クロームブック デメリット。 What Is a Chromebook?

Chromebookのメリットとデメリット

クロームブック デメリット

WindowsとかMacとか、どれ買えばいいか迷いますよね 「パソコン買おうと思ってるけど、OSとかどれ選ぶべきかわからない!」 そんな気持ち、よくわかります。 いろいろありすぎて迷いますよね。 それぞれ何がどんな人に向いてるかよくわからないですし。 当然、人によって向いてるOSや向いてないOSがあるわけです。 でも、実際自分に向いてるものなんてわかりませんよね。 フリーソフトなどで使えるPCソフトが多い• 性能に対して価格が安い• フォルダ構成がわかりやすい、使いやすい Windowsの良いところは上の通り。 できること多くて、安くて、フォルダ構成わかりやすい。 仕事にも使いやすいのがWindowsです。 フリーソフトなどで使えるPCソフトが多い まずフリーソフトなどで、使えるPCソフトが多いんですよね。 仕事用だと特に。 これはWindowsが普及率めちゃくちゃ高いというのが理由ですが、Macよりも多くのソフトが使えます。 わかりやすいところだと画像の縮小ソフトですね。 検索すると数多くのフリーソフトがあり、用途に合わせて選ぶことができます。 会社の業務で 「こういう作業したいけど、丁度いいソフトはないもんか…?」なんて時にすぐ使えるソフト見つけることができるのがいいですね。 性能に対して価格が安い WindowsのPCはメモリやCPUの性能に対して、Macよりも価格がかなりお安め。 というよりApple製品が高いとも言えますが…とはいえWindowsのPCは性能を高いものにしてもかなり安く買うことができます。 例えば僕のデスクトップは アップデートは自動にしておくと、作業中に再起動したりするので要注意 Windowsのデメリットと言えばコレ。 バグやアップデート、多いですよね… しかもアップデート始まると時間かなりかかったりするという。 まぁ色んな場所で使われていて、ハードウェアも色んな会社から出てるので仕方ないという気もします。 microsoftからしてもすべてのハードウェアや使い方に対応するのは難しいですし。 アップデートで解決してくれるってだけでありがたいといえるかも。 とはいえひと昔前によくあったブルースクリーンなんかはほぼ見なくなりましたね。 そう考えればこのバグが多いっていうのもそこまでデメリットとは言えないかもしれません。 おすすめのWindowsPC:デスクトップならパソコン工房で組む• Macbookのタッチパッドが超使いやすい• iPhoneやタブレットとの連携がスマート• お洒落、値崩れしにくく売りやすい Macのメリットは上の通り。 デバイスとして優秀なことや、AppleがiPhoneなども作っていることによるデバイス間連携のスマートさはWindowsをかなり上回っています。 また持っていてお洒落だし、値段が崩れにくいのもいいですね。 Macbookのタッチパッドが超使いやすい Macというか、Macbookのメリットといえばこれでしょう。 タッチパッド性能の高さ! 正直WindowsのノートPCとは比べ物になりません。 マウスなんていらないくらい操作性が良いです。 これはAppleがソフト・ハード両方製造してるからこそ可能なんですよね。 ソフトウェアとハードウェアの一体感があればこそ、あのタッチパッドの快適な操作性があるわけで。 Windowsみたいに色んなメーカーがPC出してる状態だと、Macbookの快適な使い心地にはならないんだと思います。 僕もWindowsのノートPC使ってたことありますが、やっぱりMacbookにはかないませんね。 反応の良さが違うんですよ、指の本数で変わる操作も遅延とかまったくないし。 iPhoneやタブレットとの連携がスマート Appleの強みはMac-iPhone-iPad間の連携がとてもスマートなこと。 これはメーカーが統一されていることの強さですね。 例えばスマホで撮った写真をパソコンに入れたい時、Windowsだと有線で繋ぐorクラウドにアップしてダウンロードという手順が必要になります。 たまたまケーブル持ってなかったらできないし、クラウド経由するのは結構面倒ですよね。 しかしMacとiPhoneなら、Airdropによりデバイス間で通信が可能です!つまりケーブルやクラウド経由させる手間が無い! iPhoneで撮った写真をその場ですぐMacに送り、ブログを更新することだって簡単にできちゃいます。 この点もあり、ブロガーでMacbook使ってる人多いのかも。 マウスいらないという点も含めて。 お洒落、値崩れしにくく売りやすい 機能面ではありませんが、Macの良さはそのデザイン。 カフェとよく合いますよね。 正直僕がMacbook air買ったのも「洒落てて使うときテンション上がりそうじゃん」と思ったから。 実際謎の優越感 ? みたいのはあります、使ってると。 良いものは使ってるだけでいい気分になれる…! またそのデザインの高さやお洒落さゆえか、Macbookなどは値崩れしにくいです。 型落ちして何年かたっても、そこそこの値段で売れたりするんですよね。 それこそメルカリとか。 ちなみに僕が使ってたMacbook airもヤフオクで落札したやつでした。 だから多少値段張ったとしても、売るときそこそこ値段作って考えればあまり価格気にしなくていいのかも。 パソコンって買い替えていくものですしね。 Windowsと同じ性能で組もうとすると、5万円くらい変わってきます。 例えば上の構成だと、僕のデスクトップとほぼ性能同じですが 164,800円 税別。 しかもCPUはCore i5なので、その分パワーは落ちてきます。 ディスプレイが付いてるとはいえ、今どきディスプレイは1~2万円で買えますしね。 まあ売値が落ちにくいので、最終的な価格差はトントンになりそうですが初期費用がかなり高くつきます。 ホントにApple製品は高級品…僕みたいな零細フリーランスにはちょっとお高いです。 おすすめのMac:とりあえずMacbook air買っておけばいいと思う Windowsと同じく用途によりますが、基本的にMacbook air買っておけばいいんじゃないかと。 実はMacbook air買う前にMacbook pro持ってたんですけど、正直持て余したので売っちゃいました。 その売ったお金でMacbook air買って使ってたわけですが、正直airでもそこまで作業に困りませんでしたね。 Photoshopだってちょい重めでしたけど作業できましたし。 ただし動画編集とかやりたいなら、imacやmac proにしておきましょう。 これはMac云々ではなく、重めの作業はデスクトップ系の方がずっと快適だからです。 macbook proでもやれないことはないですけどね。 動画のエンコードとかめっちゃ時間かかりますよ。 Chromebook OS のメリット・デメリット• 価格が安い、その割にそこそこ使える• 動作が軽い、年数経っても重くなりにくい• デバイスの同期や使い方がカンタン WindowsやMacとは異なる方向性、それがChromebook OS。 ブラウザベースのOSで、重めの作業などができない代わりにコスパ・動作の軽さで勝っています。 同期がとても簡単なのもいいですね。 母艦として使うには頼りないですが、簡単な作業やネットブラウジングに使うくらいならとても重宝するヤツです。 価格が安い、その割にそこそこ使える Chromebook OS 、基本的にデバイスの価格が安いです。 3~4万円でちゃんとつかえるやつが手に入ります、このコスパはかなり魅力的! 僕が使ってるC101PAは約4万円ですが、• 重量1㎏以下 890g• バッテリー駆動時間9時間• メモリ4GB とそこそこのスペック。 後述しますができることが少ないので、メモリ4GBでも大丈夫です。 ホントに仕事とかではなく、家で検索用なんかに使うにはこれで十分。 ブログ執筆だって問題なくできます。 画像編集のChromeアプリもありますし。 フツーに使えるノートPC型デバイスという点では、Chromebook OS は他OSより優秀です。 動作が軽い、年数経っても重くなりにくい Chromebook OS の魅力は、その動作の軽さ!しかも年数経っても重くなりにくいんです。 もともとできること減らしたOSですから、求められる負荷が少ないんですよね。 数年前のChromebookを使っているブロガーも、未だにサクサク使えることに驚いていました。 WindowsやMacって、型落ちして数年たったデバイスは動作だんだん重くなってきますからね。 OSが進化すると、その性能にハードウェアがついていけない感じ。 Chromebook OS はそんなこともなく、長い間サクサク使えるのが魅力であり強みです。 デバイスの同期や使い方がカンタン Chromebook OS は基本がブラウザベース。 そのため、デバイスの同期や使い方がとても簡単です。 Googleのアカウントに紐づけることさえできれば、メールやドライブをすぐに新しい環境で使うことができます。 MacはともかくWindowsはデバイスの引継ぎ大変ですからね… そして複雑なことができない分、使い方もカンタン。 パソコン苦手って人でもすぐに使えるようになります。 僕の母親は家でMacbook使ってますけど、正直Chromebook OS の方が良かったんじゃないかな…て思ってますね。 基本的にすることはブラウジングですし。 Chromebook OS のデメリット:WindowsやMacに比べできることが少ない デスクトップクラウド使えば、Windowsを使うことはできますが… Chromebook OS 最大の弱点はこれ、他OSに比べできることが圧倒的に少ないです。 まぁ根本の仕組みが違うから仕方ないんですが。 Chromebook OS ってブラウザメインですから、ダウンロードして使うソフトはあまり使えません。 一応Chromeアプリも増えてきましたけど、WindowsやMacには敵いませんね。 一応ネット経由でデスクトップクラウド 仮想デスクトップ を使えば、Windowsとかも操作できます。 ただそれって他のOSもフツーにできること。 決してChromebook OS の強みではありません。 またネットが繋がってない状態だと、メモ取るくらいの用途にしか使えないのもつらい。 プログラミングや動画編集なんかやりたい人にはChromebook OS は向いてないです。 そういう「重めの作業」やりたい人はWindowsかMacにしておきましょう。 おすすめのChromebook:ASUS C101PA クロームブックのおすすめは間違いなくC101PA! 軽くてバッテリー長持ちでコンパクト、かなり使いやすいです。 僕はこの先代のC100PA使ってましたが、今は買い替えてC101PA使ってます。 ほぼ同じモデルを使い続けるくらい、このクロームブックを気に入ってるわけです。 他はなぜか必要以上に重かったりデカかったり…なぜなのか。 「デカい画面のやつがいい!」みたいなこだわり無いのであれば、このC101PAを買っておけば間違いないです。 最適解です。 僕は動画編集やるためにPC買い替えたんですが、Windowsにして正解でした。 性能も申し分ないですし、お値段も納得のいく値段。 作業しててもほぼ困ったことはありません。 仕事で使う人も、特にこだわりなければWindowsが良いと思います。 世界中の仕事場でWindowsが使われてるのも、その証拠ですね。 なんといってもタッチパッドが優秀ですからね。 カフェとか、ちょっとテーブル狭い環境でも快適に作業することができます。 見た目もオシャレでテンション上がりますし。 フリーランスの人がMacbook使う率高いのも、そのデザイン性や作業のしやすさが理由だと思います。 あなたがフリーランスならMacbookがいいかも。 そんなあなたにはChromebookがオススメ。 値段も安いし。 ぶっちゃけ家で作業とかするわけでなく、Youtubeとか見られればいいよ~~なんて人はWindowsとかMacである必要性ってないんですよね。 できること多い分、設定や使い方で躓いちゃったりも多いみたいですし。 それに今の時代、ネット経由でできることの幅もどんどん広がっています。 ブログ執筆はもちろん、画像編集や音楽 spotifyとか もChromebookで事足ります。 できないことといえば動画編集やプログラミングとかくらい。 そう考えたら、世の中の大半の人はChromebook OS が丁度いいんじゃないかと。 どのOSも一長一短あるので、どれが正解ということはありません。 自分の使用用途や目的に合わせて買うのが一番なんですよね。 ネットサーフィンメインなのにデスクトップPC買っても持て余しますし、動画編集やりたいのにChromebook買っても意味がありません。 Windowsを母艦としつつ、外出時はChromebookを利用するという感じ。 攻守揃っていて一番オススメ。 外から自宅のWindowsをリモート操作することもできますし。 今パソコン何買うか迷っている方、ぜひこの記事を参考に 「自分に合うデバイス」を選んでみてください。

次の

Chromebookのメリットとデメリット [Chromeの使い方] All About

クロームブック デメリット

2011年からChromebookは存在していましたが、その特殊なオペレーティングシステム(OS)のせいなのか、これまであまりスポットが当たってなかったように思います。 【デスクトップ・ノートPCのオペレーティングシステムシェア】 OSの種類 世界シェア Windows 88. (宣伝も大々的になってきたというのもありますが・・・) ・Webブラウザひとつでやりたいことが完結するGoogleサービスが充実してきた ・若い世代にはスマホライクなサクサク軽快な動作が好まれる ・Windowsパソコンに比べて価格が比較的安い ・セキュリティ対策が不要 で手間いらず 注:データ保管は基本Googleドライブというクラウドストレージを利用し、Google側が管理する Webライターなど、ドキュメントのやり取りがメインのビジネスマンや、インターネット閲覧、Youtube視聴やSNSがメインの個人ユーザーには十分価値があるパソコンになっています。 僕は職業柄パソコン業界に詳しい方です。 僕が所有するパソコンはWindows OSのノートパソコンですが、ここ最近はChromebookのシンプルで手間がかからず軽快な動きの「Chrome OS」ノートパソコンに興味を惹かれるようになり、家族と共有の2台目として一気に候補に挙がってきました! そんなChromebookについて、基本的なところから説明し魅力を伝えてみたいと思います。 特にWindowsマシン、Mac BookやiPadと比べてのメリットとデメリットについてしっかりと覚えてください! Google Chrome画面 ChromeはGoogleのサービス(カレンダーやメール、Officeソフトなど)に最適化されたブラウザであり、Microsoft Edgeなど他のWebブラウザよりも軽快に動作することで知られています。 ノート、デスクトップパソコンのブラウザとしては、2019年の 世界シェア圧倒的No. Chrome Bookとその他のパソコンとの大きな違い メリット編) 見た目は他のノートパソコンと大差ありませんが、中身は大きく違います。 ここではChromebook独自のシステムがもたらすメリットについて触れます。 ファイルシステムは基本Googleドライブ パソコン本体のデータ保存容量はおおむね32GB~64GB程度しかなく、基本的にデータの保管はGoogleドライブという クラウドストレージサービスを利用することになります。 ユーザーでのウィルス対策が不要 前述のように、データはGoogleドライブ上で管理されるためセキュリティはGoogleが担うことになり、 ユーザー側でのセキュリティ対策は基本不要です。 この手間が無いのはかなり大きいですね。 もちろん画面のぞき見防止のフィルターなどは個人で対応しなければいけません。 起動時間が圧倒的に早く動作が軽快 Chromebookは、電源ONからパソコンが利用可能な状態に立ち上がるまでの 起動時間が6~10秒程度と高速であることを大きな特徴としてアピールしています。 ちなみに従来から高速になったと言われるWindows 10でも、シャットダウン状態から10秒以内にOSが立ち上がることはないです。 さらにシステムアップグレードやアプリの追加などで起動時間が伸びていきます。 また、Chromebookは内部に余計なファイルシステムを持たないので、OSがバックグラウンドでファイル検索用Indexを付与したり、ウィルススキャンが走ったりしないので 動作が常に軽快であるというのも特徴的です。 クルマに例えるなら、 Windows10ノートPCはハイブリッドミニバン、Chromebookは小型電気自動車といったところでしょうか。 また、たとえば家族でGoogleアカウントを複数持っていれば、 1台のChromebookで都度家族専用の設定に切り替えることができます。 そして、その1台のChromebookは自分のChromebookでなくてもいいんです。 もし全国各地に共用のChromebookが設置されまくったら・・・、Googleアカウントさえ持っていれば全国各地であなたのパソコンのように使えるということです。 しかもセキュリティの心配もなく。 Googleはこれを狙っているのでしょう。 究極は全世界のスマホやパソコン、いわば個人データをGoogleの管理下におく。 Googleドライブ内の大量のデータからユーザーの行動や趣向を分析し、的確な広告を打ったり、新たなサービス開発への参考情報にしたりと経営のかじ取りに使う(すでにそうしてると思いますが)。 そりゃあ宣伝にも力が入りますね。 価格が安い Chromebookを日本市場で一般向けに販売しているメーカーは、2020年2月時点で ・Acer、ASUSの台湾系 ・アメリカのHP(ヒューレットパッカード) ・中国のLenovo のみとなっています。 サイズは10. 1インチクラス~15インチクラスまでありますが、 基本価格は10万円以下とWindowsパソコンやMacbookに比べると安いです。 最安クラスになると3万円台~となっており、高くても8万円以下くらいになります。 WindowsやMacにこだわらない、軽い作業を行うだけのユーザーであれば コストパフォーマンスは高いと考えます。 Chromebookとその他のパソコンとの大きな違い デメリット編) もちろん良いところばかりではありません。 ここではChromebookのデメリットと呼べる部分について述べたいと思います。 物理的な接続でプリンターを動かせない Chromebookから有線接続でプリンターから印刷ができません。 基本的にはGoogleクラウドプリント対応のプリンターでWi-Fiでの無線通信でプリンター出力する形になります。 一応、Googleクラウド対応でないWi-Fi対応のプリンターでも出力可能ではありますが、そのためにはをする必要があります。 基本的にGoogleドライブというクラウドストレージを使用する前提で考えられているため仕方ないですが、多くの画像や動画データをあえて本体に持っていたい(オフラインで使用)というような場合ではデメリットと言えるかもしれません。 現時点ハードの選択肢が狭い これもすでに述べましたが、Windowsパソコンに比べると販売しているメーカーが限られており、ラインナップも少ないため、デザインの選択肢は多いとは言えません。 また凝ったデザインが少なく、オーソドックスな物が多いので、ちょっと主張したい人には物足りないかもしれませんね。 マニアックな作業には向かない場合も イラスト作成や本格的な画像加工、動画編集などの重たい作業には向いていないと思います。 搭載するCPUで特別グラフィック処理に適したものもなく、グラフィック処理用のユニット(GPU)が搭載されているわけではありませんし、メモリ容量も4~8GBということであくまでGoogleのアプリで対応できる範囲の作業しかできないです。 もちろんフォートナイトなどの FPSゲームやレーシングゲーム、アクションゲームを快適に遊ぶためにはスペックが圧倒的に不足しているので、ゲームは無理と思っていいでしょう。 Chromebookに向いているユーザー層 どんな人がChromebookに向いているんでしょうか? 個人的に思う想定ユーザー層は、 ・ライター業、ブロガー ・ドキュメント作成やSNS、Youtube動画視聴など軽作業メイン ・Googleのサービスを安価に効果的に使い切りたい といった層ではないでしょうか? 家族共有のエンタメ用パソコン、ビジネス用途に格安で複数台購入するのは全然アリだと思います。 今後はインターネット環境はより高速に、より広範囲になっていくことが想定され、副業含めた在宅ワークの初期投資とランニングコストを抑えるという観点から利用者は増えていくように感じています。 さらに低価格・高速動作・セキュリティの手間いらずというメリットから教育分野でも導入が増えていっているので、各地の学校で導入が進めば一気に普及しそうな勢いも・・・。 Chrome OS製品の自動更新について Chromebookを含むGoogle Chromeデバイスは、GoogleによってOS、Webブラウザ、パソコン自体の機能更新が自動で行われます。 ただし、使用するパソコンによって更新サポート期限が設けられているので注意しましょう。 2020年以降に投入される機種は、機種によって7~8年の更新サポートが受けられます。 基本的には、サポート期限が過ぎれば買い替えるというのが無難だと思います。 買い替えても、Googleアカウントで以前のパソコンの設定で使えて、クラウド上のデータにも即アクセスできます。 自動更新サポート期限については、に機種ごとの自動更新有効期限が表示されています。

次の

Chromebook(クロームブック)とは?できることやメリット、デメリットを簡単にまとめる

クロームブック デメリット

もくじ• クロームブックとは ?ラップトップが主流だけどタブレットも そもそもクロームブックとはどんなパソコンのことを言っているんでしょうか? クロームブックとはそのネーミングの通り、GoogleのChrome OSを使用しています。 つまりグーグルクロームのブラウザにいくつかの機能を追加したものです。 なのでスマホで言えばAndroid、アプリはGoogle Playストアからインストール可能です。 クロームブックのメリットは何もかもがシンプルなこと! ウイルス対策やアップデートが自動に行われてラク、画面立ち上げやファイル読み込みがとっても早くてすぐ作業に取りかかることができる、保存したいデータはGoogle Driveにどんどん送ればいい、スマホのようにタッチスクリーンにも対応している等、軽くて機能がシンプルで作業がラク!というのがクロームブックの特徴です。 クロームブックの評判は?デメリットと感じる人も クロームブックの評判はメリットばかりではありません。 人によってはクロームブックの手軽さがデメリットに感じられる人もいます。 クロームブックは一般的にいってパソコンの機能の中でも必要最低限のものができると考えていいです。 例えばウェブを見る、メールのやりとりをする、基本的な文書を作る、等です。 なのでもっと複雑で高度な作業をパソコンで行いたいという人にはクロームブックは向きません。 また、クロームブックはオンライン上にデータを保存するのでセキュリティ的に不安を感じる人はやめておく方がよいと思います。 あとオフラインでパソコンを使うことの方が多い人もクロームブックのメリットを活かしきれないかもしれません。 クロームブックの特徴をメリットと捉えるかデメリットと捉えるかは、使う人の目的や使い方によると言えますね。 クロームブックの価格はどれくらい? クロームブックの価格は、モデルの新旧や機能の多さ、大きさや重量などにより様々ですが、だいたい3万円〜6万円ぐらいのものが多いようです。 クロームブックはアップデートやセキュリティが自動で行われるのが便利なのですが、4〜5年くらいたつとどちらも終了してしまい、新しいパソコンを購入し直すか自分で対策をすることになります。 なので価格の高いものは魅力的み見えるのですが、だいたい4〜5年ごとにパソコンを買い換えることを頭において、購入価格を決めていくことが大切だと思います。 クロームブックの最新おすすめは?ASUS・Lenovo・HP クロームブックは毎年のように最新型が発売されます。 クロームブックで有名なのはASUS、Lenovo、HPです。 それぞれで最新のおすすめのものを紹介しますね。 どれも14型です。 ASUS Chromebook Flip C434TA-AI0115 Lenovo Chromebook S330 81JW0010JE HP Chromebook x360 14-da0008TU 8EC11PA-AAAA パソコンの機能は詳しい人でないとなかなか分かりづらいものですが、パソコン機能とモデルの新旧で価格は左右されます。 最新のものでなくても、クロームブックの使い方によって以前のモデルで十分ということはよくあります。 ネットの口コミを読んだり、量販店の店員から顧客の評判を聞いたりして自分にピッタリなパソコンを選んでいきたいですね。

次の