札幌 駅 ストリート ピアノ。 新型コロナ:札幌にもストリートピアノを、鉄工所会長が奮闘 :日本経済新聞

新型コロナ:札幌にもストリートピアノを、鉄工所会長が奮闘 :日本経済新聞

札幌 駅 ストリート ピアノ

その様子がこちらだ。 流れるようにピアノを弾いているのは制服姿の駅員。 ピアノの周りにはギャラリーが集まり、動画や写真を撮っているようだ。 投稿した札幌市交通局の公式ツイッターによれば、弾いているのは本物の駅員で、休憩中とのこと。 ツイッターではこの光景に対し、 「『駅員によるデモ演奏』ということで登場した駅員さん。 いきなりの超絶技巧にその場にいた全員がどよめきました!」 「こういう、いかにもピアノ弾きという感じじゃない方がさらっと弾くと超かっこいい!」 「しかしプロ並みに上手いねえ。 こういう才能を隠し持っている人はいるもんだね」 といった称賛の声が寄せられている。 子供の頃からピアノを習っていた Jタウンネットは2019年12月20日、札幌市交通局に当時の状況について詳しい話を聞いた。 カッコよすぎる(画像は札幌市交通局公式ツイッターの投稿より) ピアノが置かれているのは札幌地下鉄・大通駅の西側コンコース。 12月19日〜25日の期間限定で利用客がだれでも自由に弾くことができる。 イベント名は「STピアノinクリスマス」。 札幌市交通局のイベント担当者によれば、開催したのは今年が初めてで、STはストリート(street)とステーション(station)の英語表記から取ってきたとのことだ。 担当者はイベントの目的について、 「交通局の経営計画に『まちづくりの貢献』というテーマがあります。 いろいろな地域や部局と連携しながら、いろいろな催しをして交通局の評判を上げ、最終的には地下鉄・路面電車の利用促進につなげいきたいと思います」 と話している。 初日の19日10時からはオープニングイベントを実施。 プロの演奏の後、「駅員によるデモ演奏」として、ピアノが弾ける駅員が1曲弾いた。 駅員は普段、札幌市営地下鉄・さっぽろ管区駅で業務にあたっている。 ピアノは子供のころから習っていたが、音楽系の学校を出たわけではないそうだ。 弾いていたのはショパンの「幻想即興曲」。 担当者は駅員がピアノを弾いた後の様子について、 「演奏のクオリティもすごかったので、拍手などのリアクションがとても大きいかなと感じました」 と振り返る。 リアル駅員 休憩中 です。 ただ、担当者は「非番の時に気が向いて、とかは分からないです」としており、可能性は0ではない。 担当者は駅員によるピアノ演奏の動画が話題になったことについて、 「こういった動画が世の中に大変知れ渡って、(交通局に)良い印象を受けてくださっていると感じてはいます。 非常にありがたい、また喜ばしいことと思います」 と話している。 外部サイト.

次の

ストリートピアノ設置情報

札幌 駅 ストリート ピアノ

札幌地下鉄・大通駅で、 休憩中にピアノ演奏したリアル駅員さんが ピアノの腕前がプロすぎると話題になっています! リアル駅員 休憩中 です。 ここに置いてあったのが漆黒のグランドピアノ。 地面には赤絨毯までしいてあって、 「なぜここにピアノ?」と思った人も多いはず。 調べたところ、札幌交通局は、 地下鉄・市電の利用促進の取り組みの一環として、 普段から駅構内を利用した街のにぎわいの創出をしており、 今回のピアノ設置も、 「STピアノinクリスマス」 というイベントでのピアノ設置だったようです! 札幌市交通局では、駅構内を利用した街のにぎわいの創出などにより、地下鉄・市電の利用促進に取り組んでおります。 多くの人が集う駅で、お客様に自由な演奏を楽しんでもらうため、「STピアノinクリスマス」として、大通駅西側コンコースに誰もが自由に弾けるグランドピアノを設置いたします。 また、開催期間中に特別ゲストによるイベントも企画しております。 ピアノを演奏した「リアル駅員」の名前や顔画像は? ストリートバスケならぬ ストリートピアノで一気に注目を集めた「リアル駅員」さん。 この駅員さんはインタビューに答えており、 名前や顔も公開しています。 名前は坂下史郎(さかしたしろう)さんで、 札幌市交通事業振興公社の助役の「リアル駅員」さんなんです! インタビューでは、 「普段駅で仕事している以上に緊張しました。 まさか駅の仕事で弾くことがあるとは思ってもいませんでした。 大きいホールに置かれていたピアノなので、すごく音がいいです」 と答えています。 坂下さんが演奏したのはショパンの「幻想即興曲」で、 難しい手の運びが多い難易度が高い曲です。 そんな高難易度の曲もプロ並みの腕前で演奏しちゃったので、 SNS動画再生は1日たたないうちに99万回再生という 驚異的なバズり方をしたわけですね! Youtubeにも動画がアップされています。

次の

札幌駅にカラフルなストリートピアノを期間限定で設置!

札幌 駅 ストリート ピアノ

さっぽろ街なかピアノ88代表の竹原巌さん 札幌市内の駅構内に誰でも自由に弾ける「ストリートピアノ」を置く活動を手弁当で続けてきた。 音楽を広めたいという共通の思いを持つ10人ほどで作る団体「さっぽろ街なかピアノ88」の代表を務める。 目指すのは「どこからともなくピアノの音色が聞こえるまち」だという。 北海道赤平市出身。 幼少期にはきょうだいと一緒に合唱に明け暮れた。 建築鉄骨などを扱う竹原鉄工所(札幌市)の会長となった今でも歌うのが好きで、カンツォーネを朗々と歌い上げる。 旅行先のイタリアで街角にピアノが設置されているのを見て感動し、北海道でも同じ光景を作ろうと2019年に団体を設立した。 ストリートピアノは世界中で世代を超えて愛され、音楽文化を深めるのに一役買っている。 さっぽろ街なかピアノは19年7月、やJR北海道から賛同を得てJR札幌駅構内にピアノを設置。 2週間で観光客や地元民など2千人が曲を奏でた。 12月のクリスマス期間中には、18年に閉館したさっぽろ芸術文化の館(札幌市)で使われていた最高峰ブランドの一つ、米スタインウェイ社製のピアノを大通駅に運び込んだ。 2400万円相当の最高級ピアノを弾こうと、ピアノの前に行列が途絶えなくなるほどの人気を博した。 今夏も札幌駅にピアノを設置する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大により延期を決めている。 「皆が自由に集まることができる場にしたい」と準備を続ける。

次の