娘の友達 ホラー。 【娘の友達が7/16まで無料】まんが王国|無料で漫画(コミック)を試し読み[巻](作者:萩原あさ美)

娘の友達【4巻ネタバレ】娘の家出…毒親に関係がバレる主人公…修羅場へ!?

娘の友達 ホラー

『娘の友達』が炎上して連載中止になったって本当!? まず、『娘の友達』は多少の炎上こそあったものの、 連載中止にはなっていません。 現在もコミックDAYSにて大好評連載中です。 ではなぜ『娘の友達』は炎上してしまったのでしょうか? そもそも『娘の友達』はそのタイトル通り、中年のサラリーマン・晃介と、高校生であるその娘の友達・古都が 秘密の関係になるというストーリーです。 この『娘の友達』の宣伝を講談社の「モーニング」公式アカウントがツイートしたところ、 一部の人たちから批判のツイートが寄せられました。 家庭では父親として、会社では係長として、理想的な自分を演じるように生きてきた主人公・晃介。 だが、娘の友達である少女・古都との出会いにより、人生は180度変化する。 彼女の前では本物の自分でいられた。 すり減った心は癒されていった。 — モーニング公式 morningmanga 批判の内容としてはやはり「性的搾取」「犯罪教唆だ」といったものが多く、「連載中止」を求める声もありました。 確かに中年男性が女子高生と親しい関係になることは世間一般的には許されるものではなく、広告動画内でも古都が「(男にとって)都合のいい女」のように描かれているのは事実です。 最近の風潮からして炎上する要素を孕んでいる広告になってしまっています。 『モーニング』が青年向け雑誌であることも理由の一つでしょう。 しかし、実際には『娘の友達』は簡単に 中年サラリーマンと女子高生が結ばれるような話ではありません。 エロ要素もほとんどなし。 そういう意味では広告でミスリードしているとも言えるのですが、そんな 誰もが想像するようなストーリーではないことが意外性となり、作品の魅力の一つとなっています。 批判している人が作品を読んでいないことがバレバレになり、炎上騒動により作品の知名度も上がるという皮肉な結果となってしまったのでした。 『娘の友達』は怖い?ホラー作品? 『娘の友達』を読んだ人からは「 怖い」といった感想がよく聞かれます。 さて、『娘の友達』はなぜ「怖い」のでしょうか? やはり一番大きいのは娘の友達・古都の 心情がまったくわからないところでしょう。 主人公・晃介の心情についての描写は多いのですが、古都はどのような心情で行動を起こしているのかが不明なのです。 一応古都の家庭環境などについては描かれており、そこから推測はできても確定はできません。 男としては美少女に迫られるという夢のような状況とはいえ、相手は娘の友達というどう考えても世間一般的には許されない相手。 しかも晃介は妻と死別しており、会社では中間管理職として心労が重なり、家に帰っても不登校の娘がいるというかなり 悲惨な立場に置かれているのです。 こんな状況で美少女に迫られるということ自体が男にとってはホラーでしょう。 手を出したら最悪逮捕まであります。 」というフランス語のサブタイトルが付いています。 日本語にすると「 ファム・ファタールの大きな秘密」という意味です。 「ファム・ファタール」は「運命の女」という意味ですが、「(男を破滅させるような)魔性の女」という意味もあります。 不穏な要素しかありませんね 笑。 「サイコホラー」のような「怖さ」のある作品です。 『娘の友達』は設定の絶妙さだけでなく、単純に漫画としての完成度が高いです。 女性らしい儚げな画風も作品の雰囲気に合っており、ストーリーのテンポも今のところかなりいいです。 本作は週刊連載であり、単行本の発売ペースが早いのもありがたい点。 だいたい3か月に1冊のペースで新刊が発売されます。 『娘の友達』を一気に読むなら以下のサイトをおススメします。 『娘の友達』を読むならeBookJapanがおススメ! は日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あの ヤフー株式会社が運営するサービスです。 ebookjapanでは初回ログインで 50%OFFクーポンが貰えます。 購入金額 税込 の50%分 最大500円分 が値引きされるクーポンです。 初回ログインから 60日後まで有効で、期限内であれば、 6回までの購入に使用可能なお得なクーポンとなっています。 eBookJapanは他の電子書籍サイトと違って「背表紙機能」があるのも特徴です。 さらに 2000冊以上もの漫画が無料で読み放題となっています。 ヤフープレミアム会員ならポイントの還元率が上がるというメリットもあります。 eBookJapanで『娘の友達』を読みましょう!試し読みもできます。

次の

【娘の友達が7/16まで無料】まんが王国|無料で漫画(コミック)を試し読み[巻](作者:萩原あさ美)

娘の友達 ホラー

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。 若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、その家にいまどき黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。 その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と、窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。 翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかり。 そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間に彼は鼻から血を流しながら豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。 人種差別をテーマにした映画『ゲット・アウト』。 コメディアンであるジョーダン・ピールが初監督で挑む異色のホラー作品です。 赤ん坊を死産して悲嘆に暮れるケイト(ヴェラ・ファーミガ)とジョン(ピーター・サースガード)。 何とか普通の生活に戻ろうと必死の夫婦は、養子を迎えることを決意する。 そして訪れた地元の児童養護施設で、2人は1人の少女と出会う。 彼女の名はエスター。 エスターを養子として迎え入れ、幸せな生活が始まると信じていたケイトとジョンだが、彼らの身の回りで謎めいた事件が起こり始める。 孤児院の少女を養子に迎え入れた夫婦が、その日以来奇妙な出来事に遭遇する恐怖を描くサスペンス・ホラー。 実子を流産で亡くしたことへのトラウマと謎めいた養女に苦しめられる夫婦の姿を追う。 グラハム家の祖母・エレンが亡くなった。 娘のアニーは、過去の出来事がきっかけで母に愛憎入り交じる感情を抱いていたが、家族とともに粛々と葬儀を行う。 エレンの遺品が入った箱には、「私を憎まないで」というメモが挟んであった。 アニーと夫・スティーヴン、高校生の息子・ピーター、そして人付き合いが苦手な娘・チャーリーは家族を亡くした喪失感を乗り越えようとするが、奇妙な出来事がグラハム家に頻発。 やがて最悪な出来事が起こり、一家は修復不能なまでに崩壊。 現代ホラーの頂点と批評家から最高の評価を受け、トラウマ級の恐怖で全米を震撼させた本作。 『シックス・センス』『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレットを主演に迎え、本作の監督・脚本を務めたのは、本作で長編映画監督デビューしたアリ・アスター。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。 相次ぐ児童失踪事件。 内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。 しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。 スティーブン・キングの代表作の1つで、1990年にはテレビドラマ化された「IT」を、新鋭アンディ・ムスキエティのメガホンにより映画化! ホラーだけではなく、仲間たちが勇気を持って立ち向かい成長していく姿に恐怖よりも爽やかな感動も起こさせる映画となっています。 』画公開され、恐怖が再び降臨。 ジョシュ(パトリック・ウィルソン)とルネ(ローズ・バーン)の2人の間には、結婚し3人の子供がいる。 一家は古く老朽化した家に引っ越すのだが、その直後から家の中で不可解な出来事が起き始めているのに気づく。 屋根裏から不審な音が聞こえたり、物が勝手に動いたり、不吉な声が赤ちゃん用のモニターから聞こえるなど、おかしな出来事が続くなか、小学生の息子ダルトンが梯子から落ちて昏睡状態に陥ってします。 耐えかねた夫婦は、この家を引き払い別の建物へと移り住むが問題は一向に解決せず、見えない何かは既にジョシュたち家族へと忍び寄っていた。 「その邪悪な存在と闘わなければならない」と、覚悟を決めた一家は悪の霊体と戦うことを決意するが…。 再び一家を襲う恐怖はもとより、封印された衝撃の記憶に震撼。 まるでパズルのピースを組み合わせていくよう、次第に明らかになる衝撃の真実を、ぜひあなた自身で体験してください。

次の

live.t4g.org:カスタマーレビュー: 娘の友達(2) (モーニング KC)

娘の友達 ホラー

漫画「 娘の友達」は萩原あさ美先生が描く背徳サスペンス劇。 主人公は会社で係長、家では一人娘の父親。 良い上司、良い父親を演じる為に必死な市川晃介。 そんな彼が自身の癒やしスポットになる喫茶店でヒロインかつ娘の友達でもある如月古都と出会う。 古都は社会、自宅で疲弊する晃介に癒やしを与え、晃介も『道徳に反している』と感じながらも彼女の癒やしに包まれていく。 決して抱いてはいけない感情の狭間で揺れ動く晃介。 今後の展開がどうなっていくのか楽しみでしょうがない期待の漫画が登場。 ちなみにヒロインである古都。 清純な女子高生に見えるが妙に色っぽさを醸し出しているのが大きな魅力。 清楚な女子高生に漫画のような事をされれば中年おじさんは間違いなく落ちる(笑) 背徳サスペンスと謳われるように二人の関係にハラハラ・ドキドキした感情がこみ上げてくる作品です! 目次• 漫画「娘の友達」ネタバレ まずは主人公の背景。 晃介は会社で係長。 私生活では妻が他界しており、娘である美也と二人で暮らしている。 しかし、母の死にショックを受けた美也は引きこもりへ。 会社では良い上司を演じようともがき、自宅では良い父親を演じようともがく。 自己を殺し理想を追い求める男の内面は苦しんでおり、今にも重圧に潰れそうな状態。 そんな彼が唯一、癒やしを感じられる場所が街中の裏通りに面した穴場の喫茶店。 寂れた物静かな店内でコーヒーを一杯飲む事がストレスの発散にもなっている。 いつものよう社会で疲弊した晃介は喫茶店へ。 おじいさんが一人で経営する店あったが注文を取りにきたのは若いスタッフであった。 これが美也の友達であり、ヒロインである如月古都(きさらぎこと)である。 喫茶店店員は娘の友達だった…!? 若い女性スタッフが入った事に驚く晃介。 その後、寂れた喫茶店にウェーイ系の若者が来店。 癒やしの空間は騒ぎ立てられ、若者は古都をナンパしていたり…。 接客にまだ慣れていない古都は上手く捌く事ができず、しどろもどろ状態。 そんな彼女を見兼ねた晃介はわざと注文する素振りを見せる。 実際、注文する気もなかったので、取り敢えず灰皿を交換してもらう事へ。 古都は一連の流れで晃介が困惑している自分を助ける為に注文を取ってくれたと理解。 耳元で感謝を述べて、今度何かお礼をさせて欲しいと提案。 そこは大人の配慮で有耶無耶な状態で帰路へついていく晃介。 翌日は美也が通う高校の保護者面談に出席する晃介。 担当教師から引きこもりになっている娘の将来を何も考えていないとお説教される事態へ。 娘との関係性、会社からの緊急連絡…社会の重圧に疲れ切った晃介は虚無状態で学校の階段へ座っていた。 すると偶然にも出会ったのが古都であった。 落ちていた晃介の名刺を見るなり、古都は『みーちゃんのお父さんですか?』晃介にとっては意外な言葉であった。 話してみると古都は美也の友達であり、小学生の時は晃介が美也と古都を映画館にも連れていっていたのだ。 ここで初めて晃介は古都が高校生であり、娘の友達である事を知ります。 そして古都は喫茶店で助けてもらったお礼の続きとして晃介と連絡先の交換をしていきます。 娘の同級生に胸がドキドキ…!? その後、古都とは喫茶店のバイト終わりに遭遇。 雨が降りしきる中、傘を持っていなかったので相合い傘状態で送っていくことへ。 そんな状態で会社の部下と出会ってしまう晃介。 苦し紛れの言い訳を考えていると古都が娘のフリをして波風立たずに切り抜ける事に成功。 上司として部下と会話して、自分の事もフォローしようとした晃介に対して『よく頑張りましたね』と頭をなでる古都。 晃介は娘の同級生に抱いてはいけない感情が芽生え始めて傘を古都に渡して一人で帰路へ。 翌日から会社では人間関係にストレス…自宅では上手くいかない娘との関係にストレス。 精神的に限界が来ていた晃介は古都へ美也の相談を持ちかけてみる事へ。 後日、ファミレスにて美也の事を古都に相談する晃介。 意外な言葉をかけられる 『疲れませんか?』と…。 古都は晃介に対して良い上司、父親を演じる事をやめて自分の前でだけは本来の晃介で接して欲しいと提案。 そして行ってみたい場所があるから連れて行って欲しいと言われた晃介は古都と一緒にカラオケ店へ足を運ぶ。 このカラオケ店は少し有名で店員のヤル気がなくカメラも設置されていない男女がよく使う穴場のカラオケ店。 意味はおわかりいただけただろうか。 狭い個室で娘の同級生と二人きり。 しかもやたらボディタッチしてくる古都。 欲望に飲まれそうになった晃介は一旦トイレで気持ちを鎮めていく。 室内へ戻るも古都から漂う石鹸の香りに悶々とする晃介。 切り出したのは古都からであった。 社会や家で疲弊している晃介に『私にだけは甘えてほしい』と囁く古都。 そのまま晃介を抱きしめて癒やしを誘う古都。 この後は特に何事もなく帰宅。 晃介は娘である美也との接し方を改めて本音を語るようになっていく。 逃避行と初キス 翌日、晃介の勤める会社へ古都が訪れる。 目的は借りた傘を返す事。 親切ついでに古都を途中まで送っていく晃介。 他愛もない会話の中から古都が『晃介さんが今一番やりたいことはなんですか?』と質問。 係長、父親としてでなく晃介としてやりたい事。 考えていると社会や自宅での苦しみが込み上げてくる晃介。 『ここから逃げ出したい…』 『おいで』 頭を抱え込み弱音を吐いた晃介に対して天使のように「おいで」と誘う古都。 晃介は会社をさぼり、古都は母親からの連絡を無視して新幹線で当てのない逃避行を始めて行く。 両者共に一度スマホの電源を落として車両内でゲームを始める。 背徳を感じながらも古都の細かい動作に悶々としていく晃介。 娘の同級生に欲情が湧き上がった事に大して情けなさと罪悪感に包まれた晃介は引き返す事を提案。 懺悔する晃介に対して古都は突然、晃介にキス。 困惑、これ以上踏み込んでいけないといった感情、揶揄われているのではないかといった疑心。 様々な感情が込み上げてきた晃介は初めて古都に怒りを見せる。 そんな中、古都は晃介のスーツの袖を掴み… 『わたし、キス初めてだったんです』… 場面は変わり、終電まであと30分。 二人はネカフェで寄り添っていました。 現況に対して未だ困惑の表情を見せる晃介。 再び自らキスを迫っていく古都。 一方、晃介の自宅では変化の兆しを見せていた娘・美也が部屋から出てきており、帰りの遅い晃介を心配。 美也は電話をかけますが、古都とキスしている晃介はそれに気づかず…。 1巻はここで幕引き。 漫画「娘の友達」感想 晃介の心理描写は描かれるのですが、古都の心理はまったく描かれないため、彼女が何故、晃介に執着するのか未だ不明。 もし彼女がカマトトだったら悪女のようにも見えてしまいます。 背徳サスペンスと謳われるだけあり、道徳に反したハラハラ感の味わえる作品。 何より真意のわからない古都が神秘的に見えてきます(笑) 社会に押しつぶされそうなサラリーマンと娘の友達は今後、どのような展開になっていくのか…本当に楽しみな作品。 作中、モノローグで語られますが、数日後、何やら二人は事件に巻き込まれる模様。

次の