ワクワクメール アカウント変更。 ワクワクメールで別アカウント(サブ垢)を作る方法!簡単に作れる?

ワクワクメールで2つ目のアカウントを作成する方法

ワクワクメール アカウント変更

ワクワクメールのアカウントを利用している人で スマートフォンの機種変更や電話番号の変更、キャリアの変更をしたい場合 「ワクワクメールのアカウントは引き継げるの?」と気になる人が多いと思います。 ワクワクメールで購入したポイントが残っているのに、キャリアの変更や機種変更でアカウントの引き継ぎができなくなったらもったいないし、ワクワクメール特有の 「クラス特典」をゴールドやプラチナ、ブロンズに引き上げたのにまたノーマルに戻るなんて嫌ですよね。 ワクワクメールでは電話番号の変更を含めた機種変更やキャリアを変更した場合でも、アカウントを引き継げる仕様になっています! キャリア変更や機種変更、スマホの紛失など、状況に応じたワクワクメールのアカウント引き継ぎ方法を解説します。 機種変更、キャリア変更による引き継ぎ スマートフォンの機種変更・キャリア変更をして、 電話番号が変わらない場合、変わる場合のワクワクメールのアカウントの引き継ぎ方法を紹介します。 電話番号が変わらない場合 機種変更、キャリア変更による引き継ぎはナンバーポータビリティ等で電話番号の変更がなく、以前の電話番号とメールアドレスをそのままであれば特に変更の手続きをする必要はありません。 今までのアカウントにログインするための情報が 電話番号もしくはメールアドレス+パスワードなため、それに関する情報が変わらなければ変更手続きは不要です。 ただし、ガラケーでワクワクメールを最初に登録している場合、セキュリティの設定で 「認証された端末」でしかログイン出来ない仕様になっている可能性があります。 機種を変える前に、セキュリティの設定を確認しましょう。 電話番号が変わる場合 ワクワクメールで登録していた電話番号が引き継ぎ後に変わる場合、電話番号の変更手続きをする必要があります。 自分の設定内で変更することは出来ないので、自分の会員番号を控えるサポートセンターへ問い合わせてください。 キャリアや電話番号を変更した時 ワクワクメールのアカウントを引き継ぐシーンでは、携帯の紛失やスマホの機種変等が挙げられますが、その際にキャリアや電話番号を変更する場合もあります。 キャリア変更・機種変更の場合、アカウント内の変更は不要 電話番号が変わらないキャリアの変更や機種変更の場合は、アカウント内の変更作業は不要となります。 ワクワクメールのアカウントは 「電話番号」もしくは 「メールアドレス」に 「設定したパスワード」があればログインすることができるので、使用している電話番号とメールアドレスの変更がなければアカウント内で変更する作業は不要となります。 電話番号変更の場合、アカウント内の変更が必要 先述したとおり、アカウントを引き継ぐ際には ログイン情報が必要です。 引き継ぎ先の新しいスマホに変更しても、ワクワクメールのアカウントログインを以前の環境と同じものを入力すればそのままアカウントログインが可能で利用することができます。 そのため登録されている電話番号を変更しなくても良いかと思いがちですが、 必ず変更を行うようにしてください。 元々使っていた電話番号が別の人に割り振られる可能性がある• 変更前の電話番号を忘れてしまう可能性がある といったことから、電話番号を変更した後はアカウントの登録情報も変更するようにしましょう。 電話番号の登録変更はアカウント画面からできない 変更しましょうと書きましたが、ワクワクメール内の管理画面上では変更は不可能で、サポートセンターへ問い合わせすることが必要になります。 サポートセンターメール support 550909. com サポートセンター電話 0570-05-0909 コチラのサポートセンターに電話番号を変更したい節を伝えます。 本人確認のため会員番号を聞かれますので、ログインして確認してから問い合わせを行うようにしましょう。 ワクワクメールでスムーズに引き継ぎする方法 ワクワクメールで 「機種変更や引き継ぎの為に電話番号登録ができない」「機種変更、引き継ぎをしたらサイトが使えなくなった」というトラブルになる前に、事前に対策をしておきましょう。 中にはどうしても解決できないケースもありますが、事前に引き継ぎのための準備をすることでポイントが残ったままアカウントが使えなくなるといった事態を回避することができます。 ワクワクメールのアカウント引き継ぎをスムーズに行うために、事前の設定方法を記載いたします。 メールアドレスの登録を済ませておく ワクワクメールのアカウントにメールアドレスを登録せずにワクワクメールを利用しているユーザーが多いですが、機種変更する際は必ずメールアドレスの登録が必要です。 携帯が壊れた後に機種変更となるとメールアドレスの登録ができなくなるので事前にメールアドレスの登録をしておきましょう。 メールアドレスの登録をすれば、 20ポイントのサービスポイントを付与してもらえるので、ワクワクメールに登録したらすぐにメールアドレスの登録を済ませましょう。 新しい携帯では、本人による端末確認が取れていないため、電話番号の確認が再度必要になります。 ガラケー、フューチャーフォンはセキュリティ設定を解除 ガラケーもしくはフューチャーフォンの場合、機種によってワクワクメールの設定画面上で該当の携帯端末しかワクワクメールを利用することができないよう、セキュリティの設定が行われている場合があります。 このセキュリティの設定を解除を行わずにアカウントを引き継ごうとしても、新しい端末では認証されている端末と違うということでアクセスができません。 ワクワクメールが引き継ぎで使えなくなってしまうので、必ずセキュリティの設定で認証の端末の項目が設定されていたら解除するようにしましょう。 exports? module. document? b a,! 1;return! a "object"! type a a. nodeType n. isWindow a return! call a. constructor. prototype,"isPrototypeOf" return! ownFirst for b in a return k. i[j. eval. replace p,"ms-". nodeName. call v. childNodes ,v. childNodes ,E[v. childNodes. length]. length? apply a,I. a 1! ownerDocument b:v! getElementById f return d;if j. apply d,b. getElementsByClassName return H. apply d,b. nodeName. getAttribute "id"? test k? apply d,w. parentNode. length;while e-- d. nodeName. nodeName. ownerDocument a. documentElement;return!! ownerDocument a:v;return g! documentElement? top! addEventListener? addEventListener "unload",da,! 1 :e. attachEvent "onunload",da ,c. appendChild n. createComment "" ,! test n. getElementsByClassName ,c. appendChild a. getElementsByName! getElementsByName u. getById? find. getElementById a ;return c? filter. find. ID,d. filter. find. getElementsByTagName? getElementsByTagName? getElementsByTagName a :c. qsa? find. test n. appendChild a. querySelectorAll "[selected]". length q. length q. querySelectorAll ":checked". length q. push ":checked" ,a. length q. push ". createElement "input" ;b. setAttribute "type","hidden" ,a. appendChild b. setAttribute "name","D" ,a. querySelectorAll ":enabled". length q. push ":enabled",":disabled" ,a. push ",. matches o. webkitMatchesSelector o. mozMatchesSelector o. oMatchesSelector o. call a,"div" ,s. call a,"[s! push "! test o. test o. contains? nodeType? d 1! nodeType! contains? contains d :a. 0;return! compareDocumentPosition-! ownerDocument b? 1:k? 1:e? -1:f? 1:k? parentNode g. parentNode h. ownerDocument a! call a,b ;if d c. disconnectedMatch a. document. ownerDocument a! ownerDocument a! attrHandle[b. call d. attrHandle,b. toLowerCase? e a,b,! p :void 0;return void 0! f:c. attributes! specified? slice 0 ,a. push f ;while e-- a. textContent return a. slice 0,3? a[3] ea. CHILD. test a[0]? null: a[3]? indexOf " ",c. length-b -c. slice 0,b ,a. replace ba,ca. nodeName. className void 0! slice -c. slice 0,c. nodeName. nodeName. nodeType return! firstChild:q. uniqueID] l[m. uniqueID] l[m. pop if h? nodeName. uniqueID] l[m. pseudos[a] d. setFilters[a. toLowerCase ] ea. e b :e. setFilters. hasOwnProperty a. toLowerCase? textContent b. innerText e b. test a "" ea. replace ba,ca. lang:b. getAttribute "xml:lang" b. nodeType ;return! location. hasFocus n. type a. nodeName. parentNode. selectedIndex,! nextSibling if a. nodeType? slice 0,i-1. type? find. 1:Math. random. push f :e. slice 0 ,j. relative[j[1]. find. ID k. matches[0]. slice j. shift. value. needsContext. test a? 0:j. matches[0]. test j[0]. splice i,1 ,! p,e,! split "". sort B. l,m ,c. compareDocumentPosition n. firstChild. c return a. toLowerCase? firstChild. firstChild. nodeName. toLowerCase return a. c return! specified? selectors,n. expr. pseudos,n. uniqueSort,n. getText,n. isXML,n. is c break;d. expr. match. isFunction b return n. call a,d,a! nodeType return n. test b return n. nodeType? find. matchesSelector d,a? [d]:[]:n. find. matches a,n. length;if "string"! pushStack n a. unique c :c ,c. selector? this. pushStack z this,a [],! pushStack z this,a [],! test a? n a :a [],! charAt a. [null,a,null]:B. exec a! b b. jquery? b c. find a :this. constructor b. b[0]:b,n. merge this,n. nodeType? ownerDocument b:d,! 0 ,x. isPlainObject b for e in b n. isFunction this[e]? this[e] b[e] :this. find a ;this. nodeType? this. isFunction a? void 0! ready? ready a :a n : void 0! selector,this. context ,n. :parents prev? 0,contents:! 0,next:! 0,prev:! length;return this. find. pushStack f. inArray this[0],n a :n. inArray a. jquery? parentNode? this. first. prevAll. pushStack n. uniqueSort n. merge this. this. prevObject:this. prevObject. nodeType? nodeName a,"iframe"? contentDocument a. contentWindow. document:n. merge [],a. map this,b,c ;return"Until"! filter d,e ,this. uniqueSort e ,C. reverse ,this. each a. G a :n. 0;g. splice c,1 ,c-1:f. 0,c j. slice? slice :c],g. Callbacks "once memory" ,"resolved"],["reject","fail",n. Callbacks "once memory" ,"rejected"],["notify","progress",n. done arguments. isFunction a. promise? promise. progress c. notify. done c. resolve. fail c. promise :this,g? then,n. disable,b[2][2]. isFunction a. promise? a:n. notifyWith b,c :--f g. resolveWith d,[n] ,n. triggerHandler "ready" ,n d. addEventListener? removeEventListener "DOMContentLoaded",J ,a. removeEventListener "load",J : d. detachEvent "onreadystatechange",J ,a. event. ready. readyState "loading"! documentElement. doScroll a. setTimeout n. ready ;else if d. addEventListener d. addEventListener "DOMContentLoaded",J ,a. attachEvent "onreadystatechange",J ,a. ready. promise ;var K;for K in n l break;l. createElement "div" ,e. style. appendChild e. appendChild b ,void 0! style. style. style. createElement "div" ;l. noData[ a. test c? 1;return! data void 0! pop n. extend j[k],b :j[k]. extend j[k]. data g. data ,void 0! a[n. expando]:n. g[h]:g[h]. isArray b? concat n. map b,n. camelCase :b in d? [b]:b. length;while e-- delete d[b[e]];if c?! P d :! cleanData [a],! 0 :l. deleteExpando g! window? 0,"embed ":! nodeType? cache[a[n. expando]]:a[n. camelCase d. slice 5 ,O f,d,e[d] ;n. this. this. O f,a,n. d n. isArray c? makeArray c :d. unshift "inprogress" ,delete f. stop,e. call a,g,f ,! empty. Callbacks "once memory". length ",l. firstChild. nodeType,l. getElementsByTagName "tbody". length,l. getElementsByTagName "link". length,l. createElement "nav". cloneNode! outerHTML,c. 0,b. appendChild c ,l. checked,a. cloneNode! lastChild. defaultValue,b. createElement "input" ,c. setAttribute "type","radio" ,c. setAttribute "checked","checked" ,c. setAttribute "name","t" ,a. appendChild c ,l. cloneNode! cloneNode! lastChild. checked,l. addEventListener,a[n. getAttribute n.

次の

ワクワクメールのアカウントを登録して作り直したいとき・ログインできない時の対処法とは?

ワクワクメール アカウント変更

ワクワクメールでは基本的に多重登録禁止となっています。 そのために電話登録によるアカウント情報を提示することになります。 番号確認することで不正ログイン等を防いでいるのです。 電話認証は、登録した携帯から指定された番号へかける事によって登録されるシステムです。 なので一つの電話番号につき1アカウントしか持てません。 しかし、ある条件が揃うとアカウントを複数所持できます。 複数アカウントを持つ方法 ワクワクメールで2つ目のアカウントを持つ方法は2つあります。 1つ目は携帯電話を複数所持することです。 裏技のような方法ですが、2つ目のアカウントを作成するには、登録した番号とは別に、電話番号が必要になります。 携帯を2つ持っているのなら、2回登録できるのです。 複数登録する場合でも、お試しポイントはついてきますので、120Pご自由にお使い出来ます。 私は以前勤めていた会社の携帯番号で登録していました。 まだ再登録できるかなと思い、登録してみたのですが、普通にできました。 2つ目はヤフオクでアカウントを購入する方法です。 ヤフーオークションの検索欄で「ワクワクメール アカウント」を入力すると一覧に購入できるアカウントが出てきます。 女性アカウント、男性アカウントそれぞれ出品されており、値段は500円〜1,500円です。 入札するとログインパスワードを教えてもらえるので、それで使用できます。 ログイン後に新しいパスワードを再設定することで自分専用のアカウントにすることができます。 ただし、ワクワクメールのアカウントは人気なのかすぐに入札されてしまいます。 ヤフー以外に楽天などのオークションでも出品されていることがあります。 ただし、先述した通り、ワクワクメールでは基本的に多重登録禁止となっていますので、推奨は致しません。 あくまで自己責任で行うという形になります。 アカウントを複数持つことで出きること アカウントを複数持つことで、気になる人のログイン情報やアタックできる回数が増えます。 一つ目のアカウントで食いつきが悪かった女性でも、別アカウントで話題を変えて誘えばOK貰えることもあります。 メシからのラブホで、女を食える可能性が増えるのです。 一度も会話したことのない女性には、一回目はチャラい人風に攻め、だめなら誠実系と色々試してみましょう。 特に顔写真がとびっきり可愛いタイプの子がいる場合、口説ける回数が増え、落とせるチャンスが増えます。 ワクワクメールでは自分がログインしたことがわかりますので、もしワクワクメール内で知り合って女性とお付き合いした場合、その後ワクワクメールにログインすると関係が崩れることがあります。 お付き合いしているのにまでワクワクメールで出会いを求めているということは明らかにおかしいことです。 そういった時に2つ目のアカウントがあれば重宝するでしょう。

次の

ワクワクメールの新規アカウント作成とアドレスを登録するメリット

ワクワクメール アカウント変更

ワクワクメールでは基本的に多重登録禁止となっています。 そのために電話登録によるアカウント情報を提示することになります。 番号確認することで不正ログイン等を防いでいるのです。 電話認証は、登録した携帯から指定された番号へかける事によって登録されるシステムです。 なので一つの電話番号につき1アカウントしか持てません。 しかし、ある条件が揃うとアカウントを複数所持できます。 複数アカウントを持つ方法 ワクワクメールで2つ目のアカウントを持つ方法は2つあります。 1つ目は携帯電話を複数所持することです。 裏技のような方法ですが、2つ目のアカウントを作成するには、登録した番号とは別に、電話番号が必要になります。 携帯を2つ持っているのなら、2回登録できるのです。 複数登録する場合でも、お試しポイントはついてきますので、120Pご自由にお使い出来ます。 私は以前勤めていた会社の携帯番号で登録していました。 まだ再登録できるかなと思い、登録してみたのですが、普通にできました。 2つ目はヤフオクでアカウントを購入する方法です。 ヤフーオークションの検索欄で「ワクワクメール アカウント」を入力すると一覧に購入できるアカウントが出てきます。 女性アカウント、男性アカウントそれぞれ出品されており、値段は500円〜1,500円です。 入札するとログインパスワードを教えてもらえるので、それで使用できます。 ログイン後に新しいパスワードを再設定することで自分専用のアカウントにすることができます。 ただし、ワクワクメールのアカウントは人気なのかすぐに入札されてしまいます。 ヤフー以外に楽天などのオークションでも出品されていることがあります。 ただし、先述した通り、ワクワクメールでは基本的に多重登録禁止となっていますので、推奨は致しません。 あくまで自己責任で行うという形になります。 アカウントを複数持つことで出きること アカウントを複数持つことで、気になる人のログイン情報やアタックできる回数が増えます。 一つ目のアカウントで食いつきが悪かった女性でも、別アカウントで話題を変えて誘えばOK貰えることもあります。 メシからのラブホで、女を食える可能性が増えるのです。 一度も会話したことのない女性には、一回目はチャラい人風に攻め、だめなら誠実系と色々試してみましょう。 特に顔写真がとびっきり可愛いタイプの子がいる場合、口説ける回数が増え、落とせるチャンスが増えます。 ワクワクメールでは自分がログインしたことがわかりますので、もしワクワクメール内で知り合って女性とお付き合いした場合、その後ワクワクメールにログインすると関係が崩れることがあります。 お付き合いしているのにまでワクワクメールで出会いを求めているということは明らかにおかしいことです。 そういった時に2つ目のアカウントがあれば重宝するでしょう。

次の