ゆで 豚。 豚の角煮|調理前に知っておいたほうが良いこと・例えば豚バラブロックの下茹では水からすると柔らかく

豚冷しゃぶ肉のゆで方

ゆで 豚

厳密には、 ですので、ゆでるとカロリーが減るか?というと、ゆでた事で、たんぱく質、脂質、炭水化物が ゆで汁の中に流出した場合、その分カロリーは減ります。 そうめんについても、多少の小麦粉がゆで汁のなかに溶け出しますので、少しはカロリーが減るようです。 そうめんの乾麺1人分、100gで、カロリーは356kcalです。 乾麺100gをゆでると、270gになり、カロリーは、343kcalになります。 ゆでたそうめんの100g当たりのカロリーは、乾麺のそうめん100gの約1/3になりますが、水分を吸い重さが約3倍になりますので、1人分のそうめんのカロリーはゆでてもさほど変わりません。 乾麺100gでは、食塩相当量が3. 8gあったものが、ゆで麺270gで0. 54gと減ります。 肉をゆでると、脂が溶け出して破棄されますので、形状、部位にもよりますが、5〜25%程度のカロリーダウンになります。 ちなみに、食品成分表にデータのある豚ロース肉(脂身付き)は、 生だと、100gで、263kcal ゆでると、77gになり、カロリーは253kcal 100gの肉をゆでると、10kcalカロリーが減ります。 豚ロース肉ですと、ゆでるより脂身をカットした方が大きく(50%以上)カロリーダウンになります。 アルコール、酢酸も別途数値があります。 の「(3)エネルギー」で言及される下記の様な、食品によって異なるエネルギー換算係数を使用します。 いずれも、文部科学省HP スポンサードリンク.

次の

ゆでうどんの電子レンジ調理レシピ20選!袋のままレンジでチンできる?

ゆで 豚

スポンサーリンク 豚の冷しゃぶを柔らかくする茹で方は? 豚の冷しゃぶって好きなんだけど、お肉が固いな~と感じているかたも多いはず。 炒めて使うときは気にならないのですが、豚肉って茹でるとパサッとしているしうまみが抜けて出し殻のようになっていることもありますよね。 豚の冷しゃぶを柔らかく茹でるには、どうしたらいいのでしょうか? その解決策は4つ。 ・沸騰したお湯で茹でない ・砂糖と酒を加える ・肉を広げる ・氷で冷やさない 以上3点を守れば柔らかくておいしいお肉に茹であがります。 鍋に水1リットルを入れて沸かしたら火をいったん止めて、酒大さじ1と砂糖小さじ2を加えてとかします。 酒で肉の臭みを和らげ、砂糖で保水性を高めます。 そのまま1分ほど待ってお湯が落ち着くのを待ちます。 このとき温度計があれば70度くらいを目安に温度調節してみてください。 水を少しずつ入れて調節してもOK。 温度が下がったら豚肉を広げて一枚ずつ入れ、ゆっくり加熱しましょう パックから出したままだと豚肉が重なり合っているところがありますので、メンドクサイですが広げてお湯に入れてください。 そのほうが火の通りも均一になりますし柔らかく仕上がります。 豚肉を入れるとお湯の温度が下がってきますので、再度弱火にかけて70度をキープするようにしてみてください。 ボコボコ沸騰するとアウトなので、ごく弱い火でゆっくり火入れしましょう。 豚肉がゆであがったら冷まします。 一般的なやり方では、ゆであがった豚肉は氷水にとってキンキンに冷やしますよね。 でもこれだと豚肉の脂身が急激に冷やされることでぎゅーっと固くなってしまうんです。 なので冷やすのは氷水ではなく普通のお水でOK。 茹でた以上に火が入らないよう、加熱止めの意味で肉を水で冷やすようなイメージです。 豚肉がヒエヒエじゃないとイヤだ!というわけでもないなら、茹でた豚肉をざるに揚げてうちわなどで冷まし自然に熱を取るだけでもイイです。 このほうが肉が水っぽくならないのでうまみもキープできます。 ちょっとだけ冷たくしたいなら、食べる直前に10~15分程度冷蔵庫に入れればほどよく冷えます。 片栗粉は茹でると透明になるため見た目も涼しげですし、片栗粉効果で食べたときにつるんとのどごしが良くなります。 それに冷蔵庫で冷やしておいても肉が固くなりにくいのもメリットの一つです。 どの部位を使うと、より柔らかくおいしくなるのでしょうか? 結論から先に言ってしまうと、好きな部位でOKです。 豚の冷しゃぶをキンキンに冷やして食べる場合は、豚肉の脂身が多いとその部分が固くなり食べにくいので脂身の少ないロースがぴったりです。 バラ肉は好みによりますが、冷やして食べる場合は脂身が気になるかもしれません。 そんな時は片栗粉をまぶして茹でると脂っこさも脂身の硬さも気にならなくなります。 みんなの好みに合わせて、2種類くらいお肉を茹でておくと飽きずに食べられます。 おわりに 家の実家で豚の冷しゃぶを作っていたときは、とにかく豚肉がカチカチでした。 その理由は、母が豚肉をこれでもか!ってほど茹でるからです(笑) 豚肉には虫がいるの。 だからグツグツ煮ないとだめよ~といって沸騰したお湯で5~10分は茹でていました。 なのでウチの豚の冷しゃぶは豚肉のうまみは完全に抜けているので、茹でたお湯を使ってスープを作った方がいいんじゃないか?ってくらい味がなかったです。 でもそれが普通だったし、パサパサするのは虫をやっつけるためなんだと子供の頃は信じていました。

次の

豚の冷しゃぶを柔らかくする茹で方は?適した部位は?

ゆで 豚

豚の角煮の一般知識 水から下茹でなど 豚の角煮を作るときに知っておいたほうが良いことと参考になることを書いてみました。 例えば豚の角煮の下茹では水からする、なんて知っているようで知りませんよね。 豚バラ肉は水から下茹で• 豚バラ肉ブロックでもっとも角煮に適しているのは、身が引き締まっていて、さぱりしている 黒豚 鹿児島黒豚・薩摩黒豚・沖縄島豚)のようです。 豚の角煮を作るため、肉を最初に下茹でするときは原則水から。 水から煮ないと固くなります。 味をつけて煮るときに昆布を敷くと、だしも出るし、火のあたりもやわらかくなるとか。 肉は丸ごと調理した方が、脂とうまみが赤身から逃げ出すのを防ぎ、カチカチになりにくくなります。 煮る前に焼くというのも同じ理由でしょう。 脂を取り除くのは、一度冷まして白く固まってから取ると簡単です。 (暇な時に2日かけて作ると楽です。 ) 豚の角煮 焼く?焼かない? 角煮の作り方の分類 豚の角煮の焼かないレシピ(下茹で)• 豚バラブロックを水から丸ごと下茹でして柔らかくし、ひとくち大に切り分けて調味料と煮る。 豚の角煮の焼くレシピ• 豚バラブロックを丸ごとフライパンで焼き、油を落とし、ひとくち大に切り分けて水から煮て、柔らかくなったらお湯を捨て、新しく水や調味料を加えて煮る。 豚バラブロックをひとくち大に切り分けてフライパンで一度焼き、油を落としてから水で煮て、柔らかくなったらお湯を捨て、調味料を加えて煮る。 他にも、• 豚バラブロックをお湯で丸ごと2時間ゆでてから、ひとくち大に切り、フライパンで焼くというパターンもありましたが、実際2時間ゆでたら、脂のところがぶよぶよになって、切り分けるだけでも苦労しました。 それをさらにフライパンで焼くなどという作業は私にはとても手に負えない気がします。 豚の角煮を柔らかくするコツ 豚の角煮を柔らかくするのが難しいらしく、よく質問にでています。 豚の角煮を柔らかく仕上げるためのコツとしてあがっているのは、• 豚バラ肉ブロックは水から茹でる。 下ごしらえとして、豚バラ肉を一度焼く。 と、があります。 しょうゆ、砂糖は後にする。 豚の角煮を作る時に はちみつを入れる。 (500gの豚バラ肉ブロックに大さじ1杯強)酵素があるらしい。 豚バラブロックをコーラ?で煮る• 豚バラブロックを米のとぎ汁で2時間ぐらい煮る• 豚バラブロックをおからで煮る。 水で煮るときに、おから1カップを入れて煮る。 豚バラブロックを紅茶で煮る などです。 でもいろいろな豚の角煮のレシピを試した結果言えるのは、「時間をかければ何をやっても豚の角煮は柔らかくなる」です。 レシピよりもかける時間の方が重要であるように思えます。

次の