大 日本 帝国 地図。 【大日本帝国の地図】中国人「すごい領土だな!アメリカさえ日本の相手をしなければ・・」中国の反応

帝国書院

大 日本 帝国 地図

よく日本は、狭い小さいせせこましいといわれます。 (いや、国土の話であって、視野とか心とかの人間の性質の話ではありません。 ) 確かに米国や中国、ロシアなんかの糞でかい国とは比ぶべくもないのですが、世界は小さめの国の方が多かったりしますので、世界各国でのランキング中だと60位くらいとなり思ったよりは広い方に位置します。 (国土の話であって、視野とか心とかの人間の性質の話ではありません。 ) とはいえ、山地などの割合が多いし、広々とした生活環境を持つ方も限られるでしょうから、やはり日本国民からすると「狭い」と感じる方の方が多いのではないでしょうか。 大体、他所の国と比べてそんなには狭くないよとかいわれても、狭いと感じてる身からすると「知ったことか」としか言いようがないですしね。 (国土の話であって、視野とか心とかの人間の性質の話ではありません。 ) さて、そんな「小さな日本」ですが、戦前には現在よりも遥かに広い領土や領土に準ずる地域を有していました。 本日の記事は、太平洋戦争前の日本の統治領域を確認して 落ち目の日本から過去の栄光にすがってみようという企画です。 統治領域の種類 日本が統治していた領域は、大まかに2種類に分けることができます。 一つは「領土」。 日本の完全な領土としてが統治していた領域ですね。 北海道、本州、四国、九州などが挙げられます。 もう一つは、「領土に準ずる地域」で、完全な日本の領土ではないものの日本の統治下にある領域です。 これには他国から借りて統治している地域である「」、よりの委任にもとづいて統治していた「区域」があります。 なお、他国の領土内において部分的なを有する「一部統治区域」というのもありました。 では、次節より実際に統治していた地域を挙げていきます。 領土 まずは領土です。 現代日本と同じく、北海道、本州、四国、九州、沖縄は日本領となっていますが、これに加えて、の南半分、朝鮮、台湾も日本領でした。 これら日本領のうち、北海道、本州、四国、九州は前から日本領と見なされていた地域です。 これらに対し、沖縄は後に日本に編入。 は1875年()にロシアから、台湾はでの勝利により1895年に獲得。 朝鮮は1910年にを併合したものであり、日本にとっては「新たな領土」でした。 この「新たな領土」は、「外地」として特別扱いされることが多かったのですが、この点についてはまた後ほど。 また、上記の他にも多数の島々が日本領でしたが、それらについては従来処遇が明確でなかったためか、明治以降に日本に編入されたものが多数見られました。 いくつか例を挙げると、はに編入、はに編入、大東島はに編入などなど。 そういえば、しょうもないを煽り立てるのに便利なツールとなっているなんかも、にに編入された島です。 それから、ダシにする国が異なるものの同様の煽りツールであるもにに編入(標杭建設を知事に指令)されています。 内地と外地 さて、同じ「日本領」でも、の制度的には「内地」と「外地」に区分されました。 内地とは、国家全体のために制定された法規が適用される地域のことをいいます。 北海道、本州、四国、九州、沖縄は「内地」とされました。 これに対し、国家全体のために制定された法規が適用されず、その地域のために特別に制定された法規が適用される地域のことを「外地」と呼びます。 、朝鮮、台湾などは「外地」であり、法的には別扱いでや内地の法令は適用外だったわけです。 このような「外地」という制度が作られた背景には、内地の住民と同等の扱いはしたくない、という日本政府や指導者層の考え方がありました。 (ぶっちゃけ刺激の強い「植民地」という言葉を言い換えただけ、なんて指摘も。 ) なおついでの余談ですが、「内地」といえども北海道のや出身者は差別的扱いを受けることが少なくありませんでした。 領土に準ずる地域、その他 次にや領などの領土に準ずる地域と、それから一部統治区域や租界など「その他」の地域。 としては、中国のに位置する関東州が挙げられます。 関東州は、での勝利によりロシアから獲得したもので、1997年までという約束で中国から借りていました。 (もちろん、借りていると言っても地代を払ったりしているわけではありません。 ) 本来、ロシアは関東州を中国から25年間の期限で租借していたのですが、これを引き継いだ日本は、、いわゆる二十一カ条要求により期限を延長させました(南及東部ニ関スル条約)。 区域 日本はについて、より統治を委任されています。 は、や、などの、西太平洋の赤道付近に広がるの島々のことで、時に日本がドイツから奪い、大戦後はそのままよりされる形で、日本の統治区域に組み込まれました。 もともとの住民は5万人程度だったのですが、領となってからは、経済的に貧しい沖縄から移住する人が増え、1940年までに5万人の移住者を数えたとか。 一部統治区域 日本は、関東州と同じ経緯で(満鉄)付属地帯の行政権を獲得しますが、これが一部統治区域となります。 なお、行政権のうち軍事外交裁判警察以外は、後に設立した株式会社に行使させています。 同社は単なる民間の鉄道会社ではなく、植民地管理機関としての一面を持っており社長(後に総裁と改称)は政府が任命していました。 ちなみに、同地域の日本人以外の民事刑事のは中国が持っています。 租界 租界は、他国領でありながらがおよぶ場所です。 当時の日本の場合、中国の天津(てんしん)と漢口(かんこう)にあり、本来は中国の主権下にある地域のはずが、実際の行政は経済活動に対する徴税なども含めて日本によって行われました。 また、中国有数の大都市である上海にも共同租界(日本を含む列国が共同で管理)がありました。 最後に さて、 落ち目の日本から過去の栄光にすがって時代の統治区域を振り返ってみましたが、なかなか広大な領域を有していたといえそうです。 もちろん、これらの統治区域は「内地」以外の地域は太平洋戦争の敗戦により喪失、「内地」でも一部の地域は喪失することとなります。 なお、上記には書いてませんが、事変後には「国」なんてものも出来上がります。 これについては、いつか機会があれば。 主な参考資料 本記事を書くにあたり、以下の書籍を主な参考資料にさせて頂きました。

次の

【戦前の日本】大日本帝国の植民地【外地】

大 日本 帝国 地図

総称して「伊能図」という。 文政4年 1821年 完成 平成5年(1993年 復刻版発行 伊能忠敬が作成した日本地図。 大図、中図、小図があり、大図は実測図で、中図、小図は大図を縮小して作られました。 国土地理院を参照 明治38年 1905年 日露戦争 日本海海戦。 アインシュタインが特殊相対性理論を発表 日露ポーツマス条約締結。 ノルウェーがスウェーデンより独立する。 シベリア鉄道が開通 明治45年 1912年 分邦詳密萬国大地図のうち大日本帝国総図。 明治38年 1905年 日露戦争 明治43年 1910年 韓国併合 明治45年 1912年 分邦詳密萬国大地図のうち印度支那 インドシナ。 植民地化されている様子も見て取れる。 明治45年東京市長がワシントン市に三千本の桜の樹を贈る。 明治45年 1912年 分邦詳密萬国大地図のうち亜細亜 アジア。 明治39年 南満州鉄道 株 ができる 明治45年 辛亥革命 中華民国誕生する 大正3年 1914年 東京駅 辰野金吾設計 が新築落成。 オーストリアがセルビアに宣戦布告し第一次世界大戦が始まる パナマ運河開通式 大正5年 1916年 大正5年コレラが流行 吉野作蔵が民本主義を主張する。 大正6年 1917年 ロシア革命がおきる シベリア出兵。 大正8年 1919年 パリ講和会議開催、 ナチス結成、 国際連盟成立.

次の

帝国大学

大 日本 帝国 地図

しばらく前の話ですが、某インターネットTVの番組にて、時代の朝鮮について「(日本の)植民地じゃない、統治しただけ」という 頭が痛くなる珍説見解を述べた方がおられました。 その方が 珍説見解をご披露された際に主な根拠として挙げられたのは、に大学を建てたから、大学をつくるということは植民地じゃない、ということでした。 その論で行くと、いろんな国のあちこちの植民地が「植民地じゃない、統治しただけ」ということになってしまうのですが。 まあ番組中でも即座に否定されてましたので、この話はこれくらいにしておきますが、戦前日本の植民地には、朝鮮の他に、台湾、やなどがあります。 当ブログでは、過去にこれら戦前日本の統治領域について少し触れたことがありました。 上記記事と少しかぶるところもありますが、今回は簡単ながらの植民地について。 時間があまりないので概要程度となってしまいますが、ご容赦ください。 の植民地 一般的に、政治上経済上の意味での植民地とは、国の統治区域の一部でありながらも、本来異民族のすんでいるところで、地理上も本国と隔たり、多数の本国人が移住して本国とは異なる別個の社会を形成しているところをいいます。 また、法律上では本国とは別個の法域をなす地域のことを指しています。 戦前の日本では、本国のために制定された法規が適用される地域を「内地」、の効力が及ばずその地域のために特別に制定された法規が適用される地域のことを「外地」と呼んでいました。 、朝鮮、台湾などは「外地」となります。 は、朝鮮・台湾・のことを「植民地」と称することを嫌っており、「外地」という言葉は植民地という言葉を避けるためだという指摘もあります。 なお、政府は朝鮮・台湾・にはが施行されて効力が及んでおり、関東州・にはの効力が及んでない、という公式見解をとっていました。 しかしこれは建前に過ぎず、事実上、これらの植民地にははほとんど効力を有していません。 には、「法律ノ範囲内」という制限付きながらも一応は人権の保障が定められてたり、や、行政が法律に従うという原理があったわけですが、これらは植民地には適用されませんでした。 ちなみに、上記の「外地」という言葉は法規適用上の区分であり、実際の慣用としては様々な用法がありましたので、ご注意を。 (「日本帝国統計年鑑」では外地とは朝鮮・台湾・のみを指してたり、一般的用法では中国(含む)や政地域も含まれたりします。 ) 植民地 せっかくなので(?)植民地時代のについて少し取り上げておきます。 以降、日本は殖産興業による富国と軍事力の整備を進め、国力の増強に努めていましたが、こうした施策をすすめる日本にとって、は極めて大きな戦略的意味を持っていました。 当時、朝鮮は清国の下で政策をとっていましたが、もしこの半島を敵国が支配した場合、日本の国土防衛は極めて危うい状況に置かれることとなります。 というのも、は、、という日本にとって重要な海面を扼する地域だからです。 このことから日本は、朝鮮が開国して独立国として発展し、ロシアや清国に対する緩衝地帯として機能することを望んでいました。 このような考えの基に、日本は朝鮮への関与を強めていきます。 に(日朝修好条規)を結んで朝鮮に開国を強いたり、を経てで清国に朝鮮独立を認めさせたり、さらには同じく朝鮮に対する野望を持つロシアとのに勝利し、遂にはに対する支配的な地位を確実なものとします。 1910年、日本は条約により韓国を併合、統治のためにを置きました。 ちなみに、初代総督にはが就いています。 (なお、当初の目的であった「緩衝地帯として」の役割は途中で忘れ去られ、併合後は「朝鮮を取られないよう」にさらなる膨張路線をとったりも。 本末転倒は日本の伝統芸なのです。 ) 朝鮮の統治は、原則として全て総督に対しから委任されます。 ただし、官制の制定、官吏の任免についてはの親裁、すなわちの輔弼によるものとなっていました。 また、予算はの協賛により決定されます。 これら以外は総督の権限とされ、行政権・を併せ持つ総督の権限は絶大なものでした。 ちなみに、戦時下の日本語強制・・運動など愚劣な方策が行われていますが、こういった日本化施策を行った割には、日本語を解するものは昭和20年(1945年)においても35%に留まりました。 内地と違って義務教育制度をとってないことから就学率が低かったことも原因でしょうか。 植民地統治の中央機関 さて、戦前日本における植民地の行政機関は、前述の通り、一般的に各植民地の植民地官庁にから行政を委任する、という形式をとっていました。 日本は、植民地行政についてはその大綱を監督するのみとなっており、このため、植民地統治のための中央機関は強力とは言いがたく、まあ、端的にいって各植民地官庁から舐められていました。 に拓務省が新設され、拓務大臣は、、関東庁、、に関する事務を統理することとなりましたが、日本では中央において植民地政策を立案推進するところは存在せず、の監督権・指示権が明確になるのも、かなり後のことになります。

次の