スイッチ ライト ゲーム。 スイッチライトが発売したのでとりあえずSDカードは買っておきましょう

【スイッチライト Switch Lite】人気おすすめソフトランキング!

スイッチ ライト ゲーム

Nintendo Switchとは 「Nintendo Switch」の事はもはや誰でも知っているでしょう。 2017年3月3日に任天堂から発売された 「ハイブリッド型ゲーム機」です。 ニンテンドースイッチは、今までの据え置き型ゲーム機の範疇を超える携帯型ゲーム機としても利用できる据え置きゲーム機です。 日本でのキャッチコピーは 「カタチを変えてどこへでも」 上記のキャッチコピー通り、 家でも外でもどこでもゲームプレイが可能な大人気商品となりました。 皆さんは覚えているでしょうか? Nintendo Switchの発売直後、転売ヤーによる 売り切れ、品切れが続出していましたよね。 ヤフオク!やメルカリなどのサイトでは 定価よりも数万円高く販売されていました。 どこに行っても売り切れで、 Twitterなどで入荷の情報拡散が話題になっていたのも懐かしいです。 Switchが発売された年内はずっとそんな状態が続き、供給が安定されてきた2018年にようやく広くユーザーに普及されるようになりました。 新機種のNintendo Switch Lite 今もなお、大人気のニンテンドースイッチ。 数か月前に海外ジャーナルサイトから新機種の情報が広がりました。 新型ニンテンドースイッチ(PS4Proのように高スペックを持った据え置きマシンと、携帯型特化の廉価版モデル)の2種類が製作中で直に発表されるだろうという内容の物でした。 そして後日、公式から 「Nintendo Switch Lite(ニンテンドースイッチライト)」が発表されました。 選べる3色のカラーリング イエロー、グレー、ターコイズの3色。 ニンテンドースイッチライトの発売日と価格 2019年9月20日(金)に発売開始。 販売価格は19,980円(税別) セット内容 本体、充電器、セーフティガイドの3点、シンプルな内容です。 こういった機械の箱は箱自体に保証書がついていたりするので、保管しておく必要があります。 パッケージ箱もコンパクトで収納するのに困りませんね。 現行版との違い さて、 現行版よりも1万円ほど安く購入できるswitchライトですが、 現行版と何が違うのか確認してみましょう。 ちょっと批判的に見えてしまうかもしれませんが、オリジナルと廉価版の比較というのはそういう物なのでご了承ください。 ニンテンドースイッチライトをダメというつもりは全くありませんし、私は買います。 ニンテンドースイッチライトは携帯型専用機 これ大事です。 スイッチライトは 携帯型専用機ですので、 自宅のテレビやモニターに繋いでのプレイは出来ません。 実は現行版のSwitchはテレビに繋いでいる時と、携帯モードの時で性能差が出ます。 本体内部には排熱ファンが搭載されていますが、バッテリー駆動では熱を処理しきれない為、 フルパワーで稼働する事を制限しています。 一言で言ってしまえば テレビに繋いでプレイする方が画質が良いです。 ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドやゼノブレイド、ファイアーエムブレム風花雪月などグラフィックが細かい所まで描写されているゲームでは 違いが顕著に感じられると思います。 ニンテンドースイッチライトではこの辺りの仕様はどうなるのでしょうか? 気になるポイントですね。 あと、現行型とは本体の形が違うので本体を充電する為にドックに接続する事も出来ないのかなと思います。 携帯モードに対応したゲームソフト ニンテンドースイッチライトは携帯モードに対応したゲームソフトで遊ぶ事が出来ます。 見分け方は簡単で、パッケージの裏面に記載があります。 参考画像 コントローラーは本体一体型 現行版ではジョイコンを使用してプレイが可能でした。 9月に発売されるスイッチライトでは コントローラーは一体型になっています。 ジョイコンを無線接続する事は可能ですが、 ジョイコンを本体に取り付けできる訳ではありませんので、 ジョイコンを充電する為に別売りの充電式グリップ、又は現行型のスイッチ本体が必要です。 十字ボタンが復活 ニンテンドースイッチライトの十字ボタン 現行版スイッチでプレイする時に使用するジョイコンは十字ボタンが分離されたタイプでした。 個人的にはあまり気になりませんでしたが、ゲームによっては十字ボタンの方が操作しやすいと言う声があったりするみたいです。 新型スイッチライトで十字ボタンが採用された事は良い事ですね。 本体が軽量化 スイッチライトは軽量化モデルです。 携帯型端末ですので、 「小さく、軽く、持ち運びやすい」というテーマで設計されています。 普段持ち運ぶ機会が多い方にはとても嬉しい事ですね。 本体の重さは275gです。 3DSでいうと 普通の3DSが大体240gで、 3DSLLが大体330gなので3DSLLより軽いと考えれば すごく軽量なのがわかると思います。 身近な物でいうとiPhone8やiPhone7は140g程度なので2個分です。 画面の大きさ 現行モデルのスイッチは6,2インチ 新型のスイッチライトは5,5インチ NEW3DSLLの上画面が4,88インチなので、3DSLLより大きい画面でプレイが可能です。 ちなみにiPhone7PlusなどのPlus系が同サイズの5,5インチです。 バッテリー駆動時間 これとても大事です。 現行版のスイッチと比較してみましょう。 ニンテンドースイッチ ニンテンドースイッチライト 約2. 5時間~6. 任天堂調べでは、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドで比較した場合 現行版が約3時間程度、スイッチライトでは約4時間のプレイが可能なようです。 スイッチライトは携帯型というだけあり、現行モデルよりも電池が長持ちするみたいです。 そういえばさっきTwitterでNintendoSwitchLiteの反響を調べていたのですが、スイッチライトの方が電池持ちが良いからスイッチライトを買うという人がいました。 実は 今月8月下旬に現行型ニンテンドースイッチのマイナーチェンジverが発売されるんです。 主な変化はバッテリー性能です。 さっきの表に付け足してみましょう。 ニンテンドースイッチ(マイナーチェンジver) 約4. 5時間~9時間 ニンテンドースイッチ ニンテンドースイッチライト 約2. 5時間~6. 5時間 約3時間~7時間 ちなみにゼルダ比較の場合 マイナーチェンジverでは約5. 5時間のプレイが可能なようです。 今スイッチを買おうとしている人は、もう少し待てば改良されたスイッチが発売されるのでもう少し我慢してくださいね。 赤いパッケージが目印なので、近々現行版のスイッチを買う予定の人は間違えないように気をつけましょう。 回答: 任天堂に依頼して修理した方が良くありませんか? 理由:本体の修理費用は2万円以内で収まる事が多いです。 大体12800円です。 同じ費用をかけて出来る事が少なくなるライトを買うより修理がオススメです。 スイッチライトの気になる点 ニンテンドースイッチにはいくつかの弱点がありました。 今回発売されるニンテンドースイッチライトでは改善されているのか気になる点がいくつかあります。 アナログスティックの脆弱 ほとんどの人はご存知ですが、ニンテンドースイッチのコントローラである ジョイコンのアナログスティックってあり得ないほどの耐久性の脆さなんです。 あ、 プロコンのスティックも同様です。 子供が使っても大人が使っても1年持てば良い方と言われています。 スイッチライトはジョイコンをやめて 本体一体型のコントローラーになりましたが、 スティックの脆さは改善されているのでしょうか? もちろん改善していると思うのですが、もし壊れやすいままだったらジョイコンのようにお手軽に修理や買い替えが出来ないのでどうなるのか心配です。 設計の甘さによるブルースクリーン化 スイッチには排熱ファンが装着されており、 内部の熱を逃がす役割があります。 しかし、 ドックに繋いでいないとファンの回転は制限されて熱を逃がし切れません。 本体のハウジングは柔らかい素材なので、熱を持った状態で連続使用しているとすぐに 本体が反るという問題があります。 さらに 電子基板は絶縁処理がされていないので反ってしまった本体フレームに触れてしまい正常な電流が遮られます。 そして最悪の場合ブルースクリーンに陥ります。 反りが原因の場合、ハウジングを交換すれば大体直りますが基板交換対応でデータ消失したというユーザーは多いでしょう。 microUSB-Cタイプの充電 私はCタイプ嫌いなんですよね。 Cタイプの充電口って口が広いんです。 遊びがあるせいで変な角度で充電ケーブルを接続すると、すぐ壊れます。 大人ではまず起こらない事ですが、小さい子供だと結構起こってしまいます。 あと子供って遊びに出掛けたあと何故か頭や衣服に砂とか小石とかついてたりするんですよね。 そういうのが充電器に入り込んで、そのまま接続して壊れるという事もあります。 現行版モデルのスイッチ充電口の故障は子供限定で起こりやすい症例だった事に気付けたでしょう。 充電口だけの修理は任天堂でも不可で、一律基板交換の12800円で対応していたはずです。 スイッチライトでは充電口パーツの独立化をして修理対応が出来る様になっているのか気になる所です。 数か月電源を入れないと壊れやすい謎の症状 意味不明です。 長期間放置されたスイッチに起こりやすい症状でした。 まとめ という事で来月発売のニンテンドースイッチライトの事を書いてみました。 スイッチの購入を考えている人は、ライトじゃなくて普通のを買えばよかった~・・・などとなってしまわない様に、現行版モデルとの違いをしっかり理解して、遊び方に合わせてどちらの本体を購入するか検討してくださいね。

次の

【スイッチライト Switch Lite】人気おすすめソフトランキング!

スイッチ ライト ゲーム

任天堂から新しくスイッチライトが登場しますね。 携帯機として機能を充実させたこちらのゲーム機ですので、スイッチは自宅用に、スイッチライトを持ち運び用にと2台目として購入を検討している人も多いのではないでしょうか。 そこで気になってくるのは今まで任天堂スイッチで遊んでいたソフトを任天堂スイッチライトでも遊べるのかどうか、また ソフトを共有することが出来るのかどうかではないでしょうか。 ソフトを共有できるのであれば今まで遊んでいたソフトで引き続き遊べるうえに自宅では大きなテレビを通して、外では携帯ゲーム機で遊べるのでゲーム好きな人にはとても嬉しいことですよね。 そこでスイッチとスイッチライトでソフトを共有する仕方をご紹介したいと思います。 任天堂スイッチライトで共有したソフトで遊ぶには、 インターネット環境が必要。 同じ ソフトの同時起動は出来ない。 (家族で遊んでいるソフトは注意が必要)• 2代目を優先すると、 1台目(スイッチ)の他のユーザーが遊ぶことが出来なくなる。 ソフトを共有すれば共有したほうのソフトはインターネット環境が常に必要になります。 なので、スイッチライトって持ち運び用にすることが多くなると思いますが、ネット環境がないと困りますね。 ソフトの共有で一番おすすめの方法 一番いい方法は、スイッチライトを いつも遊ぶ本体に設定しなおすことです。 スイッチライトを持ち運び用• スイッチを据え置き用 上のように使い分けるのが便利です。 そうすれば、自宅で使うスイッチはよほどのことがない限り、インターネット通信が切れてゲームが中断してしまう事もないですね。 ただ、先ほどもお伝えしたように設定をし直してしまうとスイッチで設定している他のユーザーが遊ぶことが出来なくなるのでスイッチライトで設定しなおすなど工夫が必要になります。 ソフトの共有について【まとめ】 2台目にスイッチライトを購入しても1台目のスイッチで購入したソフトは共有できることが分かりました。 しかし、2台同時にログインすることは出来ないことや、いつも遊ぶ本体ではない方は共有したソフトで遊ぶためにはインターネット環境が必要になるなど、少し規制がかあるので気を付ける必要があります。 とはいえ、ソフトを共有する手順は2つだけで済むので同じソフトを2つ購入する金銭的負担を考えるととても素敵な方法ですよね。 持ち運び用にスイッチライトの購入を検討している人はソフトの共有も出来ますし、スイッチライトは持ち運び用に特化して作られているのでおすすめです。 上手く共有機能を使ってゲームを楽しんでくださいね。

次の

Nintendo SwitchとSwitch Lite、どっちを買うべき? 比較して違いを検証

スイッチ ライト ゲーム

Twitterで検索すると、左スティックの入力がおかしくなっている人とか、結構見つかるね。 通常版のスイッチもジョイコン・プロコン両方ともスティックやLRボタンが壊れやすかったのに、まさかスイッチライトでも改良されていないとは……。 修理業者が分解して確認したところ、通常版スイッチとスイッチライトで、スティックの部品に差異はないみたいですね。 元々スイッチのコントローラーは、スティックが非常に脆く壊れやすいことで有名でした。 実際に私もジョイコンは2回修理に出したことがあり、間違いなく欠陥構造のコントローラーであることは疑いようもありません。 それが、スイッチライトのスティックやLRボタンも同じ部品を使っているため壊れやすいそうなのです。 スイッチライトの問題点は、コントローラーが本体と一体型であることだよね。 通常のスイッチならジョイコンを修理に出すだけだけど、スイッチライトだと本体ごと修理にださないといけないから、修理中は遊べなくなっちゃう。 そうですね。 私もジョイコン修理中はスイッチを遊べるように、スペアのジョイコンを購入して遊んでいました。 ジョイコン修理に関しては以下の記事で詳しく語っています。 関連記事: スイッチライトだと本体ごとの修理なので替えがきかないんですよね。 しかも通常版スイッチよりスティックの部品を取り外しにくい構造となっているため、素人が修理するのは非常に難しくなっています。 正直、現状はスイッチライトの購入をおすすめできません。 通常版のスイッチと比較したときの、スイッチライトの主なデメリットをまとめてみますね。 ニンテンドースイッチライトのデメリット コントローラー一体型のため、修理の際は本体ごとになる ニンテンドースイッチライトの最大の問題点はやはりこれです。 コントローラー一体型のため、本体ごと修理に出さざるを得ないこと。 3DSなどのこれまでの任天堂携帯機だってそうじゃないかと思うでしょうが、ニンテンドースイッチは歴代のゲームハードと比較して、常軌を逸するほどコントローラーが壊れやすいハードなのです。 大人が普通に遊んでいるだけで、年に数回修理が必要になるほど。 スイッチライトはコントローラー一体型のために替えがきかないため、修理するなら本体ごとの送付になります。 修理には早くても1週間はかかりますし、長ければ3週間以上かかることも。 その間スイッチライトで遊べなくなるのはかなり痛いですね。 ジョイコンを別途購入して無線接続することも可能ですが、スイッチライトの購入者は携帯機として使いたくて購入しているでしょうから、ジョイコンで遊ぶというのは本末転倒ですよね。 更にジョイコンを別途購入するならジョイコン代もかかるわけですが、これが8000円ほどかかります。 加えてジョイコンの充電グリップも必要となり、スイッチライトと合わせると3万円以上の出費になります。 これなら最初から通常版のスイッチを買った方が良いですね。 通常版のスイッチでもコントローラーの壊れやすさは変わりませんが、コントローラーのスペアがあれば修理中でもスイッチで遊べるというのが、スイッチライトより良い点です。 なぜこれほどジョイコン、プロコン共に修理件数が多いにも関わらずスイッチライトで直っていないのかというと、任天堂がコントローラーの壊れやすさを認めていないからだと思います。 任天堂は公にスティックが壊れやすいと発表はしていません。 購入者からの圧倒的な故障報告と、修理依頼が多すぎて受付がパンクしていたことから、ユーザーが実感として壊れやすいと知っているに過ぎません。 実際に私も、コントローラーの不具合の多さについては任天堂に問い合わせしたことがあるのですが、故障件数が多いとか少ないとかは回答されず、のらりくらりと質問をかわしていました。 認めてしまうとリコールや訴訟問題に繋がるからですね。 スイッチライトでスティックを改良すると、ジョイコンとプロコンのスティックが不良品であると暗に認めたことになります。 通常のスイッチを購入した人からの反発も大きくなるでしょう。 そのために改良せず同じ部品にしたのではないでしょうか。 携帯モードに対応したソフトしか遊べない 《出典:》 通常のニンテンドースイッチはテレビモード、テーブルモード、携帯モードの三つの遊び方があります。 対してスイッチライトは携帯モードでしか遊べないため、携帯モードに対応したソフトしか遊ぶことはできません。 大抵のソフトは携帯モードで遊べますが、ジョイコンを振って遊ぶことを目的としたソフトは厳しいですね。 ジョイコンを別途購入して無線接続すれば遊べますが、結局出費が増えることと、ジョイコンがあっても遊べる項目に制限がかかることがあるようです。 自分の欲しいゲームソフトが携帯モードに対応していれば構わないと思いますが、 今後もしスイッチライトでは遊べないソフトを遊びたくなったとき、後悔するリスクがあります。 スプラトゥーンなどの対人戦ゲームには不向き 《出典:》 『スプラトゥーン2』や『マリオカート8デラックス』などの対人戦ゲームは、スイッチライトでももちろん遊べます。 しかし、大画面のテレビでプレイできる通常版のスイッチとは違い、携帯機でのプレイかつ通常版より小型化(6. 5インチに縮小)したスイッチライトでは、画面が小さくて多少の不利が生じます。 また、『スプラトゥーン2』はジャイロ機能がほぼ必須のゲーム。 携帯機でのジャイロは非常にやりづらく、上達したいなら間違いなく不利な要素になります。 他にも、ネット接続が無線接続になるため、オンラインでの対人戦では通信環境が安定しません。 無線接続ではラグや回線落ちがつきもので、対人戦ではかなり疎まれてしまいます。 ネット接続は有線接続も不可能ではないのですが、携帯機として遊びたい人がわざわざネットの有線接続をしたいのか……という疑問がありますよね。 持ち運び中ならできませんし。 最初から有線接続で遊ぶつもりなら、それこそ通常版のスイッチにした方が良いです。 スイッチライトは対人戦ゲームをするには不向きなハードだと言えます。 やっぱりテレビモードでも遊びたいと思っても接続不可 《出典:》 携帯機として遊びたいからテレビモードなんていらない、と思っている人でも、そのうちテレビモードで遊びたくなるときがくるかもしれません。 実際私は、通常版のニンテンドースイッチを長いこと携帯モードで遊んでいましたが、『ゼルダの伝説』など画質が綺麗なゲームはテレビモードに接続して遊ぶ方が快適で楽しいと感じました。 テレビモードやテーブルモードで、家族や友達と一緒に遊びたくなることもあるでしょう。 そんなときに、スイッチライトでは不可能だというのがつらいところ。 通常版のスイッチなら、普段は携帯モードで遊んでいても、テレビモードやテーブルモードにしたいときにいつでも切り替えられます。 その柔軟さが「Switch」と呼ばれるゆえんであり魅力なのです。 スイッチライトを買ってから後悔するのは嫌ですよね。 スイッチのソフトを遊びたいなら、スイッチライトより通常版スイッチを強く推奨 「今までニンテンドースイッチを持っていなかったから、安価のニンテンドースイッチライトを買おうか迷う」という人は少なくないと思います。 スイッチライトは通常版と比較して「安い」「軽い」というメリットはあります。 しかしそれを上回るデメリットの大きさがありますので、私はスイッチライトより通常版スイッチを強く推奨します。 コントローラーが壊れやすいというのは通常版も同じなので、正直ハードの性能そのものはあまり良いとは言えません。 しかし、ニンテンドースイッチのソフトはとても面白いものが多いので、是非通常版のスイッチを買って楽しんでくれたらな、と思います。 まとめ 今回挙げたデメリットを踏まえた上でも、通常版よりスイッチライトの方が欲しいと感じた場合は購入しても良いでしょう。 ただ通常版を持っていない人に伝えておきたいのは、ニンテンドースイッチのコントローラーの脆弱さを舐めない方が良い、ということでしょうかね……。 正直私は、スティックやLRボタンの壊れやすさが通常版と変わらないという時点で、スイッチライトに価値をほとんど感じていません。 ここが改善されていれば手のひら返してスイッチライトをべた褒めするんですけどね。 発売から3ヶ月以上経って、やはりSNS上でも不具合報告がかなり出てきているね。 通常のニンテンドースイッチと壊れやすさが変わらないなら、スイッチライトの恩恵が薄いなあ。 任天堂はハードの頑丈さとメーカーの信頼性が売りだったはずなのになー。 ソフトが面白いだけに残念だよね。

次の