インテリア コーディネーター 申し込み。 インテリアコーディネーター二次試験【プレゼンテーション(製図)・論文】の内容と対策を紹介!

【インテリアコーディネーター】独学で合格を目指すための勉強方法

インテリア コーディネーター 申し込み

インテリアコーディネーター試験を独学で勉強したいと思っている人は、やはり お金に制約がある人ですよね。 スクールや通信講座を利用せず、自分で本を買って勉強するスタイルでやりたいというところでしょうか。 この記事では、インテリアコーディネーター試験勉強を独学で進めるためのポイントを以下の流れで説明しますね。 標準学習期間• 必要な勉強時間• スケジュールの立て方• 勉強方法• 一次試験対策• 二次試験対策• テキスト• 参考書 参考にしてください。 標準学習期間は? 標準学習時間は 6か月。 通信講座でもだいたい半年くらいを目安にスケジュールが立てられています。 もちろん、日々の勉強時間を多くとれるようであれば、もっと短期間で合格を目指すこともできます。 ちなみに、わたしは 通信講座を利用し 1ヵ月半くらいの期間で1次試験に受かりました(未経験&知識なしからのスタートです)。 ですから、1次試験まで1ヵ月半くらいあれば何とかなるかと思います。 必要な勉強時間は? 必要な勉強時間については、 試験まで残り半年だとすると 1日30分くらい。 もちろん、試験が近くなればもっと長い時間集中した方が良いです。 わたしは 残り1ヵ月半でスタートし、 平日夜は平均すると1~2時間、休日のうち1日は3~4時間くらいをインテリアコーディネーター試験に向けて勉強してました。 必要な勉強時間は個人差があるかと思いますので、次に説明するスケジュールの立て方を参考に自分で計画を立ててみましょう。 スケジュールの立て方 10月の1次試験、12月の2次試験を見据えて逆算してスケジュールを立てましょう。 短期間で合格を目指すスケジュール(目安)• ~8月:テキストにひと通り目を通しておく• 9月:1次試験の過去問に取り組む(最低5年分)• 10月:1次試験を受験。 2次試験の勉強をはじめる• 11月:製図の練習をする• 12月:2次試験を受験 1次試験についてはできるだけ早くテキストをひと通り読んで、過去問を解く時間にあてると良いです。 9月末までに過去問5年分を最低3回はやっておきましょう。 1次試験が終わり次第、2次試験に向けて製図の練習をはじめましょう。 1次試験の合否が気になるところですが、受かったことを想定して2次試験に向かっておくと後々楽です。 一次試験対策(勉強方法) まずはテキストを読み込みます。 太字や赤字になっているキーワードを記憶するつもりで集中します。 ノートを作る必要はありません。 どういう問題が出題されるかわかったら、過去問を解いていきます。 過去問の答え合わせをしたあとに、自分の弱点やしっかりと覚えていないところを確認する意味でテキストを振り返ります。 必要な部分はとにかく暗記していきましょう。 一次試験の勉強方法の詳細はこちらの記事をどうぞ。 まったくの未経験者は、テキストを読んで図面を真似して描きます。 過去問にもチャレンジして、何度も何度も練習を繰り返すだけです。 論文対策は、それほど時間をとらなくてもOKですが、普段あまり文章を書く機会のない人は、過去問を見ながら文章の流れや書き方を覚えておきましょう。 二次試験の勉強方法の詳細はこちらの記事を参考にしてくださいね。 独学者に必要なのは、• テキスト• 過去問題集 です。 あとは、 自分で足りないと思うところを参考書で補完していきます。 どのようなテキストが良いのか分からないという人はこちらの記事も参考にどうぞ。 特に、製図のプレゼンテーション問題が出題される2次試験は未経験者には難関です。 独学でやって結局、不合格になってしまっては受験料が無駄になります。 1回で合格できなければ、次年度も受験することになり、受験料がかさんでしまいますからね……。 <受験料>• 一次試験のみを受験:受験料11,300円(税込)• 二次試験のみを受験:受験料11,300円(税込)• 一次試験と二次試験の両方を受験:14,400円(税込) 独学で合格できる自信のある方は独学で、不安な方は通信講座を利用すると良いかと思います。

次の

インテリアコーディネーター資格試験受験申込│インテリア産業協会

インテリア コーディネーター 申し込み

一度に商品を決めたい方へ 当日商品を決めたいというお客様向けに、イメージづくりから家具選びまで一度に行うコースです。 スマーフォン・PC・タブレットで3Dシミュレーションをご覧頂きながら、スタイリクスのインテリアコーディネーターと家具選びを相談し、家具のご購入やレンタルのお申込みをしていただけます。 家具選びを快適に 一ヶ月半以内には家具を入れたいという方や、日頃忙しくて色々見て回っていられない、見てもどれが良いのか決められないという方には、お客様毎の診断に基づいた最適なものをプロのコーディネーターが探しますのでとても快適です。 オンラインコーディネートの流れ 1.診断 様々なメーカーの商品をコーディネートして選んでも、お客様の負担ができるだけ少なくなるようお届け日の調整を致します。 お届けの際は、家具の組立ができる専門の配送業者が行いますので、開梱・組立・設置・廃材段ボール回収まで全てお任せ頂けます。 必要な環境 対応機器 スマートフォン、タブレットカメラ・マイク搭載のPC OS バージョン iOS12以上 Android8. 0以上windows 7以降 画面サイズ 5inch以上推奨。 4inch台でも可(ピンチアウトで拡大可能) 充電 電源に接続またはフル充電 通信 wifi接続推奨(消費量2GB程度)4G回線では通信量に 注意してください。 ご相談中、画面に不具合が出た場合は、コーディネーターにお知らせください。 よくあるご相談例• 、、の各ページにてご確認ください。 時期の遠いお客様はお引越しの2ヶ月前を目安にご予約お願い申し上げます。 尚、カラーレイアウト相談につきましては引き続きオンラインでご案内しております。

次の

インテリアコーディネーター二次試験【プレゼンテーション(製図)・論文】の内容と対策を紹介!

インテリア コーディネーター 申し込み

最終更新:2019年11月25日 12:38 【大学生が取るべき資格】インテリアコーディネーター編 「インテリア」という言葉はとても身近なものですが、具体的に何を指すのかと聞かれると「部屋をキレイにすること?」「家具を並べること?」と答えに詰まってしまいますよね。 インテリアとは「生活の基盤となる家を快適にするために住環境を整える」ことです。 単にキレイなだけでなく、住みやすい環境をつくりあげること。 そして、その専門家が「インテリアコーディネーター」です。 「インテリアコーディネーター」とはどのような資格なのか、取得して役に立つのか。 試験の内容や難易度、試験対策など気になるポイントについて解説します。 ・ インテリアコーディネーターってどんなもの? インテリアコーディネーターは、インテリア産業協会が認定する資格です。 インテリア産業協会のホームページによると、インテリアコーディネーターとは「住まい手にとって快適な住空間を作るために適切な提言・助言を行う専門職」とされています。 内装や家具、照明器具などインテリアに関係する商品について広い知識を持ったうえで、住宅メーカーやインテリアメーカー、工務店や販売店などで、インテリアの計画や商品選択のアドバイスを行うのが仕事です。 インテリアコーディネーターは役に立つの? 就活のときに役に立つ インテリアや住宅を専門とする仕事を希望する際には、インテリアコーディネーターの資格を持っていることで知識はもちろん、本当にその仕事がしたいという意欲を見せることができます。 就職してから役に立つ インテリアコーディネーターの資格で学ぶのは知識だけではありません。 インテリアコーディネーターの二次試験では、実際に論文の中でインテリア計画を立て、インテリア計画に基づいて必要な情報を図面に表現してプレゼンテーションすることが求められます。 こういったインテリア計画やプレゼンテーションは、就職してお客様に提案するときにも役に立ちます。 自分の部屋づくりにも役に立つ インテリアコーディネーターでは、インテリアコーディネートに必要な人間工学や色彩計画、建築の構造や構法、住宅環境や室内設備への知識も身に着けておく必要があります。 これらの知識は、自分が部屋を借りたり、家を建てたりする際にも役に立ちます。 インテリアコーディネーター試験を受けるには? それではインテリアコーディネーター試験を受けるにはどうすればいいのかお話ししていきます。 受験資格・試験場所 受験資格は問いません。 日本語での出題・解答に対応できれば誰でも受験できます。 試験場所は北海道・岩手県・宮城県・群馬県・東京都・愛知県・石川県・大阪府・広島県・香川県・福岡県・沖縄県の全12会場です。 ただし場合によって変更されることもあるため、最終的な試験場所は受験票でしっかり確認しておくことが必要です。 試験形式・試験日・受験料 試験形式としては、一次試験と二次試験の2つともに合格する必要があることが特徴です。 一次試験はマークシート形式での選択試験、二次試験は論文とプレゼンテーションでの試験になります。 試験日は例年、一次試験が10月初旬、二次試験が12月初旬に行われています。 受験料は一次試験と二次試験とを合わせて受験する「基本タイプ」が14400円です。 「どうしても一次試験だけ先に受けておきたい」という場合は、一次試験だけ受ける「一次試験<先取り>タイプ」を11300円で受験できます。 ただし、「一次試験<先取り>タイプ」を選ぶと、同じ年に二次試験を受けることはできないので注意が必要です。 過去3年以内に「一次試験は通過したけど二次試験に落ちた…」という方は「二次試験<一次免除>タイプ」を受験料11300円で受験することができます。 一次試験と二次試験をバラバラに受けると、合計22600円もかかってしまい、同時に受験した時より8200円も割高です。 特別な理由がなければ一緒に受けた方がお得です。 インテリアコーディネーター試験の内容と難易度は? インテリアコーディネーター試験の範囲と内容 公式ホームページには、試験範囲は次のように書かれています。 【一次試験の範囲】 1. インテリアコーディネーターの誕生とその背景に関すること 2. インテリアコーディネーターの仕事に関すること 3. インテリアの歴史に関すること 4. インテリアコーディネーションの計画に関すること 5. インテリアエレメント・関連エレメントに関すること 6. インテリアの構造・構法と仕上げに関すること 7. 環境と設備に関すること 8. インテリアコーディネーションの表現に関すること 9. インテリア関連の法規、規格、制度に関すること 【二次試験の範囲】 プレゼンテーション・論文によるインテリア計画及びそのプレゼンテーションに関すること 一次試験ではインテリアやインテリアコーディネーションについての基礎知識が幅広く問われ、二次試験はプレゼンテーションと論文があります。 プレゼンでは与えられた課題に沿ってインテリアを計画しプレゼンを行います。 論文試験では、インテリアコーディネーターとして与えられた課題を正確に理解し、わかりやすい文章で表現する能力が問われます。 インテリアコーディネーター試験の難易度 インテリアコーディネーター試験の受験を考えているなら、難易度が気になる方も多いと思います。 2018年度の試験結果は次のように発表されています。 受験者数:2135名 合格率:23. しっかりと対策をしないと合格は難しいでしょう。 インテリアコーディネーター試験の対策と申し込み方法 一次試験対策は独学でも大丈夫 一次試験はマークシートで知識を問われる試験なので、インテリア産業協会の発行する「インテリアコーディネーターハンドブック統合版」や過去問題集を参考に、独学で取り組んでいくことができます。 二次試験対策は添削などの利用がおすすめ しかし、二次試験は論文と図面でのプレゼンテーションの対策が必要とされます。 誤った方法で対策し続けても良い効果は得られません。 できれば、いろいろなスクールで開講されている二次試験対策講座を受講することをおすすめします。 それと合わせて製図練習帳などで時間内に製図する実力を高めていきます。 どうしてもお金がないなどの理由から、独学で学びたいという場合はYouTubeなどで、インテリアコーディネーター二次試験対策の動画もありますので、参考にするのがいいでしょう。 インテリアコーディネーター試験の申し込み方法 インテリアコーディネーター試験は、インターネットで申し込みページにアクセスし申し込みができます。 受験料の支払いは、「クレジットカード払い」と「コンビニ払い」から選ぶことが可能です。 インターネットから申し込みができない場合は、申込書を郵送して申し込みます。 インテリアコーディネーター資格試験運営事務局にメールまたは電話で連絡し、必要書類を請求しましょう。 最後に インテリアコーディネーターは、誰でも受けることのできる試験ですが、実用的な部分がかなり大きく問われる資格となっています。 その分、取得した際には、努力も認められますし、実際の仕事でも必ず役に立ちます。 「将来はインテリア関係の仕事につきたい!」あるいは「インテリアが好きで勉強したい!」という方はぜひ取得を目指してみてくださいね。

次の