大阪 府 の 感染 者。 大阪府/【施設(店舗)運営者・イベント主催者の皆様】大阪コロナ追跡システムについて

新型コロナウイルス感染症関連情報|大阪府感染症情報センター

大阪 府 の 感染 者

大阪府の吉村洋文知事は12日、店舗や集客施設で新型コロナウイルスの感染者が確認された場合、同じ日時に居合わせた他の客らに直接、メールで通知できるシステムを今月中に導入すると発表した。 来店時などにアドレスを府に登録してもらう方法で、感染の可能性がある人に対し迅速に保健所への相談を促し、クラスター(感染集団)の発生や拡大を食い止めるのが狙いだ。 府は、独自に定めた休業要請の解除基準(大阪モデル)を7日連続で満たせば、15日に段階的な解除を判断する。 今後、映画館やイベント施設などが営業再開したり、飲食店が営業時間を延長したりすることが想定され、府は、陽性者が出れば、接触の可能性がある人らを素早く把握する仕組みが必要と判断した。 吉村知事は「個人のプライバシーを守りながら、ITを使って追跡する仕組みを作れないか検討してきた」と話した。 導入するのは「大阪コロナ追跡システム」で、協力する事業者らに対し、府のホームページを通じて固有のQRコードを発行。 店や会場の一角に掲示してもらう。 客がコードをスマートフォンなどで読み取れば、府にメールアドレスを登録できる。 アドレスのみを府が一定期間保管。 名前や住所、GPSによる行動履歴などは取得せず、個人情報上の問題はないという。 感染者が1人でも店などに立ち寄っていたことが判明すれば、府がメールで通知。 自宅待機するなどしてもらい、健康状況に応じてPCR検査につなげる。 府は2~3月、クラスターが発生した複数のライブハウスの店名を公表。 来店者に相談を呼びかけるなどし、感染拡大の抑止に効果があったとみている。 しかし、接待を伴う飲食店など公表の同意が得られないケースもあり、客らの追跡が難航することも課題だった。 府は、施設名の公表に同意した事業者に協力金100万円を支払う制度を導入しているが、新システムでは、府が公表していなくても、登録した人には直接連絡が可能となる。 事業者にQRコードを掲示する義務はないが、府は、休業要請の解除後の業態ごとのマニュアルを近く公表する方針で、協力を求めることも盛り込む方針。 客側が来店時に利用するかどうかは任意で、アドレスの登録者がどれだけ伸びるかも課題になりそうだ。

次の

大阪府/新型コロナウイルス感染症について

大阪 府 の 感染 者

最新情報 府独自の基準に基づく自粛要請・解除及び対策の基本的な考え方について 令和2年5月5日、府独自の基準に基づく自粛要請・解除及び対策の基本的な考え方『大阪モデル』を作成しました。 詳しくはをご覧ください。 新型コロナウイルスに関連した患者の発生等について 新型コロナウイルスの発生状況や検査状況等については でご覧いただけます 新型コロナウイルス厚生労働省対策本部クラスター対策班より、なみはやリハビリテーション病院における新型コロナウイルス感染症院内発生に関する現地調査支援報告が示されました。 報道提供 をご覧ください。 また、受診についての相談にお応えするため、 「新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)」 を府内各保健所内に設置しました。 ・ ・ 安静・療養の対象となる方へ ・ ・ ・ 啓発関係 ・新型コロナウイルス感染症に関連する不当な差別、偏見、いじめ等の被害に遭われた方からの人権相談はで受け付けております。 ・大阪府では、新型コロナウイルス感染症に関する不安やストレスなど、こころの健康問題に関して相談窓口や対処法などの情報提供を行っています。 詳細はをご覧ください。 ・また、SNSによる相談窓口はをご覧ください。 ・ 【ネット上の情報について】 ネット上には、新型コロナウイルス関連肺炎に係る様々な情報が流れていますが、 中には事実と異なる情報もあります。 府民の皆様におかれましては、 厚生労働省や大阪府が発信する正確な情報に基づき、落ち着いて行動してください。 医療機関の皆様へ 【医療機関向け新型コロナ受診・検査相談センター】 「帰国者・接触者外来」への受診や検査依頼に関する相談に対応します。 【支援メニューについて】 新型コロナウイルス感染症患者の受入れに必要な体制整備に対する支援については、下記よりご確認ください。 ・ 【新型コロナウイルス感染症関連の通知】 ・ ・ 新型コロナウイルス感染症関連情報について 学校関係、イベントの中止及び中小企業・小規模事業者相談窓口等の情報については下記ページをご覧ください。 ・ 物資の寄付及び購入について ・ ・ 大阪府新型コロナウイルス対策本部 大阪府では、新型コロナウイルス対策の推進を図るため、令和2年1月24日に「大阪府新型コロナウイルス対策本部」を、令和2年3月12日に対策本部の下に「大阪府新型コロナウイルス対策本部専門家会議」を設置しました。 また、大阪府において新型コロナウイルス感染症の患者が増加した場合の「状況の進展に応じて段階的に講じていくべき施策のうち、サーベイランス、感染拡大防止策、医療提供体制」について協議することを目的として、令和2年4月1日に「大阪府新型コロナウイルス感染症対策協議会」を設置しました。 詳細はをご覧ください。 関連ページ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・府内政令中核市の新型コロナ関係ホームページ一覧 このページの作成所属.

次の

「大阪コロナ追跡システム」今月中に導入…メールで来店者に感染可能性を通知 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

大阪 府 の 感染 者

府民の皆様のいのちと暮らしを守るため、大阪府では、新型コロナウイルスの感染拡大の防止と社会経済活動の維持の両立をめざす取組みを進めています。 こうした中、府内の事業者等では、業態に応じた感染拡大を予防するための措置として様々な取組みが進められています。 事業者等のご協力のもと、知恵や工夫を凝らした取組み事例を収集しましたので、ご紹介します。 事例に ついては、順次、追加いたします。 ぜひ感染防止対策のご参考としてご覧ください。 なお、感染拡大防止のための取組みについては、「業種ごとの感染拡大予防ガイドライン」等をご活用いただきますようお願いいたします。 飲食店・喫茶店・居酒屋等における事例 < > スターバックス お客様の安全を第一に考え、また従業員が安心して働けるよう、ガイドラインに基づき、衛生と安全への対策を強化し、お客様をお迎えします。 また、発熱・体調不良時のご入店はお控え頂きます。 5度以上の方は入店をお断りしております。 お客様との間をパーテーションで間仕切りを行い、飛沫感染の防止に取り組んでいます。 お客様には基本的に車内でお待ちいただくか、待合席ご利用の際は間隔を空けてお座りいただいています。 また、キャッシュトレイの定期的な消毒や、会計の都度、手指を消毒しています。 大丸松坂屋百貨店 大丸心斎橋店(大阪市)・大丸梅田店(大阪市)・松坂屋高槻店(高槻市) 大丸松坂屋百貨店では、感染症の予防と拡散防止のために、様々な安全・安心への取組みを実施しています。 店舗の入口において、お客様にマスク着用、手指の消毒、検温、ソーシャルディスタンス等への協力を呼びかける掲示を行っています。 エレベーターやトイレなどにおいて、お客様へのソーシャルディスタンスの呼びかけを行っています。 来店のお客さまにわかりやすく混雑状況を表示するため、混雑率を全店のインフォメーションで掲出しています。 館内の全エレベーター/エスカレーターにソーシャルディスタンスを呼びかけるなどポスターを設置し、お客様へのご利用上の注意点をご案内しています。 また、館内各所にソーシャルディスタンスに対する取り組みとして、待ち列位置の目印を床に設置しています。 各店頭待ち列位置を示す床張りの目印を設置しており、隣接する座席の間にはアクリル板を設置しています。 ソーシャルディスタンスの確保のため、出口専用箇所を設けています。 混雑状況はリアルタイムでGoogle マップとYahoo! MAP混雑レーダーでご確認いただけます。 受付などの対面する場所では、ビニールカーテンを設置し、飛沫感染防止対策に取り組んでいます。 休憩時間など、共通スペースをはじめとする館内全体の定期的な消毒を行っています。 また、教室でも生徒の検温・マスク・手指消毒の状況を記録しています。 塾生・保護者のご希望に合わせて対面授業と双方向オンライン授業を選択して受講いただけるよう柔軟な対応を行っています。 また、施術前に手指の消毒を実施した上で、ゴム手袋を着用しています。 お客様にも了解を頂きマスクの着用をお願いしています。 スーパー銭湯の事例 スパバレイ枚方南(枚方市) スパバレイ枚方南では、感染予防及び感染防止のため、様々な対策を施し、皆様のご来館をお待ちいたしております。 このページの作成所属.

次の