起こして本がパカっと背表紙で2つ3つに割れる可能性もありそうだ。 それくらい硬い。 製本センスがない。 紙のことで他に言うと、極厚手の紙なので、指先の脂分などがつきやすく、小口が手垢で汚れやすそうだ。 美術系の古本でよく見るあのような小口の目立った汚れである。 これは読んでいて気を使う。 活字のポイントももう少し大きい方が見やすいと思う。 詰め込んだ組み方なので余計にそう感じる。 ページに分厚い紙質を使っているのは、本の厚みを出すためというのもありそうだが、目的が邪推のとおりなら、活字の大きさ、行間、章立てなどで、もっと正攻法で見やすくして本の厚みを出すべきだろうと思う。 2011年度後半のNHKラジオ中国語講座応用編「表現力を鍛えよう!〜目指せ 補語の達人〜」の講師による文法書である。 NHKラジオ講座では入門編の講師と解説能力の差が際立っていたが、期待にたがわず文法がきっちりと過不足なくまとめられている。 必要に応じて他の項目へのリンクが記載されているし、索引も実用的でしっかりしている。 目次と索引で調べたい文法項目に手早くたどり着ける実用的な文法書に仕上がっている。 例文や練習問題も豊富に盛り込まれているのに約300ページのコンパクトな本に仕上がっているのは見事。 「ゆとり世代」向けの最近の参考書に比べると文字がびっしりと詰まっている印象を受けるかもしれないが、真っ当な参考書・文法書としてはこの程度は普通であろう。 また、殆どの例文にピンインが示されているのも親切である。 適度な量のイラストも本の印象を柔らくしていて効果的。 唯一気になったのは色の使い方を含めたレイアウトである。 2色刷りだが黒1色でも良かったかもしれない。 注意事項、補足的な説明がが赤字で書かれているが、それらは黒字のままにして、むしろポイントとなるキーワードを赤字にする方が良かった。 現在のような色のつけ方をするのであれば、黒赤の2色刷りでなく、黒青の2色刷りを選ぶべきだったと思う。 (黒青の2色刷りの例としてはがある。 )文字の大きさのバランス、フォントの選択、改ページの仕方など、著者というよりは編集者、出版社にもう少し頑張ってほしかった。 文法書として内容が良いだけに、画竜点睛を欠いたか。 ターゲットとする中国語の初級〜中級の文法書、NHKのラジオ講座などで独学している人の参考書としてお勧めできる。 (ただし、「初級」向けであって、ピンインが読めない人向けの入門書ではないことに注意。 NHKラジオの入門編や入門書を一通り終えた「初級者」向けである。 ) かれこれ15年前、中国語検定の勉強を、旅行目的で頑張っていました。 (5年間続いたのですが・・3級までで挫折。。 ) 今、久しぶりに中国語文法の本書を手にしても、幾らか記憶は残っていて、楽しく復習しています。 最初はNHKのテキスト&テープ(古いですけど)のヴァリエーションが販売されていたので、セットで勉強していました。 テープやCDなど、ピンインが難しくて、初心者は、耳から入るとわかりやすいんです。 本書は、中級や、ある程度学習された方には馴染みやすいと思います。 まず、読み物として一通り楽しめました。 文法書にしては、詰め込みでは無くて、ストレスを感じさせない、親しみやすい内容です。 ドリルで認識度を確認できます。 以上、自主学習の副教材として、おすすめだと思います。 使っている文字が漢字なので、日本語と同じようなニュアンスで考えたら大間違いです。 所謂中国国内は簡体字が共通語として認識されており、日本人が通常使うことが多い繁体字は共通語ではありません。 そのような基本的な文法以前の約束から丁寧に解説されています。 文法解説では日常会話を例文に挙げてあることが多く、実用的だと思います。 個人的には「的」の使用場面が理解できたのが助かりました。 これで中国語の新聞なども少しずつ意味が取れるようになると思います。 発音に関しては発音記号が各単語、各文に付いていますが、それでも中国語の正しい発音は難しいと思います。 CDが付いていれば正しい発音も覚えることができて、会話にもつながると思います。

次の