池田 泉州 銀行。 池田泉州銀行

池田泉州銀行 個人インターネットバンキング

池田 泉州 銀行

)は、に本店を置く。 概要 いわゆるのとが(平成22年)に合併して発足。 合併に伴い、旧・池田銀行が5店舗、旧・泉州銀行が4店舗改称・再編された。 旧・池田銀行の大阪梅田営業部が本店 となり、両行の本店は旧行名を冠した営業部(それぞれ、池田営業部・泉州営業部)に、旧・池田銀行堂島営業部は支店に降格された。 また名称が重複する店舗の一方が改称されている。 支店コードは全店舗で変更は無い。 旧・池田銀行の地盤である大阪府・兵庫県の・沿線。 および、旧・泉州銀行の地盤である大阪府の泉州地方において、を受託している地方自治体が複数存在する(複数行による輪番制含む)。 沿革 合併前の沿革については「」および「」参照• (平成22年)5月1日 - がと合併し、 株式会社池田泉州銀行に改称。 (平成23年)12月30日 - とのATM利用手数料相互無料開放を終了。 同時に、三菱東京UFJ銀行ATMでの預け入れサービスも終了。 (平成24年)10月9日 - 大阪支店(旧泉銀店)が、となっている本町支店(旧池銀店)に統合され、廃止。 (平成24年)10月13日 - 大阪梅田営業部の窓口・口座店名称を「本店営業部」に改称。 (平成26年)3月4日 - 阿倍野筋の18階に「あべのハルカス支店」を、地下1階に「外貨両替ショップあべのハルカス店」を開設。 (平成27年)11月9日 - 構内の有人外貨両替ショップを廃止した上で新たに外貨両替機を設置。 (平成29年)12月4日 - とATMを無料相互開放を開始。 情報処理システム 勘定系システム システム統合は(平成24年)1月、旧池田銀が2005年1月のリプレースによって利用していたへの片寄せで実施された。 ATM提携• 池田泉州ホールディングス 平成22年5月6日• 池田泉州銀行 平成24年7月30日• 池田泉州銀行 平成24年7月30日• 産経ニュース. 2015年11月5日. 2016年1月31日閲覧。 京都新聞. 2017年11月3日. 2018年5月10日閲覧。 日経コンピュータ. 2012年1月5日. 2014年6月4日閲覧。 - 池田泉州銀行(平成24年(2012年)8月21日閲覧)• 産経ニュース. 2015年8月13日. 2016年1月31日閲覧。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

池田泉州銀行の面接に受かるための対策と回答例

池田 泉州 銀行

(2019年10月1日現在) 項目 内容 1. 商品名 住宅ローン 2. ご利用 いただける方 以下のすべての条件を満たす個人のお客さまが対象となります。 お借入れ時の年齢が満20歳以上満65歳以下で、最終ご返済時の年齢が満80歳以下の方• 団体信用生命保険にご加入が認められる方• 日本国籍の方、または永住許可等を受けている外国人の方• 保証会社の保証を受けられる方 3. お使いみち 物件の所在地が池田泉州銀行本支店の営業エリア内にあって、ご本人がお住まいになる住宅にかかる以下の資金• 住宅の新築資金• 新築建売住宅の購入資金(分譲マンションも含みます)• 店舗併用住宅の新築・購入資金 居住部分が50%以上のもの• 中古住宅の購入資金 マンションも含みます• 住宅建築のための土地購入資金• 住宅の増改築• 住宅ローンの借換え資金 4. お借入金額 50万円以上1億円以内(10万円単位)• 返済計画に無理のないよう年収による制限があります。 お借入期間 3年以上35年以内(1年単位)• 中古物件の場合等は一部制限があります。 お借入金利 当初に変動金利型と固定金利選択型、全期間固定金利型のいずれかをご選択いただきます。 ご返済方法 毎月元利均等返済 ご希望により、毎月のご返済に加えて、6ヵ月ごとのボーナス月増額返済 お借入金額の50%以内 もご利用いただけます。 担保 保証会社が、お借入れの対象となる土地と建物に第1順位の抵当権を設定させていただきます。 保証 池田泉州信用保証(株)の保証をご利用いただきますので、保証人は原則として必要ありません。 お借入れ時には保証会社に保証料をお支払いいただきます。 手数料• 池田泉州銀行および保証会社に対する事務取扱手数料55,000円をお借入れの時までに保証会社へお支払いいただきます。 繰上返済を行う場合は、下表の手数料をお支払いいただきます。 窓口受付 インターネット バンキング 受付 一部 繰上 返済 変動 金利型/ 全期間 固定 金利型 5,500円 変動 金利型/ 全期間 固定 金利型 無料 固定 金利 選択型 22,000円 固定 金利 選択型 無料 全額 繰上 返済 変動 金利型/ 全期間 固定 金利型 22,000円 ー 固定 金利 選択型 繰上返済元金 500万円未満 22,000円 繰上返済元金 500万円以上 33,000円• インターネットバンキングのご利用は別途お申込みが必要です。 また、インターネットバンキングにて全額繰上返済のお申込みはできません。 別途、保証会社事務手数料が必要となります。 (一部繰上返済: 5,500円、全額繰上返済: 11,000円)• 保証会社事務手数料は返戻保証料から差引きいたします。 返戻保証料が保証会社事務手数料に満たない場合は、保証料の返戻はありません。 返済条件の変更は11,000円をお支払いいただきます。 ただし、例外的なお取扱いを行う場合は、別途その内容に応じた手数料をいただくことがあります。 生命保険へのご加入 池田泉州銀行が契約している生命保険会社の団体信用生命保険にご加入していただきます。 保険料は池田泉州銀行がお支払いたします) 12. 火災保険へのご加入 建物には、長期火災保険をつけていただきます。 (保険料はお客さまに別途ご負担いただきます) 13. その他• 一部の店舗ではお取扱いしておりません。 くわしくはをご確認ください。 審査の結果、お客さまのご希望に添えない場合もあります。 審査の内容についてはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。 担保設定に要する費用、印紙代等についてはお客さまにご負担いただきます。 当初お借入金利は、実際にお借入れいただく日の金利を適用いたします。 場合によってはお申込み時の金利とは、異なることがあります。 店頭やホームページで、返済額のシミュレーションやくわしい説明書をご用意しております。 表示の手数料は全て税込価格です。 審査により保証会社は池田泉州信用保証(株)または全国保証(株)のいずれかでのお取扱いとなります。 全国保証(株)保証付の場合、お借入金利および手数料等が異なる場合がございます。 全国保証(株)保証付の住宅ローンについてはをご覧ください。 その他、ご不明な点については店頭へお問合せください。 池田泉州銀行が契約している指定紛争解決機関は、一般社団法人全国銀行協会です。 連絡先:全国銀行協会相談室(TEL 0570-017109 または 03-5252-3772).

次の

池田泉州銀行の面接に受かるための対策と回答例

池田 泉州 銀行

お客さまの資金ニーズにお応えするため、さまざまな融資制度をご用意しております。 人材採用・定着をサポートするためのサービスです。 海外進出や貿易取引などをサポートします。 地元経済活性化の貢献に取組んでいます。 経営や事業に関する情報の提供からご相談までお客さまの様々なご要望に幅広く対応します。 〈創業サポート〉• 手形に代わる新たな決済手段として、電子債権(でんさい)のメリットや取引の仕組みをご覧いただけます。 インターネットまたは電話回線で接続し、各種銀行取引を簡単にご利用いただけます。 ビジネス関連情報・サービスを提供しております。 様々な相談会・セミナーを開催しております。

次の