ほうれん草アク抜きしないと。 下ゆでなんて必要なかった…!ほうれん草をレンジでチンは賢人主婦の必須テクだ!

ほうれん草のアク抜きを簡単に!栄養が逃げない方法とは?

ほうれん草アク抜きしないと

楽天で購入 茎が細めで生のままサラダに使用できるので、 このタイプのほうれん草を鍋の時に使うとアクもあまり出ません。 それでも、味やアクが気になる方は、アク抜きをおすすめします。 ほうれん草のアクは鍋に残らない? ほうれん草のアクは、鍋に残りません。 理由は、ほうれん草のアクであるシュウ酸が お肉や魚と結合して シュウ酸カルシウムになってしまうからです。 もし、シュウ酸カルシウムを食べた場合、 体内で吸収されることなく排出されます。 ということは、ほうれん草のアクは、 味さえ気にならなければ食べても大丈夫ということになります。 そして、体内にシュウ酸が入っても、腸内でカルシウムと結合して排出されます。 もし、ほうれん草をたくさん食べて心配な時には、 牛乳やヨーグルトもしっかりと摂って体外に排出することをおすすめします。 もともと、シュウ酸を大量に摂取すると、 尿路結石のリスクが高まるとされていました。 しかし、その量は 生のほうれん草を毎日1kg以上、 数十年間食べ続けるという条件下の話です。 ちなみにスーパーで販売されているほうれん草1束は、200gです。 毎日5束食べる人というのは、なかなかいないでしょう。 話をもとに戻します。 ほうれん草を鍋に入れる時に茹でなくても、アクは鍋に残りません。 あくまでも、 味が気にならない方のためのお話です。 ほうれん草を鍋に入れるなら、常夜鍋? 常夜鍋(じょうやなべ)は毎晩食べても飽きないことから、着いた名前です。 材料は、豚肉とほうれん草が基本です。 ほうれん草の代わりに小松菜を使ったり、最近では水菜も人気です。 3番目の材料として歯ごたえが欲しい時には シメジを、 ダシが欲しい時には 油揚げを加えます。 食べる時は豚肉やほうれん草をサッと煮て、ポン酢で食べます。 鍋でほうれん草といえば、常夜鍋です。 常夜鍋の時でも、アクが気になる場合は、ほうれん草のアク抜きが必要です。 小松菜も、下茹でしてから使わないと、アクが出てしまいます。 水菜はあまりアクを感じないので、アク抜きをする必要はありません。 常夜鍋も現在では、豚しゃぶと混同されています。 今年は、豚肉とほうれん草だけのシンプルな常夜鍋を楽しみませんか。 鍋に入れる時のほうれん草のアク抜き方法 ほうれん草のアク抜きは、 茹でる方法が基本です。 鍋に入れるための準備ですので、 柔らかくなりすぎないように注意しましょう。 この温度を下回ると、アク抜きができません。 面倒でも、小分けにして複数回に分けて、茹でましょう。 茹でるときには、ほうれん草の根を下にして、沸騰しているお湯に立てるように入れます。 この時、根元の近くは10秒くらいそのままにして、全部をお湯に入れ、 合計1分くらい茹でます。 最初はほうれん草を持ったままで大変ですが、 湯気が手に直接当たらないように気をつけて頑張りましょう。 また、ほうれん草は金属を嫌いますので、できれば 竹の菜箸を使用します。 トングを使う場合は、ほうれん草を挟む部分が シリコンなどでカバーされているものを選びましょう。 茹でたほうれん草は、水にとってしっかりと冷やします。 しっかりと冷やすことで、アク抜きが完了します。 この時、温かい状態のものを触らないように注意します。 菜箸や手のニオイが移るといわれているからで、 他の食材を茹でるときにも共通の料理のコツです。 しっかりと冷めてから水から取り出し、 軽く絞って適当な大きさに切って鍋に使います。 絞る時に 巻き簾(まきす)を使うと、 絞り過ぎなくて上手に余分な水分を取り除くことができます。 また、絞った形を生かして盛り付けができますので、工夫してみましょう。 例えば、絞って根元を落とした状態の棒状になっているほうれん草を、 茹でた白菜でもう1度巻き簾で巻くと2色で楽しめます。 昔の水炊きの材料か旅館の忘年会のようですが、 いつもの鍋の材料がちょっと豪華になります。 この時、 ほうれん草の絞り加減に注意します。 絞り過ぎて、ほうれん草が繊維しか感じられないようでは困ります。 かといって、水分が多すぎると、鍋に入れた時に味がぼやけてしまいます。 絞り加減は、茹で加減で決まります。 アクが抜けて、尚且つ茹ですぎずと、ほうれん草の下ごしらえ一つをとっても、料理は奥深いです。 その他、ほうれん草を鍋に入れる時の下ごしらえ ほうれん草を鍋に入れる時は、 普段の下ごしらえよりも加熱時間を短くすることを意識しましょう。 また、この方法で下ごしらえしたほうれん草は、 冷凍保存もできます。 冷めて水を絞ったほうれん草を使いやすい分量に分けて、 ぴっちりとラップをしてから、ジッパーバッグに入れて冷凍します。 ほうれん草を蒸し煮にする ほうれん草を鍋に入れる時の下ごしらえは、フライパンを使った方法があります。 これは茹でるというよりは、 蒸し煮といった方が正解です。 深型のフライパン(炒め鍋)の深さが2cmから3cm位にお湯を沸かします。 ほうれん草を広げるように入れて、 20秒蒸して裏返して20秒蒸します。 この時、裏返すとき以外はお鍋にふたをします。 お湯の温度が下がらないことと、お湯につかっていない部分も蒸気で加熱できるからです。 ほうれん草を電子レンジで加熱する ほうれん草を4cmから5cmに切って、濡れたまま耐熱ボウルに入れます。 塩を1束に対してひとつまみまぶしてラップします。 600wで2分30秒くらい加熱して、加熱後すぐに全体をよく混ぜます。 余熱を利用して火を通し、器から取り出して冷まします。 ラップする前に塩をまぶすのは、水分と一緒にアクが出やすくするためです。 アクが気になる方は、器から取り出して水に放してから、絞ると安心です。 耐熱ボウルを使用しないで、切らないままラップに包んで電子レンジで加熱する方法もあります。 約3分加熱して、そのまま冷ましてから水に放してアクを抜き、水分を絞ります。 ほうれん草のアク抜きは鍋の時どうする?:まとめ 今回は、鍋に入れる時のほうれん草のアク抜きをご紹介しました。 栄養的には鍋に入れる時のほうれん草は、茹でる必要がありません。 でも、味が気になる場合は、下茹でしてから鍋に入れましょう。 鍋に入れた時は、ほうれん草は茹でてあるので、さっと温める程度で十分です。 また、ほうれん草を使ったお鍋といえば、常夜鍋です。 豚肉とほうれん草だけのシンプルな材料で、ポン酢でいただきます。 ほうれん草の旬は冬です。 たっぷりのほうれん草でビタミンを補給して、風邪をひかないようにしましょう。

次の

スムージーのほうれん草はアク取りを忘れないで!

ほうれん草アク抜きしないと

ほうれん草のアク抜きが必要な理由は、ほうれん草に含まれているシュウ酸にあります。 シュウ酸はほうれん草のアクの主成分になっています。 ほうれん草のアク抜きをしないと健康への影響があるのではないかということでアク抜きがおこなわれます。 ほうれん草に含まれているシュウ酸は、体内のカルシウムと結合することでシュウ酸カルシウムになります。 シュウ酸カルシウムは、カルシウムの吸収を邪魔してしまいますし、結石をつくる原因になると言われています。 そのため、ほうれん草のアク抜きをすることでシュウ酸を取り除く必要があります。 ほうれん草のアクはゆでこぼしをすることで取り除けますので、ほうれん草を茹でて茹でた汁を捨てます。 これはほうれん草以外でも、ぬめりを取ったり臭みをとるためにされる下処理でもあります。 下処理でほうれん草のアク抜きをすることができますが、その他の栄養も流れ出てしまいますので手短に済ませることもポイントです。 生で食べることができるほうれん草もあります。 それが サラダほうれん草です。 シュウ酸がほうれん草のアクの主成分になりました。 シュウ酸を食べると喉や舌に違和感があります。 一般的なほうれん草は畑で栽培がされていますが、 サラダほうれん草は水耕栽培となっています。 一般的なほうれん草は畑で土から栄養を吸収し、シュウ酸も蓄積されていきます。 サラダほうれん草自体がアクが少ないものになりますが、栽培が畑ではありませんので土からシュウ酸を吸収することがありません。 そのためシュウ酸がなくアクがほうれん草内にない状態になります。 さらに、サラダほうれん草は 収穫する数日前から水分だけで栽培をおこなうことでシュウ酸の吸収を防いでいます。 アクもシュウ酸も少ないので、生で食べることができます。 ほうれん草のアクが苦手という方でもサラダほうれん草は食べやすくなっています。 ほうれん草が苦手という方やえぐみや苦味が気になるという方は、サラダほうれん草をさっと湯通ししてからレシピに使えば食べやすくなります。 サラダほうれん草の食感も柔らかく葉が小さくて茎も細いので生で食べても食べやすいですし、サラダにするとシャキっとした歯ごたえも心地良いです。

次の

下ゆでなんて必要なかった…!ほうれん草をレンジでチンは賢人主婦の必須テクだ!

ほうれん草アク抜きしないと

こんにちは、knowledge pitへようこそ! 「ほうれん草は下茹でが必要」と聞いたことがある人は多いと思います。 ですが、炒め物などの場合は、レシピサイトでも、下茹でについて書かれているものと書かれていないものがあるので、どうすれば良いのか判断を悩んだりします。 そして、これまでの私の場合、悩んだ結果、「やっぱり面倒だからそのまま炒めちゃおう」という感じで落ち着くことが多かったです(笑) ですが、少し調べてみたところ、どうやらその判断はちょっとマズかったかも…ということが分かってきました。。。 ほうれん草は茹でないと、身体にあまりよろしくない成分を食べてしまうことになるようなのです。 この記事では、なぜ炒め物でもほうれん草を茹でないとダメなのかという理由と合わせて、その成分を取り除ける簡単な方法をまとめてみました。 ほうれん草を茹でなければダメな理由はシュウ酸にあり ほうれん草を茹でる理由として挙げられるのは、「アク抜き」ですね。 茹でていないほうれん草を食べたことがある人は思い出してみてください。 なんとなく、イガイガというか、ザラザラ、キシキシといった食感を感じたり、独特なエグみのようなものを感じたことがあるのではないでしょうか。 これらのえぐみを取るために、ほうれん草はあく抜きをする必要があるのですが、実は、このアクの正体がシュウ酸という成分です。 ほうれん草に含まれているシュウ酸(蓚酸)とは シュウ酸(蓚酸)には、カルシウムなどのミネラルと結合するという特徴があります。 人間の体にシュウ酸を取り込むと、腸内でカルシウムと結びついて便となって排出されますが、過剰に摂取すると尿中でカルシウムと結びつくのです。 シュウ酸はカルシウムと結びつくと石のように固くなる性質があります。 つまり、シュウ酸を過剰摂取すると、腎臓結石や胆石、尿路結石という症状が出やすくなる可能性があるということです。 ちなみに、ほうれん草を食べたときに感じる、ザラザラしたような独特なエグみ。 あれは、シュウ酸と唾液が反応して蓚酸カルシウムというものが口内に発生することで感じるものです。 あのエグミを感じる時というのは、ほうれん草のアク抜きが不十分であったことを意味しているということです シュウ酸(蓚酸)は水溶性という特徴も シュウ酸には、もう1つ特徴があります。 それは水溶性であるということです。 「ほうれん草は下茹でをするもの」と言われているのは、水溶性という特徴を活かした、シュウ酸の除去方法なのです。 ただし、のちほど解説しますが、「水にさらすことがポイント」ですので、茹でることだけが除去する方法ではありません。 ・ほうれん草のザラザラっとした食感や独特なエグミを取ることができるという味の面 ・結石のリスクを避けることができるという健康面 この両方から考えても、ほうれん草を調理する際は、水にさらして正しく処理することをオススメします。 炒め物でも、煮物でも、焼こうが、蒸そうが、ほうれん草を調理するのであれば、後ほどご紹介する方法で正しくシュウ酸を除去するようにしましょう。 ほうれん草以外のシュウ酸を含む野菜類 念のため、ほうれん草以外でシュウ酸が含まれている野菜類をご紹介しておきますので、今後のためにお役立てください。 いずれもホウレン草と同様に、のちほどご紹介する処理方法をすれば大丈夫です。 5)ほうれん草の束をそろえて、根本から葉の方に向かって、ゆったりと手で絞る シュウ酸はちゃんと除去して、貴重な栄養分はしっかり残すというのが大切なことです。 この場合のポイントとなるのが、 とにかく「茹で時間は短時間にする」ということです。 特にビタミン類は水溶性の性質のものが多いため、茹でれば茹でるほど、どんどん流出してしまいます。 ビタミンCの場合、1分程度茹でた場合でも、実は3割ほど流出してしまっています。 それが5分になれば、6割もが流出してしまいますので、非常に勿体ないことです。 ですので、栄養素を極力残すために、最初からたっぷりの熱湯を用意して、ほうれん草を入れた際に温度を下がりにくくする必要があるのです。 そして、茹で時間は1分程度できっちりおさめる。 茹で上がった後も、流水にさらす時間も短めにして、絞るときには、ほうれん草の繊維が壊れてしまわないよう注意する。 こうすることで、栄養成分の流出を極力防ぐことができますので、ぜひ上記のことに気を付けながら茹でてみてください。 ちなみに、茹でる際に塩を入れることが多いと思いますが、実は砂糖もオススメです。

次の