目の下 の たるみ 原因。 目の下のたるみの予防と改善・解消!全てが学べる7つのポイント

目の下のたるみの原因と解消はこれ!おすすめの人気アイクリーム7選 & ポイントメイクリムーバー3選ご紹介!|live.t4g.org|新作・人気コスメ情報なら FAVOR(フェイバー)

目の下 の たるみ 原因

Contents• 目の下のたるみの原因は加齢だけじゃない? 目の下がたるんでしまう原因の1つに、 『加齢』があります。 特に、 ミドル世代と言われる男性(30歳~54歳)は、 加齢による顔の変化を感じているのではないでしょうか? しかし、目の下がたるんでしまう原因は、『加齢』だけではありません。 若い世代でもたるんでしまう可能性はあるので、早い内から原因を知って対策・予防をしていく必要があるのです。 また、すでに目の下がたるんでしまっている男性でも、スキンケアとマッサージを取り入れることで、改善できる可能性もあります。 諦めずに、目の下のたるみを解消していきましょう。 男性の目の下のたるみの原因とは? 男性の目の下のたるみは、様々な原因が考えられます。 その原因を9つあげてみました。 これらの原因にあてはまるはどうか確認してみてください。 これは、加齢とともに肌のハリや弾力が失われていくため、特に表情筋を鍛えたりしていなかった人は顕著に表れるでしょう。 誰でも加齢によって肌のたるみは出てくるものですが、 若い時から予防している人は加齢による目の下のたるみを抑えられます。 これまで何もしてこなかった人は、これからスキンケアや表情筋トレーニングを取り組んでいくことで、ある程度は進行を抑えられます。 とにかく 早く取り組んだ方がいいでしょう。 その結果、 脂肪を支えきれなくなり、 目の下がたるんでくるのです。 表情筋は実はあまり使われていないことが多く、意識して動かさないと鍛えられません。 特に仕事などで 「渋い表情」をしてしまっている人は要注意です。 ネガティブな表情というのは、 無駄にシワを作ってしまい、目の下のたるみと合わせて余計に老けた顔になってしまいます。 動かすべき表情筋を鍛え、ネガティブな表情は意識的にしないように心がけましょう。 肌のハリや弾力が低下する原因は加齢もありますが、 紫外線を浴び続けることでも低下していきます。 男性の場合、 スキンケアや UV対策(紫外線対策)をあまりしていな人が多いので、女性に比べて目の下がたるみやすいといえます。 しかも紫外線は夏の暑い季節にだけ降り注ぐものではありません。 1 年中降り注いでいるので、UVケアは毎日行うことが大切なのです。 押し出された脂肪(眼窩脂肪)は、「なみだぶくろ」とも呼ばれますが、それが原因で目の下がたるんで見えてしまうのです。 さらに、その脂肪を支えきらなくなると、重力に引っ張られてしまうので、目の下のたるみになります。 また、スマホゲームやSNSで、1日中スマホを見ている人も多いはず。 そのような人たちは注意が必要です。 PCやスマホを長時間見ているということは、その分目の筋肉を使っていることになります。 そうなると、筋肉が硬直し血行が悪くなります。 その結果、 老廃物が溜まりやすくなり、目の下のたるみへとつながってしまうのです。 これは、肌のハリや弾力を生み出している コラーゲンが紫外線により破壊されたり、 コラーゲンやヒアルロン酸を生み出す働きを低下させるためです。 ハリや弾力を失うことで、目の下だけにかかわらず、肌全体がたるんでしまいます。 上述しましたが、紫外線対策は1年中必要なのですぐにでも対策を始めていきましょう。 そのため、手でこすったり摩擦を与えてしまうと傷みやすいのです。 特に、 毎日行っている洗顔 方法が間違っていると、 逆効果にもなりかねません。 正しい方法でしっかりとケアしていくことが大切です。 また、洗顔後やお風呂上がりにタオルで顔を拭く時に、ゴシゴシと拭いてしまっていませんか? ついついやってしまっている男性も多いかと思いますので、こすらないように注意しましょう。 目元の皮膚は1番薄いので、紫外線の影響も出やすいです。 また、花粉症の人などは 目をこすったりすることもあるでしょう。 摩擦により肌が荒れてしまい、乾燥しているかもしれません。 そんな人は、 毎日の保湿ケアとUVケアを取り入れていった方がいいでしょう。 保湿ができていないということは、肌のバリア機能が弱くなっている状態なので紫外線などの外部刺激の影響で、ハリや弾力が低下しているかもしれません。 その状態が長く続いていると、肌はどんどんたるんでしまいます。 日頃から洗顔だけしかしていない男性も多いと思いますが、 洗顔後は肌は乾燥しやすいのです。 毎日洗顔後には、必ず保湿ケアも一緒におこないましょう。 目の下はたるみは第一印象に大きく関係している? つまり、目元の状態でその人の第一印象を決定している可能性が高いということです! 人は相手の目元周辺を1番見ている 人は相手の目元付近を1番見ているということが実験で分かっています。 で、視線計測という実験です。 目の下のたるみは不健康に見えてしまう イメージしてみるとわかると思いますが、 目の下がたるんでいると不健康に見えてしまいます。 これは、 目の下がたるむことでクマのような影ができてしまい、その結果 不健康そうに見えてしまうわけです。 また、目の周辺がたるんでいることで、 目力がないように見えてしまうこともあります。 人の印象を大きく左右してしまう 『目元』は、よくも悪くも大きく影響するのです。 目の下のたるみは老け顔に見えてしまう 目の下のたるみは、 老け顔にも見えてしまいます。 実際に私もそうなのですが、同じ年齢の人や少し年上の人と比べても老けて見られてしまいます。 それを自分自身が自覚してしまうことで、コンプレックスを感じてしまい、自信を持てなくなってしまいます。 自信を持てないというのは、表情にも表れてしまいますので 余計に老け込んで見えてしまうのもです。 男性の目の下のたるみを解消するには? では、目の下のたるみを解消するための具体的な方法をみていきましょう。 毎日の生活の中で、少しだけ気を付けていけば解消につながるものもありますし、意識的に取り入れたい解消法もあります。 まずは、 すぐにでも始められることから取り入れていきましょう。 『とにかく目の下のたるみをどうにかいしたいッ!』という人は、次の4つの解消法を実践してみてください。 肌トラブルの大きな原因は 『肌の乾燥』にあります。 毎日スキンケアをおこない、保湿対策をすることでハリ不足を解消したり潤い不足を改善できます。 洗顔しかやっていなかったという人は、 洗顔後に保湿ケアを必ず取り入れるようにしてください。 保湿対策の仕方がわからない人は、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。 fa-check-square-o男性の目の下のたるみの原因は複数ある。 fa-check-square-o男性の目の下のたるみは、不健康に見えたり老け顔に見える。 fa-check-square-o男性の目の下のたるみを改善するには、保湿ケア・紫外線ケア・マッサージ・目の休息が大切 男性の目の下のたるみには、『加齢』だけではなく、様々な原因がります。 毎日の生活中で、スキンケアやマッサージを取り入れていくことで、少しでも改善することができます。 とにかくできることからすぐに始めてみることが大切です。 目の下のたるみが解消されることで、顔の印象は大きく変わってきますので、ぜひ取り入れてみてくださいね!.

次の

美容外科医が教える!目の下のたるみ2つの原因と3つの解消法

目の下 の たるみ 原因

目の下のたるみに即効性のある方法は? そもそも目の下のたるみをすぐ治せる方法はありません。 少しでも早く治すには、自分が目の下のたるみを作り出している原因に正しくアプローチすることがポイントです。 まずは、目の下のたるみの原因から解説するので、自分がどれに当てはまるのかをチェックしてみてください。 目の下のたるみの原因 最近目の下がたるんできたと感じることはないでしょうか。 目の下がたるむと、顔の印象が一気に変わってしまい、年齢以上に老けて見えてしまうこともあります。 一度目の下がたるみ、それを放置していると悪化してしまう可能性もあります。 この目の下のたるみは、様々な原因によって引き起こされますが、どのようなものになるのでしょうか。 あなたにも当てはまる部分があると思いますので、1つ1つチェックしていきましょう。 目の下のたるみの原因• 筋肉の衰え• 肌の弾力が落ちている• 眼球の下の脂肪• 紫外線• 誤ったセルフマッサージ 加齢 まずひとつめの原因として挙げられるのは、加齢です。 若い頃は特に違和感はなかったのに、ある年齢になってから急に眼の下がたるんできてしまったという人も多いと思います。 年齢により体のあらゆる部分が衰えてきますが、目の下についても同様です。 わかい頃と比較すると、目の下のたるみをはじめ、顔全体が下に垂れ下がってしまう傾向にあります。 年齢による衰えというのは、ある程度避けられないところではありますが、エイジングケアを行うことで少しでも劣化を遅らせることは可能です。 筋肉の衰え 顔にもいくつもの筋肉が存在しており、特に目の下のたるみに影響を与える筋肉が、表情筋です。 顔の皮膚は表情筋によって支えられていますが、表情筋が衰えることにより、顔の皮膚が下に垂れ下がっていきます。 筋肉は加齢によっても衰えますが、その他にも、普段から表情に乏しい方も若いうちから表情筋が衰えてしまうこともあります。 日本人は外国の人と比べても表情が乏しいとされており、またコミュニケーションが希薄になってしまってしまうことで、若くても目の下がたるんでしまうということもあります。 まずは積極的に人とコミュニケーションをとるというだけでも、たるみの対策につながります。 肌の弾力が落ちている 肌の弾力を維持しているのは、皮膚内に存在するヒアルロン酸やコラーゲンです。 年齢を重ねていくにつれて、これらの成分が減少していき、それが原因で目の下を含んだ肌全体のたるみが生じてしまいます。 ヒアルロン酸やコラーゲンが減少してしまうのは、これらを生み出す細胞である線維芽細胞という細胞が衰えてしまうのが要因です。 男性の場合、女性と比較すると肌に対する美容や健康に対する意識が低い傾向にあります。 日ごろから顔のチェックを行い、以前と変化がないかどうかを確認することも大切です。 眼球の下の脂肪 目の下のたるみが、脂肪であるということも考えられます。 目の下の部分、涙袋とも呼ばれる部分がブヨブヨと大きくなっている場合は、ここに脂肪が溜まっている状態にあります。 涙袋の正式名称を、眼窩脂肪(がんかしぼう)といいますが、目の下がたるんでいるひとは、この眼窩脂肪が膨らんでしまうと、目の下がたるんで見えてしまいます。 これも加齢が原因となることが多く、年齢を重ねるに連れて眼球を支える力が衰えていき、どんどん眼球が下に下に下がっていきます。 眼球が下に垂れ下がることにより、眼窩脂肪が押し出され、それによって目の下がたるんで見えてしまうということになります。 疲労 眼球の疲労も目の下のたるみの原因となります。 日ごろから仕事でパソコンを使う人は多いと思いますし、また最近ではスマホの普及により、用がなくてもついついスマホを見てしまったり、寝る前にいじっていたらいつの間にか長時間画面を眺めていたということもあります。 パソコンやスマホを長時間見ていることにより、眼球の周囲の筋肉が硬直し、それにより眼球の血流が悪化します。 血流の悪化は老廃物の蓄積を引き起こし、それにより目の下がたるんでしまいます。 紫外線 紫外線ダメージも、目の下のたるみを引き起こす要因になります。 紫外線を長時間浴びたり、過度にさらされたりすることにより、顔の張りや弾力を支えているコラーゲンが破壊されます。 それにより肌の弾力が低下してしまいます。 上記で紹介した線維芽細胞が紫外線によって破壊されると、コラーゲンやヒアルロン酸を生み出す働きが低下してしまいます。 紫外線によるダメージはどんどん蓄積されていきますので、仕事などで紫外線を浴びることが多いという人は、注意が必要です。 誤ったセルフマッサージ 目が疲れたり周囲がたるんできたということで、自己流のマッサージを行っている人がいますが、実はこれが目の下のたるみにつながる可能性があります。 何となく行っているマッサージにより、眼球周辺の皮膚が引き延ばされてしまい、それが結果としてたるみにつながることがあります。 マッサージの真の目的は、あくまでも目の眼輪筋を鍛えたり、周辺の血行を良くしながら代謝を上げていき、老廃物の排出を促すことにあります。 しかし、正しい知識がない状態で好き勝手にマッサージしてしまうくらいなら、何もしない方がまだマシということもありますので、マッサージを行う際には細心の注意を払って行う必要があります。 男性の目の下のたるみ改善方法3選 上記で、男性の目の下がたるむ原因について解説してきましたが、では、これを改善するための方法はどのようなものになるのでしょうか。 紫外線により線維芽細胞がダメージを受けると、年齢の若い方でも目の下がたるむことがあります。 仕事柄外に出る機会が多い方や、趣味でアウトドアスポーツを行う人は特に注意が必要であり、サングラスを付ける、線維芽細胞を破壊する原因であるUVをカットするようなクリームを使うなどをして対策しましょう。 外に出る場合や、長時間太陽に照らされているような場合には、帽子をかぶるだけでも、紫外線をカットすることができます。 紫外線は夏が特に強いというイメージがありますが、太陽が出ている時はフルシーズンで注意を払う必要があります。 むしろ涼しい時期に全く対策をしないで、無意識のうちに紫外線を浴び続けているということもありますので、注意しましょう。 しかし、正しい認識をもってマッサージを行う事により、目の下のたるみを改善することは可能です。 マッサージの目的は、表情筋(眼輪筋)を鍛えることと、それに伴い血行を改善し、老廃物が溜まらないようにするということになります。 どこをマッサージするか まず、目の下のたるみを改善する上で、目のどの部分をマッサージするのがいいのかを認識しておくことが重要です。 以下、マッサージを行うと効果的なツボを紹介していきます。 承泣(しょうきゅう) 承泣は、目の真下の部分にあるツボのことであり、ここをマッサージすることにより、眼球の血流を改善することができ、目の下のたるみを改善することできる他、むくみやクマの改善にも効果的です。 太陽 太陽は、こめかみのあたりの骨のくぼんだ所に存在するツボです。 ここをマッサージすることにより、側頭部の血流を改善し、むくみやたるみを改善してくれます。 球後(きゅうご) 球後は、上記で紹介した承泣の近くにあるツボであり、承泣よりももう少し外側の部分に存在します。 球後をマッサージすることにより、眼球周辺の血流を改善することができ、目の下のたるみや、シワの予防にもなります。 マッサージ方法 マッサージする場所を理解したら、今度は実際にマッサージを行っていきますが、ここで注意が必要なのは、対象となるツボを強く刺激し過ぎないということになります。 目は非常にデリケートな部分ですので、あまり強い力でマッサージしてしまうと、たるみが悪化してしまうだけでなく、眼球にもダメージを与えることになってしまいます。 まず、承泣のマッサージ方法については、小指の腹の部分で承泣を軽く押し、5秒ほど押さえてから離す、という動作を3回行いましょう。 強く押さないということが大事で、気持ちよいと感じるくらいの力で押しましょう。 承泣の近くにある球後も、同じような形でマッサージしていきましょう。 太陽のマッサージに関しても、ツボを5秒押して離すという動作は変わりませんが、承泣や球後のように小指で押さえるのではなく、中指や人差し指の腹で押すようにしましょう。 その他、眼輪筋を鍛えるマッサージ方法としては、目尻を軽く引っ張ってやるという方法があります。 人差し指を使って目目尻を外方法に引っ張り、その状態で目を強く閉じます。 同様に、目尻を上に引っ張って目を閉じるという動作も行っていきましょう。 マッサージ自体は非常に簡単に行えるものであり、時間もかかりません。 タイミングとしては、風呂上りの血行の良い状態で行うのがいいでしょう。 頭皮もマッサージする 上記で紹介したツボマッサージの他にも、頭皮をマッサージすることでさらに効果を高めることができます。 頭と顔はつながっている部分であり、頭皮のマッサージを行う事により眼輪筋をほぐすことができます。 おでこ中央の生え際の部分から頭頂部の部分を押して上げることで、眼輪筋をほぐすことができます。 エクササイズも取り入れる マッサージで血行を改善したり、眼輪筋を鍛えることもできますが、それ以外にも眼輪筋のエクササイズを行う事により、さらに目もとの張りと弾力をキープすることができます。 やり方としては、目をぎゅっと閉じ、その状態を3秒から5秒キープし、今度は大きく目を見開きます。 この状態を3秒から5秒キープし、元の状態に戻します。 エクササイズ自体は簡単にできるものばかりですので、時間を見つけては行う様にしましょう。 日々の細かな努力がたるみ改善のカギになります。 男性の目の下のたるみ治療方法とは? 目の下のたるみを治療するには、お近くの皮膚科へ通うことをおすすめします。 皮膚科のハードルが高いなと感じるかたは、メンズエステがおすすめです。 美容のプロであるエステティシャンがたるみケアをしてくれるので、体験料金も安価なところが多いので、お気軽に足を運んでみてください。 メンズエステで美容ケア どうしても目の下のたるみを改善できないという男性には、メンズエステを利用して表情筋を鍛えるという方法もあります。 メンズエステでは表情筋を鍛えるための機器とエステティシャンのマッサージにより、目の下のたるみをスッキリとさせる効果が期待できます。 たるみ治療に効果のあるレーザー機器などを使用して、たるみを解消するための治療を行なってくれます。 エステでは使用できないような機器を扱えるため、高い効果が期待できると評判です。 <参考記事>.

次の

目の下のたるみが起こる原因について|東京の目の下たるみ治療ガイド

目の下 の たるみ 原因

顔面の外側、目の周りの筋肉の衰え• 顔面の奥にある目を支える筋肉の衰え 目の下のたるみは、カラダのほかの部分とちょっと事情がちがいます。 まず、下の図をみてください。 眼球は、眼窩という頭蓋骨くぼみの中で、浮いているような状態。 壊れたらたいへんなので、眼窩脂肪というクッションを周りに敷きつめて、さらに筋肉や靭帯で支えられています。 顔面の奥からは、 このような筋肉や靭帯で支えられ、 外側からは、 まぶたを閉めるための眼輪筋という筋肉が、支えています。 でも、筋肉や靭帯が弱くなると、眼球の周りにあった脂肪が押し出されてしまいます。 たとえるなら、こんな感じ。 吊るした輪ゴムが、頭骸骨の中で支える筋肉。 うつわに張ったラップが、外から支える筋肉。 中のホイップが脂肪。 中と外の筋肉が衰えると… 脂肪がモリッとあふれます。 目元の小じわが増えた• 目の下のたるみのさらに下、頬の部分の毛穴がタテに伸びている。 目立つ。 頬の部分の肌質が硬い• 目元の化粧崩れが早くなった• 目の下がかさつく。 ざらつく。 目の周りに、粉をふくことがある• くま、くすみが気になる 目元は、カラダの中でいちばん皮膚が薄いところ。 本来のハリのある肌なら、筋肉といっしょに脂肪のたるみを支えてくれます。 でも、肌コンディションが悪いと、支えられないだけでなく、肌自体もたるむことに。 その3:姿勢の歪み ちょっと意外かもしれませんが、姿勢の崩れも、目の下のたるみの原因になるんです。 ためしに、まずは良い姿勢をとってみましょう。 背筋を伸ばして、アゴをちょっと引いて、頭のてっぺんから糸で吊るされた感じ。 このときの、目の下あたりの感じを覚えておいてください。 こんどは、 アゴを前に出して、猫背になってみましょう。 いかがですか? 目の下がたるむ感じになりませんか?? この姿勢って、目の下がたるむんです。 その4:顔のむくみ お手数ですが… さきほどの、良い姿勢と崩れた姿勢を、もう一度、やってみてください。 こんどは、首の辺りの感じを意識しながら。 どうでしょうか。 姿勢が悪いと、首のあたりが、なんとなく詰まった感じになりませんか? 首って、細いところに血管やリンパ管、神経、筋肉、背骨、気管など、色んなものが押し込められています。 それなのに、猫背やストレートネックだと、首のあたりで流れが悪くなり、滞りがちに… すると、どうしても 顔がむくむので、目の下もむくみやすくなってしまうんですね。 その5:眼精疲労 一日の終わりに、目が疲れてくると同時に、目の下のたるみも気になってくる人は多いと思います。 目というのは、脳と直結していて、とても血液を必要とする臓器。 目の疲れとともに、周りの筋肉も血液や栄養が不足して、目の下のたるみに影響してくるんですね。 目の下のたるみの改善方法 その1:筋力の低下が原因のたるみ• まぶたもたるんでいる• 目が小さくなった• ドライアイ• たまにまぶたが、けいれんする• 疲れると、まぶたが落ちくぼむ• 目をパッチリ開けようとすると、額にしわが寄る• 目の下に黒いクマができやすい• 二重(ふたえ)がぼやけてきた• ぼやけどころか、気がつけば奥二重• 左右同じようにウインクできない 上の項目にチェックマークが多ければ、たるみの原因として筋力低下が大きいということ。 さらに、NHK『ガッテン!』で紹介されたまぶたのたるみチェック法が、こちら。 1.鏡の前に立って、目を閉じる。 2.まゆ毛が動かないように、人差し指をヨコにして押さえる。 (おでこの筋肉を使わないようにするため) 3.ゆっくりと、目を開ける。 4.瞳孔(茶色の部分の内側の、黒いところ)に、上まぶたが被さっていなければOK。 その2:肌質の低下が原因のたるみ 肌質が落ちてしまって目の下のたるみが目立つひとは、なによりお肌のケアが効果的。 頬の位置が上がると、目の下のたるみも目立たなくなるので、ぜひためしてみてくださいね。 その3:姿勢の歪みが原因のたるみ 私のサロンでは、美容鍼といっしょに整体も行っているのですが、実はカラダの歪みがある人ほど、首から上、とくに顔の肌コンディションは悪い傾向にあります。 とくに、 頭が前に出ているストレートネックで猫背の人は、たるみが大きい。 逆に、少し肩周りのバランスをとるだけでも、顔のくすみがパッと明るくなる。 これは、姿勢が悪いと、どれだけ血流が滞るかをあらわしているんですね。 血流が悪ければ、皮膚も、筋肉も栄養不足となって、年齢以上に衰えてしまいます。 その中でも、猫背は姿勢の崩れの大元になりやすいので、こんなストレッチをためしてみてください。 その4:顔のむくみが原因のたるみ もし、あなたが姿勢が悪いという自覚があって、しかも目の下だけじゃなくて、顔や手のむくみが気になるなら…。 その5:眼精疲労が原因のたるみ 東洋医学では、昔から「肝は目に開竅(かいきゅう)する」と言われ、 目に関する悩みには「肝(肝臓)」を整えてきました。 それには、ツボが効果的。 まとめ 目の下のたるみの原因は、大きく分けて5つあります。 それぞれの原因別に、効果的な改善方法が違いますので、「いちばん私に合ってるな」と感じる方法をためしてみてください。 それぞれの原因の対策と合わせて、下の【体質別ダイエットBook】で、あなたの体質を知ると、根本的な改善方法が分かりますよ。 目元だけじゃなく、肌質改善やダイエットのヒントもたくさんありますので、ぜひ読んでみてくださいね。

次の