自己pr。 面接での自己PR回答例|転職の面接対策完全ガイド|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

【就活生に捧ぐ】ESや面接に役立つ自己PR例文集

自己pr

学生と社会人で大きく異なるのが、やるべきことの指示を他人から細かくもらうか、自分で考えて行動するか、ということです。 学生のうちは、先生や教授から「この教科書を買ってください」「この時間割で出席してください」などと、何をすればよいか常に指示があったかと思います。 休憩時間も学校が定めていて、周囲と同じ行動をすることが多かったでしょう。 しかし、社会人になると、基本的には何をすれば仕事がうまくいくのかを自分で考え、行動できることが大切になってきます。 いわゆる「指示待ち」で受け身の姿勢ではなく、主体的に行動できることは社会人として重要な資質といえるでしょう。 そんな時、「新卒だから分からなくても仕方ない」などと甘えるのではなく、早く先輩たちに食らいつこうという向上心のある姿勢を持てる人は、新卒の社員として評価されるでしょう。 分からないことがあれば自分から質問するなど向上心のある人は、分からないことをそのままにしている人に比べて仕事を覚えるスピードも速く、入社後に活躍する可能性が高いと考えられます。 入社時だけでなく、長い目で見ても会社にとって良い人材だと評価されるでしょう。 どんな仕事においても、コミュニケーションを円滑に取れることは大切ですよね。 ただ、一つ注意しなければならないのが、コミュニケーション能力とは何を指すか、ということをきちんと定義しなければならないということです。 あいまいな言葉ゆえに、「相手にわかりやすく伝える力」「人の言いたいことをくみ取る力」など、人によって言葉の捉え方が違ってきます。 あなたの持つコミュニケーション能力とは具体的にどんなものなのか、言葉で説明できる状態にすることがポイントです。 学生のうちは、家族や自分と年齢の近い友達、気の合う仲間だけと時間を過ごすことが多かったと思いますが、社会人になるとこれまで関わりのなかった様々な人と一緒に仕事をすることになります。 すると、様々な人を巻き込みながらものごとをスムーズに前に進めるためには、これまで友人へ接してきた態度と同じではなく、一歩引いて考え、意見をすり合わせることが必要になってきます。 自分の意見だけを押しつけるのではなく、協調的な姿勢も時には大切です。 そんな時、くよくよしてしまうのではなく、しっかり反省を踏まえて前向きな力に変えられる人は新人として成長が見込める、と評価されます。 ここで一つ注意したいのが、忍耐力は、新卒の学生に求められる資質がゆえに、体育会系の部活動やサークルで過酷な練習に耐えてきた学生など、自己PRに用いる人が非常に多い観点だということです。 忍耐力を自己PRする際には、具体的なエピソードとともに、あなたがどんな忍耐力を持っているのかを話せるようにしましょう。 その結果、結局行動できずじまいで、機会を逃してしまうということもあります。 そんな中で、行動力を持っている人は貴重な機会を逃さず、上へ上へとステップを踏んでいける人材として評価されます。 行動力がある人は、成長するスピードも速く、会社への貢献度も高いと考えられます。 行動することの難しさを身に染みて理解している社会人だからこそ、行動力のある学生は魅力的だと思ってもらえるでしょう。 自分一人で行う仕事であれば自分の都合でどのようにでも調整でき、他人に迷惑をかけることもありませんが、社会人になると、必ず協働者と一緒に仕事をすることになります。 仕事を完成したい「納期」を事前に押さえ、それぞれの協働者がどのようなスケジュールで動けばよいのかを明確にする能力は非常に重要です。 計画性がないと仕事がうまくいかないだけでなく、他人に迷惑をかけ、会社として損失をうむことになってしまうため、学生のうちから計画性が身についている人は高い評価を得ることができるでしょう。 先ほど「コミュニケーション能力」について上記でお話したのと同様に、リーダーシップは就活で重要視される要素の一つです。 その一方で、「多くの人をまとめる」「方向性を示す」など、人によって解釈の違う言葉でもあります。 リーダーシップを自己PRで用いる際は、その企業が求めているリーダーシップとは具体的に何なのかを明確に定義したうえで、自分はどのように企業に貢献できるのかを言語化できるようにしておきましょう。 特に、営業など自分の仕事の成果を売り上げの数字で評価され、自分と他人との力の差が明確になる職種では、売り上げの数字を上げようと努力をすることができるでしょう。 結果的に企業の売り上げアップに貢献する人材になる見込みがあると考えられます。 負けず嫌いな性格ゆえに過去に成し遂げることができた経験など、エピソードと一緒に自己PRするとよいでしょう。 しかし、一度目標を設定し、その目標を達成するために決めたことを継続することは、誰にでもできることではありません。 継続力がないと、新しいことや、別のことに飛びついてしまい、目標としていた結果が得られないという事態に陥ってしまうこともあります。 一方で、継続力のある人へは安心して仕事を任せやすく、最後まで成し遂げてくれるであろうという期待が持てます。 目標を達成するために必要な行動を継続できる「継続力」は、自己PRとして有効な要素といえるでしょう。 適当な姿勢をもっていたり、約束事を守れなかったりという社員のいる企業よりも、礼儀正しく、まじめにコツコツと仕事ができる社員のいる企業の方が、印象が良いですよね。 他人から信頼され、仕事を任せてもらえるために、「真面目」であることは大切な能力といえます。 ただし、「面白味のない人」という印象を持たれてしまわないように注意しながら、あなたがどういった真面目さを持っているのか、自分の言葉で説明できるようにしましょう。 この資質を持つ人は、社会人としてのみならず、これまでも勉強やスポーツなどあらゆる分野で成功を収めてきたのではないでしょうか。 有名なスポーツ選手や専門家も、それ相応の努力の上で成り立っていますから、何かを成功させるためには努力は必要不可欠なことと言えます。 ただし、「努力」というのはなかなか数値で測ったり、証明したりできるものではありません。 自己PRの際は、ただ「頑張りました」とだけ伝えるのではなく、そのプロセスの詳細や、どのような成果を残したのかを一緒に話せるようにしましょう。 状況に応じて、何をどう対応すれば一番うまくいくのかを考え直し、臨機応変な対応でプロジェクトを立て直せる人は、多少のトラブルが起きてもカバーすることができます。 また、自分のやっている仕事に他人の意見を取り入れるなど、柔軟な姿勢を持っていると、先輩からアドバイスをしてもらえることも多くなり、結果として仕事がうまくいくようになるでしょう。 柔軟性は、新卒社員としても重要な資質と言えます。 これまでに、他の人が躊躇することでもチャレンジをしてきた経験のある人は、「チャレンジ精神」を自己PRするとよいでしょう。 ただし、何が何でも挑戦をすればよいというわけではなく、的外れなことをしてしまえばあなたのチャレンジは企業にとって損になってしまいます。 状況に対して何をすべきか判断できる正しい判断力を兼ね備えたうえで、チャレンジできるということが大切です。

次の

【例文あり】自己PRで忍耐力を語るには?例文と注意点を解説

自己pr

学生と社会人で大きく異なるのが、やるべきことの指示を他人から細かくもらうか、自分で考えて行動するか、ということです。 学生のうちは、先生や教授から「この教科書を買ってください」「この時間割で出席してください」などと、何をすればよいか常に指示があったかと思います。 休憩時間も学校が定めていて、周囲と同じ行動をすることが多かったでしょう。 しかし、社会人になると、基本的には何をすれば仕事がうまくいくのかを自分で考え、行動できることが大切になってきます。 いわゆる「指示待ち」で受け身の姿勢ではなく、主体的に行動できることは社会人として重要な資質といえるでしょう。 そんな時、「新卒だから分からなくても仕方ない」などと甘えるのではなく、早く先輩たちに食らいつこうという向上心のある姿勢を持てる人は、新卒の社員として評価されるでしょう。 分からないことがあれば自分から質問するなど向上心のある人は、分からないことをそのままにしている人に比べて仕事を覚えるスピードも速く、入社後に活躍する可能性が高いと考えられます。 入社時だけでなく、長い目で見ても会社にとって良い人材だと評価されるでしょう。 どんな仕事においても、コミュニケーションを円滑に取れることは大切ですよね。 ただ、一つ注意しなければならないのが、コミュニケーション能力とは何を指すか、ということをきちんと定義しなければならないということです。 あいまいな言葉ゆえに、「相手にわかりやすく伝える力」「人の言いたいことをくみ取る力」など、人によって言葉の捉え方が違ってきます。 あなたの持つコミュニケーション能力とは具体的にどんなものなのか、言葉で説明できる状態にすることがポイントです。 学生のうちは、家族や自分と年齢の近い友達、気の合う仲間だけと時間を過ごすことが多かったと思いますが、社会人になるとこれまで関わりのなかった様々な人と一緒に仕事をすることになります。 すると、様々な人を巻き込みながらものごとをスムーズに前に進めるためには、これまで友人へ接してきた態度と同じではなく、一歩引いて考え、意見をすり合わせることが必要になってきます。 自分の意見だけを押しつけるのではなく、協調的な姿勢も時には大切です。 そんな時、くよくよしてしまうのではなく、しっかり反省を踏まえて前向きな力に変えられる人は新人として成長が見込める、と評価されます。 ここで一つ注意したいのが、忍耐力は、新卒の学生に求められる資質がゆえに、体育会系の部活動やサークルで過酷な練習に耐えてきた学生など、自己PRに用いる人が非常に多い観点だということです。 忍耐力を自己PRする際には、具体的なエピソードとともに、あなたがどんな忍耐力を持っているのかを話せるようにしましょう。 その結果、結局行動できずじまいで、機会を逃してしまうということもあります。 そんな中で、行動力を持っている人は貴重な機会を逃さず、上へ上へとステップを踏んでいける人材として評価されます。 行動力がある人は、成長するスピードも速く、会社への貢献度も高いと考えられます。 行動することの難しさを身に染みて理解している社会人だからこそ、行動力のある学生は魅力的だと思ってもらえるでしょう。 自分一人で行う仕事であれば自分の都合でどのようにでも調整でき、他人に迷惑をかけることもありませんが、社会人になると、必ず協働者と一緒に仕事をすることになります。 仕事を完成したい「納期」を事前に押さえ、それぞれの協働者がどのようなスケジュールで動けばよいのかを明確にする能力は非常に重要です。 計画性がないと仕事がうまくいかないだけでなく、他人に迷惑をかけ、会社として損失をうむことになってしまうため、学生のうちから計画性が身についている人は高い評価を得ることができるでしょう。 先ほど「コミュニケーション能力」について上記でお話したのと同様に、リーダーシップは就活で重要視される要素の一つです。 その一方で、「多くの人をまとめる」「方向性を示す」など、人によって解釈の違う言葉でもあります。 リーダーシップを自己PRで用いる際は、その企業が求めているリーダーシップとは具体的に何なのかを明確に定義したうえで、自分はどのように企業に貢献できるのかを言語化できるようにしておきましょう。 特に、営業など自分の仕事の成果を売り上げの数字で評価され、自分と他人との力の差が明確になる職種では、売り上げの数字を上げようと努力をすることができるでしょう。 結果的に企業の売り上げアップに貢献する人材になる見込みがあると考えられます。 負けず嫌いな性格ゆえに過去に成し遂げることができた経験など、エピソードと一緒に自己PRするとよいでしょう。 しかし、一度目標を設定し、その目標を達成するために決めたことを継続することは、誰にでもできることではありません。 継続力がないと、新しいことや、別のことに飛びついてしまい、目標としていた結果が得られないという事態に陥ってしまうこともあります。 一方で、継続力のある人へは安心して仕事を任せやすく、最後まで成し遂げてくれるであろうという期待が持てます。 目標を達成するために必要な行動を継続できる「継続力」は、自己PRとして有効な要素といえるでしょう。 適当な姿勢をもっていたり、約束事を守れなかったりという社員のいる企業よりも、礼儀正しく、まじめにコツコツと仕事ができる社員のいる企業の方が、印象が良いですよね。 他人から信頼され、仕事を任せてもらえるために、「真面目」であることは大切な能力といえます。 ただし、「面白味のない人」という印象を持たれてしまわないように注意しながら、あなたがどういった真面目さを持っているのか、自分の言葉で説明できるようにしましょう。 この資質を持つ人は、社会人としてのみならず、これまでも勉強やスポーツなどあらゆる分野で成功を収めてきたのではないでしょうか。 有名なスポーツ選手や専門家も、それ相応の努力の上で成り立っていますから、何かを成功させるためには努力は必要不可欠なことと言えます。 ただし、「努力」というのはなかなか数値で測ったり、証明したりできるものではありません。 自己PRの際は、ただ「頑張りました」とだけ伝えるのではなく、そのプロセスの詳細や、どのような成果を残したのかを一緒に話せるようにしましょう。 状況に応じて、何をどう対応すれば一番うまくいくのかを考え直し、臨機応変な対応でプロジェクトを立て直せる人は、多少のトラブルが起きてもカバーすることができます。 また、自分のやっている仕事に他人の意見を取り入れるなど、柔軟な姿勢を持っていると、先輩からアドバイスをしてもらえることも多くなり、結果として仕事がうまくいくようになるでしょう。 柔軟性は、新卒社員としても重要な資質と言えます。 これまでに、他の人が躊躇することでもチャレンジをしてきた経験のある人は、「チャレンジ精神」を自己PRするとよいでしょう。 ただし、何が何でも挑戦をすればよいというわけではなく、的外れなことをしてしまえばあなたのチャレンジは企業にとって損になってしまいます。 状況に対して何をすべきか判断できる正しい判断力を兼ね備えたうえで、チャレンジできるということが大切です。

次の

【自己PR例文集15選】就活の自己PRで迷っている学生はこれを読もう!

自己pr

企業が求める「素直さ」を理解する 「素直」とは『広辞苑 第六版』によると「飾り気なくありのままなこと。 曲がったり癖があったりしないさま」「心の正しいこと。 正直」「おだやかで人にさからわないこと。 柔和」 『広辞苑 第六版』P. 1512より引用 とあります。 一般的にも「正直」「穏やかで従順」というようなイメージですね。 新卒で入社する新人には、これから仕事を覚えて成長することが期待されています。 そのためには上司・先輩が教えたことを素直に受け入れ、こなしていくことが大切なのです。 素直でない人は、教えられたことが納得できないと自分なりの判断で動き、結局仕事を覚えるのも遅くなってしまうことがあります。 また、素直な新人は上司や先輩にも喜ばれ、よいアドバイスを受ける機会に恵まれます。 そのため、成長のスピードも速くなるのです。 企業が求める「素直さ」は「上司・同僚・顧客などの意見をよく聞き、それを反映させられること」であり、「それまでと違う『会社』という環境になじみ、会社員として行動できること」です。 ただし、経験が浅いうちは上司や先輩に言われたとおりにしていればいいとはいっても、「従順なだけの人材が必要」ということではありませんので、そこは間違えないようにしましょう。 「ガクチカ」などの実体験を盛り込む 面接で「私は素直です」と言っても、それだけでは信用されるかどうかわかりません。 自己PRに説得力を持たせるには、素直な性格だと知ってもらうための根拠が必要です。 そのためには、ガクチカなど過去の経験の中から「素直さ」をアピールできるエピソードを用意しましょう。 ただし、「人に言われたとおりに行動しました」というだけでは効果的なアピールになりません。 素直に行動したことによってプラスに働いたこと、周囲への影響などまで盛り込めるとよいでしょう。 うそは書かない 学歴や資格と違い、性格的な長所は抽象的で証拠がありません。 そのため自分をよく見せようとして実際には素直ではないのに「素直」と書きたくなるかもしれません。 しかし、そのようなうそは面接をすれば見抜かれてしまいます。 当然、悪印象を与えることになりますので、履歴書・エントリーシートにうそを書くのだけはやめましょう。 自己PRはまず結論から 「素直さ」をアピールする場合に限りませんが、自己PRではまず「自分の長所は素直さです」などと、結論から入るのが鉄則です。 「ガクチカ」やエピソードから入ってしまうと結論が最後になり、結局何が言いたかったのかがわかりにくくなってしまいます。 素直さをアピールする自己PRの例文 以下は、上記のポイントを押さえて作成した「素直さ」をアピールする自己PRです。 自己PR例文 私の長所は「人の意見や指導を素直に受け入れられること」です。 私は中学生のころから野球を始め、大学まで野球部に所属していました。 中学で野球部に入部したときは全くの初心者で、小学生のころからの経験者とは技術的にも体力的にも比較になりませんでした。 しかし、野球部の監督に基礎から指導してもらい、そのとおりに練習を重ねたことで成長し、2年生のときには試合にも出られるレギュラーになりました。 小学生のころからの経験者の中には、なかなかそれまでの練習方法を変えることができずに、壁に当たってやめてしまった人もいました。 私は残っているチームメートに声を掛け、監督のアドバイスを聞くように訴えました。 実際、それでスランプから立ち直った人もいて、そこで経験者・指導者のアドバイスを素直に受け入れることが大切だと学びました。 高校・大学と進学するたびに指導者も変わりましたが、監督やコーチの指導には耳を傾け、レベルアップを図ってきました。 個人的には中学時代の恩師の方法論が自分に合っていると思っており、全体的な練習とは別に個人のメニューとして練習に取り入れています。 練習メニューについて高校・大学の監督にも相談したところ、オーバーワークにならないようにとアドバイスされましたので、そこには気を付けていました。 御社に入社したら、上司や先輩方の指導をよく聞き、早く仕事を覚えて活躍できるように頑張っていく所存です。 自分にどんな仕事が向いているか、自分では判断できませんが、配属された部署でベストを尽くしたいと考えています。 「素直さ」をアピールするには「人のアドバイスを素直に聞き、成長した」「人の意見を素直に聞き入れ、問題を解決した」といった点が重要です。 素直さをアピールしようとする以上、根拠となる経験があるはずです。 ガクチカでなくても構いませんので、自分の経験を振り返ってみましょう。 もちろん、作り話はいけませんよ。 自分の「素直さ」を長所と認めてもらうためには、根拠となるエピソードが必要不可欠です。 そのようなエピソードがどうしても思い出せないときは、家族や親戚、友人などに心当たりがないか聞いてみるのもいいでしょう。 他人の意見なので、より説得力があるといえます。

次の