クリトリス 痒い。 クリトリスの腫れ,不正出血...

クリトリスが痒い

クリトリス 痒い

構造 [ ] 女性性器の上部にある器官である。 クリトリスの大部分は体内にあり、男性のペニス同様、海綿体組織である細長い陰核体およびから成る。 大きさ 成人女性では、陰核体の上端から先端までの長さは通常3 - 5センチほどであるが個人差が大きく、稀な例では幼小児の陰茎ほどにもなる。 陰核体から左右の陰唇内部に続くやや大きな海綿体組織もクリトリスの一部と見なす考え方もあり、その場合は全体で10センチ前後の比較的大きな生殖器官ということになる。 陰核亀頭 陰核亀頭はが合わさる所にあり、性感を得るが高密度に分布しているためであることが多い。 陰核亀頭の色はピンクから暗褐色までさまざまであり、性的興奮により変化する。 陰核亀頭のサイズは個人差があるが、成人女性で5 - 7ミリくらい。 陰核亀頭と包皮の間にはがたまりやすく、不潔にしておくと炎症を起こすことがある。 陰核の機能 [ ] 陰核は、存在場所とその構造から 「性的興奮を高めるためにのみ特化した器官」と考えられ、相同器官である男性のペニス(陰茎)がおよびとしての両方の機能があるのと大きく異なっている。 陰核には泌尿器としての働きはない。 男性のペニスと同様、陰核も心理的あるいは直接的な刺激による、性的興奮により充血しする。 陰核の勃起 勃起時には陰核体や 陰核亀頭は膨張し、やや固くなる。 また、陰唇内部の海綿体や小陰唇も充血・膨張する。 時には、 に挿入されたペニスの動きにより、これらの海綿体組織や皮膚が連動して動き、 陰核亀頭に刺激を与え、をもたらすといわれている。 [ ] ただし、痛みを感じ快感が得られない女性も多い。 オーガズム 一定の性的刺激が継続すると、やがて(性的興奮の最高潮)に達する。 感度はクリトリスの方が高いが、を排出する快感を加味するとと同じぐらいの快感。 また、オーガズム寸前の快感も同じぐらいで感覚もよく似ている。 一方、男性のペニス同様、 時()に性的興奮とは関係なく勃起することが知られている [ ]。 詳細は「」を参照 陰核の肥大 [ ] 陰核はペニス同様男性ホルモンの濃度に敏感な組織であり多嚢胞性卵巣や副腎皮質過形成、薬物投与(筋肉増強剤を使用した女性ボディービルダーなど)等でする。 元々大きなクリトリスであった(Female to Male)がテストステロンの投与を受けた結果、膣へ挿入することにより女性との性交が可能になった例もある [ ]。 陰核の包茎 [ ] 男性のペニスとの比較から、陰核亀頭が包皮に覆われ完全に露呈していない状態をと呼ぶ場合がある。 成人女性では通常、陰核亀頭は包皮や陰唇によって保護されており、性交時などの場合にのみ露出する、いわゆるの状態であることが多い。 しかし、一部の女性は陰核の露出が極めて困難な、いわゆるの状態である場合がある。 性交時に痛みを感じる場合や不衛生になり炎症を起こしやすい場合、気味の場合などは、包皮切除手術等の治療が必要である。 各国地域の風習 [ ] 中世ヨーロッパの陰核迷信 [ ] 中世、キリスト教社会では、女性の性的快楽は禁止された。 貞節な女性には陰核がないと信じられていたようである。 ので、裁判官(男性)は被告(女性)の陰部を詳細に観察し、陰核をついに見いだした。 そして裁判官はそれを「悪魔の乳首」と信じ、有罪を宣告した。 アフリカの陰核切除風習 [ ] 宗教的、民族的な習慣として、陰核の一部または全部を切除する行為が多くの民族に見られる。 現在でもいくつかの民族においてこの習慣は残っており、女性への重大な人権侵害であるとして問題視されている。 の項目参照。 ギャラリー [ ]•

次の

クリトリスがかゆい時の原因と対処法10選:不安なときは産婦人科へ

クリトリス 痒い

クリトリスの腫れ,不正出血... 45091] タイトルにも書いていますが、 2日前からクリトリスが腫れている(?)ようで、 痛みを感じたり、イッた後のような感覚がずっと続いています。 排尿時にイッタ後の様な感覚になり、 痛みも伴い、つらいです。 尿も我慢することができず、漏れそうになってしまい、 すごく困っています...。 不正出血について、ですが昨日ぐらいから排尿後に 軽い出血があり、 鮮血で、ほんの少しの量、生理時のようにドロっとしていて 吹くときにペーパーに塊のようなものがついてきます。 いろいろ調べたりすると、 少量で鮮血の不正出血は妊娠傾向の可能性がある。 とゆう結果がでていて、 私は妊娠を望んでいないため、かなり不安です・・・。 私の身体に何が起こっているのでしょうか? また、病院にはいったほうがいいのでしょうか? その際には、婦人科(産婦人科)なのでしょうか? たくさんの質問と長々とした説明文、 失礼いたしました。 お忙しいでしょうが、お答えいただけると幸いです。 66117] 薬剤師ですが。 病院は、泌尿器科が、よいかと思います、 性感染症専門クリニックでもいいかとおもいます、 クリトリスの場所は、上部です!排尿痛や、尿意切迫感、おしっこが、もれるような、感じのことです、それが、あるため、婦人科の病気も踏まえ、泌尿器科受診をおすすめします、 排尿後の痛みは、膀胱炎で、排尿前、排尿時の痛みは尿道炎の感染症が、かんがえられます、尿道の入り口になんらかの炎症が、おき、痛み、痒み、また、快感に、類似した、感覚が、あります、尿意が、がまんできないということなので、尿道炎が、かんがえられます、陰部の神経は尿道、膣、肛門と接近しているので、はっきりいって、どこが、炎症しているのかのはんだんは、ドクターの診察しか、わかりません、ちなみに、わたしは、同じような症状が、年になん回もつづき、検査をうけたところ、陰部のヘルペスでした、 わたしの場合は疲れたり、ずっとすわった、仕事、なので、くりかえしています、しかし、原因は、せい感染症、つまり、セックスで、パートナーから、感染しました、 今も、繰り返しているため、予防投与してもらつています、 原因は、ひとによって違いますが、尿検査、採血、膣分泌えきの検査で、容易にわかりますし、いまは、いいくすりがありますから、細菌をやっつけながら、尿意切迫かんを、和らげるお薬もあります、また、ホルモン異常のために、陰部が敏感になっているときも、あります、 わたしのように、せい感染症に、ならないように、また、尊い命をやみに、ほうむらないように、人生を楽しんで下さいませ クリトリスの腫れ痛み. 67062] クリトリスが肥大と言う位腫れて、痛くて痒くて、泣きそうです オナニー等は全くしていません、主人とも普通の性行為のみ。 カンジタにかかりやすいのですは今回は白いおりものはなく、 なぜかかゆみがあってかきむしりたいくらいだったので、皮膚科で普通にもらった虫刺され用のかゆみ止めと陰部に塗ってからその日のうちにクリトリスが肥大しますます、痒く痛くなりました 原因はなんでしょうか、むれて痒くなっただけだったのでしょうか。 クリトリスが肥大したのは勝手に塗った薬のせいでしょうか。 場所が場所だけに産婦人科に行きづらくて… 因みに去年11月マツ広汎子宮摘出手術をうけました 子宮頸がん、体癌の2ツの癌が発見されたためです なので生理はありません。 性行のときゼリーを使うようになりましたがそれは何か関係しますか.

次の

更年期に陰部のかゆみがでる3つの原因と改善・予防する3つの方法

クリトリス 痒い

木原洋美 [医療ジャーナリスト] きはら・ひろみ/宮城県石巻市の漁村で生まれ、岩手県の山村で幼少期を過ごし、宮城県の穀倉地帯で少女時代を送る。 明治学院大学在学中にコピーライターとして働き始め、20代後半で独立してフリーランスに。 西武セゾングループ、松坂屋、東京電力、全労済、エーザイ等々、ファッション、流通、環境保全から医療まで、幅広い分野のPRに関わる。 2000年以降は軸足を医療分野にシフト。 「常に問題意識と当事者感覚を大切に取材し、よ~く咀嚼した自分の言葉で伝え、現場と患者の架け橋になる」をモットーに、「ドクターズガイド」(時事通信社)「週刊現代 日本が誇るトップドクターが明かす(シリーズ)」(講談社)「ダイヤモンドQ」(ダイヤモンド社)「JQR Medical」(インテグラル)等で、企画・取材・執筆を深く、楽しく手掛けてきた。 2012年、あたらす株式会社設立(代表取締役)。 2014年、一般社団法人 森のマルシェ設立(代表理事)。 森のマルシェでは、「木を遣うことが森を守ります」の理念を掲げ、国産材の樽で仕込む日本ワインやバルサミコ酢の開発等、国産材の需要を開拓する事業に取り組んでいる。 医療ジャーナリスト 木原洋美「夫が知らない 妻のココロとカラダの悩み」 長年連れ添った妻やパートナーが突然キレる要因は何か。 なぜ、いつも不機嫌なのか。 女性特有のカラダの不調や悩みに起因することが多い。 しばしば男女間、夫婦間に深いミゾを生じさせる女性特有の病気・体の不調について、実際の具体例を挙げて解説する。 下着に手を入れひたすら掻く 止まらない激しいカユミは性病? (うーーーーっ、かゆい! 我慢できな~い) 下着の中に手を突っ込み、陽子さん(仮名・40歳)はひたすら掻いた。 特に辛いのは風呂上りだ。 身体が温まると、カユミも増大してしまう。 爪の先で控えめに掻きはじめると痛キモチよくて止まらない。 気がつくと、ぽつりと血までにじんでいる。 罪悪感と恥ずかしさが入りまじり、涙もにじみそうだ。 テレビのコマーシャルを頼りにドラッグストアへ行き「デリケートゾーンのカユミに効く」という軟膏も塗ってみた。 でもぜんぜん効きやしない。 (いったいなんなの? もしや…) 閃いたのは、「性病」というワード。 隣でスヤスヤと寝息を立てている夫・一茂さん(仮名・45歳)の顔をちらっと見た。 (あなた、私に隠し事あるんじゃないの?) 一瞬、般若の形相になる陽子さん。 だが証拠はない。 時折、最小限に掻き掻きしながら、陽子さんの地獄の夜は過ぎて行く。 何科を受診すべきか悩む 実家の母は「婦人科」に行け! 翌日、陽子さんは密かに、ネット検索に没頭した。 目が行ってしまうのは、性行為によって感染するトリコモナス膣炎、尖圭(せんけい)コンジローム、ヘルペス感染症などだが、カンジダ症、白癬症も気になる。 (トリコモナス膣炎は、腫れや痛み、かゆみ、ただれがあわれる。 …これかな、でもオリモノが臭くなって黄色・淡い灰色で泡だった状態になるんだ。 ちょっと違うなぁ).

次の