ポケモン トゲデマル。 【ポケモンサンムーン】「トゲデマル」の出現場所、種族値、覚える技まとめ 今作のでんきタイプマスコット枠のポケモンだ!

トゲデマル|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン トゲデマル

Contents• すごいぞトゲデマル。 2秒は無理では?> 構築 構築の流れ レベル1トゲデマルについて で紹介しましたレベル1トゲデマル。 この恐ろしいポケモンを用いて構築を組もう!というところからスタート。 <てきゅう! レベル1がむしゃらが最もパワーを発揮することが可能なのは、そう、トリル下。 トリル状態で横に鈍足の範囲アタッカーがトゲデマルと並んでいる時です。 範囲技なら隣のポケモンにも攻撃が飛んで超お得。 レベル1トゲデマルは ・特性が頑丈なのできのみジュースを持つことで攻撃を2回耐えることが出来る ・ねこだましでトリル始動のサポートが出来る ・なんかもう色々使える というメリットがあるのでこのがむしゃら戦法をするのに最も向いているポケモンと言えます。 ツンデマルとは ではそんなトゲデマルと相性の良いトリルアタッカーは誰になるのでしょうか。 そう、ご存じツンデツンデですね。 ツンデツンデは自力でトリックルームが出来るだけでなくA131と圧倒的な火力を持ち、その上耐久も高くて素早さも遅く範囲技の岩雪崩を一致で使うことが出来るという、まさに トゲデマルの相方になる為にこの世に呼ばれたウルトラビーストといえます。 この二匹の組み合わせは通称 ツンデマルと呼ばれており、ダブルレートのトゲデマルの相方ランキング一位はツンデツンデ。 ツンデツンデ側も6位にトゲデマルがいます。 そんな単純明快に強力なツンデマルの相方を考えてみましょう。 取り巻きを考える 色々とツンデマル構築を回してみてわかったことがあります。 長くなるので色々なツンデマル構築はへ 特に重要だったのが下記3点でした。 砂嵐のサポートは是非欲しい がむしゃら後の一押し、ツンデツンデのDアップ、という面から是非とも 砂嵐状態で戦いたい。 3.ガルーラ対策必須 環境に存在する最も強力な猫騙し使い。 さらにけたぐりでツンデツンデをぶっとばしてくる メガガルーラは対策必須。 まあガルーラに対策ない構築もそうそうないけどね…。 というわけで… バンギラス@スカーフ すなおこしが欲しいので採用。 遅いバンギラスはツンデツンデと仕事が被るのでスカーフを持たせることに。 スカーフけたぐりで気持ちガルーラに強く。 ボーマンダ@ボーマンダナイト バンギラスとツンデツンデで弱点が被り過ぎなので相性補完を考えてメガボーマンダを採用。 格闘タイプ全般に強い、地面を透かせる、カミツルギやナットレイを焼けると良いことづくめ。 逆にマンダの弱点の氷やフェアリーはツンデツンデでカバーできるのでナイスな組み合わせですね。 モロバレル@ゴツゴツメット バンギとツンデで格闘があまりにも辛い、というかメガガルーラが辛すぎたのでゴツメモロバレルを採用。 怒りの粉でサポート出来るだけでなく、トリル展開時に胞子で相手を黙らせたり出来る。 がむしゃらと合わせると相手を落とせるのでトゲデマルと並べると立派な火力要員に化けるぞ! ギルガルド@ゴーストZ ひたすら迷走を続けたラスト1枠。 全員仕事違くね…? 格闘が重い、ナットレイも辛い、フェアリーも怖い、ということでゴーストZギルガルドにふんわりと対応してもらうことに。 こうして構築が完成。 戦績 うおおお瞬間3位。 この後1勝して7世代ダブルでは自分最高の1916までレートを上げることが出来ました。 ありがとうトゲデマル。 めちゃくちゃトゲデマルが強いことを証明したかったので、しっかり勝つことが出来て安心しました。 あまりにも強力過ぎるポケモンなので公式大会は今後もずっとレベル50統一なんだろうなあと察してしまったほどの化け物モンスター。 初手に出しても裏から出しても活躍する。 本当にポテンシャルが高すぎる。 性格:素早さを7にするか5にするか。 7だともしかしたらツンデツンデが麻痺ってがんせきふうじ食らったらS関係逆転?みたいなことを考え一応S5になるのんきで採用。 まあなんでもいいと思います。 努力値:実はBにぶっぱすることで威嚇が2回入ったナットレイのジャイロをてつのトゲ込みで耐える可能性が出るとかそういうのがある。 けどリゾートに送る暇がなかったので無振りのまま。 まあ…良いんじゃないかな…。 特性:どの特性も強いけど、まずはシンプルに一番強そうながんじょうをチョイス。 持ち物:色々持ち物で遊べるポケモンだとは思うけどまずはシンプルに一番強そうなきのみジュース。 のんきにジュースを吸うトゲデマルが可愛い。 絶対2回耐えるので、初手からがむしゃらとか出来るんですよねトゲデマル。 ねこだまし:トリル始動のサポートの為に採用。 ニードルガード:まもるの代わりに。 流石にニドガに刺さって倒れるポケモンはそんなにいなかったけど単純に守るが重要なので採用。 てだすけ:悩んだ枠。 で技が多すぎてヤバい!!と書いたにも関わらず、あまりにもがむしゃらが強すぎて4枠目がピンポイント採用にしかならない。 いくつか使った中で非トリル状態で最も使い勝手が良かったのが手助けだけどまあどんぐりの背比べかな。 おさきにどうぞ:メガマンダとかいるし結構使うかな?と思ったけど別に使わなかった。 トリルが成功してしまうとツンデマルで制圧出来てしまうのでボーマンダが出てくる頃にはトリルが終わってるんだよね。 アンコール:トリルが出来なかった時は基本腐る技。 トリル状態ではがむしゃらを撃つので、この枠には非トリル状態で使える技が欲しいよねということで外した感じ。 一応相手の接触技をアンコしてがむしゃらしてニドガして仕留めるなんて芸当も出来るけど…。 なんだこれは・・・。 こっちのレートが1700ぐらいになってからのレート帯でこの勝率なので、本当に猫騙しのない構築を片っ端から引き倒すことが出来ました。 強すぎる。 初手に並べないとツンデマルの動きが出来ないと思われそうですが、トゲデマルは2回攻撃を耐えられるので後投げがそこらの50レベよりずっと安定します。 なので 相手視点だと試合開始から全てのタイミングで「両交代からのツンデマル繰り出しトリル」を常に警戒し続ける必要があります。 使うと楽しいけど絶対これと戦いたくねえな…って使いながら思ってました。 レベル1は放置してレベル50の方のポケモンを集中すれば良い がむしゃら雪崩で倒されるのは1体なのでどっちかは動ける為 、というのは 対低レベル戦法の常識でしたが、トゲデマルの場合は仮にトゲデマルに集中が来ても攻撃を耐えられるのでリスクがほとんどない状態でツンデツンデにまもるを使わせることが出来ます。 もしこの守るのせいでトリルターンが足りなくなっても裏はメガマンダとスカーフバンギなので問題ありません。 いやほんとにトゲデマルがめちゃくちゃスルーされるんですよね…、やっぱり 2回絶対耐えることが出来るので範囲技に巻き込むでもしない限りは出来れば隣を殴りたくなりますもんね。 ニドガもあるし。 なのでデマルの隣で守りながらがむしゃら連打がとても強い動きになるのでした。 ミミッキュみたいなものですね、そりゃあ強い。 トゲデマルの相方。 ちっこいトゲデマルと無機質で巨大なツンデツンデの組み合わせが大変よろしい。 努力値:まあHAだよね。 特性:がむしゃらと合わせればAの値は関係ないのでトリルが切れた後のことを考えてBアップのビーストブースト。 持ち物:後述。 ツンデマルのツンデツンデの持ち物はほぼシュカ一択だと思います。 命中がなあ。 ジャイロボール:いくらなんでも火力が高すぎるのではないか。 トリックルーム:なんでこいつトリル使えるんだろうな。 まもる:トゲデマルの項目で軽く触れたけど、本当にこいつのまもるが強い強い。 技の選択の余地がねえ…。 あとは暴れるだけ! 完 裏に控えさせることも多く、選出しない試合がほとんどありませんでした。 単純にボーマンダとの相性補完がよろしいのでマンダ引っ込みツンデ出し、トリルorジャイロ。 みたいな流れがそこそこある感じ。 トリルして殴る!を一人で出来ちゃうからいわゆる「トリルアタッカー」を別に採用しなくていいのがとても良いですね。 持ち物補正なしですからねこれ…。 雪崩もがむしゃらと合わせれば立派なワンパン技 ツーパンでは? に化けます。 ですが、ツンデマルのツンデツンデにおいては持ち物は シュカ一択であろうと考えています。 理由はツンデツンデの隣にいるポケモン、トゲデマルにあります。 やっぱり2回絶対耐えることが出来るので範囲技に巻き込むでもしない限りは出来れば隣を殴りたくなりますもんね。 トゲデマルの項目で書いたこれですが、裏を返すと 「範囲技がある場合は積極的にトゲデマルを巻き込んでくる」ということになります。 そのため、ランドロスでもラグラージでも、攻撃に使う技は間違いなく地震を選択してきます。 馬鹿力やジメンZを持っていても、雨たきのぼりが出来ても、 隣のトゲデマルを巻き込めるというメリットがある以上地震を選択してしまうのです。 シュカたないですね。 初手ツンデマルの安定感に最も貢献しているのがこの動きなので、絶対にシュカの実を採用するべきですね! ・・・ちなみに陽気ガブリアスの地震ぐらいならシュカなしでも耐えるんですよねこいつ。 本当にシュカの実でいいのか…?適当な威嚇サポートで良いのでは…? ・・・。 性格:メガメタグロスを抜いて欲しいしとりあえず速い方がいいので陽気。 努力値:ASですね。 特性:砂を起こしてほしいのですなおこし。 リザードンを上から倒せるよ~。 ダメおし:雪崩ではなく悪技を撃ちたい場面を考えると、悪弱点を倒したい場面になると思ったのでマンダのハイボと合わせてメガメタグロスやクレセリアを倒すことが出来るダメおしを採用。 れいとうパンチ:ランドとかジャラランガとかへの技として一応。 けたぐり:バンギ、ツンデツンデ、ガルーラあたりへの打点として。 上からハイボとダメ押し、あるいは雪崩で制圧していく感じで。 格闘タイプならマンダが処理してくれるんだけど、格闘タイプ以外で格闘技を撃ってくるやつ ていうかガルーラ がいた場合はおとなしくモロバレルに交代。 スカーフなので、終盤に出てきて一掃してもらったりも。 ダメおしの火力が抜群に高くて楽しかったです。 ツンデマルのメガ枠としてこれ以上ないピッタリなポケモン。 まあ普通にLv50で採用。 性格:すてみの火力を維持したいのでむじゃき。 雪崩食らうことも多いからね。 努力値:CSぶっぱ 特性:いかくをするとガルーラをバレルで対処できるようになるので。 持ち物:ナイト。 あとバンギツンデが物理なのでこれ以上物理メインを入れたくないので。 すてみタックル:最初は流星群だったのだけど、ジャラランガピンポだったのでそれならとサナやテテフを攻撃出来るすてみに。 かえんほうしゃ:重い重いナットレイなどに。 まもる:マンダで守って隣でがむしゃら、的な動きなど。 りゅうせいぐん:最初に採用していた技。 ジャラランガと相手のマンダピンポみたいな感じでした。 はかいこうせん:対ジャラランガはこれでいいのでは!?ということで採用。 その後すてみで良いことに気付く。 特殊マンダは火力が足りないイメージがあるのだけど、今回は全く火力不足を感じることがなかったのがとても不思議であった。 すてみタックルはちょうどジャラランガを落とせる火力が出ます。 ていうかCぶっぱ流星群よりA無振りすてみの方が威力高いんですけどなんなんですかねこれ。 味方になるとこれがまあ頼りになる。 ガルーラを削れるだけでなくがむしゃら後のポケモンがぶっ飛んだりする。 あと相手のレベル1トゲデマル対策にもなる。 ギガドレでも良いんだけどがむしゃらギガドレ悲しくなりそうだし…。 いかりのこな:メイン技。 格闘技から味方を守ろう。 キノコのほうし:トリル下だけでなく普通にふぁさーしたり。 まもる:大事なキノコなので。 うーんこれで良かったのだろうか。 努力値:無限暗夜の火力を考えHC 特性:いつもの 持ち物:ここまででZが余っていたのでゴーストZで採用。 無限暗夜にする。 ラスターカノン:メイン打点その2。 ただ、正直全然使わなかったんだよな…。 せいなるつるぎ:相手のツンデツンデに撃つなど。 キングシールド:まもる代わりに。 ただ色んなポケモンを試しても結局しっくりこなかったので、広い範囲に強いギルガルドで、まあ問題はないはず…。 とりあえずこの枠に欲しい要素が ・ナットレイに打点がある ・ジャラランガの暴走を抑えられる ・フェアリーの通りが良いので抑えたい ・最低限コケコをどうにかしたい 的な感じでした。 対フェアリー以外はジャラランガが完璧で、トゲデマルとの仲も良かったんですけど、さすがにフェアリー弱点3とレベル1は構築として崩壊してたのでダメでしたね…。 ギルガルドくんは単体だとそこそこ強いけどトゲデマルと仲が悪い がむしゃらとバトルスイッチの相性が良くない のであんまり一緒に選出しないようにしたいかも。 この選出が出来る=猫騙しトリルが成功するということなので、この時点で勝率がめちゃくちゃ高いです。 裏は相手次第。 ゴーストタイプがいなさそうなら積極的にトゲデマルを出したいところ。 相手にガルーラがいる場合はモロバレルを選出。 相手にゴーストがいる場合はトゲデマルはあまり選出したくない でもする。 ギルガルドはなんか基本選出だとまずそうな時にでも。 トリルをどのタイミングで貼るのかは常に意識して立ち回りたいですね。 QRレンタルチーム PGLリンク: ダブルレートでしか使えませんか、ぜひともレベル1トゲデマルの脅威を体感してください! 本当の本当に強力で恐ろしくて楽しいポケモンです、トゲデマル。 あと可愛い。 次のターンツンデ守りながらトゲデマル繰り出しで猫トリル、とかで無理やりどうにかしてましたね…。

次の

【ポケモン剣盾】トゲデマルの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ポケモン トゲデマル

【ポケモン剣盾】トゲデマルの育成論と対策【世界7位使用のダイジェットキラー】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回は全国図鑑No. 777のラッキーセブンポケモン、トゲデマルの育成論と対策を考えていきたいと思います。 の使用ポケモンの一体ですね。 ちなみに英語名もTogedemaruです。 トゲデマルの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【トゲデマルの特徴1】優秀な電気鋼複合タイプ トゲデマルは鋼混合の複合タイプなので全18タイプ中12タイプを半減以下で受けられる優秀な耐性を持っています。 数値的な耐久は低いので基本的に受け出しはほとんどしませんが、最悪もし必要になった場合でも一応受け出せるでしょう。 地面4倍弱点のためじしんなどを撃たれやすいので、ひこうタイプや特性ふゆうのロトム系やサザンドラなどと相性がいいでしょう。 また、今作はダイジェットが強力な環境=ひこうタイプが多いので電気技が相手のエースに刺さりやすい場面が多々あり、電気をタイプ一致で打てるのは強力です。 【トゲデマルの特徴2】ミミッキュの同速のヒヒダルマキラー トゲデマルは意外と素早くてミミッキュと同速の96族です。 また、96族は多くのパーティで採用されやすいヒヒダルマやウインディの95族より「1」速いためとんぼがえりを覚えさせると苦手対面から逃げやすいです。 スカーフを持たせればヒヒダルマには絶対に負けないので、ヒヒダルマキラーとしても活躍できるでしょう。 【トゲデマルの特徴3】意外と高い攻撃と紙耐久 トゲデマルは攻撃種族値98と意外と高い数値になっている(ミミッキュより8高い)ので、実用に耐えうるでしょう。 反面防御方面は紙耐久なので、相手の攻撃を2回受けたらだいたい倒れてしまいます。 こだわりスカーフで素早さを上げて行動回数を保証したり、ほっぺすりすりで相手の素早さを下げて行動回数を保証するといった動きが必要になりますね。 また、攻撃種族値98は高い方ですが十分な火力があるかというと「あと少し足りない」という火力なので、ステルスロックをまける味方と組むと強いでしょう(たとえばカバルドンなど) 【トゲデマルの特徴4】夢特性:がんじょう トゲデマルは紙耐久ですが、夢特性ががんじょうとなっています。 一撃必殺を無効化するきあいのタスキといった感じの特性なので、紙耐久のトゲデマルにはピッタリですね。 この特性はHP1で耐えるのでチイラのみなどHPが減ったときに発動するきのみも相性がいいです。 また、起死回生やじたばたを覚えるため、がんじょうで耐えてHPが1の状態から全抜きも狙えます。 たとえば起死回生ならBぶっぱカビゴンくらいであれば致命傷を与えられます。 トゲデマルの育成論と戦い方 きのみ型、スカーフ型、弱点保険型など前作からいるポケモンなのでいろいろな型があります。 【トゲデマルの育成論】ヒヒダルマ&ダイジェッターキラートゲデマル• 特性:がんじょう• 個体値:C抜け5V• もちもの:こだわりスカーフ(チイラのみ)• わざ:びりびりちくちく・アイアンヘッド・ほっぺすりすり・とんぼがえり 特徴・戦い方: を参考にした型で、ヒヒダルマに絶対勝ちます。 僕が今使っていたパーティがちょうどヒヒダルマが重かったんですが、このトゲデマルを入れると問題にならなくなったのでヒヒダルマが苦手なパーティに是非どうぞ。 相手がヒヒダルマを選出してきた時点でかなりのアドが取れます。 スカーフを持たせているのが肝ですね。 ただしステルスロックが入っていない場合はびりびりちくちくでギリギリ倒せないので、ステルスロックを使わない場合は後続に先制技もちを編成するのがおすすめです。 その場合採用技はとんぼがえりを外して起死回生やじたばたを入れるのがおすすめ。 30%で相手をひるませるのが意外と強力。 チイラのみをもたせる場合は起死回生の方がおすすめ。 スカーフトゲデマルを紹介している動画があったのではっておきますね。 トゲデマルの対策 弱点をつけば基本的に一撃です。 紙耐久なので、地面・炎・格闘技であれば一撃でHP1にすることができます。 むしろ等倍技でも火力があれば一撃でHP1にしてしまうこともあります。 ただし起死回生型も多いので、一発目はなるべく弱い攻撃で削ったり、ステルスロック+あくびで頑丈を潰してから倒すのがいいでしょう。 もしくは起死回生・じたばたが効かないゴーストタイプで対面したり、1体目は起死回生でやられるのを覚悟でHP1まで削り、後続の先制技でとどめを刺すのがいいでしょう。 とはいえトゲデマルのHP1のときにミミッキュが出てきた場合ほぼ100%影打ちをうってくることが見え透いているので、トゲデマルがカビゴンなどに交代する可能性もありますから、そこは相手の編成を考えて相手の行動を読む必要があるでしょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】トゲデマルの育成論と対策【世界7位使用のダイジェットキラー】 いかがでしたでしょうか。 可愛い見た目で実はかなり攻撃的なトゲデマル、強力なトップメタを複数対策することができるので育てたことがないトレーナーは使ってみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモンサンムーン】「トゲデマル」の出現場所、種族値、覚える技まとめ 今作のでんきタイプマスコット枠のポケモンだ!

ポケモン トゲデマル

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるトゲデマルの育成論と対策について掲載しています。 トゲデマルのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• でんきタイプの技を受けると、ダメージや効果を受けずに「特攻」が1段階上がる 隠 「ぜったいれいど」などの一撃技を無効にする。 HPが満タンの時に瀕死になるダメージを受けると、必ずHPが1残る トゲデマルの特徴 優秀な耐性を持つサポート 全18タイプのうち12タイプを半減以下に抑えることができる優秀なポケモンです。 サポートとして優秀な技を多く習得できるため地味ながらも盤面を支配する強力なポケモンです。 高い素早さと攻撃 サポートとしても優秀なトゲデマルですが、攻撃と素早さが高いのでアタッカーとしても優秀です。 耐久が低い点はタスキや特性がんじょうで補えるので行動保証の上から相手パーティに対して大きな削りを狙えるのが特徴です。 ニードルガードによって集中を受けづらいポケモンのため居座ることが多く、厄介な行動から無視できないポケモンなのでエースのサポートに最適です。 持ち物は盤面を調整できる交代アイテムにしていますが、レッドカードはダイマックス相手には効果がないのは頭に入れておきましょう。 雨パの裏に控えておくことや、4倍弱点であるギャラドスなどと組み合わせることで弱点を打ち消すことが可能です。 この2つの一致技は怯み効果もあるためワンサイドゲームになることもあり得る強力なコンボです。 がんじょうと相性が良い弱点保険で抜き性能を高めるも良し、ピンチベリーで堅実に能力上昇を狙うのも良いでしょう。 ニードルガードは警戒しつつ範囲技などで効率良く削って突破しましょう。 また、特性が優秀なポケモンですが、構築段階で特性の予測は比較的しやすいので見破る力をつけておきましょう。 守られたときに集中していると大きなディスアドバンテージになってしまうのでできるだけ1回行動で処理したいです。 特性を無効に かなり厄介なポケモンですが特性を無効化すればさほど脅威ではありません。 かたやぶりのポケモンで弱点を突く方法が安定します。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は特攻を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前.

次の