鶏 胸 肉 しっとり レシピ。 鶏ムネ肉をジューシーにおいしく食べる方法&必ずリクエストされる激うま~なレシピ

あさイチしっとり鶏むね肉のレシピ2通り。電子レンジと煮る作り方。

鶏 胸 肉 しっとり レシピ

オリーブオイルを塗ることで水分の流出を防ぐ効果があります。 3、ラップをかけて、電子レンジで片面3分ずつ加熱する。 この状態で食べやすい大きさにきり、保存容器に入れて1週間保存可能です。 しっとりだし&しっ鶏むね肉 もう1つが和食のプロ橋本さんが考案された、しっとり鶏むね肉とだしの作り方です。 甘酒を使い、煮て作ります。 8リットル 作り方 1、鶏肉は1㎝厚さのそぎ切りにする。 ポリ袋に甘酒と塩を加えてよく混ぜ、鶏肉を加えてもみこんで10分間おく。 2、鍋に1とBのネギ、生姜、水を加えて弱火にかける。 11分経ったら水を止め、蓋をして1時間余熱で火を通す。 冷めたらねぎと生姜は取り除きだしをこして完成です。 保存する場合は密閉容器にだしにつけた状態で保存します。 冷蔵庫に保存し、お肉は3日間、だしは1週間保存可能です。 しっとり鶏むね肉の活用レシピ この下ごしらえをした鶏むね肉を使ったおすすめレシピもご紹介します。 色々な味で楽しめるのがいいですね。 材料 じゃがいも 2個 玉ねぎ 1個 トマト 2個 オクラゆでたもの お好みで レモン汁・こしょう お好みで 鶏だし カップ4 作り方 1、じゃがいもは皮をむき、1㎝厚さの半月切りにする。 玉ねぎは縦半分に切り、1㎝幅に切る。 トマトはヘタを取り、湯むきして4等分にする。 2、鍋にだし、ジャガイモを加えて中火で8月分運煮る。 玉ねぎを加えて5分間煮る。 トマトを加えてさらに5分煮る。 3、粗熱を取り、冷蔵庫で冷やす。 器に盛り付け、オクラを添える。 レモン汁とこしょうをかけていただきます。 その他にも当サイト『』では、鶏むね肉を使ったメニューや生姜焼きのレシピをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。 まとめ 鶏むね肉はお値打ちに買えますし、疲労回復効果も期待できます。 もう1つ、砂糖と塩を混ぜ合わせたブライン液というものに漬け込んで柔らかくする方法もおすすめです。 こちらは漬け込んだ後熱湯に入れて火を止め、じっくりと火を通して鶏ハムにしたり、カツレツにしてもおいしいですよ。

次の

働くママにおすすめ鶏むね肉の時短レシピ10選!しっとりおいしくてお財布にも優しい

鶏 胸 肉 しっとり レシピ

しっとりやわらかくて、美味しい鶏ハム! 安価な鶏胸肉がごちそうに大変身すると、話題沸騰中の料理です。 でもいざ作ってみると、なんだかパサパサ。 全然しっとりじゃない! ということで本日は、パサパサしない美味しい「鶏ハム」の作り方を科学的にご紹介したいと思います。 鶏胸肉で簡単にできる! しっとり美味しい「鶏ハム」を作るための科学 《材料 1人分》• 鶏むね肉 2枚(400 g )• 塩 4 g• 砂糖 4 g 科学1: 塩分濃度は1%!? そして砂糖を使用する 理由とは 人間の体内の塩分濃度は 0. 8~ 0. 9%に保たれているそうです。 つまりここで塩の量は1%というのは、 人間が本能的に美味しいと感じる塩分濃度の目安としているからです。 そして、 砂糖を使用することで、保水効果につながり旨味を逃がさない役割を果たしてくれるのです。 《作り方》 1. 鶏むね肉の皮は剥ぐ。 後で巻きやすいように長さを揃えて切り、観音開きにしてフォークで数ヶ所穴を空ける。 ボールなどに入れ、塩と砂糖を手でもみ込んで馴染ませたら、密封袋へ。 空気を完全に抜き、密封した状態で24時間冷蔵庫で寝かせる。 科学2:熟成時間は 24時間 調味料を揉み込んだ鶏胸肉を、24時間ほどを目安として冷蔵庫で寝かせることで、中まで熟成が進み、しっとりと柔らかくなります。 24時間目安の熟成の過程で、肉のたんぱく質の変化により水分や臭味が抜け、旨みやしっとり感、保存効果が増します。 をラップでキャンディー状に巻き付けて両端を輪ゴムでしばり、お湯の中に入れて30分間茹でたら取り出し、粗熱が取れたら冷蔵庫で完全に冷めるまで(約2時間)冷やし固める。 温度計を持っていない方は沸騰したお湯の中に入れ蓋をしてお湯が冷めるまで茹でてあげると近い効果が生まれます。 冷えて固まった2. を食べたい分だけ切り分ける。 科学まとめ• 塩分濃度は1%• 熟成時間は24時間を目安に• 明治11年創業の老舗ホテル、富士屋ホテルでの修行を積み退社後、ドラマ、映画、舞台などで俳優活動をしながら調理師免許、 フードコーディネーター認定書を取得。 様々な媒体、 フードイベントで活動しているwebコラムでも話題の次世代料理男子。

次の

【材料3つ、鍋ひとつ】簡単すぎる鶏ハム(サラダチキン)レシピ。茹で汁まで美味しい、しっとり胸肉です!

鶏 胸 肉 しっとり レシピ

安い食材で、ささっとつくれて、しかも箸が止まらない! 皆が熱望するレシピを紹介してくれるのは、伝説の家政婦・志麻さん。 訪れた家庭の冷蔵庫にある食材を見事に使い回して、次々と絶品料理をつくるそのスゴ技は、まさに伝説級。 今回は、激安食材の代表格、鶏胸肉を時短で絶品おかずにするレシピを紹介します。 パサつく胸肉は、蒸し煮にすればしっとりと 鶏胸肉は、節約おかずの強い味方ですが、普通に料理するとパサついてしまう…という声も多数。 そんな胸肉も、志麻さんのワザを駆使すれば、しっとりジューシーに仕上がります。 とくに蒸し煮は味が薄まるので、下味をしっかりつける。 鍋にオリーブオイルを熱し、皮目から強火で焼く。 焼き色がついたら返す。 (2)(1)にシメジとエノキをのせ、酒を鍋底全体に広がるくらい加える。 酒がなければ、白ワインや水でもOK。 キノコの水分と少ない酒で蒸すのがポイント。 (3)コンソメを加える。 コンソメは、砕いてから全体に散らすように入れると味が均一に入る。 フタをして弱火で10分蒸し煮する。 (4)レモンは、加熱しすぎると皮の苦味が出るので、仕上げに加えて風味を生かす。 加えたらフタをしてさらに3分蒸す。 市販のレモン汁小さじ1でもOK。 「好みのオイル3に対して酢やレモン汁などの酸味を1加え、塩ひとつまみを混ぜればドレッシングに。 著書に(扶桑社刊)などがある.

次の