子供 何人。 上原さくらの子供は何人?結婚歴は4回で旦那はブログを運営?大学はどこ?

田原俊彦の子供何人?姉妹とも美人で玉川学園高校を卒業していた! | GORAKU DAILY

子供 何人

夏休みやGWの休みで友達家族と遠出する機会があるかもしれない。 また子供が所属している野球やサッカーの試合のために自分の愛車のミニバンに何人まで乗せられるのか、悩んでいた人もいるかもしれない まずは、法律で子供たちを含めた乗員数がどう決められているのか、すなわち、全長が車両規定で3. 3m以下になる軽自動車から5m近い大型ミニバンまで、家族で何人何人乗れるのか、チェックしてみよう。 まずは乗員数はどう決められているのか確認してみると、道路運送車両法の保安基準の「乗車定員及び最大積載量」についての「第五十三条 2」で、乗車定員はこう規定されている。 「十二歳以上の者の数をもつて表すものとする。 この場合において十二歳以上の者一人は、十二歳未満の小児又は幼児一・五人に相当するものとする。 」 子供(正確には乳児/幼児)の乗員数を計算するには、乗車定員から大人の乗員数を引いて、1. 5かけた数字が子供の乗車定員となる。 小数点以下の端数は切り捨てると、乗車できる人数となる。 この規定には、すべての車種に当てはめようとするとグレーな部分が出てくるのだが、それは追って指摘していく。 5すると3. 5となり、子供が乗車できる人数は3名ということになる。 後席に3人子供が乗るのはなんとかなりそうと思われるかもしれないが、忘れてはいけないのが、法律で6歳未満の幼児用補助装置とされるチャイルドシートの取り付け義務があることだ。 幼児の安全性を確保するために法律で義務づけられているチャイルドシート(ジュニアシートを含む)は、JAFでは大人用シートベルトの適合身長は140cm前後以上を推奨している。 ちなみに、12歳以下の子供に使われるクッションなどで製作されたジュニアシートでは、適合年齢は3~10歳、身長は約100cm~150cm、体重が15kg~36kgといった想定があるが、6歳以上なら補助装置の装着義務がないというのも、どこか矛盾があるように思える。 法律上では最大大人1人、子供10人乗れる。 大人2名が使う時には長時間の使用には耐えづらく、緊急的に使うというのが基本。 対して、セレナやステップワゴンなどワンボックスに近い5ナンバー・ミニバンなら、シートの作りも含めて 後席の居心地はいくぶんか改善される。 2列目をベンチシートとしたり、分割式のセパレートシートでもスライドができれば、中央部のシートベルトの設置方法の工夫によって乗り降りも含めた快適性をカバーするというのも、このクラスならある程度可能になる。 子供はどれだけの人数の乗車が許されるのかという、新たな問題が生まれてくる。 例えば、前述の乗車定員の規定によって単純計算すれば、こうなる。 ややこしいのは、道路交通法施行令の一部を改正する政令「第26条3の2第4項」の規定では、チャイルドシートに関して「その構造上幼児用補助装置を固定して用いることができない座席において幼児を乗車させるとき」「幼児用補助装置のすべてが固定できない場合」などでは、使用義務が免除されることだ。 ともあれ、車両側のシートベルトの装備数が不足してしまい、きちんと安全に拘束できない子供が出てくるのは避けるべきだろう。 こんな状況を変えるために法律を変えるとすれば、たとえば「1. 5」の子供を計算するうえでの係数を乗車定員を減らすために「1. 2」とし、見た目は判断しにくい子供の年齢の規定である 「12歳未満」を、シートベルトの装着が適正に可能とされる「身長140cm未満」に一本化するというのはどうだろうか。 子供と年齢と身長は時代を経て変化していくものだから、適宜法律の修正で対応していく方法を模索することに意味はあるはずだ。 車幅の小型車の1695mmに対して軽自動車は1475mmと220mmの差があっても、小型車との室内幅の差もいまや30~40mmと狭まりつつあるのは、軽自動車のメーカーの開発陣の努力の成果といえる。 ただし、軽自動車の乗車時に起こりうる乗車定員オーバーとなる「大人2名+子供3名」の場合については、現実的な判断が難しい。 どうやら軽自動車の定員4名の規定について、警察では乗員数のチェック/取り締まりを実施しているようだが、具体的な内容について明確な答えは得られず、グレーな部分はあるようだ。 法律を見ると、シートの数以上の乗員数、すなわち乗員がシーベルトを着用しないことを、道路運送車両法(第53条)では合法とする場合もある。 このようにそれぞれの家族の事情もあるとはいえ、子供に関する安全を考える場合には、やはり乗車する人数はシートベルトの装備数に合わせなければ、合理的とはいえまい。 法律は現実の後追いになるのは致し方ないが、今後は6歳から12歳という微妙な年齢が法律の規定のうえでどう扱われるか注目される。 いずれにせよ、子供が「12歳未満であること」を確実に証明することが現実的でなければ、子供の体格を考慮したうえで、誰もが納得できるわかりやすい法改正を実施することには多くの賛同が得られるはずだ。 このような対応策などをどのように捉えるのか、国土交通省に問い合わせてみた。 回答はものの見事にあっさりとしていた。 「係数や乗員定数について検討する予定はありません。 重量や規格などが異なる車両について、シートベルトなどの部品には個別に構造などで安全基準があり、乗員の安全性については実際の使われ方で判断します」という。 ただし、筆者が訊きたかったのは、乗用車の場合に乗員定数に適したシートの形状など、車両の安全性を確保するための「構造」についてではなく、乗員の状況をどう改善するか具体的な施策は講じないのかということだ。 違反を取り締まるのは道交法の範疇だが、それを生み出す安全性に対するユーザーの知識あるいは認識の不足を補うのは、車両の基本成因を規定する側にあるだろう。 車両の安全面については「自動車メーカーやユーザーがシートやチャイルドシートの使い方を考えればよい」というのは無責任とはいえまいか。 「法律に適していればそれでよい」という解釈が現実の世界では通用しない事実を改めて問いただすのは、いかにも馬鹿馬鹿しすぎる。 ハーネスをシートベルトに装着して使用する犬用シートベルト。 愛犬をしっかり固定し、急ブレーキの際に前方に投げ出されてしまう危険を防ぐ。 犬の大きさに合わせて4つのサイズを取り揃えている(ボルボカージャパン) ゴールデンレトリバーなど大型犬は子供と同じくらい大きいので、乗車定員に含まれそうだが、法律上は犬猫などの動物は、物と見なされる。 引っ越しなどで荷物を積んでも違反とならないと同じ解釈。 旅行などに連れていくペットを車内でどう扱うかは、飼い主としては難しい問題。 ボディサイズにも関係するが、安全面を考えれば、ラゲッジルームにケージに入れて乗せるか、ネットで仕切るかというのが基本であり、後席を分離して使うか、ペットが車内で動くのをシートベルトでどうにか制限するのが正道だろう。 とはいえ、あくまでドライバーの安全に運転できる状態を確保することを第一義として考えてもらいたい。 当然ながら、ドライバーがペットを膝の上に乗せて運転する行為などは、道路交通法の安全運転義務違反として処罰の対象となるのでご注意を。

次の

国分太一の子供何人?名前と画像が可愛すぎるし嫁もaiko似で美人…子供の話も面白くて思わず噴き出したw

子供 何人

ひとつの家庭に何人の子供がいるのか、これを知るための物差しとして2つの統計があります。 合計特殊出生率 合計特殊出生率は、15~49歳までの女性の年齢別出生率を合計したもの。 1人の女性が該当の年代で一生に生む、としたときの子供数に相当するものです。 2014年の合計特殊出生率は 1. 42で、前年の1. 43を下回っています。 これは未婚の女性もすべて対象に含まれているため、そもそも子供を産む環境にない人も0としてカウントされています。 完結出生児数 完結出生児数は、結婚から15〜19年経過した夫婦の平均出生子供数で、 夫婦における最終的な子供の数と見なされます。 この年数は、結婚後15年以上経過した夫婦のあいだに子供が産まれることはほとんどないということから使われるようになりました。 2010年の調査では、 1. 96人となり、 調査開始以来はじめて2人を下回るという結果に。 これは未婚の女性は対象に含まれていないため、合計特殊出生率よりも高い数字が出ますが、同時に 結婚しない女性が増えたことも表しています。 関連記事: 1人から2人、2人から3人……子供の増え方による違い 子供が1人のときは親と子供が1対1で真正面からぶつかり合うことになるため、さまざまな悩みを抱えることになるでしょう。 ここから子供が2人になると、今度は子供同士の関係性にも目を向けなければいけません。 そして3人を超えると、そこには 社会としての機能が生まれてくると言っても過言ではありません。 しかし、3人となると、その分子育てをしている期間が長くなり、「 ずーっと子育てをしている」という感覚に陥ることも。 特に、子供の同級生のお母さんが子育てから開放されている中で、自分はまだ子育ての真っ最中という状況は、いつまでも子育てに追われているという思いを抱かせるでしょう。 関連記事: 子供が2人以上いることの5つのメリット (1)子供同士の関わりがある 日常的に子供同士の関わりがあり、そこで仲良くすることの大切さ、優しくしてもらうことのうれしさを学んでいきます。 これは、 学校や社会に出てから大切になる気持ちです。 (2)けんかができる 子供同士でけんかができます。 けんかをすることで、相手がどんな気持ちになるのかが分かります。 また、痛みをもとに、 叩く強さの加減についても考えていけるようにもなります。 (3)勉強を教えたり、教わったりできる 勉強が分からなかった場合には、自然に聞く、教えるという関係ができてきます。 (4)家族としての責任感が高まる 一人ひとりに家の中にある仕事を分担させることにより、家族としての責任を子供のうちから体験できます。 これは一人っ子でもできることではありますが、2人以上だと お互いの見る目があるのでより責任感が高まります。 (5)相手に気を配れるようになる 協調性や思いやり、我慢強さが育ちます。 また、夫婦のやりとりをよく見て学ぶ中で、自然と相手に気を配ることを覚えていくようです。 だからこそ、夫婦の関係が重要にもなってきます。 関連記事: 子供が2人以上いることのデメリット4つ (1)自分の時間がなくなる 子供が増えることで当然子育ての負担が増し、そこに取られる時間も伸びていきます。 自分のことに使うための時間も確保できないため、キレイなお母さんでいることは難しくなる傾向に。 子育てに追われていない周りの女性と比べて、 老けていっているという印象を持つことも少なくないようです。 (2)夫の協力が減る 1人目の子供の場合、初めての子育てということもあって旦那さんの協力も手厚くなる傾向にあります。 しかし、2人目ともなると慣れが出てくるのか、 旦那さんの子育てに対する協力が薄まっていくこともあるようです。 しかも人数が増えたことでママがやらなければならないことは増えているわけですから、余計に負担が増すという結果に。 2人以上子供を産んで育てていくためには、夫への教育も必要になってくると言えるでしょう。 (3)子供の扱いに差が出てしまう 一人っ子は甘やかされて育てられると言われますが、子供が2人以上になると、すべての子供に同じように接することが難しくなってきます。 当然下の子の方が手がかかりますので、上の子への対応が雑になってしまいがち。 子供2人が並んでわがままを言っていれば、「お兄ちゃん(お姉ちゃん)だから我慢しなさい」と 上の子に我慢させてしまうこともあるはずです。 反対に、慎重に子育てしていた上の子と違い、下の子の子育ては雑だったということもあるのではないでしょうか。 いずれにしても、子供たちに寂しい思いをさせないような子育てを心がけたいものですね。 (4)体型が崩れる 子供を産んだ後、体型を戻すのに苦労するママも多いかもしれませんが、これは出産を重ねるごとに大変になっていきます。 1人目のときはなんとか産前の体型に戻せたという人も、2人以上となると体のどこかに手に負えない部分が出てくるようです。 子育てが大変になることで、自分のことに手がかけられないということもあるかもしれません。 関連記事: 2人目の子供を産み育てるために必要なお金 ここでは2人目の子供を産んだときにかかる費用を見てみたいと思います。 子供が増えると、その分この金額が倍々に増えていくことになります。 出産にかかる費用 子供の出産にかかる費用は、一般的に45万円程度と言われています。 これは妊娠中の健診や出産時の入院費用などが含まれます。 3人目の出産から増額されるため、人数が増えるごとに出産時の費用負担は減っていくことになります。 学校にかかる費用 幼稚園や保育園に入ると月3〜5万円の費用がかかります。 この後も進学するにつれ、学校にかかる出費は増えていき、幼稚園から大学まですべて公立の場合で1,000万円、 すべて私立だった場合には2,200万円が必要と言われています。 これは習い事や塾などにかかる費用を除いた金額ですので、教育全般にかかる費用と考えるとこれ以上を覚悟しなければなりません。 幼稚園などで兄弟が同時に入園していると割引があるということもありますが、基本的にこの費用は子供の人数分だけ必要になるものと考えなければなりません。 関連記事: 2人目の子供を産むベストなタイミング 2歳差で産む場合 上の子がイヤイヤ期に入ったタイミングで子供が生まれることになり、非常に大変な子育てを強いられることになります。 上の子の赤ちゃん返りも起きやすいでしょう。 ただし、大変な時期を同時に終わらせることができるため、それさえ乗り越えれば後が楽ということはあるかもしれません。 また、保育園等の就園が2人重なると補助金が増額されるということもあるため、費用の面ではメリットがありそうです。 3歳差で産む場合 上の子が3歳だと比較的成長しており、子供の面倒を見てくれるようになるため子育てが楽になります。 しかし、上の子の高校入学時に下の子が中学入学、上の子が大学受験のときに下の子が高校受験と、 出費や心労のある時期が重なってしまうというデメリットも。 トータルの出費は同じでも、同じ年にまとめて必要になってくると家庭への負担は大きいと言わざるをえません。 4歳差で産む場合 この年齢差があると、兄弟喧嘩も起きにくくなります。 3歳差と違って学校の時期かぶりもないため大きな出費に悩まされることもなくなります。 ただし、幼稚園が重ならないため割引が受けられないということはあるかもしれません。 着るものや育児用品に関しても、お下がりが難しく買い替えが必要ということも多く、そういった出費は増えそうです。 関連記事: 子供が2人いる家庭ならではの育児テクニック お風呂 子供同士の年齢が離れていれば、上の子を1人で入浴させることもできますが、近ければ2人一緒にママが入れてあげなければなりません。 コツとしては、まずママと上の子が一緒に入り、先に体を洗ってしまいます。 このとき下の子は風呂の外で待たせることになりますが、泣きわめいても危険が及ばないような安全な場所で待機させてください。 上の子を浴槽につからせた後、下の子を浴室に連れてきて子供の体を洗います。 その後はママが一緒に下の子と浴槽につかって入浴完了となります。 ポイントは、 浴槽に1人にするのは上の子だけにするということです。 子供部屋 家庭によっては、2人の子供に1つの部屋しか与えられないということもあるでしょう。 そんなときに活躍するのが、 天井に設置できるタイプのベッドです。 宙に浮いた状態となるため、その下の空間を有効に活用することができます。 ベッドの真下に机を置けば、3畳ほどのスペースでベッドと机を設置することができるため、これで6畳の2人部屋ということも可能です。 寝かしつけ ただでさえ大変な子供の寝かしつけ。 下の子がぐずってしまって手に負えないということもあるはずです。 赤ちゃんの背中を少し強めに叩くことで、驚くほど早く眠りについてくれるようになります。 目安は、飲み物でむせたときに自分の胸を叩くぐらいの強さです。 関連記事: まとめ 「子供の出生数」や「2人目の子供を産むタイミング」などについてご紹介してきました。 子供が1人であればたっぷりの愛情を注いであげられますし、たくさんの兄弟がいればにぎやかな中で明るい家庭が築けます。 子供たちの笑顔を見ればどんな大変なことでも乗り越えていけるはず。 周りの意見に振り回されることなく、自分たちの幸せの形を見つけてほしいものですね。 子育てに関する他の記事はこちら:• 子育てに関する他の記事はこちら:.

次の

上原さくらの子供は何人?結婚歴は4回で旦那はブログを運営?大学はどこ?

子供 何人

子供は何人が理想?ベストな人数 少し前までテレビでよく大家族特集がやっていましたが、実際たくさん子供を産むとなると経済面の不安も出てきます。 大学まできちんと出してやれるのか、旦那さんの年収がたくさんある家庭であれば何人子供が居ても安心ですが、ほとんどのご家庭はそうではありません。 また女性は産める年齢も限られてきますから、妊娠の計画は早いうちから旦那さんとしっかり話し合っておくのがベストでしょう。 そこで今回は現在子供が何人いらっしゃるか、また何人が理想かを10人に聞きました。 早く結婚して子供を産みたいと思っていました。 そして子供の人数は2人と決めていました。 理由は1人だと寂しそうだし、3人だとお金がかかるからです。 大家族のテレビを見ていると楽しそうだけど私にたくさんの子供の母親はちょっと無理だと思っていました。 そして結婚してすぐに妊娠。 初めての赤ちゃんに喜んでいたのですが衝撃の事実が!おなかの赤ちゃんが双子だったのです。 順調に妊娠出産を終え、育児が始まりました。 2人の授乳におむつ替え。 ゆっくり寝る間もない毎日に当時の私は疲れ果てていました。 だけど過ぎてしまえば大変だった日々もいい思い出です。 3歳以上歳が離れているほうが小さいころは楽かもしれないけれど、私は双子でよかったと思っています。 もし生まれ変わっても双子のお母さんになりたいです。 みぃこ 30代前半 Aやっぱり二人がいいでしょ! 私の子供は今現在二人います。 結婚前から子供は二人と決めていました。 理由は経済的な理由もありますし、子育ての環境もあります。 二人くらいなら育てられると思いました。 経済的な問題をいうならば、1人が理想なのかもしれません。 でもやはり一人っ子って結構育てるのが難しくて、ついつい可愛がりすぎて我儘な子に育つと聞きます。 だから2人が丁度いいのではないでしょうか?兄弟の年齢の差で育てやすいのは2歳くらいかなと思います。 うちは予定通りいかずに1歳差で子供ができてしまったけど、理想を言うなら2歳差が良かったです。 二人とも大学に行きたいと言ったらどうしようと今からドキドキしています。 ただ子供は完璧な理想通りには行きません。 理想通りじゃなくても愛情をいっぱい持って二人を育てて行きたいです。 きらこ 38歳 A理想は3人、現実は1人です。 現在、1人子供がいます。 正直、1人で良いと思っています。 産むまでは2、3人は欲しいと思っていました。 しかし、妊娠時の壮絶なつわり、出産時の痛み、出産後の寝不足な中での孤独な子育て、などの理由でどうしても2人目を産む気になりませんでした。 周りからは「兄弟がいなくてかわいそう」とか「我がままに育つよ」などと言われますが、あまり気にしていません。 主人とも話し合って、子供が大学を卒業するまでにかかる養育費、その後の自分たちの老後の生活にかかる費用を冷静に考えた結果、我が家の収入では子供を2人、3人と大学まで出す余裕はないかな、ということになり・・。 でも、近所に両親が住んでいる(たまに子育てを手伝ってくれる)、収入がもう少し多い、など条件が良ければ3人くらい育ててみたかったです。 周りを見ていると、子だくさんのご家庭は苦労もありそうですが、その分、幸せも倍のような感じがしますし。 私が小さい頃は2歳差の兄弟が多かったですが、最近は3歳差の兄弟が多い気がします。 2歳差では年が近すぎて大変過ぎる感じがしますし、3歳差くらいが育てやすそうだなと感じています。 ただ、3歳差兄弟、中学入学、高校入学、大学入学などがかぶってしまうことがあり、経済的な面だけは注意が必要と聞いたことがあります。 けえいち 30歳 A子供について 現在、子供は男の子が1人いて、妻が2人目を妊娠中です。 子供の数については、結婚当初に夫婦で話し合いをしており、「2人にしよう」という結論になりました。 理由としては、私は一人っ子なので、兄弟というものに対して、憧れがあるため、一人っ子は嫌だなあと漠然と考えておりました。 妻は、3人姉妹の長女として育ったことから、一人っ子にしようという考えは、あまりなかったようです。 このため、複数の子供を持とうと言う考えは夫婦揃っており、いざ、何人にしようか?という点では、経済的な問題を考えると、「2人が限界かな?」と言う結論に落ち着きました。 経済的な理由がなかったとしても、私が転勤のある仕事のため、実家、義実家に上の子を預けるといった、支援が受けにくい環境のため、やはり、「2人が限界」という結論になったかと思います。 みすず 30代前半 A2歳差仲良し兄弟 2人子どもがいます。 なるべく年が離れていないようにしたくて、でも年子は大変そうだなと思って2歳差で産みました。 下の子との会話が成り立つようになってからは2人で遊ぶのが楽しいようでいつも一緒に遊んでくれていて助かっています。 ただ、学用品などは年が近すぎておさがりできない物も多く、使用期間は短いのに2つある物もあって、無駄を感じてしまうこともあります。 私は子どもは2人でいいと思っているのですが、夫は嵐のように2人の育児が終わってしまって寂しく思っているのか、もう一人いてもいいな。 ゆっくり赤ちゃんの頃から育てていけるし。 と今更3人計画を出してきて、今話し合いの最中です。 夫の感じる寂しさは理解できるのでこれから細かいところまで話し合いをしようと思っています。 もみじ 40歳 A年子のほうがいいのかな 子供は二人います。 年齢差は4歳で、上が男の子で、下が女の子です。 赤ちゃんのいる生活が思ったより大変で、二人目まで間があいてしまいましたが、今になると、年子のほうが、あとあと楽なのかな、と感じています。 子育て期間がパーッと集中して過ぎてしまうことと、年齢差がないほうが、親が相手をしなくても、子供同士で遊び相手になって遊んでくれるだろうからです。 それから、今、下の子が行きたい場所(動物園や水族館やアスレチックなど)は、上の子がつまんない、と言いますし、年齢が近ければこんなことは起こりませんものね。 実際、年子の男の子二人を持つママさんは、子供同士で遊んでくれているから、楽だよーとおっしゃっていましたし。 パンジー 40代前半 A体力・経済力を考えて 我が家には子供が2人います。 年齢差は4つ違いです。 2人目の子供をどのタイミングで作るかは随分考えました。 まず、年子だと母体に負担がかかるのではないかと思い見送りました。 2つ違いでもまだまだ上の子の世話に手がかかる時期だったためパス。 3つ違いだと将来、中・高・大学への進学が兄弟でかぶってしまうことになり、家計の面で教育費を工面するのが大変だと思いパス。 5つ以上離れてしまうと私の年齢的にも厳しく、また産道もすっかり元に戻ってまた初産時のようにお産に時間がかかると思ったのでパス。 といったわけで4つ違いで産むことにしました。 上の子も簡単なお手伝いならできるようになっていたので、私の方でも余裕をもって生まれたばかりの下の子の世話をすることができました。 mhky 40代前半 A兄弟間の年齢差は3歳~4歳がベター 現在、2人の子持ちです。 子供たちも年齢は上が6歳、下が3歳の女の子です。 一人っ子だと子供がかわいそうだと思いましたので2人兄弟が丁度良いと思っております。 3人育てるには経済的な事情や子育てを経験してその大変さを身に染みて分かっている人間としては3人目の子育てができないと思い、2人が丁度良いと考えます。 兄弟の年齢差ですが、経験と周りの子供を持つ親を見ていますと3歳~4歳差くらいが丁度良いのではないでしょうか。 理由としては、子供の各種行事や子育てのタイミングは丁度良いと感じるからです。 まず3歳になるとかなり子育てが楽になりますので、下の子供が生まれたら下の子供面倒を見やすくなります。 もちろん上の子にも愛情が注ぎながらですが。 また上の子が小学校入学のタイミングで下の子供の幼稚園入園になり、同じ幼稚園に行くなら、制服や幼稚園の持ち物が入れ替わりで利用できるという経済的理由からも3歳~4歳差くらいでベターではないかと思います。 さおり 30代後半 A三歳差の兄弟の子育てはそれほど大変ではないです 我が家には二人の子供がおり、年齢は三歳差です。 私自身は二歳差の兄弟が一人おり、子供の頃の周りの友達は二歳差の兄弟が多かった記憶があります。 しかしいざ自分が第一子を出産してみると、育児は想像以上に大変で、出産して二年間くらいは二人目のことなど考えられなかったのが正直な気持ちです。 子供が二歳を過ぎてそろそろ二人目が欲しいと思い始めた頃にありがたく授かれたので、兄弟の年の差は三歳差となりました。 三歳差は子供の入学、卒業が重なったりで大変だとよく言われますが、金銭的には計画的にやっていけばさほど苦労は変わらないと思います。 また、今のところ子供二人はかなり仲が良いので、二人産んで本当に良かったと思っています。 三人目に憧れることもありますが、助けてくれる親もおらず、体力的にも厳しいため我が家は二人で満足しています。 SAN 30代後半 A兄弟ほしかったけど・・・ 7歳の男の子が一人います。 30代前半で生んだので、2~3歳差で兄弟がほしいと思っていました。 しかし、子どもがとにかく寝ない子で育児にヘトヘト。 そして、1歳過ぎに夫が単身赴任になり一人で育児をしなければいけなかったのもあり、ずるずると年を重ね今や子どもは7歳。 私はもう一歩で40歳というところまできてしまい、諦めて一人っ子決定です。 周りを見ていると、2~3歳差くらいだと、小さいころはすごく大変だけど、兄弟姉妹で遊べるのでほほえましく感じ羨ましいな~と思います。 また5歳ほど離れていると、上の子が下の子のお世話をよくしていて、ママが助かることもありそうです。 さらに7~8歳以上離れると完全にママの代わりが出来て、場合によっては赤ちゃんと留守番なども頼めるようです。 いずれにしてもうちは無理なので兄弟の姿をいつも眩しく見ています。

次の