楽天銀行 デビットカード visa jcb 変更。 楽天銀行カードと楽天カードの違いを徹底比較!切り替えで手間が2倍に?メリット・デメリットまとめ!

楽天カードのブランド(VISA/MasterCard/JCBなど)の違いを比較!おすすめ&変更方法は?

楽天銀行 デビットカード visa jcb 変更

楽天銀行のデビットカードは、 ポイント還元率1. 0%の圧倒的なお得感を武器にしたデビットカード。 デビットカードとは、銀行のキャッシュカードに 即時決済の機能を備えたカード。 国際ブランドが付いたデビットカードでは、 クレジットカードと同じようにVISAやJCBなどの加盟店で利用する事が出来ます。 そして、楽天銀行デビットカードの場合、 高還元率のクレジットカードと同等のポイントを デビットカードで獲得できる点が魅力! 楽天銀行デビットカードは、クレジットカードと違い借金ではないので、審査の必要性が無く16歳以上であれば誰でも作る事が出来ます。 普段の買い物やネットショッピングもOK また、貯まったポイントは楽天スーパーポイントとして利用できるので、ポイントが無駄にならない特徴にも注目! 楽天銀行デビットカード JCB VISA 年会費 無料 2,160円(税込) ポイント還元率 1. 0% 1. 0% 楽天銀行デビットカードは、国際ブランドVISA・JCBが利用できる加盟店で楽天銀行の口座から 即時払いの決済が可能。 VISAは世界ナンバーワンの国際ブランドであり、JCBは日本発祥の国際ブランド。 基本的には、どちらを選んでも困る事は無いのですが、VISAタイプは 年会費2,160円が発生する点が大きな デメリットとなります。 デザイン面でも、 パンダデザインを選択できるのは JCBだけ! ただし、JCBが利用できないケースのある ヨーロッパや中国等でも使いたい方は VISAが向いていると言えます。 (JCBは日本・ハワイ・韓国など、日本人が多く訪れる地域では問題無し) また、VISAタイプには簡単決済機能である VISAタッチが利用できる点が JCBとの違いとなります。 VISAタッチは、今後 セルフレジや自動販売機などで利用できるケースが増えてくれば、大きなメリットになり得ますが、現状ではあまり認知されていないと言えます。 その為、日本国内での利用がメインの場合は 年会費無料の JCBタイプがおすすめです。 楽天銀行の対応ATM 楽天銀行はインターネットバンキングですが、数多くのATMに対応しています。 コンビニやスーパーなど、ほとんどのATMを利用できる! 対応ATM 設置場所の例 セブン銀行ATM セブンイレブン・イトーヨーカドー・ヨークマート等 イオン銀行ATM イオン・マックスバリュー・ミニストップ等 E-Net ファミマ・スリーエフ・ポプラ等 ローソンATM ローソン 銀行系ATM 三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行 駅のATM JR東日本(ビューアルッテ)・阪急電鉄(PatSat)等 銀行によってはATMの種類によって取引自体が出来ないケースもあるので、 対応ATMが多い点は利便性に大きく影響します。 楽天銀行ATM手数料 ATMからの現金引き出しは、セブン銀行・イオン銀行等で1回あたり 216円の手数料が、それ以外の場合270円となります。 0%を誇るデビットカード。 楽天スーパーポイントとして、ネットショッピングを楽しめる だけではありません! なんと、デビットカードの利用で貯まった楽天スーパーポイントは、キャッシュバックとしてデビットカード利用金額へと充当する事が出来るのです。 その為、VISAやJCBが使えるお店全ての買い物にポイントを割り当てる事が可能! ポイント還元率が高いだけではなく、絶対に無駄にならない ポイントの使い道の広さが楽天銀行デビットカードの魅力と言えるでしょう。 楽天銀行デビットカードを実際に使ってみた! 私が選択したのは、年会費無料でパンダデザインが選択できる JCBタイプのデビットカード。 JCBのマークが表示されているコンビニやスーパーで気軽に使えるので便利です。 使い方は、クレジットカードと同じで会計時に 「1回払いで」といってデビットカードを渡せばOK。 デビットカードの場合、口座からの引き落としが即時払いとなるので使いすぎる心配がありません。 また、 利用手数料などは一切かからないので、クレジットカードよりも安心感があります。 使ったその場で銀行から引き落としされる 楽天銀行の スマホアプリを入れておけば、常に口座の状況を確認できるので便利です。 また、デビットカードを利用した際は通知メールを受け取る事も出来るので、悪用対策も万全! デビットカードは少額の利用でも問題ないので、ポイントが貯まりやすい特徴を生かす事で、節約にもつながると感じました。 使ってわかった楽天銀行デビットカードのデメリット 楽天銀行のデビットカードは、圧倒的な ポイント還元率と絶対に無駄にならない ポイントの使い道。 この点だけ見ると 最強のデビットカードとも言えるのですが、注意点もあります。 それは、上記でも記述しているように ATMの引き出し手数料がネックになると言えます。 半年間の無料期間がありますが、1回の引き出し手数料が216~270円。 楽天銀行の場合 ATM手数料の金額が大きいので、例えば月に何度もATMを利用する方の場合、いくらポイント還元率が良いといっても 大幅な赤字になってしまいます。 216円の手数料をポイントで補てんするには、2万円以上の買い物が必要・・ 月3回もATMを利用すれば、手数料だけで毎月600円以上の出費となってしまいます。 その為、 ATMからの引き出し回数が多い人は、ポイント還元率よりもATM手数料を重視すべきなのです。 楽天銀行を利用する際はATMからの引き出しを極力抑え、 デビットカードを上手に活用する事が必要になってきます。 楽天銀行デビットカードまとめ 楽天銀行デビットカードは、数あるデビットカードの中でも 高いポイント還元率を武器とした人気カード。 対応ATMの種類も多く、ポイントの使い道に無駄が無いのでお得なデビットカードだと言えます。 但し、 ATM引き出し手数料がネックとなるので、その点には注意が必要! その為、楽天銀行はデビットカードを上手に活用する為の サブバンクとしての利用で強みを発揮できると言えます。 年会費 ポイント還元率 ポイント交換先 無料(JCBブランド) 1. 0% 楽天スーパーポイント(キャッシュバック) 対応ATM ATM引き出し手数料 国際ブランド コンビニ・スーパー・銀行他多数 216円~ VISA・JCB.

次の

【楽天デビットカード】待望のVisaが出た!JCBからの切り替え方法と、使用歴3年のわたしがVisaへ切り替えた理由とは…?|ふっころぐ

楽天銀行 デビットカード visa jcb 変更

年会費無料• 基本還元率が高い• 特定店舗で高還元• スピード発行• 審査の間口が広い• 海外旅行傷害保険• 国内旅行傷害保険• 空港ラウンジ• 優待が豊富• ポイント期限なし• ETCカード• 電子マネー 楽天銀行デビットは、国際ブランドをJCB・VISAのどちらかから自分の好みに合わせて選ぶことができるのが特徴です。 楽天銀行はJCB・VISAどちらもポイント還元率が1. したがって、特典内容をそれぞれ吟味して選ぶといいでしょう。 またVISA限定ですが、シルバーデビット・ゴールドデビットの発行もでき、特典が豪華になっています。 記事内で詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね。 楽天銀行デビットは、還元率が高いだけでなく特典や保険も付帯しているので、コストパフォーマンスが高いデビットカードだよ! 楽天銀行デビットの概要を紹介 楽天銀行デビットは、楽天銀行が発行するデビットカードのことです。 デビットカードはクレジットカードと違い、支払ったらその場で口座から引き落とされるのが特徴です。 主に次のメリットがあります。 口座から即時決済なので、お金の管理がしやすい• 国内外でクレジットカードと同じように利用できる• 支払いごとにメールで知らせてくれる• クレジットカードのような審査がない では楽天銀行デビットの概要を、ざっくりとご紹介していきましょう。 楽天銀行デビットは、JCBかVISAのどちらかを選べる 楽天銀行デビットは、JCBかVISAのどちらかを発行時に選ぶことができます。 JCB・VISAはどちらも世界5大クレジットカードブランドと謡われ、高い決済力を誇る国際ブランドです。 JCBは世界190の国、約3,300万の加盟店で買い物ができます。 VISAは世界200以上の国・地域に約4,000万もの加盟店があり、どちらも国内外で申し分なく決済可能です。 ただし海外だとJCBでは決済できない店舗も多いので、海外に行く機会が多い方はVISAを選んだ方がいいでしょう。 楽天銀行デビットは4種類!JCBとVISAベーシックは年会費無料 楽天銀行デビットには、選べる種類が4つあります。 種類ごとの年会費は、次の表のとおりです。 種類 年会費 JCB 無料 VISAベーシック 無料 VISAシルバー 2,000円(税別) VISAゴールド 5,000円(税別) JCBとVISAベーシックは、無条件で年会費が永年無料です。 VISAシルバーとVISAゴールドは年会費が発生する分、付帯特典や保険がJCB・VISAベーシックよりも充実していますよ。 楽天銀行デビットの申し込みは誰でも簡単にできる 楽天銀行デビットの申し込み条件は、次のとおりです。 日本国内に在住する16歳以上の個人• 楽天銀行の普通預金口座を所有 デビットカードには、クレジットカードような審査はないので、高校生やに自信がない方でも問題なく発行できます。 楽天銀行の口座を持っていれば、次の3項目を入力するだけで申し込みは完了。 国際ブランド• ローマ字氏名• カード暗証番号 JCB限定でパンダデザインを選ぶこともできますよ。 楽天銀行デビットカードは、どの種類も選んでもポイント還元率は1. だから付帯特典・保険よりも還元率重視の場合は、JCBかVISAベーシックを選ぶといいよ。 還元率は1. VISAシルバー・VISAゴールドを選んでも、1. 還元率1. ほかのデビットカードと比べても、年会費無料で還元率が1. デビットカードの還元率と年会費比較 カード名 年会費 還元率 ミライノデビットPLATINUM 10,800円(税込) 1. 2~0. 25~0. ミライノデビットPLATINUMは還元率が1. 還元率重視でお得なデビットカードを所有したいなら、圧倒的に楽天銀行デビットがおすすめですよ。 楽天スーパーポイントが超お得! 楽天銀行デビットは、どの種類を選んでも利用ごとに貯まるポイントは、というポイントです。 楽天スーパーポイントは交換だけでなくデビットカードの支払いにも充てることができ、汎用性が非常に高い仕様となっています。 また多くの加盟店で利用することができ、代表的な加盟店は次のとおりで、飲食店から家電量販店、引っ越し業者など、日常のあらゆるシーンで楽天スーパーポイントを利用できます。 また上記の加盟店では、利用するだけでなくカードを提示するだけでポイントを貯めることができるのです。 つまり、「楽天銀行デビットの決済」+「楽天銀行デビットの提示」の二重取りができるということ。 どちらも還元率は1. スーパーポイントアッププログラムでさらに還元率アップ! 楽天にはスーパーポイントアッププログラム(以下SPU)というサービスがあり、楽天の各サービスを利用することで還元率をさらに上げることができます。 ポイントアップ条件の詳細は、次のとおりです。 SPUのポイントアップ条件 サービス 達成条件 還元率 楽天市場アプリ 楽天市場アプリでショッピング +0. 5倍 楽天でんき 加入&利用 +0. 5倍 楽天証券 月1回500円以上のポイント投資 +1倍 楽天モバイル 通話SIMの利用 +2倍 楽天TV 楽天TVのNBAまたは、パ・リーグSpecial加入・契約更新 +1倍 楽天ブランドアベニュー 月1回以上ショッピング +1倍 楽天ブックス 月1回1注文1,000円以上ショッピング +0. 5倍 楽天kobo 電子書籍を月1回1注文1,000円以上ショッピング +0. 5倍 楽天トラベル 対象サービス・対象期間の利用 +1倍 楽天ビューティ 月1回1,500円以上の利用 +1倍 楽天のサービスを利用すればするほど、ポイント還元率が増加していきます。 同じジャンルの別サービスを利用しているなら、楽天に乗り換えるだけでポイントが増えるのでより節約可能です。 また楽天スーパーセールやお買い物マラソンという期間限定のイベントを利用することで、さらにポイント還元率をアップさせることもできます。 詳しくは次の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。 楽天スーパーポイントは電子マネーチャージでは付与されない 楽天スーパーポイントは非常に便利ですが、電子マネーチャージではポイント付与されないという注意点もあります。 nanacoであればチャージはできますが、楽天Edyを含む電子マネーはチャージすらできません。 電子マネーの利用をする場合は、クレジットカードを利用しましょう。 楽天はポイントをたくさん貯めるためのイベントやサービスが目白押し!ほかのどのデビットカードよりも、お得にポイントを貯められるよ! 楽天銀行デビットJCBカードの特典 楽天銀行デビットは、JCBの方が付帯特典や保険が充実しています。 その特典の内容は、次のとおりです。 楽天銀行デビットの付帯特典• JCBプラザ・JCBプラザラウンジを利用できる• アメリカ本土の旅行限定で、チャット相談サービスを利用できる• ハワイのワイキキ・トロリーのピンクラインに無料で乗車できる では、それぞれ解説していきましょう。 JCBプラザ・JCBプラザラウンジを利用できる 楽天銀行デビットは、JCB会員のみJCBプラザ・JCBプラザラウンジを利用することができます。 項目 内容 JCBプラザ 海外に設置されたサービス窓口のこと。 世界60ヶ所に設置されており、JCB加盟店の予約や観光で困ったことなどを日本語で対応してくれる。 JCBプラザラウンジ JCB会員専用の、自由にくつろげるラウンジのこと。 一部の主要都市限定で設置されている JCBプラザラウンジが設置されている都市は少ないですが、受けられるサービスが多いので海外旅行では重宝するサービスでしょう。 JCBプラザラウンジのサービス内容• インターネット・プリントアウト無料サービス• 日本語新聞・雑誌の閲覧• 現地ガイドブック、情報誌の閲覧• 無料ドリンク• マッサージ機• レンタル傘サービス• 荷物の当日中一時預かりサービス このようにJCBプラザラウンジは、カードラウンジ並みの待遇を受けられます。 アメリカ本土の旅行限定のチャット相談サービス JCBのLINEアカウントと友達になることで、アメリカ本土の旅行限定でチャット相談をすることができます。 チャット相談でできるのは、次のサービスです。 JCB会員限定のお得な優待情報• 海外での安心・安全サポートサービスの紹介• 現地での日本語対応のJCBプラザ• JCBで決済できるレストランの予約ができる• おすすめのレストランを教えてくれる• 今いる場所から目的地までの交通手段を教えてくれる• 観光地をどのように周るかアドバイスしてもらえる• アメリカ旅行に関するよくある質問を教えてもらえる 「アメリカ本土の旅行」という限定的な状況でしか利用できないものの、幅広いサービスを受けられるのは大きなメリットと言えます。 また、LINEで気軽に相談できるのも嬉しいですよね。 利用方法はJCBのLINEページからメニューで希望のサービスを選択し、予約したり質問したりするだけ。 アメリカ本土を旅行する際は、ぜひ利用してみてくださいね。 ハワイのワイキキトロリーが無料で乗車できる ワイキキトロリーとは、ハワイのホノルルをのんびり走るバスのこと。 本来は1日乗り放題で約4,000円のチケットを支払う必要がありますが、楽天銀行デビットのJCB会員ならカードを見せるだけで無料乗車できます。 ハワイ旅行の際は、使わないと損ですね。 JCBは決済力こそVISAに劣るものの、特典がしっかり付帯しているからおすすめだよ。 楽天銀行デビットVISAカードの特典 楽天銀行デビットVISAカードは、ベーシック・シルバー・ゴールドと3種類あり、それぞれ付帯特典に違いがあります。 まずは、VISAベーシックでも利用できる特典からご紹介していきましょう。 楽天銀行デビットVISAベーシックの特典• タッチ決済 VISA payWave を利用できる• 楽天ペイが利用できる タッチ決済 VISA payWave を利用できる VISAのタッチ決済とは、VISA社が提供する非接触型ICカードを専用端末にかざすだけで支払いができる機能のこと。 利用できる店舗は年々増えており、国内外約200の国と地域で利用できます。 とくに海外旅行では、店員さんにカードをスキミングされる恐れもあるので、タッチ決済ができると安心です。 次のマークがあれば、タッチ決済に対応しています。 タッチ決済なら、カード決済よりもさらにスピーディで安全に決済できますね。 楽天ペイでポイントを有効活用 楽天ペイとは、専用アプリによる決済ができるサービスのこと。 楽天ペイを利用すれば、別途200円ごとに1ポイント貯まったり、ポイントのみで全額決済できたりするメリットがあります 楽天銀行デビットの種類の中では、VISAのみ利用できるサービスです。 加盟店は続々と増えており、多くのお店やサービスで利用できますよ。 街にある加盟店 上記以外にも、利用できる店舗はまだまだあります。 楽天ペイのサイトに検索機能がついているので、利用の際は検索してみましょう。 楽天ペイについては、次の記事で詳しく解説しているので参考にしてくださいね。 VISAは決済がラクになる特典が多いね。 楽天ペイは獲得ポイントがアップするから、ポイント重視ならVISAを選ぼう! VISAシルバー・VISAゴールドの特典 楽天銀行デビットのVISAシルバーとVISAゴールドは、年会費が発生するため特典も豪華です。 VISAシルバー・VISAゴールドの特典• レンタカー料金が15%OFF• 会員限定のワインを購入可能• ホテル予約ごとにマイル・ポイントがもらえる• 空港宅配が特別料金で利用可能• ではそれぞれご紹介していきましょう。 レンタカー料金が15%OFF!VISAプレミアムカーレンタル VISAプレミアムカーレンタルとは、ニッポンレンタカーの一般料金から約15%OFFで利用サービスのことです。 メルセデス・ベンツやBMWなどの高級車が、割引料金で利用できますよ。 北海道から沖縄まで、全国47都道府県の対象営業所で利用可能です。 会員限定のワインを購入可能!ザ・ワイン・コンコルドクラブ ザ・ワイン・コンコルドクラブとは、「ベージュアラン・デュカス東京」や「ピエール・ガニェール・ア・東京」など、多くの有名レストランの総支配人を歴任した渋谷康弘氏が主宰する完全会員制ワインクラブのことです。 会員限定で厳選された数々のワインを購入することができます。 ホテル予約でマイル・ポイントがもらえる!KALIGO KALIGとは、対象のロイヤルティープログラムから予約してホテルに宿泊することで、最大10,000マイル・ポイントを獲得できる特典です。 楽天銀行デビットVISAシルバー・VISAゴールドで支払いをすることが、マイル・ポイント贈呈の条件になっています。 旅行の際は、KALIGOからホテル予約をするだけでマイルやポイントが貰えるので、非常にお得ですね。 空港宅配が特別料金で利用可能!VISAゴールド宅配 VISAゴールド宅配とは、国際線フライトを利用する際、空港から自宅まで格安料金で荷物配送してくれる特典のこと。 料金設定は次のとおりです。 基本料金:1個500円• 空港から自宅まで:1個500円、2個目以降15%OFF• 自宅から空港まで:1個目から15%OFF 対象の空港は、成田空港、羽田空港国際線ターミナル、中部国際空港、関西国際空港が設定されています。 国内旅行で飛行機を利用する際は、ぜひ利用してくださいね。 」を、お得な優待価格で利用できる特典のこと。 特典内容は次のとおりです。 だからステータス重視でない場合は、VISAシルバーでも十分だよ! 楽天銀行デビット全種類共通の機能 楽天銀行デビットには、全種類共通で利用できる機能もあります。 楽天銀行デビット全種類共通の機能• 本人認証サービスが利用できる• 海外で現地通貨を引き出せる それぞれ解説していきましょう。 自分で任意に設定できるパスワード認証を追加することで、第三者による不正利用を防止できます。 海外で現地通貨を預金引き出しできる 楽天銀行デビットは、海外のATMで現地通貨の預金引き出しができます。 利用限度額は、1日あたり最大20万円です。 JCBは「Cirrus」、VISAは「PLUS」マークがついているATMが対象。 手数料はJCBやVISAが定めたレートに、3. しっかりチェックしてから利用しましょう。 また自分が海外にいるときでも、日本から口座に入金があれば現地で引き出すことができますよ。 JCB・VISAどちらを選んだとしても、これだけの機能を利用できるのは嬉しいよね。 楽天銀行デビット付帯保険 楽天銀行デビットには、保険も付帯しています。 楽天銀行の付帯保険• 不正利用補償• ショッピング保険(VISAシルバー・VISAゴールドのみ)• 海外旅行傷害保険(VISAゴールドのみ)• 国内旅行傷害保険(VISAゴールドのみ) それぞれ解説していきます。 不正利用補償は全種類に付帯し、補償限度額は100万円 不正利用補償は、楽天銀行デビット全4種すべてに付帯します。 もしカードを紛失したり盗難に遭ったりして不正利用されたとしも、被害額を補償してくれる保険です。 不正利用補償の詳細は、次のとおりです。 不正利用補償の詳細 項目 概要 補償限度額 100万円 適用期間 楽天銀行に通知をしてから30日前以降、受理された日から60日後までの91日間に行われた不正利用による損害 ただし本人に過失があると認められた場合は、補償を受けられない可能性があるので注意してください。 過失があると認められるのは、次のケースが考えられます。 友人や恋人にデビットカードを貸与した• 第三者に暗証番号を教えた• 財布など分かりやすい場所に暗証番号をメモしていた 過失さえ認められなければ、万が一の際に大切なお金が戻ってくるので安心ですね。 【シルバー・ゴールド限定】ショッピング保険は最高100万円補償! VISAシルバーとVISAゴールド限定で、ショッピング保険も付帯します。 ショッピング保険とは、楽天銀行デビットで購入した商品が、盗難・損壊・火災による焼失などで損害を受けた場合、補償してくれる保険です。 ショッピング保険の詳細は次のとおりです。 【ゴールド限定】海外・国内旅行傷害保険は最高1,000万円補償される VISAゴールド限定で、海外・国内旅行傷害保険が付帯します。 付帯内容は次のとおりです。 海外旅行傷害保険の付帯内容 項目 最高補償額 傷害死亡・後遺障害 1,000万円 傷害治療費用 100万円 疾病治療費用 100万円 賠償責任 1,000万円 救援車費用 100万円 国内旅行傷害保険の付帯内容 項目 補償額 傷害死亡・後遺障害 1,000万円 傷害入院保険金日額 3,000円 傷害通院保険金日額 2,000円 このように、国内・海外旅行傷害保険もしっかり補償されています。 しかし、補償額はいずれも年会費無料のクレジットカードと同等レベルなので、保険目的だけであればわざわざVISAゴールドにする必要はないかもしれません。 VISAゴールドデビットを発行するなら、その他の特典なども総合的に考慮して判断しましょう。 楽天銀行デビットだけでなくクレジットカードも保有しているなら、海外・国内旅行傷害保険は付帯しているはずだ。 だから不正利用補償が付帯しているJCB・VISAベーシックでも全然OKだよ! 楽天銀行デビットの基本情報 カード情報 JCB VISA ベーシック VISA シルバー VISA ゴールド 年会費 無料 無料 2,000円(税別) 5,000円(税別) 発行手数料 無料 無料 無料 無料 還元率 1. JCB・VISAから好きなものを選ぶことができ、VISAシルバーやVISAゴールドを選べば付帯保険・特典を充実させることもできます。 楽天銀行デビットは還元率が1. 楽天スーパーポイントは汎用性が高く、多彩な交換プログラム、支払いへの充当など幅広い利用方法があります。 またスーパーポイントアッププログラムや、楽天スーパーセールなどのイベントで、ポイント還元率を数倍まで増幅することも可能です。 使い方次第では、クレジットカードをしのぐ還元率を享受できますよ。 楽天銀行デビットをうまく使いこなしてみてくださいね。

次の

楽天銀行デビットカードは本当に最強なのか?使って分かった特徴とは

楽天銀行 デビットカード visa jcb 変更

おすすめの楽天銀行のデビットカード おすすめするデビットカードは、楽天銀行が販売しているJCBブランドの「 楽天銀行デビットカード(JCB)」のご紹介です。 楽天銀行の楽天銀行デビットカード(JCB)は、キャッシュカードの機能が付帯された一体型のデビットカードです。 カードデザインは2種類が準備されており、 通常デザインの「楽天銀行デビットカード(JCB)」と 「お買いものパンダ」デザインの楽天銀行パンダデビットカード(JCB)です。 楽天銀行の楽天銀行デビットカード(JCB)の申込可能な対象者 楽天銀行の「楽天銀行デビットカード(JCB)」は、 満16歳以上で楽天銀行に総合口座または普通預金口座を持っている日本国内に居住されている個人の方が、本人カード会員の申込対象者になります。 デビットカード発行に伴う審査は不要のため、クレジットカード審査に不安を持っている人または自己破産や債務整理の経歴がある人でも、申込みしやすいデビットカードになっています。 楽天銀行の手数料 楽天銀行の「楽天銀行デビットカード(JCB)」カード年会費は無料 楽天銀行の「楽天銀行デビットカード(JCB)」カード会員の初年度および翌年度のカード年会費は 無料となっています。 カード発行手数料ももちろん無料 楽天銀行の「楽天銀行デビットカード(JCB)」の新規カード発行手数料、再発行手数料ともに 無料です デビットカード切り替え手数料 デビット機能付キャッシュカードを「楽天銀行パンダデビットカード(JCB)」へ切替の場合、発行手数料として 税込540円が必要です。 一度引落をした発行手数料の払戻しはできないことに注意してください。 楽天銀行のATM手数料 楽天銀行の入出金に伴う各ATM手数料は、ATM利用1回につき 0円〜270円のATM手数料が発生いたします。 セブン銀行、イオン銀行、PatsatATMの利用手数料 ATM手数料 無料回数(口座開設6ヶ月間限定) 無料回数(会員ステージ) 出金 無料〜216円 最大5回 最大7回 入金(3万円以上) 無料 ー ー 入金(3万円未満) 無料〜216円 最大5回 最大7回 E-net、ローソン、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ビューアルッテATMの利用手数料 ATM手数料 無料回数(口座開設6ヶ月間限定) 無料回数(会員ステージ) 出金 無料〜270円 最大5回 最大7回 入金(3万円以上) 無料 ー ー 入金(3万円未満) 無料〜270円 最大5回 最大7回 楽天銀行の各種振込手数料 振込金額・振込宛先(楽天銀行、他行)・振込方法に応じて、 0円〜165円の振込手数料が必要になります。 楽天銀行 他行(3万円未満) 他行(3万円以上) 通常振込・振込予約 無料 165円 258円 ゆうちょ銀行本人名義口座への振込 165円 165円 165円 Viberで送金 無料 165円 165円 かんたん振込(メルマネ) 無料〜165円 ー ー Facebookで送金 無料 165円 165円 国内ショッピング利用 国内1,000万店のJCB加盟店で利用可能 「楽天銀行デビットカード(JCB)」は、約1,000万店の 国内JCB加盟店で国内ショッピングに利用できます。 国内ショッピングの利用限度額は制限無し 会員用WEBサービス「 My JCB」から設定可能上限額まで利用限度額変更が可能です。 なお、変更手続きは 1日1回のみです。 設定可能上限額 初期設定 1回 制限無し 制限無し 1日 制限無し 制限無し 海外ショッピング利用 海外JCB加盟店で利用可能 楽天銀行の「楽天銀行デビットカード(JCB)」は、世界190国2,300万店の 海外JCB加盟店で海外ショッピングに利用できます。 海外ショッピングの利用限度額は制限無し 会員用WEBサービス「 My JCB」から設定可能上限額まで利用限度額の変更可能です。 なお、変更手続きは 1日1回のみです。 設定可能上限額 初期設定 1回 制限無し 制限無し 1日 制限無し 制限無し 海外利用時に発生する手数料 JCBが定める基準レートに 海外事務手数料(3. 海外ATMから現地通貨引出し可能 楽天銀行の「楽天銀行デビットカード(JCB)」は、海外の「 JCB」または「 Cirrus」マークのある海外ATMから現地通貨を引き出することが可能です。 海外ATM現地通貨引出しの限度額は最大20万円 会員用WEBサービス「 My JCB」から設定可能上限額まで利用限度額の変更が可能です。 なお、変更手続きは 1日1回のみです。 「支払方法」の選択が必要な場合、「 一回払い」を選択するようにしてください。 「楽天銀行デビットカード(JCB)」が使えない主な場合 「楽天銀行デビットカード(JCB)」は、高速料金、楽天Edyへのチャージ(入金)登録、ガソリンスタンドでのお支払い(10,000円以上の普通預金口座残高が無い場合)など一部利用できない場合があります。 利用前に、をご確認ください。 利用と同時にメール送信 「楽天銀行デビットカード(JCB)」を利用すると同時に、指定の「サービス用メールアドレス」に利用通知メールが送信されます。 利用通知メールが送信されることによって、利用状況の把握ができ、万一の 不正利用の早期発見につながるります。 お得な各種特典 デビットカード利用で楽天スーパーポイントバックの特典 「楽天銀行デビットカード(JCB)」の国内ショッピングと海外ショッピング利用額に応じて、 100円につき楽天スーパーポイント1ポイントが付与されます。 楽天スーパーポイントは、1ポイント=1円として デビットカードの国内・海外ショッピングで支払いに使うことができます。 海外ATMでの現地通貨引き出しの利用分につきましては、キャッシュバックの対象外です。 楽天スーパーポイントの付与には、「楽天会員リンク登録」(ハッピープログラムへのエントリー)が完了していることが必要です。 国内・海外のショッピング保険・旅行保険の特典は未付帯 「楽天銀行デビットカード(JCB)」は、ショッピング保険、旅行保険ともに国内、海外における特典は 未付帯である点に注意が必要です。 不正利用損害補償の特典が付帯で安心 「楽天銀行デビットカード(JCB)」の偽造、紛失、盗難等で第三者による 不正利用の損害が発生した場合、連絡日から 60日前に遡って、その日以降に発生する不正利用損害補償の付帯特典があります。 楽天銀行のデビットカード(楽天銀行デビットカード(JCB))のメリット 楽天銀行の楽天銀行デビットカード(JCB)のデメリット• 家族カードの追加発行ができない• 国内、海外旅行保険付帯特典なし• ショッピング保険付帯特典なし 楽天銀行のデビットカードのまとめ 商品名 楽天銀行デビットカード(JCB) 発行金融機関 楽天銀行 国際ブランド JCB 利用対象者 国内居住の16歳以上で普通預金口座を持っている個人 家族カード なし 年会費 初年度:0円、翌年度以降:0円 カード発行手数料 新規発行:0円、再発行:無料 ATM手数料 0円(月5回)〜275円 振込手数料 0円〜168円 引落可能通貨 円預金のみ 1日あたり利用限度額 海外ATM現地通貨引出:20万円 海外ショッピングの手数料 VISAが定める基準レートに海外事務手数料(3.

次の