以後 この よう な こと が ない よう 努め ます。 ビジネスにおける「努めて」の意味と使い方!敬語表現も解説

「以後気をつけます」の意味とビジネスでの使い方【例文つき】

以後 この よう な こと が ない よう 努め ます

「努めてまいります」という表現は、よく耳にしたり目にしたりする表現の1つだと予想できます。 特に、ビジネスシーンなどの、敬語で話すべきシーンやフォーマルな場での会話・文章などで使われることが多く、自分自身でもよく使っているという方は少なくないでしょう。 そんな「努めてまいります」という言い回しですが、正しい意味や使い方をしっかり理解しているという方は、意外と少ない可能性もあります。 多くのシーンでたくさんの人が使う言葉なので、自分でも「何となくわかる」「何となく使ってみよう」という曖昧な理解のまま、「努めてまいります」を使っているという方も、いらっしゃるでしょう。 そこで今回は、普段なかなか考えたり向き合ったりすることが少ないであろう、「努めてまいります」という言い回しの意味や使い方、類語や敬語などについて、考察・ご紹介していきます。 「努めてまいります」の意味・使い方 まず始めに、「努めてまいります」の基本的な意味や使い方についてご紹介していきます。 「努めてまいります」は、ビジネスシーンを中心にさまざまな場面で頻繁に使われる言葉だからこそ、案外正しい意味や使い方について、じっくりと向き合ったことがないという方も、いるでしょう。 ぜひ、この機会に普段何気なく使用している「努めてまいります」という言い回しと、よく向き合ってみて下さい。 「努めてまいります」の意味 早速、「努めてまいります」という言い回しの意味について確認していきます。 「努めてまいります」という言葉の意味について考える際、 「努めて」と「まいります」の2つに分けて考えることができます。 まず、「努めて」の意味ですが、「努めて」の意味に関しては、「weblio辞書」にて、以下のような解説がされています。 可能な限り力を尽くして物事を行うさま。 できるだけ。 上記の解説から、 「努めて」という言葉は、努力することや力を尽くすことなどを意味する言葉だと読み取ることができます。 続いて、「まいります」の意味についても確認していきましょう。 「まいります」の意味については、以下のような見解があります。 「参ります」は、謙譲語の「参る」に丁寧語の「ます」が付いた形。 (一部省略)「行く」の謙譲表現/補助動詞「行く」・「来る」の謙譲表現/「かなわない」・「閉口する」などの意の丁寧表現 上記の解説から、「努めてまいります」の 「まいります」は、「努めていきます」を謙って表現しているものだと予想できます。 これらの見解から、 「努めてまいります」という言い回しは、「頑張っていきます」「努力していきます」といった意味を持っており、上記の言い回しを丁寧な形で表現している言葉だと言えそうです。 「努めてまいります」の使い方 続いて、「努めてまいります」の使い方についてご紹介していきます。 「努めてまいります」は、上記でご紹介したように、努力や頑張りを丁寧な言葉で表現する意味がある言葉です。 ですから、敬意を払うべき目上の人や上司に、努力することを宣言したり、頑張ることを約束したりする際に使うケースが多いと考えられます。 また、相手から指摘や注意を受けた際に、「努めてまいります」と返答するケースもあります。 その場合は、「改善できるよう、努めてまいります」などと使用することになり、「改善できるよう、頑張ります」という意味で使います。 「努めてまいります」の履歴書における書き方 履歴書における「努めてまいります」【1】:志望動機 「努めてまいります」は、さまざまなシーンで使用される言い回しです。 上記でも、基本的な意味や使い方をご紹介しましたが、特に就職活動や転職活動などの履歴書で使われるケースが多いと言われています。 履歴書には、さまざまなタイプや型が存在しますが、ほとんどの履歴書に必ずと言って良いほど設けられている項目が、「志望動機」です。 志望動機の項目は、基本的にはその企業へ入社したい理由などを述べるものとなっています。 しかし、アピールとしては、単純に入社したい理由を述べるだけでは物足りないという見解も存在します。 そのため、 志望動機で入社後にどんな働き方をしたいか、どのような社会人になりたいかといった、将来のビジョンや目標を述べるケースもあります。 履歴書における「努めてまいります」【2】:自己PR 続いて、「努めてまいります」の類語や同義語について見ていきましょう。 「努めてまいります」という言葉は、決意や誠意を語ったり見せたりする際に使うことができる、大変便利な言葉です。 使用できるシーンも幅広いため、ついつい多用してしまいがちです。 しかし、何度も多用してしまうと、会話や文章がマンネリ化してしまう危険性があります。 また、「努めてまいります」という言葉に対しての誠意が感じられにくくなる可能性もあります。 そのような場合は、類語や同義語へ言い換えて使いましょう。 「努めてまいります」の類語を以下に列挙します。 ・最善を尽くします ・尽力いたします ・精進いたします ・頑張ります ・努力いたします お詫びにおける「努めてまいります」の使い方 「努めてまいります」という言葉は、努力することへの決意を宣言する場面以外でも、使うことができる言葉となっています。 その代表例として挙げられるのが、お詫びの言葉としての使い方です。 ミスや失敗をして他人に迷惑を掛けた場合、しっかりと謝罪やお詫びをするのが、社会人のマナーとなっています。 「努めてまいります」は、ビジネスにおける謝罪などの際にも使われており、正式な言葉として使用することができます。 この機会にぜひ、「努めてまいります」のお詫びや謝罪での使い方についても、覚えておきましょう。 謝罪・謝罪文での使い方 謝罪や謝罪文で「努めてまいります」を使用する場合、どのように使用すれば良いのか考察していきます。 謝罪などで「努めてまいります」を使用する際は、改善策などともに使うケースが多いと予想できます。 例えば、書類や資料の誤字・脱字について謝罪をする場合は、まずは誤字や脱字をしたことについて誠心誠意の謝罪を述べ、その後に 「今後はこのようなことがないよう、努めてまいります」などと、今後の方針や改善策とともに使用するのが一般的です。 「努めてまいります」の漢字 続いて、「努めてまいります」の漢字表記について考察していきます。 「努めてまいります」の漢字表記として一般的なのは、「努めて参ります」という表記だと予想できます。 「努めてまいります」と「努めて参ります」の違いは、「まいります」の部分をひらがなで表記するのか、漢字で表記するのかという点にあります。 ひらがなで「まいります」という表記をする場合は、以下のような意味になると言われています。 補助動詞と使われる 上記の解説から、 補助動詞としての「まいります」とは、「聞いてまいります」などの際に使われる「まいる」だと言えそうです。 続いて、「参ります」という漢字表記の場合は、以下のような意味になると言われています。 行くの謙譲語、負ける、降参する、よわる、こまる、異性などに心を奪われるの意味 上記の解説から、 「参ります」という漢字で表記をした場合は、「行く」などの謙譲語としての意味になります。 ですから、「まいります」と「参ります」の2つの意味を理解した上で、「努めてまいります」と「努めて参ります」の使い方などを考えていく必要があると言えるでしょう。 「努めてまいります」の言い換え方法 いかがでしたでしょうか?今回は、「努めてまいります」という言い回しをテーマにして、「努めてまいります」の基本的な意味や使い方、類語や敬語表現・漢字表記などについて、考察・ご紹介しました。 「努めてまいります」という言い回しは、努力や決意を宣言する際などに使うことができる言い回しです。 また、謝罪やお詫びをする際にも、改善策や今後の方針について述べる際に、使用することができる言葉でもあります。 丁寧な言い回しなので、ビジネスシーンで使用することも可能となっています。 「努めてまいります」という言い回しは、上記のようにさまざまなシーンで使用することができる、大変便利な言葉です。 ぜひ、この機会に意味や使い方、別な言葉への言い換え方法などを覚え、誠心誠意の気持ちを伝えられるようにしておきましょう。

次の

今後は気をつけます|#話術.com

以後 この よう な こと が ない よう 努め ます

(1)お詫びの言葉• この度は、大変申し訳ございませんでした。 お手数をおかけして誠に申し訳ありません。 ご指摘をいただき、誠にありがとうございました。 多大なご迷惑をおかけして、心からお詫びいたします。 お手数をおかけして誠に申し訳ありません。 ご迷惑を おかけして申し訳ありませんでした。 この度は申し訳ございませんでした。 この度は、ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。 私どもの思い違いで、たいへん失礼いたしました。 今回はご期待に背く結果となり、誠に申し訳ございません。 お客様に不快な思いをさせてしまい、申し訳ございません。 御社のご期待にそえず、誠に申し訳ございません。 (2)反省の言葉• 今後はこのようなことのないよう、社内のチェック態勢をより一層強化する所存でございます。 今後はお客様に御迷惑をおかけしないように心掛けます。 どうかお許しください。 私の不手際でした。 今後は、十分注意いたします。 私どもの配慮が足りませんでした。 以後、十分注意いたします。 今後は二度とこのような事態を引き起こすことがないように留意いたします。 私どもの不注意であったと、深く反省しております。 以後、気をつけます。 私の勉強不足で、申し訳ございません。 以後、十分に留意します。 ご指摘ありがとうございます。 今後は十分に注意いたします。 今後はこのようなことがないように気をつけます。 ご指摘ありがとうございました。 大変申し訳ありません。 このような事がないように、今後は重々[ジュウジュウ]気をつけます。 以後、御迷惑をおかけしないように心掛けます。 このような不祥事[フショウジ]を二度と起こさぬよう、肝に銘じます。 以後、十分に注意いたしますので、お許しください。 今後二度とこのようなことがないよう、慎重に進めるようにします。 二度とこのようなことがないように肝に銘じます。 今後このようなことのないよう、管理を徹底してまいりますので、どうかお許しください。 お客様のお叱りを真摯[シンシ]に受け止め、今後に生かしてまいります。 今後はこのようなことがないように注意しますので、何とぞご容赦ください。 どうか今後とも変わらぬお付き合いをお願いいたします。 今後はこのようなことが無いよう、スタッフのサービス研修を強化いたします。 今後は同じようなミスをしないよう、しっかり確認するようにいたします。 以後、このようなことのないよう、十分に注意して参ります。 このような事がないように、今後は重々[ジュウジュウ]気をつけます。 今後は、御迷惑をおかけしないように心掛けます。 今後このようなことがないよう再発防止に努めます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 今後の対応につきましては、上のものとも相談しまして、後日あらためてご連絡させていただきます。 以後、このようなことの内容を改善していきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 今後このようなことがないよう、十分に留意いたしますので、何とぞご容赦ください。 今後このようなことがないよう、十分注意して参ります。 以後、このようなことがないよう、気をつけて参ります。 今後はご迷惑お掛けしないように努めたいと思います。 今後はこのような事がないように、対策をしっかりと検討いたします。 以後、ご迷惑をおかけしないように、自制いたします。 大変ご迷惑をおかけいたしました。 これからは十分に気をつけます。 申し訳ございません。 今後このようなことがないよう、充分に留意いたしますので何とぞご容赦ください。 担当の者によく申し聞かせます。 担当者には、よく言って聞かせます。 ご親切に注意して頂き、ありがとうございました。

次の

誠意が伝わる「謝罪文・お詫びメール」の書き方と例文8選|件名・締め、社内・お客様など事例別

以後 この よう な こと が ない よう 努め ます

「努めてまいります」という表現は、よく耳にしたり目にしたりする表現の1つだと予想できます。 特に、ビジネスシーンなどの、敬語で話すべきシーンやフォーマルな場での会話・文章などで使われることが多く、自分自身でもよく使っているという方は少なくないでしょう。 そんな「努めてまいります」という言い回しですが、正しい意味や使い方をしっかり理解しているという方は、意外と少ない可能性もあります。 多くのシーンでたくさんの人が使う言葉なので、自分でも「何となくわかる」「何となく使ってみよう」という曖昧な理解のまま、「努めてまいります」を使っているという方も、いらっしゃるでしょう。 そこで今回は、普段なかなか考えたり向き合ったりすることが少ないであろう、「努めてまいります」という言い回しの意味や使い方、類語や敬語などについて、考察・ご紹介していきます。 「努めてまいります」の意味・使い方 まず始めに、「努めてまいります」の基本的な意味や使い方についてご紹介していきます。 「努めてまいります」は、ビジネスシーンを中心にさまざまな場面で頻繁に使われる言葉だからこそ、案外正しい意味や使い方について、じっくりと向き合ったことがないという方も、いるでしょう。 ぜひ、この機会に普段何気なく使用している「努めてまいります」という言い回しと、よく向き合ってみて下さい。 「努めてまいります」の意味 早速、「努めてまいります」という言い回しの意味について確認していきます。 「努めてまいります」という言葉の意味について考える際、 「努めて」と「まいります」の2つに分けて考えることができます。 まず、「努めて」の意味ですが、「努めて」の意味に関しては、「weblio辞書」にて、以下のような解説がされています。 可能な限り力を尽くして物事を行うさま。 できるだけ。 上記の解説から、 「努めて」という言葉は、努力することや力を尽くすことなどを意味する言葉だと読み取ることができます。 続いて、「まいります」の意味についても確認していきましょう。 「まいります」の意味については、以下のような見解があります。 「参ります」は、謙譲語の「参る」に丁寧語の「ます」が付いた形。 (一部省略)「行く」の謙譲表現/補助動詞「行く」・「来る」の謙譲表現/「かなわない」・「閉口する」などの意の丁寧表現 上記の解説から、「努めてまいります」の 「まいります」は、「努めていきます」を謙って表現しているものだと予想できます。 これらの見解から、 「努めてまいります」という言い回しは、「頑張っていきます」「努力していきます」といった意味を持っており、上記の言い回しを丁寧な形で表現している言葉だと言えそうです。 「努めてまいります」の使い方 続いて、「努めてまいります」の使い方についてご紹介していきます。 「努めてまいります」は、上記でご紹介したように、努力や頑張りを丁寧な言葉で表現する意味がある言葉です。 ですから、敬意を払うべき目上の人や上司に、努力することを宣言したり、頑張ることを約束したりする際に使うケースが多いと考えられます。 また、相手から指摘や注意を受けた際に、「努めてまいります」と返答するケースもあります。 その場合は、「改善できるよう、努めてまいります」などと使用することになり、「改善できるよう、頑張ります」という意味で使います。 「努めてまいります」の履歴書における書き方 履歴書における「努めてまいります」【1】:志望動機 「努めてまいります」は、さまざまなシーンで使用される言い回しです。 上記でも、基本的な意味や使い方をご紹介しましたが、特に就職活動や転職活動などの履歴書で使われるケースが多いと言われています。 履歴書には、さまざまなタイプや型が存在しますが、ほとんどの履歴書に必ずと言って良いほど設けられている項目が、「志望動機」です。 志望動機の項目は、基本的にはその企業へ入社したい理由などを述べるものとなっています。 しかし、アピールとしては、単純に入社したい理由を述べるだけでは物足りないという見解も存在します。 そのため、 志望動機で入社後にどんな働き方をしたいか、どのような社会人になりたいかといった、将来のビジョンや目標を述べるケースもあります。 履歴書における「努めてまいります」【2】:自己PR 続いて、「努めてまいります」の類語や同義語について見ていきましょう。 「努めてまいります」という言葉は、決意や誠意を語ったり見せたりする際に使うことができる、大変便利な言葉です。 使用できるシーンも幅広いため、ついつい多用してしまいがちです。 しかし、何度も多用してしまうと、会話や文章がマンネリ化してしまう危険性があります。 また、「努めてまいります」という言葉に対しての誠意が感じられにくくなる可能性もあります。 そのような場合は、類語や同義語へ言い換えて使いましょう。 「努めてまいります」の類語を以下に列挙します。 ・最善を尽くします ・尽力いたします ・精進いたします ・頑張ります ・努力いたします お詫びにおける「努めてまいります」の使い方 「努めてまいります」という言葉は、努力することへの決意を宣言する場面以外でも、使うことができる言葉となっています。 その代表例として挙げられるのが、お詫びの言葉としての使い方です。 ミスや失敗をして他人に迷惑を掛けた場合、しっかりと謝罪やお詫びをするのが、社会人のマナーとなっています。 「努めてまいります」は、ビジネスにおける謝罪などの際にも使われており、正式な言葉として使用することができます。 この機会にぜひ、「努めてまいります」のお詫びや謝罪での使い方についても、覚えておきましょう。 謝罪・謝罪文での使い方 謝罪や謝罪文で「努めてまいります」を使用する場合、どのように使用すれば良いのか考察していきます。 謝罪などで「努めてまいります」を使用する際は、改善策などともに使うケースが多いと予想できます。 例えば、書類や資料の誤字・脱字について謝罪をする場合は、まずは誤字や脱字をしたことについて誠心誠意の謝罪を述べ、その後に 「今後はこのようなことがないよう、努めてまいります」などと、今後の方針や改善策とともに使用するのが一般的です。 「努めてまいります」の漢字 続いて、「努めてまいります」の漢字表記について考察していきます。 「努めてまいります」の漢字表記として一般的なのは、「努めて参ります」という表記だと予想できます。 「努めてまいります」と「努めて参ります」の違いは、「まいります」の部分をひらがなで表記するのか、漢字で表記するのかという点にあります。 ひらがなで「まいります」という表記をする場合は、以下のような意味になると言われています。 補助動詞と使われる 上記の解説から、 補助動詞としての「まいります」とは、「聞いてまいります」などの際に使われる「まいる」だと言えそうです。 続いて、「参ります」という漢字表記の場合は、以下のような意味になると言われています。 行くの謙譲語、負ける、降参する、よわる、こまる、異性などに心を奪われるの意味 上記の解説から、 「参ります」という漢字で表記をした場合は、「行く」などの謙譲語としての意味になります。 ですから、「まいります」と「参ります」の2つの意味を理解した上で、「努めてまいります」と「努めて参ります」の使い方などを考えていく必要があると言えるでしょう。 「努めてまいります」の言い換え方法 いかがでしたでしょうか?今回は、「努めてまいります」という言い回しをテーマにして、「努めてまいります」の基本的な意味や使い方、類語や敬語表現・漢字表記などについて、考察・ご紹介しました。 「努めてまいります」という言い回しは、努力や決意を宣言する際などに使うことができる言い回しです。 また、謝罪やお詫びをする際にも、改善策や今後の方針について述べる際に、使用することができる言葉でもあります。 丁寧な言い回しなので、ビジネスシーンで使用することも可能となっています。 「努めてまいります」という言い回しは、上記のようにさまざまなシーンで使用することができる、大変便利な言葉です。 ぜひ、この機会に意味や使い方、別な言葉への言い換え方法などを覚え、誠心誠意の気持ちを伝えられるようにしておきましょう。

次の