スポルティバ 登山 靴。 最強!スポルティバのおすすめ18選!熟練された歴史ある一足を堪能せよ!

厳冬期用と4シーズン用どっちを買うべき?雪山1年生のための冬用登山靴の選び方|YAMA HACK

スポルティバ 登山 靴

— 2020年 3月月4日午前4時40分PST 登山靴の重さは重いほど足の保護が強いというメリットもあります。 軽ければ軽いほど良いというわけではないので、注意しましょう。 特に注意すべきは種別です。 ライトアルパインとアルパインにわかれています。 ライトアルパインというのは、夏期~厳冬期の低山までの使用が可能という目安になっています。 厳冬期の使用は快適に使用できるというほどではないので、まあ使えるくらいに捉えておきましょう。 アルパインはアイゼンの着用も容易で厳冬期も使用できます。 ただ私の個人的な意見としては、どちらも使える靴を選ぶより、夏に特化した縦走用の靴と冬に特化した断熱材入りの厳冬期用登山靴を選ぶ方がどちらも快適に登山ができるのでおすすめしています。 ただお値段的にはどちらも使えるもの1つの方がお得なので、その辺は予算と相談して決めましょう。 ・グリップ力、サポート力が高いほど重くなる ・軽いほど快適性も高くなる ・防水性はいずれも高い 真冬(厳冬期)は使用しないという前提なら、私が最もおすすめするのは、 スカルパ ミラージュGTXです。 その理由は価格が高すぎず、グリップ力・サポート力はほどほどですが、最低限の岩稜帯歩きや縦走が楽しめます。 価格面では ノースフェイス ヴェルヴェラ ライトパッカーが優れていますが、サポート力については少し劣るので、岩稜歩きには良いかもしれませんが、重さがある縦走では少し疲労がたまりやすく思うからです。 岩稜歩き用と割り切って選ぶのであれば、こちらもお勧めできます。 厳冬期にも汎用的に使いたいという前提であれば、 スポルティバ LA トランゴタワーGTXになります。 これは靴の性能ではなく、 ローバー チェベダーレプロGTが日本で手に入りにくく、取り扱いする店が少ない傾向があり、値段が高くなりがちといった事情からです。 同価格帯で見つけたら買いです。 LA トランゴタワーGTXはワンタッチアイゼンまで使えますので、冬山使用でもがっつり使えます。 少し幅は広め。 小屋泊縦走からテント泊縦走にも対応できます。 セミワンタッチクランポン も着用できるので、残雪期くらいならこの靴で行けます! キネシスプロを長年使っていますが、もう少し底が固いものが欲しくて購入しました。 テント泊に丁度良いと思います。 幅はシリオほどではありませがやや広めです。 マムート:ケントハイGTX 足幅がゆったり目とのコメントを信じて購入したところ、自分の足形にはジャストフィットでした。 3万円前後でしたので、かなりシッカリとした造りかと思いきや、足首や甲の部分が柔らかい布でできており、見た目では想像できないほど、前後の動きがスムースです。 言い方を変えれば、見た目や値段からすると本格的な登山靴ですが、15000円前後のトレッキングシューズ感覚の靴です。 自分にとっては十分な性能で、見た目も気に入っているので、性能のわりに値段が高かったこと以外は満足です。 amazonレビューより.

次の

テント泊の登山靴の選び方

スポルティバ 登山 靴

出典: スポルティバは、北イタリアのドロミテ山麓で創業した会社。 「for the mountain」がモットーで、今もなおこの地の小さな工場で登山靴が製造され、世界中に出荷されています。 スポルティバは、1928年創業以来、最高水準の品質を誇るシューズを世に送り出してきました。 登山ガイドの多くがスポルティバの登山靴を愛用しているとも言われています。 そんなスポルティバの登山靴、人気な理由は、山で軽快に足を運ぶことを第一に考えているため、機能性と耐久性に優れていること。 スポルティバの一番の強みが「動きやすさ」「軽快さ」「足へのフィット感」です。 まず、路面からの衝撃を最小限におさえるべく、ソールシステムに特徴があります。 接触面の特徴に合わせて、何種類かのソールがあるので、目的に合わせて着実に適切な靴が選択可能なんです。 そして、足を衝撃から守る「3Dフレックスシステム」。 柔軟に足首を動かせることができるため、行動領域がグッと広がるんです。 安全に自由自在に動ける、という点がスポルティバの最大の特徴といえるでしょう。 妥協しないというメーカーの姿勢そのものも、長年人気の続く秘訣です。 トランゴテック GTX 初めての登山におすすめのシューズが『トランゴテックGTX』です。 抜群に耐久性があることと、接地面が通常のブーツの4~5倍あることから、長時間歩いても、あまり足に負担を感じないのが大きな特徴。 特に、3Dフレックスシステムがしっかりと機能しているため、足首をしっかりと保護してくれるとともに、スリップもしにくくなっています。 足さばきも軽やかに行え、テクニカルなコースでも歩きやすいと評判です。 特に、アルパインクライマーから大人気。 軽量金属パーツを使用することによって、強度を保ったまま登山靴の軽量化を実現。 しかも、従来から支持されてきた保温性はもちろん抜群のままです。 また、足が蒸れにくい造りにもなっていて、急斜面などのハードなコースでも足に衝撃を受けないようにアッパーでしっかりと保護してくれるのも安心です。 寒い時期の登山には最適です。 シューズの足幅が広めに設計されているため、ロングトレイル向けです。 比較的さまざまな路面の状態に対処できるような造りが特徴。 インソールには、状態の良くない路面に遭遇した時にも対応できるように、クッションプラットフォームが使用されています。 また、ダイナミックプロテクションシステムを採用していて、足の動きにしっかりとフィットして動きのバランスを支えるてくれます。 登山の最中に足がねじれるのを防ぐため、小指側の側面を若干高めに設定してあるのが特徴です。 また、アッパーから土踏まずまでが一つのパーツでできていてしっかりとフォットする造りになっているため、シューズ全体の重さを感じさせません。 長時間にわたる本格的な山登りやロングトレイルにも十分対応でき、さまざまな範囲で使用可能。 長時間の歩行中に耐えられるように、靴の中の蒸れを抑え、通気性も高くなっています。

次の

最強!スポルティバのおすすめ18選!熟練された歴史ある一足を堪能せよ!

スポルティバ 登山 靴

出典: スポルティバは、北イタリアのドロミテ山麓で創業した会社。 「for the mountain」がモットーで、今もなおこの地の小さな工場で登山靴が製造され、世界中に出荷されています。 スポルティバは、1928年創業以来、最高水準の品質を誇るシューズを世に送り出してきました。 登山ガイドの多くがスポルティバの登山靴を愛用しているとも言われています。 そんなスポルティバの登山靴、人気な理由は、山で軽快に足を運ぶことを第一に考えているため、機能性と耐久性に優れていること。 スポルティバの一番の強みが「動きやすさ」「軽快さ」「足へのフィット感」です。 まず、路面からの衝撃を最小限におさえるべく、ソールシステムに特徴があります。 接触面の特徴に合わせて、何種類かのソールがあるので、目的に合わせて着実に適切な靴が選択可能なんです。 そして、足を衝撃から守る「3Dフレックスシステム」。 柔軟に足首を動かせることができるため、行動領域がグッと広がるんです。 安全に自由自在に動ける、という点がスポルティバの最大の特徴といえるでしょう。 妥協しないというメーカーの姿勢そのものも、長年人気の続く秘訣です。 トランゴテック GTX 初めての登山におすすめのシューズが『トランゴテックGTX』です。 抜群に耐久性があることと、接地面が通常のブーツの4~5倍あることから、長時間歩いても、あまり足に負担を感じないのが大きな特徴。 特に、3Dフレックスシステムがしっかりと機能しているため、足首をしっかりと保護してくれるとともに、スリップもしにくくなっています。 足さばきも軽やかに行え、テクニカルなコースでも歩きやすいと評判です。 特に、アルパインクライマーから大人気。 軽量金属パーツを使用することによって、強度を保ったまま登山靴の軽量化を実現。 しかも、従来から支持されてきた保温性はもちろん抜群のままです。 また、足が蒸れにくい造りにもなっていて、急斜面などのハードなコースでも足に衝撃を受けないようにアッパーでしっかりと保護してくれるのも安心です。 寒い時期の登山には最適です。 シューズの足幅が広めに設計されているため、ロングトレイル向けです。 比較的さまざまな路面の状態に対処できるような造りが特徴。 インソールには、状態の良くない路面に遭遇した時にも対応できるように、クッションプラットフォームが使用されています。 また、ダイナミックプロテクションシステムを採用していて、足の動きにしっかりとフィットして動きのバランスを支えるてくれます。 登山の最中に足がねじれるのを防ぐため、小指側の側面を若干高めに設定してあるのが特徴です。 また、アッパーから土踏まずまでが一つのパーツでできていてしっかりとフォットする造りになっているため、シューズ全体の重さを感じさせません。 長時間にわたる本格的な山登りやロングトレイルにも十分対応でき、さまざまな範囲で使用可能。 長時間の歩行中に耐えられるように、靴の中の蒸れを抑え、通気性も高くなっています。

次の