豚バラブロック レシピ 圧力鍋。 圧力鍋で簡単!豚バラブロック大根のレシピ

圧力鍋で柔らか!豚バラブロックの味噌つけ麺のレシピ

豚バラブロック レシピ 圧力鍋

チャーシュー(煮豚)が圧力鍋でもパサパサになってしまう原因は? ちなみにこのページで「チャーシュー」と呼んでいるのは煮豚です。 本格的なチャーシューはどちらかというとローストポークに近いもので、お肉をローストさせて作るので、お肉がどちらかというと締まって歯ごたえがあるものが出来上がりますので、今回はほろほろの煮豚のほうのレシピになります。 煮豚で使う肉の部位おすすめは? 煮豚で大切なのは、やはり肉のどの部位を使うかなんです。 同じレシピでも肉が違えば出来上がりがまったく違い、 肉の部位のよっては、煮ると性質上パサパサにしかならないものもあります。 以下は、とろとろになる順に並べた豚肉の部位です。 やはり、ばら肉(つまりお腹の肉です)あたりが、いちばんほろほろになりますが、脂も多いので、ラーメン屋さんなどでは「肩ロース」を使っているところが多いようですよ。 スポンサードリンク 煮豚が固くなる原因は? 肩ロースを使っていたのにパサパサだったというときはやはり作り方を見直してみましょう。 私が以前失敗したときには 調味料をいれるタイミングが間違っていました。 これはお肉全般にも言えることなのですが、最初から塩系の調味料を入れてしまうと、お肉はいくら煮てもキュッっと締まって固くなってしまいます。 これが起きる理由は「浸透圧」の関係で、お肉の水分が塩分の多い煮汁のほうに逃げてしまうからなんだそうです。 なのでしょう油や塩が入った煮汁のなかでは、お肉は煮れば煮るほどパサパサになる運命なんです。 例えばクックパッドで人気のチャーシューのレシピを見てみましょう。 10分後は圧が下がるまでそのまま放置。 圧が下がったら蓋をあけ豚肉の上下をひっくり返し冷めるまで放置。 最初に豚肉を煮るときの、煮汁には塩気がまったく入りません。 だから誰が作っても、ほろほろのお肉になるんですね。 私がご紹介したでも、最初から調味料を入れていないのでやわらかくなるんです。 スポンサードリンク 圧力鍋で豚肉を煮すぎていないか? 最後に考えられるのは調理時間です。 圧力鍋ってなんでもやわらかくホロホロにしてくれるイメージがありませんか? だからチャーシューを作ってみて意外とぱさついているのをみて、失敗かな?と思ってしまうこともあります。 実は圧力鍋は調理時間を短縮してくれる半面、逆に長時間圧力をかけすぎてしまうとパサパサしてしまうことがあるんです。 調理する時間は、圧力鍋によってもかわってきますが、お肉がさほど大きくない場合には、20分ほどで火は通りますし、長くても30分くらいで大丈夫なんですよ。 どうでしょうか。 いままで私はまったく反対のことをやっていた!という調理の工程はみつかりましたか?.

次の

圧力鍋で さっぱり豚の角煮 作り方・レシピ

豚バラブロック レシピ 圧力鍋

こんにちは。 アサヒ軽金属のショーコです。 お店でしか食べたことがなかった私ですが、 圧力鍋のほったらかし調理をマスターしてからは、簡単に作れるようになったんです! そこで今回は、ほったらかし調理による「とろける豚の角煮」 の作り方をご紹介します。 そして、お肉がしっかり浸かるくらいの水を加えて下ゆでします。 お肉が空気に触れていると、その部分がパサパサになったりかたくなりやすいので、水分はたっぷり使うのがコツです。 ここでのほったらかし調理のポイントは、「調理圧の高い圧力鍋を使うこと」。 調理圧の高い我が家の圧力鍋「ゼロ活力なべ」なら、 通常2~3時間かかるブロック肉の下ゆでが、加圧わずか20分で完了! つきっきりでいる時間を最小限にできます。 でも、長時間火をつけっぱなしにしては、ほったらかしとは言えません。 圧力鍋で下ゆでしたら火を消して、蓋をしたまま「ほったらかしタイム」。 5層クラッド鋼 アルミ・ステンレスの多層構造 を全面に採用することで高圧力と高い保温能力を実現。 熱が底部だけでなく側面にも均一に伝わり、食材をムラなく加熱できます。 ちなみに、私は時間がある時は、そのままひと晩ほったらかしておきます。 ゆっくり寝かせてあげることで、お肉が一段としっとりとやわらかく仕上がり おいしさが増すんです(夏場は鍋の熱が冷めた後、冷蔵庫に入れておきます)。 ここで、煮汁や脂をうっかり捨ててしまわないように! 煮汁も別の容器に入れて、冷蔵庫に入れておきましょう。 煮汁はスープに、冷え固まった脂はラードになります。 華の金曜日に、夜な夜なブロック肉を煮込んだりするほどです。 (予定がないだけ!? ) とは言っても、シュシュッと圧力調理のあと、ひと晩ほったらかしておしまい 結局、暇を持て余しているんですけどね(笑)。 また、忙しい方はもぜひご覧ください。

次の

豚バラブロックの塩漬け「塩豚」が便利!正しい作り方と保存方法は?

豚バラブロック レシピ 圧力鍋

スポンサーリンク 今回のレシピで使った材料の保存方法と保存期間 材料にはそれぞれ特徴があり保存方法、保存期間に違いがあります。 保存次第で保存期間も変わります。 材料が余ったらご紹介する方法を是非、参考にしてみて下さい。 大根の保存方法と保存期間 【保存方法】 大根に葉がついてる場合、切り取ります。 葉が大根の栄養を吸ってしまうからです。 新聞もしくはラップに包み、ペットボトルや牛乳パックを半分に切ったものに入れて立てて保存します。 横にした状態で保存すると、横から縦になろうとしてエネルギーを使ってしまい糖分と水分が減り、しおれてしまいます。 大根を切った場合も切り口をしっかり隠れるように大根全体にラップをします 【保存期間】 冷蔵庫で1~2週間 生姜の保存方法と保存期間 【保存方法】 常温で保存する場合、新聞紙で生姜を包み、風通しの良い冷暗所で保存。 冷蔵庫で保存する場合、新聞紙で生姜を包み冷蔵庫の野菜室に入れて保存。 切った生姜を保存する場合、カットした部分をしっかりラップで隠れるように生姜全体にラップをし 新聞紙に一つずつ入れて野菜室での保存が可能です。 切って冷凍保存も可能。 輪切りもしくは千切りしフリーザーバッグに入れて、平らにして空気をしっかり抜いて冷凍庫へ入れます。 すりおろし生姜も冷凍保存が出来ます。 生姜をすりおろしたら水気を切りラップにのせて包み、冷凍しても手で折れるくらいの薄さで平らにしてタッパーに入れるかバットの上におきます。 【保存期間】 常温で10~2週間 冷凍で1~2カ月.

次の