上野松坂屋 お中元。 松坂屋上野店、シャンシャンの誕生日にメッセージを募集

東京のデパートバーゲン情報(2020年7月)

上野松坂屋 お中元

【2019年夏】松坂屋のお中元ギフト解体セール・処分市はいつから? 松坂屋ではお中元商戦が終わった8月より各店独自のタイミングで、お中元・食品ギフト解体・処分セールを開催日しています。 大丸・松坂屋グループのネット通販でも8月下旬より毎年開催しています。 昭和50年代はじめに外商部で大量に余った「特選海苔」をばら売りしたのが始まりです。 今ではお歳暮・お中元シーズンの最後に、ギフト解体セールを毎年開催しており大変人気を博しています。 どんな品があるのか? 松坂屋上野店のギフト解体セールでは、コーヒー・ジュース・缶詰・調味料・油・ハム・レトルト食品・飲料など食品特価品が3,000種類20万点以上集結。 さらには90%OFFの商品(アイスコーヒーギフト)も登場します。 お買い得な商品がたくさん。 小豆島の白だしや木箱入り讃岐うどんなどを捕獲。 でもクリアランスセールを開催しています。 【2018年夏】松坂屋のお中元ギフト解体セール・処分市はいつから? 松坂屋ではお中元商戦が終わった8月より各店独自のタイミングで、お中元・食品ギフト解体・処分セールを開催日しています。 大丸・松坂屋グループのネット通販でも8月下旬より毎年開催しています。 大丸・松坂屋グループのネット通販でも8月下旬より毎年開催しています。

次の

松坂屋のお中元・お歳暮ギフト|早期割引・特典情報

上野松坂屋 お中元

松坂屋上野店は6月1日~8月6日、お中元ギフトセンターのオープンにあわせて、お中元商戦の出陣式を開催した。 売上目標は前年並みで、うちインターネット売上目標は20%増。 受注ピークは7月1日、2日の予想。 平均客単価は、前年並みの3650円。 売れ筋ベスト5は、1位洋菓子、2位カタログギフト、3位ビール、4位和菓子、5位ハム類を見込む。 <出陣式> 出陣式では、従業員約200人が参加し、士気を高めた。 インターネットでの受注は5月10日から開始しており、ネット注文の前年比は約10%増で推移している。 お中元ギフトセンターは6月1日~17日、商品見本約100点を展示、6月18日~7月12日までは商品見本を約1000点展示する。 <お中元ギフトセンター> 大丸・松坂屋カード会員向けの「夏の優待ギフト」は、年々需要が高まるインターネット注文に対応し、ネット限定商品約350点を用意。 既存商品と併せて約1200点の優待割引ギフトを展開する。 ギフト商戦は、50代以上のお客の構成比が高く、30代~40代の客層の取り込みが課題となっている。 儀礼的なギフトから、パーソナルギフト、自家需要が増えていることに対応して、2003年から自宅用カタログを発行。 今年も「ベストセレクション」と題して、自宅用カタログを展開する。 自宅用商品は、簡易包装とすることで、価格を手ごろに抑えた商品となっている。 MD企画・新規事業開発室WEB事業部、バイヤー食品ギフト・WEB担当を務める渡邉博文氏は、「のり、そうめん、つくだ煮など、近年のギフト商戦では減少傾向にある商品でも、いい商品を食べたいというニーズがある。 自宅用商品では、ギフトで苦戦している商品でもしっかりと売上が取れている」と語る。 ビール、日本酒、焼酎については、「ビールであってもギフト用の特別商品の売れ行きは堅調だ。 ビールは、贈り物として間違いのない商品を求めるニーズに対応している。 日本酒、焼酎では、できるだけ通常扱わない商品を取り入れている。 焼酎は、カメに入った商品が、好調となっており、瓶ではなくカメ入りの商品を打ち出している」という。

次の

東京のデパートバーゲン情報(2020年7月)

上野松坂屋 お中元

松坂屋上野店は6月1日~8月6日、お中元ギフトセンターのオープンにあわせて、お中元商戦の出陣式を開催した。 売上目標は前年並みで、うちインターネット売上目標は20%増。 受注ピークは7月1日、2日の予想。 平均客単価は、前年並みの3650円。 売れ筋ベスト5は、1位洋菓子、2位カタログギフト、3位ビール、4位和菓子、5位ハム類を見込む。 <出陣式> 出陣式では、従業員約200人が参加し、士気を高めた。 インターネットでの受注は5月10日から開始しており、ネット注文の前年比は約10%増で推移している。 お中元ギフトセンターは6月1日~17日、商品見本約100点を展示、6月18日~7月12日までは商品見本を約1000点展示する。 <お中元ギフトセンター> 大丸・松坂屋カード会員向けの「夏の優待ギフト」は、年々需要が高まるインターネット注文に対応し、ネット限定商品約350点を用意。 既存商品と併せて約1200点の優待割引ギフトを展開する。 ギフト商戦は、50代以上のお客の構成比が高く、30代~40代の客層の取り込みが課題となっている。 儀礼的なギフトから、パーソナルギフト、自家需要が増えていることに対応して、2003年から自宅用カタログを発行。 今年も「ベストセレクション」と題して、自宅用カタログを展開する。 自宅用商品は、簡易包装とすることで、価格を手ごろに抑えた商品となっている。 MD企画・新規事業開発室WEB事業部、バイヤー食品ギフト・WEB担当を務める渡邉博文氏は、「のり、そうめん、つくだ煮など、近年のギフト商戦では減少傾向にある商品でも、いい商品を食べたいというニーズがある。 自宅用商品では、ギフトで苦戦している商品でもしっかりと売上が取れている」と語る。 ビール、日本酒、焼酎については、「ビールであってもギフト用の特別商品の売れ行きは堅調だ。 ビールは、贈り物として間違いのない商品を求めるニーズに対応している。 日本酒、焼酎では、できるだけ通常扱わない商品を取り入れている。 焼酎は、カメに入った商品が、好調となっており、瓶ではなくカメ入りの商品を打ち出している」という。

次の