腕時計 つける 位置。 腕時計の正しい位置とは?おしゃれな付け方やずれの原因も解説

腕時計をするのに正しいのは左腕、右腕、どちらが正解?

腕時計 つける 位置

腕時計を普段つける時って、何となくずれている感じがしたりして、付け方に違和感を覚えて、何度も付けたり外したりしたことはありませんか? 気にいってる腕時計なら、どうせならおしゃれな付け方をしたいものですよね? 位置のずれが気になる時には、どうしたらしっくり来るか、こちらも気になる方も多いと思います。 ですが、腕時計の正しい位置というのは、実は存在しないんです。 人によっても違いますし、男性か女性かによっても、腕時計の位置は変わって来るからです。 一応最低限のマナーというのは存在しますが、ちゃんとしたルールというのはないので、自分がしっくりくる付け方で良いんです。 とは言え、それが逆に、自分の手首のどこに付けたら良いのかの基準がないことにもなり、フィットする付け方を見つけられる人は少ないと言います。 ちょうど良い位置が見つからないと、ずれが気になったりと、何度も付け外しをすることにもなります。 どうせなら、かっこいい装着方法やベルトのつける位置など、しっくり来る場所を知りたいですよね? ということで、以下に腕時計の正しい位置などをまとめてみました。 前述もしましたが、腕時計をはめる正しい位置というのは、人によって様々なので、正しい位置というのは存在しません。 ただ、何度もずれてしまうのを防ぐ方法はあります。 それは、手首の骨の上あたりにつけるという方法です。 一般的には、この手首の骨の上あたりにつけることがもっとも多いのは、それだけずれが少ないからだとも言えます。 腕時計の位置を、骨の上にすることで、骨にひっかかるので、手首よりも下に抜けたりや、ずれるという心配も少なくなります。 とは言え、腕時計の位置を骨の上にすると、骨が太い人は、骨にあたって痛い!という方もいらっしゃいます。 その場合は、腕時計の位置をずらすか、骨の上にちょっと緩めにつけるなど、工夫が必要です。 中には、服の上から腕時計をつける方もいらっしゃいます。 基本的には、かっこいい付け方よりも、ベルトの装着感が良い付け方をするか、ずれない付け方をした方が、おしゃれにも見えますし、腕時計の位置がしっくりくることも多いです。 腕時計の位置に決まりは無いと言っても、どうせなら、女性ならおしゃれな位置に、男性ならかっこいい位置に腕時計を付けたいものですよね? では、かっこいい位置やおしゃれな位置は?というと、こちらにも厳格な決まりはなく、最低限の見栄えとしての位置しかないんですね。 ただ、自分が美しいと思われる位置につければ、かっこいい位置になったり、おしゃれな位置になったりというのはあります。 見た目的に良い位置につけておくと、機能的にも邪魔にならないですし、シルエットもスマートにおしゃれに見えます。 ですので、腕時計の位置自体には、かっこいい位置やおしゃれな位置というのには決まりがなく、自分がもっとも綺麗に見えると思う位置に、腕時計を付ければそれで良いんですね。 一般的には、利き腕と反対の手首に付ける方が多いです。 これは字を書く時などに邪魔にならないようにするためですが、聞き手でリューズの操作を行うためというのもあり、結局は腕時計は、一般的な付け方にするのが無難ということかも知れません。 最近では、メンズ用の腕時計を身につける女性も増えていると言います。 腕時計もまた、女性にとってはおしゃれアイテムの一つなので、大きな腕時計を身につける人も増えているんでしょうね。 特に黒ベルトを使った大きな腕時計などは、バングルをしているような感覚で、手首にさり気なくインパクトを与えるので、コーディネートをシンプルにまとめるとおしゃれに見えるそう。 他にも、白いベルトの腕時計は、ナチュラルな帽子とバックで合わせることで、いわゆるボヘミアンカジュアルファッションもなり、おしゃれに見せることも出来ます。 更には、黒の細ベルトを使ったり、スタイリッシュなゴールドの腕時計を使ったり、クールなスタイルのシルバーなど、思いつくだけでも沢山の腕時計がありますので、おしゃれな女性は、時計を一つのファッションアイテムと考え、服装と一緒にコーディネートしてみて下さい。 ユニセックスなデザインウォッチなもので有名なのは、「TIMEX」ですが、こちらはどんなコーディネートにも合うので、おしゃれな付け方ももちろん必要ですが、よりおしゃれに見える服装や時計を選ぶと良いかも知れませんね。 腕時計は、服などと同じで、一種のファッションアイテムです。 ですので、フォーマルなシーンなのか、カジュアルなシーンなのかなどによっても、付け方は違ってきます。 例えば、フォーマルなシーンで腕時計の位置を決める場合は、袖口から文字盤がはっきり見えないように、上側につけると良いと言われています。 というのも、冠婚葬祭の場では、頻繁に腕時計を見たり、位置を直したりするのは失礼にあたるからです。 もしフォーマルなシーンで腕時計をつけるとしたら、文字盤が見えない位置につけるようにして、時刻を見る時には、さりげなく袖をあげてみるのが良いと思います。 冠婚葬祭の場では、時間を気にしているとみられないように、出来るだけ時計を見るのは避けた方が無難です。 相手に不快な印象を与えることもありますし、相手に時間を意識させることも、これまた失礼にあたります。 腕時計は服と同じように、相手に失礼のない付け方をするべきです。 装着時にベルトが見えていないか?など、行く前にチェックをしておくと良いかも知れませんね。 フォーマルなシーンでは、頻繁に時刻を見るのは失礼にあたると書きましたが、ビジネスシーンでは逆になります。 仕事中何度も時刻を確認することが多いので、ビジネススーツに腕時計を合わせるのでしたら、すぐに見える位置につけるのが正解です。 具体的には、袖口から覗く程度の位置につけるのがベストとされています。 この位置につけると、何度も袖をまくる作業が軽減され、時間と戦うビジネスマンにはおすすめの、腕時計の位置になります。 また、ビジネスシーンで使う場合は、デジタルよりもアナログの方がかっこいいですし、機能的にも問題がないです。 腕時計とカッターシャツ、それにスーツのバランスが取れていると、見た目にもかっこいいですし、スマートなイメージも与えます。 女性のOLの方でも同じことが言えますので、よりおしゃれに見せたいのでしたら、袖をまくらないで済む位置に腕時計を付けると良いかも知れません。 良く腕時計の位置は、男性が左側で、女性は右側なんて聞きますよね? 果たして、それは本当なのでしょうか? 一般的には、腕時計の位置は、利き腕の反対側に付けることが多いですが、確かに女性は右腕に付けている方が多いですよね? だからと言って、女性に左利きが多いということではありません。 この違いはどこから来るのかと言いますと。 違いの理由の一つとして、リューズなどで手首を痛めない為なんて言われています。 女性にとって、肌が傷つくのは嫌な物なので、右腕につける人が多いそう。 もう一つの理由は、そちらの方がおしゃれに見えるからというのもあります。 右腕につけることで、個性を出したり、おしゃれにしたいという理由から、男性とは違い、女性は右腕に時計をつける人が多いんですね。 でも、機能性を重視する女性は、やはり左腕につける人が多いです。 左腕につけてもおしゃれに見える腕時計を選べば、特に右側につける必要はないのでは?と思いますが、肌に傷がつくのが嫌と言う方は、やはり右腕につける女性が多いと言えます。 女性に多いと思うのですが、腕時計を内側に装着する方って多いですよね? これにも、実は理由があります。 内側にはめる女性というのは、時計の見方が他の人とはちょっと違うんですね。 外側に腕時計をつけると、当然肘が外に行き、見た目的にオーバーな見方になってしまいますよね? いかにも、腕時計をみるぞ!的な感じがすると思います。 でも、腕時計の位置を内側にすれば、すっと袖をめくって腕時計を見られるので、すんなりとスマートな見方をすることが出来るんです。 腕時計の付け方は、個人によっても、男性か女性かによっても違いますが、ベルトの位置なども、人によって様々ですし、結論から言えば、自分の使いやすい位置がベストな腕時計の位置だと言えると思います。 腕時計の位置がずれる原因の一つとして、そもそものサイズが合ってないという可能性があります。 腕時計を装着したは良いけれど、ベルトの位置が知らないうちにずれていたり、手首が細い人なら、下まで下がってしまうという経験がある方は、多いと言います。 腕のサイズがあっていないと、腕時計がゆるゆるになったり、きつすぎて動かせくなるなど、色々不具合が起きてしまいます。 それを防止するためには、ずばり! 一度装着してみるのが、重要です。 腕時計の販売している場所にもよりますが、専門店なら、一度腕時計を試しに装着させてくれるかも知れません。 試着した上で、しっかりとベルトがゆるくないか?装着した時に、きつすぎないか?など、確かめれば、その後も、ベルトがゆるいのが気になったりなどの、ストレスを軽減することが出来ます。 特に、メタルブレスの調節は専用の金属が必要なので、自分で装着するのは難しいと言います。 高いようでも、自分のお気に入りの腕時計を探すなら、専門店で買う方が失敗は少ないかも知れません。 サイズが腕にあっていないと、ベルトが上下したりなど、それを戻す作業も億劫になり、腕時計自体を外したくなったりします。 使い勝手の良いサイズと位置の調整は、必ず行って下さい。 腕時計を正しい位置に付けようと思ったら、ベルトの長さにも気をつけてみて下さい。 適切なベルトの長さにすれば、ベルトが上下に落ちるのも、防止できることがあります。 ベルトは、時計の盤面に対して右側と左側のベルトの長さは同じになっている物が多いです。 なので、普通の腕時計なら、ベルトの長さを後から調節というのは難しいですが、メタルブレスの場合は、どちらかのベルトを長くしたり、短くしたり出来るので、慣れてしまえば、調節はメタルブレスの方が楽ということになります。 ベルトの駒の抜き方にもなるので、自分で長さを調節するのは難しい時には、専門店で長さを調節してもらえば、ベルトが落ちる防止にもなりますし、自分に合わない時計を買わされることの防止にもなります。 ホームセンターなどで販売されている腕時計は、安くて便利かも知れないですが、もし落ちるのを防止したいとか、自分にあったおしゃれな腕時計を探したいと考える時には、少々高くても専門店で買うのがおすすめと言えます。 自分にとってベストな腕時計の位置や、ずれの防止などは、時間をかけてゆっくりやっていくしか方法はありません。 特に革ベルトの場合は、なじむまでに時間がかかるとも言われていて、ずれの防止も気長にやっていくしかありません。 じっくりと時間をかけて、自分にフィットする腕時計を見つければ、それは一番最適な腕時計とも言えます。 結局のところは、自分に最適な腕時計は、使いこんでなじむのがベストな腕時計になるんですね。 おしゃれな腕時計を探したり、ベルトがずれない腕時計を探したりと、腕時計選びもなかなか大変ですが、一度見つけてしまえば、同じタイプの腕時計を買えば良いですし、どうしても買い替えたくないなら、専門店で直してもらうという方法もあります。 長い目で見守っていけば、そのうちベストな腕時計の位置も見つかるでしょう。 一度しっくり来る位置さえ見つけてしまえば、その後の腕時計も買いやすくなりますし、無駄にお金を使うことの防止にもなります。 フィットする腕時計を見つけたら、大事に長く使うのも大切かも知れないですね。

次の

一般的な腕時計をはめる位置は、手関節から上(肩の方向)ですか?それとも下(...

腕時計 つける 位置

腕時計には時刻調整をするための「リューズ」が付いています。 ほとんどの腕時計は、三時の方向にリューズが付いています。 ちなみに数は少ないですが左利き用の腕時計も販売されており、その場合のリューズは9時方向に設置されています。 一般的な腕時計を左手手首にはめると、リューズが手の甲に食い込むような格好になります。 三時の方向にリューズがあった方が、右手で操作がしやすいのですが、食い込みが嫌、という方もいるようです。 その場合は、反対側の手首に装着するのもいいでしょう。 こうすることで、リューズが上側に来るので当たって痛いことはなくなります。 リューズの操作や、時間の確認は少しだけ不便になりますが腕時計が邪魔にならず済むと思います。 ゼンマイ式の時計の針を逆回転させると、壊れるのではないかと思う人がいますが、一度や二度逆回転させただけで、壊れることはありません。 ただ、あまりにも逆回転の回数が多いと故障の原因になります。 セイコーのホームページによると、機械式時計の時刻合わせの方法は「りゅうずを引き出し、秒針を12時の位置で止める」「分針を5分~10分手前にする」「そこから正規の方向(時計回り)」に向けて動かして時刻を合わせる」となっています。 ちなみに、日付が変わる時間帯(午後9時~午前4時ぐらい)の調整は、カレンダー機能が損なわれる場合があるのでやめておいた方がいいようです。 ただ、時計の種類によって違いがあるのでお店などで確認をしてください。 女性の場合は、手のひら側(内側)に文字盤が来るような位置や付け方をする、と言われていました。 今でもそう思っている人がいると思います。 しかし、海外では女性も男性と同じように外側に文字盤が来るように、付けています。 なぜ、日本女性は腕時計を内側に付けるようになったのかと言えば、和装の頃からの名残だと言われています。 時計を外側に付けると、肘を外に張る形になります。 そうすると着物の場合は脇の下が見えます。 それを防ぐために内側に向けるようになったそうです。 それ以外の付け方は女性も男性と同じです。 利き手と反対側の外側に付けるのが主流です。 右利きの女性なら左手に、左利きの男性なら、右手の手首に時計をつけます。 リューズが手の甲に当たって痛い、という場合には右手に付けるのでもいいと思います。 ダイバーズウォッチは、潜水時の気圧に耐えられるように設計されている時計です。 また、潜水時間を計測するための「ベゼル」という計測器がついており、60分までの経過時間が分かるようになっています。 ダイビングをする際には、残圧計のついている(ついていない場合もある)コンパスを持ちます。 一部の情報では「コンパスを左手に持つから、ダイバーズウオッチは必然的に右手に付ける事になる」と書いてあります。 しかし、少し調べたところ、ダイバーズウォッチを左手に付けている人もいますし、「コンパスは両手で水平になるように持つ」と指導されるようです。 つまり時計は左手でも右手でも見やすい方でいいようです。 もちろん日常生活では、どちらに付けてもOKです。

次の

腕時計をつける手首の位置や場所!正しい付け方も紹介!

腕時計 つける 位置

あなたが腕時計をつけているのはどちらですか? 左手?それとも 右手? それは どうしてですか? ・・・いきなり質問を続けてごめんなさい。 私は左手につけてるんですが、それは右利きだから。 昔から「 腕時計は利き腕とは反対側の腕につけるのが正解」と思ってました。 でも最近はそうとも限らないみたいなんです。 あえてこのセオリーを破り、反対側につける人もいるとか。 ・・・どうして? もしかして、 利き手側にしたほうがオシャレなの? まさか 利き腕と反対側にしていると恥ずかしい? というわけで今回は、• 腕時計は 左右どっちにするのが正解なのか• 腕時計を 左腕にする理由と意味• 腕時計を 右側にする理由と意味 をそれぞれ確認してみました。 また、• 右利きなのに右腕にする理由• 左利きなのに左腕にする理由 などについても書いていきます。 腕時計を 左右どちらにつけるか気になる方、 迷っている方のご参考になれば幸いです。 腕時計は左右どっちにつけるのが正解?間違ってると恥ずかしい? 腕時計をつける腕に正解はない 結論から書きますが、腕時計を巻く腕がどっちかについて、 特に正解はないようです。 ルールはもちろんマナーとしても、特別に確立されたものはない模様。 右でも左でも、どちらでも好きなほうにしていい。 正解はないが「普通」はある ただ、正解はないのですが 一般的なのは断然「左腕」みたい。 マイナビさんが 女性に聞いたアンケートでは、• 左腕が86%• 右腕が14% という結果だったそうです。 左腕が90. 42%• 右腕が9. 14% という数字がありました。 腕時計はどちらに?左に腕時計をする意味 調べてみると、左に腕時計をする理由は、• 右利きなので、左腕につけやすい。 右手でペンを持ったままでも見られるから。 リューズを巻くなど、時計の操作がしやすい。 右手をよく使うので、右手にしているとじゃま・重い。 利き腕とは逆にするものと思っている。 などがありました。 理由としてはどれも合理的。 で、やはり左手派の数が多いのは、右利きの人が多いことが影響しているようです。 腕時計はどちらに?右に腕時計をする意味 逆に、右腕に腕時計をする理由は何でしょうか? こちらは ・左利きなので、逆側の右腕にしている。 のほかに、• 左手につけるとリューズが手の甲にあたって煩わしい。 傷つく。 よく使うのが右手なので、自慢の腕時計が目立つ。 男性は左腕、女性は右腕にするものと親から教わった。 などが目にとまりました。 先ほどの左手派に比べ、理由がいろいろな印象です。 腕時計は利き手と反対に、は古い? こうしてみると、やはり利き腕とは逆側に腕時計をつけている人の数はかなり多そうです。 きちんとしたアンケートが見つからないので私の推測になってしまいますが、上の理由を見てもそんな印象。 右利きの人は自然に左腕にすることになるし、 左利きの人の一部も、右腕にしている。 では視点を変えて、利き手の方に腕時計をしている人は、どんな意味をもってそうしているのでしょうか? 右利きなのに右手首にする意味は、平和の象徴? 有名なところでは、プーチン大統領が右利きなのに右手派だそうです。 ほかには往年の大スター・石原裕次郎さんや、木村拓哉さんが有名。 右利きで腕時計を右手にする人のなかには、先ほど挙げた理由のほか、「 平和の象徴説」というものがあるそうです。 これは腕時計の誕生の逸話と関係している。 もともと携帯用の時計は懐中時計でした。 懐から出すタイプですね。 でも兵士がライフルを構える際には、いちいち時計を取り出しているとたいへん手間。 それで腕時計が発明されたと言うのです。 腕時計は、狙撃兵が使うのに特に都合がよく、銃を構えたままでも時間を確認することができます。 左手で銃身をキープするので、視線をわずかに動かすだけで時間を確認でき、作戦の遂行にたいへん機能的。 こういう血なまぐさい起源をもつ腕時計を、戦闘に都合のよい左とは逆の右手にする。 これによって平和への愛を表そう、という考え方があるようなのです。 この説の出所は木村拓哉さんと言われていますが、出典はよくわかりません。 この話を聞くと「なるほど」と思う気持ちも湧いて来ますが、さらに徹底するなら懐中時計がよさそうです・・・ 左利きなのに左手首にする理由 他方、左利きで腕時計を左手にしている人がどうしてそうしているのか、はっきりした理由を見つけられていません。 推測ですが、• よく使う手なので目立つ・時間を常に意識しやすい。 世の中の大多数が左手にしているから。 リューズの操作がしやすいから。 などが理由かなと思います。 思い当たる方、ご意見を伺えれば助かります。 文字盤は内側?外側? ほかに少し気になる点として、 文字盤を手の甲側にするか、 手のひら側にするかという問題があります。 特に女性で内側にしている方を、時折見かける気がします。 手の甲側にすると、時間を確認する時に肘を張り出す格好になりますよね。 それに対して、文字盤を掌側にしておくと、時間を確認する時に肘を身体につけることになります。 後者のほうが小さな動きで済み、仕草としてもどことなく優しい印象を受けるのは、私だけではないでしょう。 これも好きずきですが、女性に多いのはこんな理由からかも知れません。 腕時計はどっちにつける〜まとめ 以上「腕時計は左右の手、どっちにつける?」についてでした。 軽く振り返ると、• 腕時計をどちらの手につけるか決まりはない。 これを踏まえた上で、多いのは左手につけている人。 その意味で普通なのは左手と言える。 左手に腕時計をしている人の多くは、装着時などの面で合理的だからそうしている(右利きが多い)。 対して右手に腕時計をしている人には、いろいろな理由や意味がある。 基本はどちらの手にしても自由なので、それぞれの考えで堂々としていればよいと思います。 多分それがカッコいいと思う。 私自身は、これからも「利き腕とは反対側の腕に」派でいこうと思います。 最後までご覧くださり、ありがとうございました。

次の