吉田護 社長 横浜。 会社案内|埼玉県春日部市|株式会社サニテック

会社概要

吉田護 社長 横浜

代表取締役会長 大﨑 洋 代表取締役社長CEO 岡本 昭彦 取締役副社長 稲垣 豊(セールスプロモーション、スポーツ事業、BS放送 担当) 取締役副社長 坂内 光夫(音楽事業、アカデミー事業 担当) 取締役副社長 清水 英明(海外事業 担当) 専務取締役 泉 正隆 (エリア事業 担当) 取締役 三田村 達也(財務、事業開発、リスク・コンプライアンス 担当) 取締役 溝上 篤史(財務、内部統制 担当) 社外取締役 原田 裕 社外取締役 水戸 重之 社外取締役 中村 伊知哉 社外取締役 坪田 信貴 常勤監査役 藤原 茂樹 社外監査役 石橋 哲 社外監査役 丸山 恵一郎 社外監査役 小川 恵司 執行役員 羽根田 みやび(コーポレートコミュニケーション、SDGs 担当) 執行役員 笠井 陽介(広報、オウンドメディア 担当) 執行役員 小林 良太(法務 担当) 【事業会社】 吉本興業株式会社• 代表取締役社長 岡本 昭彦• 代表取締役副社長 藤原 寛• 代表取締役副社長 奥谷 達夫• 専務取締役 鈴木 豊康• 取締役 井上 淳• 取締役 羽根田 みやび• 取締役 片岡 秀介• 取締役 山地 克明• 取締役 仲 良平• 取締役 笠井 陽介• 監査役 溝上 篤史• 執行役員 高橋 悦子• 執行役員 村野 裕亮• 執行役員 平岩 靖 株式会社よしもとアドミニストレーション• 代表取締役社長 山中 和貴• 代表取締役副社長 三田村 達也• 取締役 溝上 篤史• 取締役 白仁田 佳恵• 取締役 戸家 正晴• 取締役 林 尚恒• 取締役 清水 義則• 監査役 小林 良太• 執行役員 森内 陽子• 執行役員 清水 和成• 執行役員 神尾 崇 株式会社よしもとデベロップメンツ• 代表取締役社長 神谷 信広• 代表取締役副社長 三田村 達也• 常務取締役 原川 大• 常務取締役 河内 俊昭• 監査役 溝上 篤史 株式会社よしもとセールスプロモーション• 代表取締役社長 稲垣 豊• 代表取締役副社長 西山 実• 取締役 内田 久喜• 取締役 志村 一隆• 取締役 中島 毅• 取締役 山地 克明• 監査役 溝上 篤史• 執行役員 市岡 秀晃 株式会社よしもとエリアアクション• 代表取締役社長 泉 正隆• 代表取締役副社長 新田 敦生• 取締役 内田 久喜• 取締役 水本 章• 監査役 溝上 篤史• 執行役員 坂本 直彦 株式会社よしもとエンタテインメント沖縄• 代表取締役社長 和泉 かな• 取締役 泉 正隆• 取締役 竹田 和夫• 代表取締役社長 和泉 かな• 取締役 新垣 尊大• 取締役 伊差川 郁恵• 取締役 三田村 達也• 監査役 溝上 篤史 株式会社きょうのよしもと• 代表取締役社長 木村 深雪• 取締役 片岡 秀介• 取締役 白仁田 佳恵• 取締役 羽根田 みやび• 監査役 溝上 篤史 ユヌス・よしもとソーシャルアクション株式会社• 代表取締役社長 大﨑 洋• 取締役 岡田 昌治• 取締役 坪田 信貴• 取締役 スベンドリニ カクチ• 取締役 西原 文乃• 監査役 溝上 篤史 株式会社よしもとミュージック• 代表取締役社長 坂内 光夫• 取締役 鈴木 豊康• 取締役 永田 恵介• 監査役 溝上 篤史• 執行役員 池森 洋介 株式会社よしもとミュージックパブリッシング• 代表取締役社長 坂内 光夫• 取締役 清水 義則• 取締役 笠井 陽介• 取締役 永田 恵介• 監査役 溝上 篤史 株式会社よしもとアカデミー• 代表取締役社長 上田 泰三• 取締役 喜多 静一郎• 取締役 松野 浩之• 取締役 木本 公敏• 監査役 溝上 篤史 よしもとBS株式会社• 代表取締役社長 稲垣 豊• 代表取締役副社長 泉 正隆• 取締役 三田村 達也• 監査役 溝上 篤史 株式会社CANVAS• 代表取締役CEO 石戸 奈々子• 代表取締役COO 木本 公敏• 取締役 中村 伊知哉• 取締役 泉 正隆• 取締役 橋本 泰• 取締役 内田 弦• 監査役 溝上 篤史 株式会社LIVE FORWARD• 代表取締役社長 内田 久喜• 取締役 仲 良平• 取締役 遠藤 典孝• 監査役 溝上 篤史 株式会社よしもとブロードエンタテインメント• 代表取締役社長 仲 良平• 代表取締役副社長 岸村 信治• 代表取締役副社長 林 謙一郎• 専務取締役 前田 昌彦• 取締役 山下 泉• 取締役 後藤 隆太郎• 監査役 溝上 篤史 株式会社YDクリエイション• 代表取締役社長 岡本 昭彦• 代表取締役副社長 吉崎 圭一• 取締役 山地 克明• 取締役 神夏磯 秀• 取締役 村本 陽介• 取締役 三田村 達也• 取締役 宗田 昭彦• 監査役 溝上 篤史 株式会社KATSU-do• 代表取締役会長 奥山 和由• 代表取締役社長 中村 直史• 取締役 三田村 達也• 監査役 溝上 篤史 株式会社Showtitle• 代表取締役社長 剱持 嘉一• 代表取締役副社長 片岡 秀介• 取締役 永井 康雄• 取締役 關根 清隆• 監査役 溝上 篤史 株式会社アルカナイト• 代表取締役社長 戸田 義人• 取締役 村野 裕亮• 取締役 吉川 徹• 取締役 國枝 玲子• 取締役 松本 卓一• 監査役 溝上 篤史 YOSHIMOTO ENTERTAINMENT U. ,INC• President 梅原 母香• CFO 三田村 達也• Director 平岩 靖 Yoshimoto Entertainment Taipei Co. ,Ltd. 代表取締役 清水 英明• 取締役 三田村 達也• 取締役 平岩 靖• 監査役 神谷 信広 YOSHIMOTO MUSIC KOREA CO. ,LTD. 代表取締役社長 坂内 光夫• 取締役 清水 義則• 代表取締役社長 松野 浩之• 取締役 内田 久喜• 取締役 藤田 誠• 取締役 永谷 亜矢子• 監査役 溝上 篤史 株式会社よしもとスタッフ・マネジメント• 代表取締役社長 上田 泰三• 取締役 山中 和貴• 取締役 林 尚恒• 監査役 神谷 信広 株式会社たまか• 代表取締役社長 羽根田 みやび• 取締役 遠山 富美子• 取締役 三田村 達也• 監査役 溝上 篤史 株式会社よしもとファイナンス• 代表取締役社長 山中 和貴• 取締役 溝上 篤史• 取締役 神谷 信広• 監査役 三田村 達也 【関連・出資会社】 株式会社MCIPホールディングス• 代表取締役社長 清水 英明• 取締役 平岩 靖• 取締役 宗田 明彦• 取締役 帽田 基資• 取締役 野田 由紀• 取締役 喜多 静一郎• 取締役 檜山 護• 取締役 案納 俊昭• 社外取締役 奥 智美• 監査役 三田村 達也 クールジャパンパーク大阪株式会社• 代表取締役社長 戸田 義人• 取締役 大村 耕央• 社外取締役 奥 智美• 社外取締役 原田 裕• 監査役 三田村 達也 株式会社ジャパンコンテンツフアクトリー• 代表取締役社長 永田勝美• 取締役 小林 智• 取締役 岡本 昭彦• 取締役 吉崎 圭一• 取締役 頼高 画也• 代表取締役社長 生沼 教行• 取締役 藤形 正敬• 取締役 今崎 宏• 取締役 賴髙 画也• 取締役 奥 智美• 取締役 黒田 勝己• 取締役 木本 公敏• 監査役 川端 太樹• 監査役 庄子 尚宏 KYORAKU吉本.ホールディングス株式会社• 代表取締役社長 永谷 俊介• 代表取締役副社長 片岡 秀介• 取締役 渡邉 崇• 取締役 溝上 篤史• 監査役 小島 康裕• 監査役 三田村 達也 株式会社Ko. よしもと• 代表取締役社長 吉本 公一• 取締役 山中 和貴• 取締役 浅田 芳三• 監査役 大熊 清孝 株式会社プラス・ワン• 代表取締役社長 白栁 雅文• 取締役 三田村 達也• 取締役 門倉 裕• 監査役 梅田 友章• 執行役員 關根 清隆 mspo株式会社• 代表取締役社長 寺田 美絵• 取締役 坂井 一也• 取締役 遠藤 貴洋• 取締役 菊池 貴則• 取締役 堂前 紀郎• 取締役 斎藤 祐士• 監査役 深田 勇 株式会社YTソリューションズ• 代表取締役社長 内田 久喜• 取締役 中島 毅• 取締役 佐藤 俊介• 取締役 富樫 忠幸• 監査役 溝上 篤史• 監査役 諏訪原 敦彦 株式会社 LAPONE エンタテインメント• 代表取締役社長 雀 信化• 取締役 張 志熏• 取締役 孔 鐘允• 取締役 張 赫珍• 監査役 神夏磯 秀• 監査役 張 星皓 YOSHIMOTO ENTERTAINMENT THAILAND Co. , Ltd. 取締役 Wim Manopimok• 取締役 溝上 篤史• 取締役 平岩 靖 株式会社ユニゾン・ブルー• 代表取締役社長 平田 哲士• 取締役 平川 昌紀• 取締役 岡崎 太郎• 取締役 レイノラマプトラバラック• 監査役 葛原 昭• 理事長 上田 泰三• 理事 持田 修一• 理事 古賀 俊輔• 理事 丸山 恵一郎• 理事 竹田 和夫• 理事 和泉 かな• 監事 原田 裕• 監事 溝上 篤史.

次の

会社概要

吉田護 社長 横浜

社長 ご挨拶 ごあいさつ 不易流行という言葉は俳聖・松尾芭蕉が「奥の細道」の旅の間に修得したと言われています。 「不易知らざれば気立ちがたく、流行を知らざれば風新たならず」と言われたそうです。 「不変の真理を知らなければ、基礎は確立せず、変化を知らなければ新たな進展もない」という意味です。 「不易」は時代の変化にとらわれずして不変なるもの。 変えてはいけないものは変えない。 「流行」は、そのときどき、時代の変化に応じ変えなくてはいけないものは変える。 経営も同じだと思います。 特に変化の激しい昨今、「不易」より「流行」が重視されがちです。 会社では即戦力になる人材というのは、自社にすぐなじんで力を発揮できるかというとそうでもなかったり、すぐに役立つ知識というのは、今日明日は役に立っても、数年経てば陳腐化していく可能性があります。 だいあんの後継者という道を選び、その中で数十年も経営をしてきた先代の知識や知恵、理念というのは、間違いなく「不易」。 絶対に変えてはいけない部分だと思います。 これからも夢工房だいあんをより明文化し、堅実に存在し、しかも穏やかな発展を実現していきたいと思います。 おかげさまで平成25年4月横浜型地域貢献企業、最上位認定され、また新たに訪問看護部を設立しました。 より一層必要とされる会社を目指します。 どうか、夢工房だいあんの事業に係る全ての人に、だいあんがこの地域にいてくれて「良かった・助かった・ありがとう」と思われる会社で、あり続けたいと思います。 合掌 平成30年6月1日 代表取締役 光田 大蔵.

次の

社長 ご挨拶

吉田護 社長 横浜

イオン㈱の社長が、 23年ぶりに交代する。 2020年3月1日付。 岡田元也取締役兼代表執行役社長グループCEO。 取締役兼代表執行執行役会長に退く。 今でもよく覚えているが、 岡田さんの社長就任は1997年6月。 田中賢二前社長は第一勧業銀行から招聘されて、 当時のジャスコ㈱の社長に就任した。 しかし前職時代の総会屋利益供与事件の影響で、 突然の逮捕。 岡田卓也会長 当時 は、 確か香港に出張中で、 幹部や金融関係は、 岡田卓也社長兼会長を望んだ。 しかし卓也会長は、 頑として首を振らず、 元也社長が就任した。 しかし今、振り返ると、 この判断は極めて正しかった。 その後、岡田元也社長は、 2000年に日本チェーンストア協会会長、 2001年、21世紀に入って8月、 ジャスコ㈱からイオン㈱に社名変更。 それから20年近く、 岡田元也でなければ、 できない仕事を果たしてきた。 新社長は吉田昭夫代表執行副社長 59歳。 1983年、ジャスコ㈱入社の生え抜き。 ディベロッパー事業担当兼デジタル事業担当。 事業会社イオンモール㈱社長を兼務する。 昨日の1月10日金曜日の17時。 海浜幕張の本社のあるイオンタワー。 その別館3階の多目的ホールで、 その記者会見が行われた。 壇上には、 岡田元也社長と吉田昭夫副社長。 多目的ホールでの記者会見は、 広報室によると6年ぶりのこと。 多くの記者が前方を埋め、 その後ろには数多くのテレビカメラ。 さらにその後方には、 イオン関係者が座った。 岡田社長の発言。 「イオンは大きくなったことで 事業機会やチャンス を活かせず 、 浪費するという癖がついた。 そういったことを変えていってくれる 新しいリーダーだろうと、 吉田氏に期待する」 吉田副社長のコメント。 「これから拡大するであろうマーケット。 すなわちアジアシフト、デジタルシフト、 そしてリージョナルシフトの、 改革の方向性を見失うことなく、 グループ戦略の実行責任者として、 職責を果たしていきたい」 さらに、 「お客さまと現場の商品やサービスに 少しギャップが出てきている。 そのギャップは収益、客数、 そして粗利益が落ちることにつながる。 それを是正していく」 23年にわたって、 イオンの社長を務めた岡田氏。 「こんなに長くやると思っていなかった。 恥入るばかりだ」 そのうえで、 「店はお客さまのためにある。 では本当にお客様第一かと言えば、 イオンは残念ながら そうでなく自分たち本位になっている」 「本当にお客様のために 何をしなければならないのか。 今のやり方の何が悪いのか。 グループの中でも、 個社同士のベクトルが合わないことがある。 そうしたとき、 判断する基準は簡単なことであって、 どちらがお客様のために良いのか。 共通するお客様にとって、 良いこととは何かである」 「それは金融事業だろうと、 モール事業だろうと変わらない。 その原点を忘れてはならない。 不都合を隠さず、明らかにしていく。 そのお客様と向き合う姿勢を、 どこの会社よりも大事にしなければならない。 そういう会社になれればよいと思う」 吉田氏も肥大化した組織に対する懸念と、 そのなかで人材教育の重要性を指摘した。 「本部の指示を待つのではなく、 本部に要請をする。 そうした逆流ができる組織に しないといけない」 私は岡田元也さんは、 産業全体の仕事をするのではないかと思う。 いや、それをしてもらいたいと望むものだ。 今年10月の消費増税のとき、 岡田さんは本気で怒った。 「こんな無茶苦茶なことは、 二度とさせない! 」 さて私はそのころ、 リムジンバスで横浜ベイブリッジ。 横浜港とみなとみらい。 交通渋滞でアクアライン周りで1時間半、 成田国際空港第1ターミナル南ウィング。 正月飾りが出迎えてくれる。 チェックインして51番ゲート。 出発の記念写真。 「スーパーマーケット米国勉強会」 夕日が沈み始めて、 ANAの機体をオレンジ色に染める。 日が暮れて、さらに8時間半後、 日が昇ると北米大陸。 明るくなってサンフランシスコ湾。 サンフランシスコ市街と、 ゴールデンゲートブリッジは、 厚い雲に覆われて、 ちょっとだけ姿を見せた。 これからサンフランシスコと、 ニューヨーク。 11日間、頑張ります。 イオンの記者会見があった10日の、 朝日新聞「折々のことば」 第1694回。 命もいらぬ、名もいらぬ、 官位も金もいらぬという人は、 始末に困るものなり。 西郷隆盛『大西郷遺訓』から 編著者の鷲田清一さん。 〈結城義晴〉 コメントする メールアドレスが公開されることはありません。 (スパム対策)• 628• 410• 110• 633• 445• 1005• 1023•

次の