コロナ 予言 アビギャ。 コロナ予言

コロナ収束時期をスピリチュアルな予言で予測!最新情報も|スピリチュアルたまてばこ☆

コロナ 予言 アビギャ

新型コロナウイルスのパンデミックを 完全に予言したインドの14歳の占い師 アナンドくんが話題となっています。 新型コロナの発生から収束まで 完全予言したアナンドくんは さらに今年の12月に深刻なパンデミックが 発生するといいます。 このことへの対策として 自己免疫力を高める 具体的にはウコンを飲むよう推奨しています。 ウコンといえば日本で有名なのが 「ウコンの力」 しかし、ウコンの力に含有される有効成分は極微量であり そのほか様々な添加物が配合され 免疫力を高めるために摂取するのはオススメできません。 (ウコンの力自体、そのような効能はうたっていません) 今回は、新型コロナの発生から収束まで 完全予言したアナンドくんはの占い内容をまとめ さらにオススメのウコンを紹介します。 米オンライン紙「International Business Times」で報じられ一躍話題となりました。 ワクチン対策は追いつかず、 私たちが心がけることができるのは、 食生活を整え自己免疫を高めるということといいます。 「新型コロナウイルスのワクチンは見つかるかもしれませんが、今後より多くの他のウイルスがやってきますし、スーパー耐性菌もやってきます。 だから、最も重要なことは、有機野菜を食べることで、私たちの免疫力を開発することです」(アナンドくん) 具体的な食材として「ウコン」を上げています。 今年2月に武漢から帰国したインド人は 全員新型コロナウイルスが陰性という結果となり、 その理由は、インド人の食生活、特にカレーに含まれているターメリック(ウコン)の影響ではないかと噂されていました。 武漢から帰国の406人、全員陰性で日常生活へ 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の発生源である中国・武漢から特別便でインドに帰国した約650人のうち、インド・チベット国境警察(ITBP)の施設に収容されていた406人は全員がウイルス検査で陰性だった。 () ウコン(ターメリック)は、免疫力を高めるのでしょうか? ウコンには春ウコン、秋ウコンがありそれぞれ成分が異なります。 春ウコンと秋ウコンの違い 春ウコンと秋ウコンは同じウコンと名がつきますが、 種類が異なる植物です。 春ウコンとは 【正式名称】姜黄(キョウオウ)、英語名は Wild turmeric(ワイルド ターメリック) 春ウコン研究会によれば、 春ウコンを摂取することで免疫系に作用し、 治るのが難しいとされる病気が治癒したと示す例が挙げられています。 春ウコンの適量摂取により, 現在の医薬では治癒しにくいと言われている末期癌や成人病を初めとして, 広範囲の細菌系とウイルス類系の疾患を同時並行的に短期間のうちに抑えることができる. この多面性と同時並行性は, 春ウコンが免疫系に作用して, 免疫系を[健常者をはるかに超える免疫レベルに上げている]ことを示している. 春ウコンを選ぶ理由は? カレーなどウコンを常用する地域では がん患者が少ないという傾向から、 2004年にアメリカで ウコンの効果を検証するプロジェクトが進められました。 そこで注目されたのがクルクミン。 クルクミンが免疫力を高める有効成分ではないかと仮説が建てられました。 クルクミンは、 春ウコンと比較すると、秋ウコンの含有量が多いです。 検証では秋ウコンが使われたものの、2008年にこのプロジェクトは中止されました。 またクルクミンだけを取り出して摂取しても 免疫を活性化させないとも考えられています。 そのため、クルクミンが多いという理由で 秋ウコンを選んでも免疫を活性化させるという意味では 期待するのが難しいと考えられています。 春ウコンは ターメロン・シネオール・アズレン・カンファーなどの 100種類以上の精油成分が含まれています。 精油とは、植物の葉や茎、根等に含まれる成分で、動脈硬化予防やコレステロールの分解、またガンの抑制になるとも言われています。 これは秋ウコンにはない働きです。 春ウコンの効用については、 現在も研究が進められています。 研究では驚くべき結果も報告されています。 「末期の肝臓癌. できる限りの治療をした. もはや打つ手はない. 余命は, あと6ヶ月」と大学病院で最期通告を受けた入院患者に, 春ウコン 薑黄 キョウオウ イ を摂ってもらった. その癌が3ヶ月で消えて退院となった. 驚くようなことが起こった. 1990年2月末のことである. それから20年. 医師の手を離れた末期癌患者に春ウコンを勧めた. 経験したどの種類の癌にも同じように効いた. 癌ばかりでなく, 治らないと言われている糖尿病や原因が良くわからないシェーグレン症候群やうつ症状などの疾患が, 次々と春ウコンで抑えられることがわかってきた. ウイルスにも, 細菌にも, 自己免疫疾患にも効いた. いくつの疾患に罹っていても, 同時並行的に治まった. 病気とは, 一体, 何なのか? なぜ, このようなことが起こるのか? 春ウコンが, 免疫力を著しく上昇させるためである. これが, 行き着いた結論だった. () 春ウコン|副作用はある? 春ウコンは植物であり食品として流通しています。 人によってはウコンのアレルギー等身体に反応がでてくるかもしれません。 そのため既往症や身体について不安のある方は かかりつけ医などに相談することを強くおすすめします。 また過剰摂取は危険です。 免疫力を高めるためにも睡眠、食事、運動等 日々の生活を適度に整えることが重要です。

次の

コロナ予言を的中させたインドの少年、アビギャ・アナンド君

コロナ 予言 アビギャ

新型コロナウイルスのパンデミックを 完全に予言したインドの14歳の占い師 アナンドくんが話題となっています。 新型コロナの発生から収束まで 完全予言したアナンドくんは さらに今年の12月に深刻なパンデミックが 発生するといいます。 このことへの対策として 自己免疫力を高める 具体的にはウコンを飲むよう推奨しています。 ウコンといえば日本で有名なのが 「ウコンの力」 しかし、ウコンの力に含有される有効成分は極微量であり そのほか様々な添加物が配合され 免疫力を高めるために摂取するのはオススメできません。 (ウコンの力自体、そのような効能はうたっていません) 今回は、新型コロナの発生から収束まで 完全予言したアナンドくんはの占い内容をまとめ さらにオススメのウコンを紹介します。 米オンライン紙「International Business Times」で報じられ一躍話題となりました。 ワクチン対策は追いつかず、 私たちが心がけることができるのは、 食生活を整え自己免疫を高めるということといいます。 「新型コロナウイルスのワクチンは見つかるかもしれませんが、今後より多くの他のウイルスがやってきますし、スーパー耐性菌もやってきます。 だから、最も重要なことは、有機野菜を食べることで、私たちの免疫力を開発することです」(アナンドくん) 具体的な食材として「ウコン」を上げています。 今年2月に武漢から帰国したインド人は 全員新型コロナウイルスが陰性という結果となり、 その理由は、インド人の食生活、特にカレーに含まれているターメリック(ウコン)の影響ではないかと噂されていました。 武漢から帰国の406人、全員陰性で日常生活へ 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の発生源である中国・武漢から特別便でインドに帰国した約650人のうち、インド・チベット国境警察(ITBP)の施設に収容されていた406人は全員がウイルス検査で陰性だった。 () ウコン(ターメリック)は、免疫力を高めるのでしょうか? ウコンには春ウコン、秋ウコンがありそれぞれ成分が異なります。 春ウコンと秋ウコンの違い 春ウコンと秋ウコンは同じウコンと名がつきますが、 種類が異なる植物です。 春ウコンとは 【正式名称】姜黄(キョウオウ)、英語名は Wild turmeric(ワイルド ターメリック) 春ウコン研究会によれば、 春ウコンを摂取することで免疫系に作用し、 治るのが難しいとされる病気が治癒したと示す例が挙げられています。 春ウコンの適量摂取により, 現在の医薬では治癒しにくいと言われている末期癌や成人病を初めとして, 広範囲の細菌系とウイルス類系の疾患を同時並行的に短期間のうちに抑えることができる. この多面性と同時並行性は, 春ウコンが免疫系に作用して, 免疫系を[健常者をはるかに超える免疫レベルに上げている]ことを示している. 春ウコンを選ぶ理由は? カレーなどウコンを常用する地域では がん患者が少ないという傾向から、 2004年にアメリカで ウコンの効果を検証するプロジェクトが進められました。 そこで注目されたのがクルクミン。 クルクミンが免疫力を高める有効成分ではないかと仮説が建てられました。 クルクミンは、 春ウコンと比較すると、秋ウコンの含有量が多いです。 検証では秋ウコンが使われたものの、2008年にこのプロジェクトは中止されました。 またクルクミンだけを取り出して摂取しても 免疫を活性化させないとも考えられています。 そのため、クルクミンが多いという理由で 秋ウコンを選んでも免疫を活性化させるという意味では 期待するのが難しいと考えられています。 春ウコンは ターメロン・シネオール・アズレン・カンファーなどの 100種類以上の精油成分が含まれています。 精油とは、植物の葉や茎、根等に含まれる成分で、動脈硬化予防やコレステロールの分解、またガンの抑制になるとも言われています。 これは秋ウコンにはない働きです。 春ウコンの効用については、 現在も研究が進められています。 研究では驚くべき結果も報告されています。 「末期の肝臓癌. できる限りの治療をした. もはや打つ手はない. 余命は, あと6ヶ月」と大学病院で最期通告を受けた入院患者に, 春ウコン 薑黄 キョウオウ イ を摂ってもらった. その癌が3ヶ月で消えて退院となった. 驚くようなことが起こった. 1990年2月末のことである. それから20年. 医師の手を離れた末期癌患者に春ウコンを勧めた. 経験したどの種類の癌にも同じように効いた. 癌ばかりでなく, 治らないと言われている糖尿病や原因が良くわからないシェーグレン症候群やうつ症状などの疾患が, 次々と春ウコンで抑えられることがわかってきた. ウイルスにも, 細菌にも, 自己免疫疾患にも効いた. いくつの疾患に罹っていても, 同時並行的に治まった. 病気とは, 一体, 何なのか? なぜ, このようなことが起こるのか? 春ウコンが, 免疫力を著しく上昇させるためである. これが, 行き着いた結論だった. () 春ウコン|副作用はある? 春ウコンは植物であり食品として流通しています。 人によってはウコンのアレルギー等身体に反応がでてくるかもしれません。 そのため既往症や身体について不安のある方は かかりつけ医などに相談することを強くおすすめします。 また過剰摂取は危険です。 免疫力を高めるためにも睡眠、食事、運動等 日々の生活を適度に整えることが重要です。

次の

コロナ予言インド人14歳アビギャ・アナンド君の動画から考えたこと【ヨガ・シャラ細江たかゆき氏】|パソコンひとつ1日10分でママは兼業投資家

コロナ 予言 アビギャ

新型コロナウイルスのパンデミックを 完全に予言したインドの14歳の占い師 アナンドくんが話題となっています。 新型コロナの発生から収束まで 完全予言したアナンドくんは さらに今年の12月に深刻なパンデミックが 発生するといいます。 このことへの対策として 自己免疫力を高める 具体的にはウコンを飲むよう推奨しています。 ウコンといえば日本で有名なのが 「ウコンの力」 しかし、ウコンの力に含有される有効成分は極微量であり そのほか様々な添加物が配合され 免疫力を高めるために摂取するのはオススメできません。 (ウコンの力自体、そのような効能はうたっていません) 今回は、新型コロナの発生から収束まで 完全予言したアナンドくんはの占い内容をまとめ さらにオススメのウコンを紹介します。 米オンライン紙「International Business Times」で報じられ一躍話題となりました。 ワクチン対策は追いつかず、 私たちが心がけることができるのは、 食生活を整え自己免疫を高めるということといいます。 「新型コロナウイルスのワクチンは見つかるかもしれませんが、今後より多くの他のウイルスがやってきますし、スーパー耐性菌もやってきます。 だから、最も重要なことは、有機野菜を食べることで、私たちの免疫力を開発することです」(アナンドくん) 具体的な食材として「ウコン」を上げています。 今年2月に武漢から帰国したインド人は 全員新型コロナウイルスが陰性という結果となり、 その理由は、インド人の食生活、特にカレーに含まれているターメリック(ウコン)の影響ではないかと噂されていました。 武漢から帰国の406人、全員陰性で日常生活へ 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の発生源である中国・武漢から特別便でインドに帰国した約650人のうち、インド・チベット国境警察(ITBP)の施設に収容されていた406人は全員がウイルス検査で陰性だった。 () ウコン(ターメリック)は、免疫力を高めるのでしょうか? ウコンには春ウコン、秋ウコンがありそれぞれ成分が異なります。 春ウコンと秋ウコンの違い 春ウコンと秋ウコンは同じウコンと名がつきますが、 種類が異なる植物です。 春ウコンとは 【正式名称】姜黄(キョウオウ)、英語名は Wild turmeric(ワイルド ターメリック) 春ウコン研究会によれば、 春ウコンを摂取することで免疫系に作用し、 治るのが難しいとされる病気が治癒したと示す例が挙げられています。 春ウコンの適量摂取により, 現在の医薬では治癒しにくいと言われている末期癌や成人病を初めとして, 広範囲の細菌系とウイルス類系の疾患を同時並行的に短期間のうちに抑えることができる. この多面性と同時並行性は, 春ウコンが免疫系に作用して, 免疫系を[健常者をはるかに超える免疫レベルに上げている]ことを示している. 春ウコンを選ぶ理由は? カレーなどウコンを常用する地域では がん患者が少ないという傾向から、 2004年にアメリカで ウコンの効果を検証するプロジェクトが進められました。 そこで注目されたのがクルクミン。 クルクミンが免疫力を高める有効成分ではないかと仮説が建てられました。 クルクミンは、 春ウコンと比較すると、秋ウコンの含有量が多いです。 検証では秋ウコンが使われたものの、2008年にこのプロジェクトは中止されました。 またクルクミンだけを取り出して摂取しても 免疫を活性化させないとも考えられています。 そのため、クルクミンが多いという理由で 秋ウコンを選んでも免疫を活性化させるという意味では 期待するのが難しいと考えられています。 春ウコンは ターメロン・シネオール・アズレン・カンファーなどの 100種類以上の精油成分が含まれています。 精油とは、植物の葉や茎、根等に含まれる成分で、動脈硬化予防やコレステロールの分解、またガンの抑制になるとも言われています。 これは秋ウコンにはない働きです。 春ウコンの効用については、 現在も研究が進められています。 研究では驚くべき結果も報告されています。 「末期の肝臓癌. できる限りの治療をした. もはや打つ手はない. 余命は, あと6ヶ月」と大学病院で最期通告を受けた入院患者に, 春ウコン 薑黄 キョウオウ イ を摂ってもらった. その癌が3ヶ月で消えて退院となった. 驚くようなことが起こった. 1990年2月末のことである. それから20年. 医師の手を離れた末期癌患者に春ウコンを勧めた. 経験したどの種類の癌にも同じように効いた. 癌ばかりでなく, 治らないと言われている糖尿病や原因が良くわからないシェーグレン症候群やうつ症状などの疾患が, 次々と春ウコンで抑えられることがわかってきた. ウイルスにも, 細菌にも, 自己免疫疾患にも効いた. いくつの疾患に罹っていても, 同時並行的に治まった. 病気とは, 一体, 何なのか? なぜ, このようなことが起こるのか? 春ウコンが, 免疫力を著しく上昇させるためである. これが, 行き着いた結論だった. () 春ウコン|副作用はある? 春ウコンは植物であり食品として流通しています。 人によってはウコンのアレルギー等身体に反応がでてくるかもしれません。 そのため既往症や身体について不安のある方は かかりつけ医などに相談することを強くおすすめします。 また過剰摂取は危険です。 免疫力を高めるためにも睡眠、食事、運動等 日々の生活を適度に整えることが重要です。

次の