アップル ミュージック 解約 の 仕方。 Amazon Musicの解約手順

iPhoneのアップルミュージック解約について質問です。ネットで調べ...

アップル ミュージック 解約 の 仕方

iPhoneの有料アプリを解約する方法 最終更新日 2020-04-20 21:04:45 iPhoneの有料アプリには、「アプリ自体が有料」のものと、「アプリは無料でアプリ内の一部の機能を使いたい場合は有料」になる2つのパターンが有ります。 後者の方はさらに、「1回の支払いで永久に使用できる」ものと、「継続して使用するには毎月 もしくは1年間単位 で料金を支払わないといけない」ものとの2つがあります。 この毎月、もしくは毎年料金を支払うタイプの有料アプリは、自動的にクレジットカードから引き落とされるので、今回はこうした継続的に支払う必要がある有料アプリの解約 もしくは退会 方法を紹介します。 ちなみに「1回の支払いで永久に使用できる」タイプは、iPhoneを買い替えても、アプリを削除 アンインストール しても、無料で再インストールし、使用することができます。 Sponsored Link 目次• 有料アプリ・コンテンツを解約するには まずは、「 設定」を開きます。 「Apple ID:xxxxxxxxxxx xxxxx」という項目があるので、ここをタップします。 「Apple IDを表示」をタップします。 「 顔認証 Face ID 」もしくは 指紋認証を実行します。 ここをタップ。 もし、「サブスクリプションなんてないよ!」という人は、iOSが古い可能性があります。 に進んでください。 ちなみに 「サブスクリプション」とは、日本語で「加入」とか「購読」「申し込み」といった意味になります。 「サブスクリプションをキャンセルする」をタップします。 iPhoneの有料アプリはたいてい解約しても期限が過ぎるまではそのまま使えます。 ここで「確認」をタップします。 これで有料プランを解約できました。 先ほどと違い「サブスクリプションをキャンセルする」の項目がなくなり、「〇〇日に終了予定」という表示になりました。 期限日を過ぎるとこの表示も消えます。 古いiPhoneの場合 iOS12以前のiPhoneの場合は、まだ「サブスクリプション」という単語は使われていません。 古いiPhoneの場合は以下。 下へスクロールすると、「登録」という項目があるので、ここをタップします。 * iCloudの有料プランの解約はここではできません 有料契約を解約したいアプリをタップします。 なお、 ここに表示されない有料アプリの場合は、ドコモやアプリを公開している会社が独自に採用している課金システムを使っている場合があります。 その場合はこちらを参考にしてください。 一番下にある「登録をキャンセする」をタップします。 なお、たいてい、登録をキャンセルしても有効期限まで使用できます。 もう一度聞いてくるので、「確認」をタップします。 解約できました。 再び有料サービスを利用する場合は、ここから新たに申し込むことが出来ます。 iOS9以前のiPhoneの場合 古いiOSの場合は、以下のようにして解約します。 iTunes Storeにサインインするためにパスワードを入力します。 なお、指紋認証をオンにしていてもここではパスワードを入力する必要があります。 アカウントが表示されるので、「管理」をタップします。 すると、現在有料アプリと契約しているアプリや、過去において有料購読をしていたアプリのリストが表示されます。 「有効」と書かれているものは、現在自動的に料金が支払われているもの。 「有効期限終了」は、過去、契約していたものになります。 なお、解約しても、契約期限が来るまで「有効」のままになります。 解約したい場合は、この「有効」をタップします。 有効期限が表示されます。 この有効期間内であれば、解約しても使用することができます。 下の「自動更新」の部分をタップして、青からグレーに変更させます。 なお、たいていの有料アプリは一ヶ月ごとの更新より、1年間ごとの更新のほうが安いので、ここで1年間ごとの更新に変更することもできます。 警告が出るので「オフにする」をタップします。 これで解約出来ました。 右上の「終了」をタップして閉じます。 Apple MusicやiTunes Matchの解約 やを解約する場合も、この方法で解約できます。 アプリ内課金とは、このようにアプリ上で「購読の確認」が表示されたり・・・ サービスの申し込みに同意するというような警告が出るものだけです。 「設定」から解約できないもの それに対して「UULA」や「dビデオ」など、ドコモやau、ソフトバンクが独自に提供している会員登録をしないと利用できないコンテンツは、今紹介した方法では解約することができません。 これらのコンテンツを解約するには、ドコモやau、ソフトバンクの「マイページ」へログインして解約する必要があります。 逆にこれらのコンテンツやサービスに申し込むには、アプリ上ではなく、「 Safari」やパソコン、ドコモショップなどから申し込まないといけません。 このようなアプリ上で契約できないコンテンツやサービスは、今回の方法では解除できないので注意してください。 これらのコンテンツの解除方法は、を参考にしてください。 iPhoneがない場合 もし、iPhoneからアンドロイドに乗り換えてしまって、iPhoneを手放してしまった場合は以下のようにして有料アプリを解約します。 パソコンから解約する 有料アプリは基本的にiPhoneかパソコンのiTunesからしか解約できません。 iTunesを立ち上げ、「アカウント」をクリックし、「サインイン」をクリックします。 Apple IDとパスワードを入力してサインインします。 *有料アプリを購入したApple IDを使用してください ここまで準備が整ったら、をクリックしてください。 iTunesが開き、「登録」が表示されます。 課金し続けているコンテンツが有る場合、ここの「有効」に表示されます。 「編集」をクリックします。 「登録をキャンセルする」をクリックします。 サイド確認画面が表示されるので、OKをクリックすると解約できます。 サポートに連絡する もし、iPhoneもパソコンもない場合は、サポートに連絡してください。 Apple を開きます。 「Appとソフトウェア」をタップします。 「App Store 購入、ダウンロード、およびアカウント」をタップします。 「購読と購入」をタップします。 「購読の確認、変更、解約」をタップします。 「メール」をタップします。 氏名、メールアドレス、Apple ID、そして状況を説明して送信してください。 後からメールが届き、指示に従って操作してください。 関連ページ• ありがとうございます。 大変助かりました。 ありがとうございます。 カテゴリー• iPhone• モバイル・携帯• Mac• 同じカテゴリーの記事•

次の

とにかく簡単!Apple Musicを無料体験・解約・キャンセルする方法

アップル ミュージック 解約 の 仕方

Apple Musicとは、Appleが提供する、 数百万曲が聴き放題の、 定額制音楽配信サービスです。 1曲1曲購入してダウンロードしなくても、1か月980円、学生なら480円で すべての曲を聴くことができます。 また、普段聴いている曲や好みに合わせて、おすすめしてくれたり、24時間オンエアしているインターネットラジオなどを楽しむことができます。 料金体系は、 個人メンバーシップ 月額980円 ファミリーメンバーシップ 月額1,480円 学生メンバーシップ 月額480円 の3種類で、個人向けと、家族向け(最大6人で共有できる)、学生向けがあります。 Apple Musicの5つのメニューを知る 設定が完了したら、早速Apple Musicをはじめていきましょう。 まずは、画面下部の 5つのメニューをご紹介いたします。 以前のバージョンからデザインが一新され、5つのメニューも多少変わりました。 何と言っても、 文字が大きく、見やすくなりました。 ライブラリ 普段、利用しているかと思いますが、 自分の音楽ライブラリ(曲やアルバム、プレイリストなど)を確認することができます。 ただし、Apple Musicに登録した後は、自分がiTunes Storeで購入した曲や、パソコンから取り込んだ曲だけではなく、 Apple Musicで追加した曲やアルバムも、一緒に表示されます。 Apple Musicは、全曲聴き放題なので、 とても簡単に、曲やアルバムをライブラリに追加できるため、登録後は、一気にライブラリが充実するのではないでしょうか。 普段聞いている曲や、好きなジャンル、アーティストに合わせて、 おすすめのプレイリストや、曲、アルバムなどを紹介してくれます。 聴けば聴くほど、おすすめの精度が向上していくとのことです。 おすすめの精度を上げるために、好きな曲やアルバムがあった場合に、 ハートのアイコンをタップして、音楽の好みを知らせることができます。 また、 「ジャンル」をタップして、 ジャンル別に曲を探すこともできます。 その他、(ほぼ海外ものですが)テレビ番組や映画など、オリジナルコンテンツも探すことができます。 Radio 「Beats 1」という、Apple初の試みとなる、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドンのスタジオから 世界100か国以上に毎日24時間放送しているインターネットラジオを聴くことができます。 また、洋楽ヒットチャートや、2000年代ヒッツなど、 テーマ別のラジオステーション(放送局)や、 自分専用のラジオステーションを聴くことができます。 検索 当然、 検索アイコンから、探している曲を、ピンポイントに検索することもできます。 Apple Music全体と、自分のライブラリ内の切り替えが可能です。 海外の曲は非常に充実している印象がありますが、国内の曲は、まだ対応していない曲が多いようです。 今後徐々に拡大していくのではないでしょうか。 フォローしたアーティストが投稿した最新情報をチェックすることができ、コメントや、お気に入りをしたりすることができます。 フォローしているアーティストやキュレーターについては、For You画面の下部にある「フォロー中」から、確認、編集することができます。 ライブラリに曲を追加してみる Apple Musicの5つのメニューを抑えたら、早速、数百万曲の中から、お気に入りの曲を「ライブラリ」に追加して、聴いてみましょう。 先程の「For You」や「見つける」、または検索から、お気に入りの曲やアルバムを探します。 下は、アルバムページです。 「+追加」アイコンをタップすれば、、、 3. 一瞬で「ライブラリ」に追加されました。 表示項目を「アルバム」にして確認すると、 購入した曲や、取り込んだ曲と一緒に、先ほどのアルバムが追加されています。 曲をタップすれば、 すぐに聴くことができます。 上図は、アルバムページの例でしたが、「For You」や「見つける」などのページから、曲名の右横にある 「+」アイコンをタップしても、追加することができます。 このように、 とても簡単に「ライブラリ」に曲やアルバムを追加することができ、すぐに聴くことができます。 全曲聴き放題なので、たくさん追加して、後で聴いてもいいし、簡単に追加・削除ができますので、今すぐ聴きたいものだけ追加しておいてもいいかもしれません。 ライブラリにプレイリストを追加してみる 次は、 テーマによって曲がまとめられたプレイリストを「ライブラリ」に追加してみましょう。 今回は「For You」でおすすめされているプレイリストをタップしてみます。 下は、プレイリストページです。 こちらも、 「+追加」アイコンをタップすれば、、、 3. 一瞬で「ライブラリ」の「プレイリスト」に追加されました。 タップすれば、プレイリストの曲を すぐに聴くことができます。 Apple Musicをより楽しむために抑えておきたい機能 このように、Apple Musicは、 とても多くの要素が詰まったサービスになっていますが、その中でも、 よりApple Musicを楽しむために抑えておきたい機能についてご紹介いたします。 タップする箇所によって項目は入れ替わりますが、 「次に再生」「後で再生」は、今聴いている曲の次に再生する曲の順番を指定することができます。 また、 「ステーションを作成」は、今聴いている曲と親和性が高い曲を 自動的にピックアップしてくれてラジオのように連続して再生してくれます。 その他にも、共有や追加などといった機能があります。 再生中の画面で、下にスクロールすると、 「歌詞」という項目があり、歌詞を見ることもできます。 例えば、「ライブラリ」に追加したアルバムのページで、 雲マークのアイコンをタップすれば、ダウンロードが開始され、完了すると 「ダウンロード済み」と表示され、通信しなくても聴くことができるようになります。 これで、 外出先などWi-Fiが繋がらない環境でも、通信料を気にせず、音楽を楽しむことができるんです。 好きな曲にはラブを 好きな曲やアルバムがあった場合、 ハートのアイコンをタップして、音楽の好みを知らせてみましょう。 「ラブ(す)る」と言うんですね。 「For You」などのおすすめの精度が上がり、自分好みの曲や、知らなかったアーティストに出会えるのではないでしょうか。 音楽は1つの場所に、あらゆる場所から聴ける 最後に、Apple Musicの対応デバイスをご紹介いたします。 iPhone、iPad、iPod touch、Android、Mac、Windowsパソコンに対応しており、 同じライブラリの音楽を聴くことができます。 無料トライアル期間中は、いつでも解約することができます。 料金はかかりません。 まとめ いかがだったでしょうか。 Apple Musicについてと、はじめての使い方についてご紹介いたしました。 数百万曲が全て聴き放題なので、最新の洋楽アルバムをチェックしてみたり、昔買ったアルバムでiTunesには入れていなかった懐かしい曲などを探索してみたり、、、楽しみ方は無限大ではないでしょうか。 是非、これからApple Musicを使ってみたいと思っている方に、参考にしていただければと思います。

次の

アイフォンのアップルミュージックを退会。解約退会方法まとめ。

アップル ミュージック 解約 の 仕方

Apple Musicは解約(退会)した後、いつまで使えるのか Apple Musicで解約手続きをおこなった後、音楽やミュージックビデオを楽しめる期間はユーザーの利用状況(ステータス)によって異なります。 無料トライアル期間中は解約後すぐ使用不能に 無料トライアル期間中の解約はその時点でサービス終了となる Apple Musicの3カ月間の無料トライアル期間を利用しているユーザーは、 解約手続きをおこなうとその時点でApple Musicの機能を一切利用できなくなります。 以前は、Apple Musicの解約手続きをおこなった後も、無料トライアル期間が終了するまでApple Musicのフル機能を楽しめましたが、現在はそのような仕様ではなくなっています。 3カ月間の無料トライアルを途中で解約してしまうと、同じApple IDからは無料トライアルの再開や再申し込みはできません。 無料でApple Musicをフルに楽しみたい人は、無料トライアル終了日を確認し、忘れずに直前で解約するのがよいでしょう。 有料メンバーシップ解約後はプランごとの請求締め日まで使用できる 有料メンバーシップは請求の締め日まで利用できる。 画像は個人(1カ月)の場合 すでにApple Musicのいずれかのプランで料金を支払っているユーザーは、 解約の手続きをおこなった時点での請求締め日まで使用できます。 個人の1年プランは契約日の1年後まで、それ以外のプランは次の請求の締め日までApple Musicの利用権利があります。 たとえば7月7日に契約した場合、毎月7日が請求の締め日になります。 iPhoneからApple Musicを解約する方法 iPhoneでApple Musicを解約する方法は、以下の3つの方法があります。 「ミュージック」アプリから解約する• 「App Store」から解約する• 「設定」アプリから解約する 解約の方法は、有料メンバーシップでも無料トライアル期間中でも変わりません。 それぞれの手順を解説していきます。 「ミュージック」アプリから解約する方法 iPhoneのミュージックアプリからApple Musicを解約するには、まずミュージックアプリを開き、「For You」タブを選択します。 左:「For You」タブ右上の人型マークを選択 右:「アカウント」メニューから[登録の管理]をタップ 画面右上の人型マークから「アカウント」メニューを呼び出し、[登録の管理]をタップしてください。 左:[無料トライアルをキャンセルする]をタップ。 有料メンバーシップの場合は[登録をキャンセルする] 右:[確認]を押せば解約完了 「登録の管理」では自身のApple Music登録状況が表示されるので、画面下部の[無料トライアルをキャンセルする]または[登録をキャンセルする]をタップします。 確認メッセージで[確認]を選択すれば、解約は完了です。 App Storeの「登録」メニューからは他の定額制サービスの契約内容も変更できる 自身のApple IDで契約中の定額制サービスの一覧が確認できる App Storeの[登録]では、Apple Music以外に自身のApple IDで契約している定額制サービスがある場合、登録情報の一覧を確認できます。 他のサービスもApple Musicと同様の手順で解約できるので、使っていないサービスはここで解約してしまいましょう。 ただし、Apple IDで契約している定額制サービスのみの表示となるため、Apple IDを介さずに登録した定額制サービスは、そのサービス用のアプリがiPhoneにインストールされていても一覧には表示されません。 そういったサービスの解約には、別途対応が必要となります。 「設定」アプリから解約する方法 iPhoneの「設定」アプリからもApple Musicを解約できます。 詳しい手順は下記記事を参照してください。 AndroidスマホからApple Musicを解約する方法 Androidスマホからの解約は、「Apple Music」アプリでおこないます。 「アカウント」メニュー内の[メンバーシップを管理]をタップすると、Apple Musicの登録状況が表示されます。 左:[無料トライアルをキャンセル]をタップ。 有料メンバーシップの場合は[登録をキャンセル] 右:[確認]を押せば解約完了 Apple Musicの登録状況画面の下部にある[無料トライアルをキャンセル]または[登録をキャンセル]をタップし、確認メッセージで[確認]を選択すれば解約は完了です。

次の