厳島 神社 鳥居。 厳島神社の鳥居はなぜ倒れない?その構造と腐らない理由とは?

厳島神社ってどんな神社?建てた人は誰?【歴史や見どころをわかりやすく解説】

厳島 神社 鳥居

スポンサードリンク 宮島には過去2回行ったことがあります。 1度目は高校の修学旅行で瀬戸内海と九州を旅した時に立ち寄りました。 2度目は仕事でお客さんと工場に行った時にご案内しました。 何れの時も厳島神社は平清盛とのかかわりがあることや平家納経などの貴重な文物があること程度の浅い知識しかありませんでした。 あらためて、厳島神社には朱塗りの大鳥居がなぜ海の中にあるのかが気になり、その理由を歴史と共に紐解いてみることにしました。 厳島神社の鳥居はなぜ海の中にあるの? 厳島神社の鳥居がなぜ海の中にあるのかを考える時、いろいろな理由を空想してしまいます。 たとえば、 厳島神社の鳥居のある場所は干潮時には潮が引いて海の底が現れますが、その昔、そのあたりは陸地だった、 とか 厳島神社を一層見栄えよく引き立てるために海の中につくった、 など、根拠もない想いがわいてきます。 実は、 鳥居が海の中にあるのはちゃんとした理由があるのです。 神社では本殿の正面に向かって参道(お参りする道)がまっすぐ伸びています。 その参道の入口には鳥居が立てられてます。 これは、陸にある神社や鳥居を考えればわかりますね。 そして、 鳥居の役割は、神様が住まわれる領域と人が済む領域を分けるために立てられます。 つまりその境目のところに立てられているということです。 厳島神社を考えた場合、 本殿の正面は海に向かっているのです!! そうすると 本殿に向かう参道は、当然海の上にあり、鳥居も必然的に海の中にあるということになります。 正式な参拝の方法は? 鳥居が海の中にあるワケがわかると、 厳島神社は、船に乗って海の中の鳥居をくぐり、本殿に向かうのが正式な参拝方法だということになります。 私たちは観光で厳島神社を訪れる時、陸路を伝ってお参りしますが、これは裏口からお参りしているようなものなのですね。 次回行く機会があれば、海の中の朱色の大鳥居を船でくぐって参拝するクルージングで正式参拝をやってみたいと思います。 天気がよければ 満点の星空のもとの幻想的なナイトクルージングで、一味違う素晴らしい体験ができるかもしれません。 なお、大鳥居の上に掲げられている 額(扁額-へんがく)の文字は海側は「厳島神社」、本殿側は「伊都岐島(いつきしま)神社」と書かれています。 理由はよくわかっていないそうですが、 昔は「伊都岐島」と呼ばれていたそうです。 平清盛が「厳島」と呼ぶようにしたという言い伝えがあるそうです。 このことから、二つの呼び名が充てられているのかもしれませんね。 厳島神社の鳥居はなぜ赤い 厳島神社の鳥居は平安時代に作られ、現在のものは明治8年(1875年)に再建された8代目にあたります。 高さは約16m、総重量約60トンの特大の鳥居です。 主柱はクスノキの自然木で作られています。 明治時代初期は明治元年(1868年)に発せられた神仏分離令があり、そのため 再建当時は朱塗りではなく木の地肌のままだったようです。 明治33年(1900)に社殿が暴風で破損してしまったので、修復工事が翌年から大正8年(1919年)に掛けて行われました。 その 修復時に、社殿や大鳥居も朱塗りになったそうです。 なぜ赤い色にしたの 平家の旗は赤色であり、平家ゆかりの神社ということで朱色になっているようです。 厳島神社の歴史を簡単に教えて 厳島神社と言えば、平清盛や平家一門と縁が深いので、清盛が作ったのではと思いがちです。 答えは、一部は正解、一部は不正解です。 厳島神社、593年に地方の豪族が社殿を創建したことから始まったとされています。 1400年以上の歴史をもつ神社ということです。 平家とのかかわりが強くなったのは、平安時代の末期に平清盛が安芸の守となったことによるとされています。 平清盛は大規模な社殿を造営し、現在とほぼ同じ規模になりました。 そして、 厳島神社は平家の氏神になりました。 その後、平家の滅亡と共に厳島神社は衰退していきます。 戦国時代に入り、1555年には毛利元就が厳島の戦いで勝利を収め、一帯を支配します。 毛利輝元は厳島神社を崇拝し、大掛かりな社殿修復をして、再び栄えるようになりました。 江戸時代に入ると厳島詣でが盛んになり、門前町なども大いににぎわったそうです。 まとめ 今回は厳島神社の鳥居を中心に、• 厳島神社の鳥居はなぜ海の中にあるの? ・正式な参拝の方法は?• 厳島神社の鳥居はなぜ赤い ・なぜ赤い色にしたの• 厳島神社の歴史を簡単に教えて について探ってみました。 これらのことを頭に入れて厳島神社を訪れれば、感慨も一層深くなることでしょう。 できれば、海から朱塗りの大鳥居をくぐって参道を通り、正式参拝をしてみたいものです。 今回の話がご参考になれば幸いです。

次の

【厳島神社】世界で唯一の海に浮かぶ神社を見たければ、満潮時間を調べて行くべし

厳島 神社 鳥居

大鳥居が有名な厳島神社ってどんなところ? 観光資源が豊富な広島県でもトップクラスの人気を誇る人気観光地の厳島神社のシンボルが大鳥居です。 大鳥居が有名な厳島神社とはどのようなところなのかご紹介します。 厳島神社とは 厳島神社は広島県の廿日市市、瀬戸内海の広島湾に浮かぶ厳島通称宮島に鎮座する神社です。 古くは伊都岐島神社と記され、全国に500社存在する 厳島神社の総本社がこの厳島神社です。 平安時代に創建された厳島神社は、全国的に珍しい潮干潟の上に建物が建てられている構造で、多くが13世紀までの再建されたものです。 満潮時には海上に浮かぶ幻想的な姿を見られることも厳島神社の特徴の1つです。 1996年にはユネスコの世界文化遺産の登録基準を満たしとされ、世界文化遺産に登録されています。 色鮮やかな朱塗りの社殿は、世界でも類を見ない圧巻の後継で海の青とよく映えるフォトジェニックなスポットとしても人気があり、幅広い世代で日本人だけでなく、外国人観光客も多く訪れる場所となっています。 祀られている神様は? 平安時代に創建されたとしされている厳島神社では、他の神社と同じように神様が祀られています。 祀られている神様は3柱で、3柱は 宗像三女神が主祭神として祀られています。 宗像三女神というのは、天照大神の御子神として誕生した三柱の女神のことです。 3柱は市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命となり、市杵島姫命 イチキシマヒメ は厳島神社の名前の由来と言われています。 宗像三女神は福岡県宗像市の宗像大社を総本宮として、厳島神社を含み全国各地で祀られている神様です。 宗像三女神は、海運や漁業の神として信仰され続けており、現在でも厳島神社は、交通安全や水難除けにご利益があるとされています。 厳島?宮島?安芸の宮島とは? 厳島神社の鳥居はどうして海の中に作られたの? 全国的に見ても珍しい厳島神社の特徴が、海の中に作られた鳥居だということです。 厳島 宮島 には陸地があるにも関わらず、海の中に鳥居が作られたのには理由があります。 一般的な神社の鳥居は内陸地はもちろん、離島であっても多くのケースで陸地に鳥居が作られています。 対して厳島神社のシンボル的な大鳥居は、海面上に神々しい朱色の鳥居が姿を見せており、見る人を惹きつける圧巻の光景です。 厳島神社に関わらず、鳥居の本来の目的は、神の暮らす神域と人間の暮らす俗世界との境界線を表すためのものです。 神社への入り口であると同時に、神と人間と繋ぐ場所でもあります。 厳島神社の大鳥居が海に作られた理由としては、厳島は古くから 島全体が神として信仰の対象だったことが関係しています。 厳島の陸地は神のご神体として考えられていたため、信仰の対象となる陸地を荒らすような行為を避けて、海の中に作られたとされています。 全国に水の中に作られた鳥居は複数存在していますが、海の中に作られた鳥居は珍しく、時間帯によって潮が満ちたり、引いたりする姿、時間帯によっても見える姿を変える、神々しく不思議な絶景が広がります。 厳島神社の鳥居年表 初代 1168年 2代目 1286年 3代目 1371年 4代目 1546年 5代目 1561年 6代目 1739年 7代目 1802年 8代目 1875年 厳島神社は、1168年に平清盛によって造営された記録が残っており、この時期に初代となる大鳥居が作り出されたとされています。 初代大鳥居は理由は不明ですが、その後何らかの理由で倒壊しており、1286年に2代目が作られています。 2代目は1286年に誕生からしばらくした1325年に、何らかの理由で再び倒壊しているのです。 2代目倒壊後は、1371年に3代目となる鳥居が再建されています。 3代目も年代は不明で詳細も明白な記録がないですが、倒壊した記録があり、1546年に4代目再建です。 4代目も同じく記録に残っていない崩壊があり、1561年に5代目が再建されています。 5代目は1716年に他と同じく記録に残っていませんが、倒壊したという記録があり、1739年に6代目として再度完成しています。 6代目は1776年に雷に打たれたことで炎上しており、1802年に安芸広島藩の第8代藩主の浅野斉賢によって再建され、7代目の鳥居が完成です。 7代目も完成から約50年経過後、1850年に台風によって倒壊しています。 8代目として1875年に再建されており、 2019年4月時点で厳島神社の鳥居は8代目です。 このように厳島神社の鳥居は、理由が分からない倒壊から、雷、台風など自然災害の被害に遭っても、幾度となく崩壊再建を繰り返しており、初代から8代目まで繋がり現在も堂々とした姿を見せています。 1168年に平清盛によって造営された厳島神社の大鳥居。 初代から現在の8代目まで倒壊と再建を繰り返しながら、現在まで姿をほとんど変えずに厳島の地に存在しています。 対岸や厳島の陸地から見ても圧巻のサイズ感がある海の中の大鳥居の 重さは約60トンです。 日本で有名な伊勢神宮の鳥居は、重さ約5トンと言われており、それでも十分巨大ですが、比較すると厳島神社の大鳥居の重さが分かります。 約60トンもの重さになる大鳥居はサイズも多きく、横幅約24m 高さが約16mです。 約16mの高さはビルに例えると、5階分ほどの高さとなり、大鳥居がどれほど大きいものか分かります。 厳島神社の大鳥居は、日本を代表する鳥居が選ばれている、日本三大大鳥居に加えて日本三大木造鳥居にも数えられています。 日本三大木造鳥居に数えられているように、鳥居の素材には木材を使用しています。 一般的に木造鳥居にはヒノキの木などが使用されていますが、厳島神社の大鳥居には クスノキの素材が使用されているのです。 クスノキは水や腐敗に強いことで、昔から船材として重宝されており、海の中に建っている大鳥居には最適の素材です。 厳島神社の大鳥居は、海の中に作られている全国的にも珍しい鳥居です。 重さ約60トン、高さ約16mの巨大な鳥居で海の中にありますが、倒れないのには特殊な建築方法が関係しています。 巨大な大鳥居ですが、一般的な建築様式のように海底に基礎を打って固定されているのではなく、約60トンの重さによって自立している構造です。 また、大鳥居は一般的な鳥居のように2本の脚で建っているのではなく、2本のクスノキの脚、2本の主柱をサポートする4本のスギの袖柱の計6本で成り立っています。 がっちりとした強靭な大鳥居ですが、シンプルに基礎を作って埋まっているのではありません。 主柱の 基礎には千本杭が活用されており、約30本から100本が埋め込まれ、この上をコンクリートなどを用いて固めて補強しています。 基礎を作るのではなく、固めて補強をした土台の上に鳥居自体の重さで、自立している特殊な構造の大鳥居は、鳥居の重さを増やすための空がなされているのです。 その工夫と言うのが、鳥居上部にある箱の中に玉石というものを約7トン詰め込んでいるのです。 約60トンという重さがある鳥居のうち、約7トンを上部の玉石にしていることで、絶妙なバランスを保ち、玉石で自重を増やしていることで、 重みを利用して倒れにくい構造になっています。 厳島神社は海の中に堂々と建っており、いつでも見ることが可能です。 常時見ることができる大鳥居ですが、時間帯によって違った姿を見ることができます。 厳島神社の大鳥居は海の中にあることで、時間によって見える姿が全く違って見えることでも人気があります。 そして美しく見える時間帯は、季節や潮の満ち引きでも変化が楽しめます。 大鳥居を美しく見るには事前に干潮の時間、満潮の時間を調べておくことが重要です。 干潮時と満潮時では雰囲気が全く異なって見えるだけでなく、それぞれで時間帯によって違いも楽しめ、干潟字も満潮時も共通した おすすめの時間帯は夕方と夜です。 夕方の時間帯は、晴れた日には夕日がオレンジに美しく輝き沈んでいく様子が見られます。 干潮時には水面の水たまりに反射する大鳥居と夕日が絶妙なコントラストを生み出し、満潮時には夕日が水面を1本の線のように引き、逆光で暗くなった大鳥居との光景は圧巻です。 夜の時間帯は海や周囲は暗闇になり、大鳥居がライトアップします。 暗闇の中にパッと鮮やかに映し出される朱色の大きな大鳥居が、水面に反射して1点にライトアップされる様子は、神々しさを感じる感動の光景です。 基本的には夕方や夜がおすすめですが、タイミングによっては干潮時、満潮時など潮の満ち引きにも差があり、毎回異なった光景が楽しめます。 厳島神社の大鳥居を美しく見たいときには、事前に潮の満ち引きのタイミングを確認しておくことがおすすめです。 厳島神社の鳥居がきれいに見える場所はどこ? 厳島神社のシンボルスポットの鳥居をせっかく見るならベストスポットで見た方が美しさを直に感じれおすすめです。 厳島神社の鳥居がきれいに見える場所をご紹介します。 宮島の陸地の沿岸部からは基本的に鳥居はきれいに見えますが、特別きれいに見えるポイントがあります。 まず1つ目の場所が、厳島神社の 平舞台の先端にある火焼前 ひたさき です。 火焼前は古くは船の乗り入れをしていた場所で、桟橋のような木の床のスペースが広がっており、大人が5人ほど立てるほどです。 火焼前から鳥居は真正面に見ることができ、縁起の良い数字の八にちなんだ88間 166m 先に鳥居はあり、真正面で美しい景色を見ることができます。 2つ目の場所が鳥居の周辺の砂地です。 満潮時は海があるため近くまで、足を踏み入れることができませんが、干潮時には陸地になるため降りて近くまで移動することができます。 全国的にも珍しい海面に姿を浮かばせる鳥居は干潮時は潮が引き、近くまで歩いて移動することが可能で、普段とは違った角度から見る鳥居は、柱の太さやきれいな朱色を間近で見ることができるおすすめの場所です。 3つ目の場所が 海から鳥居に接近できる大鳥居号です。 大鳥居号は、宮島口発9:10から16:10の便だけ鳥居に大接近するフェリーで、通常のルートとは異なり、海から大鳥居と厳島神社を正面に眺めることができます。 海の中に作られている厳島神社の鳥居は、海の中にありながら干潮時には近くに行って見ることが可能です。 厳島を代表するシンボル的な存在の鳥居を近くで見るにはコツがあります。 海の中に作られている厳島神社の鳥居は、満潮時は海の中に浸かっており近くで見ることは不可能です。 しかし、潮位100㎝以下の干潮時には潮が引き海底がむき出しの状態になるため、歩いて鳥居の近くに行くことができるようになります。 干潮時は誰でも歩いて近づくことはできますが、完全に水が引いてしまう訳ではないため、海水で靴や服が濡れてしまうこともあり注意が必要です。 鳥居は岸から約100mほどの場所にあり、そこまで歩いていくことになり、道中は海水が残っている場所があります。 基本的には大きな海水の残りを避けながら歩いていくことになりますが、タイミングによっては砂がある程度乾燥した濡れにくい状態になります。 濡れずに見るには、 歩きやすい耐水性の高い素材の靴を履いていくのがおすすめです。 道中で海水が多く残る場所には上を歩くと濡れにくいようになっている、石が等間隔で敷かれているので、その 石の上を歩いて渡ることで濡れにくくなります。 青い空と海に朱色の柱と屋根が映える、厳島神社の鳥居は定期的に改修が行われてきました。 度々改修が行われていましたが、ついに大規模工事が開始されることが決定しています。 大規模工事は2019年の6月から開始され、 期間は1年以上かかる可能性も考えられるほどの大きな規模です。 今回の大規模工事では、傷みが激しい根本部分の修繕、塗装の塗り替えが行われる予定となっています。 根元部分は約70年前に修繕が施されており、お賽銭感覚で観光客がコインを挟む行為も劣化を早める、工事の大きな原因とされています。 塗装は劣化による色の薄れを解消するために行われる工事です。 これらの工事は、自然現象で必要になることもありますが、人間の問題行動が一因とも考えられているため、劣化の原因になる行動は慎み、工事後も劣化の原因になる行為は避けることが大切です。

次の

【厳島神社】世界で唯一の海に浮かぶ神社を見たければ、満潮時間を調べて行くべし

厳島 神社 鳥居

スポンサーリンク 気になる事はたくさんありますよね。 そこで今回は厳島神社の大鳥居の工事期間とその間の厳島神社の観光、厳島神社の ライトアップについてご案内させて頂きます。 厳島神社の工事はいつまで? 厳島神社の大鳥居は平清盛公によって1168年に初代の大鳥居が建立されました。 実は現在の大鳥居は明治8年(1875年)に建立された八代目。 建立されてからだと、なんと140年の歳月が経過しています。 大鳥居の工事は、2019年6月17日から2021年6月30日までの予定となっています。 つまり丸2年もの間、修理中ってこと。 けっこう長いですよね・・・。 で、どのような工事内容で行われるのかが気になったので、 宮島観光協会に行って直接伺ってきました。 それで、帰ってきた答えはこうです。 「工事内容は檜皮葺の屋根のふき替え、扁額の修繕、朱色の柱の塗り替えと柱の破損個所の調査を行います。 」 だそうです。 工事期間中も構造診断、補強方法の検討、専門委員会の意見を伺い、文化庁の承認を得て 施工を行うので修繕工事は長期間に渡るのです。 足場を組まれて白い透過性のメッシュシートに覆われた大鳥居は御簾(みす)にお隠れに なったように透けて見える姿です。 夜のライトアップ時には全体が黄金色に輝いて満潮時には荘厳で幻想的な美しい姿を見ることができます。 厳島神社工事中の観光はどうするの? 厳島神社の大鳥居の修繕工事で一番気になるのは干潮時に大鳥居まで近づいて写真を撮ることができるのか? 厳島神社はいつもどおりに参拝できるのか?ですよね。 安全上、ロープの内側へは立ち入ることはできませんが 干潟へ降りて近づくことはできます。 この日も大勢の人が潮が引いた海岸に降りて スマホやデジカメで大鳥居を撮影していましたよ。 私が鳥居に近づくとそこに 悠然と優雅に大鳥居の足元を歩く一羽の鷺がいました。 「自分がモデルとしての自覚があるのかもしれない。 」 そう思わざるを得ないほど堂々としていていたのが印象的でした。 大鳥居の足元にいた鷺にはそんな雰囲気が本当にありましたよ。 もしかしたらあのワシは神様の化身だったのかも。。。 笑 厳島神社で行われる修復工事は、じつは大鳥居の他にも行われます。 厳島神社で行われる修繕工事は令和2年(2020年)1月20日から令和2年(2020年) 7月31日まで。 修理の内容は、東廻廊の修復工事が行われます。 ですが安心してくださいね。 修理期間中でも厳島神社は通常通り拝殿、参拝ができます。 厳島神社の参拝順路は、客神社本殿(まろうどじんじゃ)から朝座屋を通り、 本殿の祓殿へと向かう順路になります。 詳しい参拝ルートはこちらの厳島神社公式HP でご覧いただけます。 もちろん、御朱印の授与、御守りの購入も通常通り受け付けています。 この写真は御笠の浜に面した錦水館の前から眺める厳島神社の大鳥居です。 白い御簾(みす)にお隠れになっている姿は荘厳な美しさがあります。 厳島神社工事中のライトアップは? 厳島神社と大鳥居は昼間に見るのもいいですが、夜のライトアップも神秘的で美しいので人気です。 工事中のライトアップの様子も気になりますよね。 厳島神社のライトアップは日没後30分から午後23時まで行われます。 厳島神社のライトアップは周囲の明るさで自動的にセンサーで点灯されますから、日によって時間が少しずつ違ってきます。 日没直後に行ってみたらついてなかったとしても、それはライトアップが中止なわけじゃないです。 単に早すぎただけなので、少し待ってみてくださいね。 きちんとした暗さになったらきれいなライトアップが見られます。 夏に観光で宮島を訪れる時は日没の時間が午後19時頃になってしまいます。 ライトアップの時間が遅くなってしまいますが瀬戸の夕焼けと大鳥居のコントラストを楽しむことができます。 秋から冬にかけての時期は日没が早いので午後17時くらいから厳島神社のライトアップを楽しむことができまよ。 厳島神社のライトアップを見るならナイトクルージング! 地上からライトアップされた厳島神社を眺めるのもよいですが、私のおすすめは船に乗ってみる厳島神社のライトアップです。 屋形船でのナイトクルージングで、荘厳かつ神秘的な厳島神社へ海の上から参拝する体験ができます。 宮島へ宿泊して厳島神社のライトアップと屋形船でのナイトクルージングを楽しみたいけど大鳥居は工事中ですね。 が、2019年6月から2021年6月まではくぐるのは無理なので 大鳥居に最接近するコースとなっています。 ナイトクルーズは乗船の2時間前までの予約が必要になります。 料金とお問い合わせ先を紹介しておきますね。 アクアネット広島お問い合わせ電話番号:0829-44-0888 受付時間:午前9時から午後21時 乗船料:大人(中学生以上)1,600円 小学生・5歳以上800円 ナイトクルーズの所要時間:30分 宮島参拝運行時間 17時55分・18時35分・19時15分・19時55分・20時35分・21時15分 乗船時間の20分前には宮島3号桟橋にありますナイトクルージングの受付へ行きます。 事前に予約していたことを伝えてチケットを購入します。 出発の15分前に乗船する船への案内があります。 大鳥居も全体が黄金に輝き修復工事中だけ見ることができる荘厳な美しさに輝きます。 宮島桟橋から距離がある宿泊先では送迎もしてくれます。 秋から冬にかけての屋形船での観光は空気が澄んでいるので荘厳な厳島神社の姿を楽しむことができますよ。 まとめ 御簾(みす)という布にお隠れになっている貴重な厳島神社の大鳥居を見ることができるのは今だけ。 この機会にわざわざ宮島へお出かけしてみるって言うのもすごくレアで いいと思います。 ナイトクルージングは宮島に一泊して時間を気にせず体験されるのがおすすめです。 合わせて読まれている記事 紅葉狩りでも有名な宮島。 見ごろを外すと残念な結果になってしまいます。

次の