和菓子 屋 の 娘 連れ子。 木津いぶきは父親から性的虐待を受けていた?連れ子!携帯証拠隠滅!|青空文庫のトレンド新着情報

【木津屋・和菓子店店主の娘殺害事件】から見る日本の性的虐待の現状に迫る!

和菓子 屋 の 娘 連れ子

「父親の失踪に、娘のいぶきさんが関係していることが分かったのです。 この日彼女はアルバイトに行くと朝早く出掛けたものの、アルバイト先に姿を見せていなかった。 そこで母親と捜査員が和菓子店に行き、鍵のかかっていない脇の窓から入って捜索。 店内に争った形跡はなかったのですが、奥にある業務用の冷蔵庫の上蓋を開けると、着衣のままで、膝を抱えるように丸まった状態のいぶきさんの遺体がみつかったのです」 警視庁関係者 店内からは「二人で死のうと思う」と書かれた、無理心中をほのめかす遺書のようなメモが発見されています。 その犯行動機はどのようなものだったのでしょうか? 金銭的動機は? マンションローン・学費・和菓子屋経営 マンションローンが重荷? 和菓子屋「木津屋」から徒歩約10分のマンションに住むという木津一家。 そのローンなどはどうだったのでしょうか? 「小学校低学年の時に、いぶきちゃんが腕にアザを作って登校したことがありました。 理由を聞いたら、『転んだだけだから』と話していましたが、同級生は『親にやられたらしい』と口々に噂していました。 というのも、彼女が一度学校にお菓子を持って来て、先生に怒られたことがあったんです。 その件を子供から聞き、心配した保護者が彼女の家に電話したら、彼女が泣きじゃくる声が聞こえたそうです。 かなり厳しい親だと思われていました」 と証言しています。 他にも暴力を受けたと思われるあざや、虐待を疑われる証言が出ているようですね。 犯行動機には性的虐待も!? 前述した暴力的な虐待のほかに、性的虐待もあったのではないかと言われています。 考えたくもありませんが、義理の父親・木津英喜さんのいぶきさんへの愛情はいつからか、支配欲と共に歪んだものとなってしまったのでしょうか? 「妻は夫の失踪直後、捜査員に、『(夫は)最近は暗い感じだった』と話していましたが、夫の遺体が発見されて以降、警察への協力を拒んでいます。 捜査の過程で、 性的虐待を窺わせるような情報も伝わり、態度を硬化させたようです。 心中する恋人か夫婦のような言葉ですから。 デリケートな問題なので興味本位に煽りたくはないですが、今回初めて文春が「性的虐待」とはっきり言葉にして報道しました。 今後のさらなる捜査情報を待ちたいと思います。

次の

【和菓子屋殺人】店主(父親)の名前は木津英喜!Facebookや顔画像!評判は?

和菓子 屋 の 娘 連れ子

和菓子店の冷蔵庫に娘の遺体 7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4丁目の 和菓子店「木津屋」で、冷蔵庫の中に大学1年の木津いぶきさん(18)の遺体があるのを、通報を受けて訪れた警視庁の捜査員が発見しました。 警視庁は、この店の経営者で木津さんの父親が事情を知っているとみて捜していましたが、7日早朝、さいたま市内で首をつって死亡しているのが見つかりました。 木津いぶきさんの弟が110番通報 最初に110番通報をしたのは、店主の息子で亡くなった木津いぶきさんの弟。 通報の内容は、遺体が見つかった、ということではなくて、「父が自殺しようとしている」との110番通報でした。 いぶきさんが18歳ですので、それより年下ということになれば、大学生か高校生であると思われます。 弟さんのその後も心配です。 「娘を菓子店で切った」との電話 いぶきさんは、昼にはアルバイト先に行くはずでしたが、姿を見せなかったということで、その間に自宅でトラブルにあったのかもしれません。 父親の方もその後バイクで外出、6日の夜になって、自宅に「娘を菓子店で切った。 死にたい」と電話があったといいます。 冷蔵庫から木津いぶきさんの遺体 捜査員が父親の捜索で、自宅と店内も捜索。 その際に、店内の大型の業務用冷蔵庫の中から娘さんの木津さんの遺体を発見。 木津さんはひざを抱えるような体勢で、首に絞められたような痕があり、目立った切り傷や刺し傷は確認されなかったといいます。 首の痕は素手で圧迫したものと見られています。 和菓子店主父の「切った」との相違 「娘を菓子店で切った」との電話の内容とは一致しておらず、なぜ「切った」と告げたのかはわかっていません。 和菓子店主の父親が自殺 7日午前4時45分ごろ、さいたま市岩槻区の河川敷で木に首をつった状態で見つかりました。 捜査では、自殺とみられています。 また、娘いぶきさんの携帯電話が見つかっておらず、同じく父親の携帯電話と財布も見つかっていない状態だということで、その捜索も続いています。 木津いぶきさん父親は「いい人」 よく菓子店を訪れるという70代の女性は、6日午前にもあんみつなどを買ったという。 「店主の男性が『雨だから気をつけて』と言ってくれた。 変わった様子はなかった」 また別な近所の女性は「大変いい人」と店主のことを話しており、評判の悪いようなところはまったくなかったようです。 木津いぶきさんは虐待や暴力を受けていた? しかし、娘いぶきさんの小学校時代の同級生がテレビのインタビューを受けて、「転んだのではない、あざが体についていた」ということを話しています。 「亡くなった女子大生の小学校の同級生を取材し、小学3年ごろから体や顔に傷やあざを作って登校し、父親から暴力を受けていると聞いた」(「直撃LIVEグッディ!」) との報道で、安藤裕子キャスターは.

次の

木津いぶきさん冷蔵庫で発見!父は評判良かったが母親の連れ子だった

和菓子 屋 の 娘 連れ子

2019年7月7日、午前1時前に東京都荒川区東尾久4丁目にある和菓子店「木津屋」に設置している業務用の冷蔵庫の中から女子大学生が遺体で発見されました。 衝撃的すぎる事件ですね。 警視庁の調べによると冷蔵庫で遺体で発見されたのは東京都荒川区に住む大学生の木津いぶきさん、18歳ということです。 遺体には首を絞められたような痕が残っているということです。 同時期に、木津いぶきさんの父親が行方不明になっているということもあって父親がなにかしら事件に関与しているのではないか?といった噂もでていましたが、その後、父親は死亡が確認されています。 今回は、 遺体で発見された木津いぶきさんのニュース、家族構成と「木津屋」の評判、オーナーである父親の評判、口コミ、ネットの声をまとめてみました。 7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4丁目の和菓子店で、冷蔵庫の中に大学1年の木津いぶきさん(18)=同区東尾久8丁目=の遺体があるのを、通報を受けて訪れた警視庁の捜査員が発見した。 同庁は、この店の経営者で木津さんの父親(43)が事情を知っているとみて探していたが、7日早朝、さいたま市内で首をつって死亡しているのが見つかった。 警視庁は死体遺棄の疑いで捜査。 父親が木津さんの死亡に関与した後に自殺した可能性があるとみて調べている。 尾久署によると、6日午後6時35分ごろ、木津さんの弟から「父が自殺しようとしている」と110番通報があった。 その後に、父親から自宅に「娘を菓子店で切った。 死にたい」と電話があったという。 捜査員が父親を探していたところ、店内の業務用冷蔵庫(高さ85センチ、横140センチ、奥行き73センチ)の中から木津さんを見つけた。 木津さんはひざを抱えるような体勢だった。 首に絞められたような痕があり、目立った切り傷や刺し傷は確認されなかったという。 父親は7日午前4時45分ごろ、さいたま市岩槻区の河川敷で木に首をつった状態で見つかった。 近くには普段使っていたオートバイがあったという。 木津さんは両親と弟との4人暮らしで、6日朝は自宅にいたことが確認されているという。 よく菓子店を訪れるという70代の女性は、6日午前にもあんみつなどを買ったという。 「父親が『雨だから気をつけて』と言ってくれた。 変わった様子はなかった。 親子に何があったのか、驚いている」と話した。 引用元: 遺体で発見された「木津いぶきさん」のプロフィールと顔画像 名前:木津いぶき(きづ いぶき) 年齢:18歳 職業:大学生 在住:東京荒川区東尾久8丁目 家族構成:父親、母親、弟 大学生ということですが、実際にどこの大学に通っていたかは詳細が明らかになっていません。 報道関係が公開された顔画像です。 若い年頃の娘さんなのでTwitterやFacebook、インスタなどをしているのかと思いきや、詳しくしらべてみましたがSNS関係は見つかりませんでした。 もしかすると、この年頃の娘さんであればSNSでいろいろ情報を発信してもおかしくないと思うのですが、それらしき人も出てこないというのは父親が厳格だったのかもしれません。 遺体発見現場は超有名店「木津屋」の冷蔵庫 遺体が発見されたのは、超有名店「木津屋」の冷蔵庫の中で発見されています。 引用元:NHKWEB 老舗和菓子屋「木津屋」の評判 地元では有名な和菓子店だったようです。 なかでも、あんこが上品な味に仕上がっていて特に、あんドーナツは人気があるということです。 「木津屋」では、和菓子の定番から創作系の和菓子まで幅広く手掛けているため、有名だったようですね。 明治神宮にもカステラを献上するほど、「木津屋」は和菓子の老舗として店舗をかまえていたようです。 スポンサーリンク 木津屋のオーナーである父親が犯人 今回、木津いぶきさんを殺害し冷蔵庫にいれた犯人は父親だと報道されています。 父親のプロフィール 名前:木津英喜 (きづ ひでき) 年齢:43歳 住所:東京都荒川区東尾久4-33-7 職業:和菓子店経営 事件の発覚前、父親は母親に 「娘を店で切った。 死にたい」と電話した後、連絡が取れなくなっているということで、警視庁が行方を追っています。 引用元:TBS 父親は4時間後にさいたま市内の河川敷で首を吊っていたようです。 木津屋のオーナーである父親の評判 木津いぶきさんの父親である木津屋のオーナーですが近隣の住民の話によると、非常に良好だったようです。 このお店は昔からの老舗で対応も悪くなく、彼岸などのときに利用していました。 主人は下町の人であまり気をつかわないで、いい感じの人でした。 娘さんについては、この辺で見たことはありませんでしたが、冷蔵庫の中で見つかったということで、なぜ?という気持ちです 引用元: このお店はたまに利用しますが、主人が1人で接客していて、普通のおじさんという感じで、事件のニュースを聞いて驚いています。 自分も子どもがいて、ふだん通っている道なので複雑な気持ちです 引用元: 近隣の評判は良かったものの、木津いぶきさんについては、この近所でみたことがないという証言があったようです。 一般的に、ここまで人気のある和菓子店であれば店主の娘さんがお店を手伝ったりするということも普通に考えられると思うのですが、何か理由があったのかもしれません。 スポンサーリンク 木津いぶきさんは母親の連れ子 父娘死亡の和菓子店 木津屋 マンションを買っている 娘は母の連れ子 と なんでも知ってる周辺住民 — 満州中央銀行 kabutociti Twitterでこういった情報を見つけました。 どうやら、再婚されているんでしょうね。 木津いぶきさんは母親の連れ子ということなので、今回、犯人とされている父親とは直接、血が通っているわけではなさそうです。 実子でないとすると…と、いろんな憶測が飛んでしまいそうですね。 ネットの声 え 今知ったんだが、尾久の木津屋 ダンナ、娘殺して自殺? 嘘だろ。 なんとも衝撃的すぎる事件です。 父親は自分が首をつって亡くなる前に、警察に「娘をきった」と残していますが実際のところ真実は…。 死人に口なしと言われるように父親が娘に手をかけたのかもしれないし、もしかすると誰かをかばっているのではないか?とネット上で話題になっています。 それは、やはり普段の父親、木津屋のオーナーとしても評判が良すぎるから…。 なんにせよ、残された母や息子は一度に二人の大事な家族を亡くしたわけなので不憫でなりません。

次の