アイゴー 意味。 中国人は本当にアイヤーと言うのか?

中国人は本当にアイヤーと言うのか?

アイゴー 意味

喜びを表す時(あら、まあ)• 呆れた時(まあ、やれやれ)• 驚きを表す時(ひゃあ、わあ)• 不満・不快に思った時(ひゃあ、いや〜)• 不憫に思った時(ああ、まあ)• 痛かったり、疲れた時(ああ、ふう)• 椅子に座る時(よっこいしょ)• 葬式とかで泣く時(うぅ) このように様々な状況に応じて使われますが、全て何か起こった物事に対して言葉が漏れるイメージです。 また、「 아이고 アイゴ」と発音が似ている 「 아이구 アイグ」という言葉もあります。 使い方も「 아이고 アイゴ」に似ていますが、 「 아이구 アイグ」は基本的にネガティブな物事に対して使うことが多いです。 それでは、次に「 아이고 アイゴ」を使った例文を見ていくことにしましょう。 韓国語の「アイゴ」を使った例文 先ほどご紹介した「 아이고 アイゴ」の様々な使い方に基づいて、例文をご紹介します。 아이고,너 오랜만이야. アイゴ ノ オレンマニヤ やあ、君久しぶりだね 아이고,또 잊었어요 アイゴ ト イヂョッソヨ? やれやれ、また忘れたのですか? 아이고,깜짝이야 アイゴ カムチャギヤ. わあ、びっくりした。 아이고,또 실수했군요 アイゴ ト シルスヘックニョ. ひゃあ、またしくじったんですね。 아이고,불쌍해 アイゴ ブルサンヘ. まあ、かわいそうに。 아이고,너무 피곤했어 アイゴ ノム ピゴネッソ. ああ、すごく疲れたよ。 ドラマやバラエティ番組で「 아이고 アイゴ」が出てきた時には、どのような意味がしっくりくるのか文脈から考えてみてくださいね。 「アイゴ」と似た意味の韓国語「オモ」 「 아이고 アイゴ」と同じように「まあ」という感嘆を表す韓国語が 「 어머 オモ」。 「 어머 オモ」は驚いた時に使われる言葉で、「 어머나 オモナ」とか「 어머어머 オモオモ」という言い方をすることもあります。 感嘆をあらわす「 아이고 アイゴ」と「 어머 オモ」は何が違うのでしょうか? それは以下の3点です。 「 어머 オモ」は驚いた時のみ使うが、「 아이고 アイゴ」は様々な状況に応じて使う。 「 어머 オモ」は女性だけが使う言葉だが「 아이고 アイゴ」は男女ともに使う。 「 어머 オモ」は年齢に関係なく使うが、「 아이고 アイゴ」は年を重ねた人が使う。 「 어머 オモ」は若い女性だけでなく、若者から老人まで女性なら使う言葉ですが、 若い女性が使う場合は「キュートな表現」として使われることも多いです。 例えば、男性から告白された時などにちょっと可愛らしく「あらまあ」と驚くイメージですね。 一方 「 아이고 アイゴ」はおじさんやおばさんが使っているイメージが強いです。 若い人が使ってはいけないわけですが、年寄りっぽく見られてしまう可能性があるので、それが嫌な人はすすんで使わない方がいいかもしれません 笑。 韓国語「アイゴー」のまとめ 今回は韓国語の「 아이고 アイゴ」の意味と使い方についてお伝えしました。 ポイントをまとめると以下のようになります。

次の

韓国語の「ボヤ」ってどういう意味なの??ウェとの違いは何?

アイゴー 意味

ウィキペディアはオンラインですが、。 やでの議論にご協力ください。 ( 2019年4月) アイゴー 各種表記 : 아이고 : なし : アイゴ : Aigo アイゴー 아이고 はの。 元々は朝鮮語固有の語であるため、本来漢字表記は存在しない。 古い書籍などではで「 哀号」と書かれているものもあるが、日本で作られたである。 「哀号」を朝鮮語読みにすると「 애호(エホ)」になる。 用法は多彩で、泣き叫ぶとき、びっくりした時、がっかりした時、くやしい時、あきれた時など、感きわまった時に用いられる場合が多いが、溜息をつく時(日本語の「はー」、「やれやれ」)などにも用いられる。 男女の区別はないが、口語だけに微妙なニュアンスをともなう。 を盛り上げるために呼ばれるは「アイゴー、アイゴー」と泣き叫ぶ。 叫び声といっても、日常会話で "おお、よくやった! " といった場合の "おお" も該当し、これを朝鮮人は "アイゴ チャルテッタ! " 아이고 잘 됐다 と言う。 現在のでは、特に若者の間の話し言葉として、泣き叫ぶとき以外には "アイグ" 아이구 ということも多い。 ウィクショナリーに の項目があります。

次の

イマイチ意味がわからない人へ!「Here we go」の意味と使い方を解説

アイゴー 意味

ネットのWikipediaより全文ここにコピーしました。 参照されてください。 すいません。 『アイゴー 아이고 は朝鮮語の感嘆詞。 元々は朝鮮語固有の語であるため、本来漢字表記は存在しない。 古い書籍などでは漢字で哀号と書かれているものもあるがこれは誤用で、それも日本で作られた当て字である。 哀号を朝鮮語読みにすると애호(エホ)になるため、アイゴー(アイゴウ)と言う読みが日本語読みであることは明らかである。 用法は多彩で、泣き叫ぶとき、びっくりした時、がっかりした時、くやしい時、あきれた時など、感きわまった時に用いられる場合が多いが、溜息をつく時(日本語の「はー」、「やれやれ」)などにも用いられる。 男女の区別はないが、口語だけに微妙なニュアンスをともなう。 葬式を盛り上げるために呼ばれる泣き女は「アイゴー、アイゴー」と泣き叫ぶ。 叫び声といっても、日常会話で "おお、よくやった! " といった場合の "おお" も該当し、これを朝鮮人は "アイゴ チャルテッタ! " 아이고 잘 됐다 と言うわけである。 現在の韓国では、特に若者の間の話し言葉として、泣き叫ぶとき以外には "アイグ" 아이구 ということも多い。

次の