ドラゴン アッシュ kenken。 金子賢輔(Kenken)の病気って?ドラゴンアッシュの夏フェス出演は?

Dragon Ash

ドラゴン アッシュ kenken

皆さん、こんにちは。 4plus hostelです。 ここ最近は暑い日が続きます…。 みなさま、いかがお過ごしでしょうか?? 日本は台風の影響で大変そうですね… 特に五島列島…。 みなさまお気をつけください。 ネットの話題ランキングにKenKenの文字が… 本日、ネットを見てたらDragon AshのKenKenさんが話題になってたので、音楽系の話題かと思いきや…まさかの逮捕…。 さらにRIZEのボーカルJESSEさんも…。 うーん。 大丈夫でしょうか!!!!?? 全然大丈夫じゃないですよね。 今後のライブなどにも影響が出るんじゃないかと、とても心配です…。 「明日おいでよ〜ゲストで出しとくからさ」ってめっちゃいい人!!!.

次の

Dragon Ash金子賢輔が大麻所持で逮捕!降谷健志とMEGUMIに薬物疑惑?ツアーは中止?

ドラゴン アッシュ kenken

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 内のレーベル、所属。 CDの総売上は1500万枚以上。 メンバー [ ]• Kj (ケイジェイ、(ふるや けんじ)):、 ・も担当。 妻はの。 MAKOTO SAKURAI (マコト サクライ、桜井誠(さくらい まこと)): Kj、BOTSとは同級生。 HIROKIと共にとしても活動している。 ライブではを担当することが多い。 趣味はゲームと料理で料理本を出版しており、ライブやフェスでも「桜井食堂」として出店している。 最近では単独でパチスロ番組への出演も多くなっており、多くのライターとも共演している(CSフジテレビ1で放送の「パチスロ 旅 」で射駒タケシと共演他)• BOTS (ボッツ、佐藤哲也(さとう てつや)): 加入。 正規メンバーとなる前から、PVやライブに参加していた。 近年のステージではターンテーブリストとしてスクラッチを刻むだけではなく、ティンバレスを叩く姿も数多く見られる。 サッカーチームではキャプテンを務めている。 好きなサッカーチームはである。 HIROKI (ヒロキ、杉山弘樹(すぎやま ひろき)):ギター 加入。 やstrobo、そして桜井誠とのユニットendiveなど様々なプロジェクトでも活動し、他のアーティストへの楽曲提供やプロデュースワークなども行っている。 DRI-V (ドライブ、千葉雅紀(ちば よしのり)): 2003年加入。 の紹介で加入。 ヒップホップ、ブレイキン、パントマイムなどダンスのあらゆる要素を独自の解釈で取り入れて活動。 「DRI-V DANCE SCHOOL」として都内でダンスとしても活動している。 ATSUSHI (アツシ、高橋アツシ(たかはし あつし)):ダンサー 2003年加入。 に、ヒップホップダンスを教えている。 Dragon Ashの曲の振り付けを担当。 RIP SLYMEの紹介で加入。 2009年、プロジェクト「POWER of Life」を発起。 メンバー最年長者としてDragon Ashの活動を支え続けた。 2012年4月21日、急性心不全のため逝去。 没46歳。 Dragon Ash以外では、桜井と共にMotor Headphoneを結成し、のトリビュートアルバムや、ののソロプロジェクトであるにも参加した。 インディーズ時代、飲みの席でhideを遠目に見て憧れていた。 hideの死後、泥酔しhide ミュージアムの壁に落書きをするなどした。 腕にはhideの刺青を入れ、アンプヘッドにhide人形を飾っていたが、生前のと直接の関わりは無かった。 とをこよなく愛していた。 旧サポートメンバー [ ]• (ケンケン、金子賢輔(かねこ けんすけ)):ベース IKUZONEが左腕神経麻痺で療養していた2011年6月以降のライブにサポートベーシストとして参加する。 2014年リリースのアルバム「」では楽曲を提供し、2016年リリースのシングル「」から本格的にレコーディングに参加し、2017年リリースのアルバム「」ではDragon Ashのメンバーとしてクレジットされ、Dragon Ashのデビュー20周年に関する各方面の取材にもDragon Ashのメンバーとして対応した。 2019年サポート終了。 概要 [ ] 、、、、、など、様々なジャンルの音楽を取り入れた7人組のバンド。 が2006年ZeppTokyoでKjが真実だと発言。 関西で開催されるロックフェス『』や『』には開催当初からラインナップに名を連ねている。 また、の初年度から全て出演し続けており、過去16回の出演中、7回でトリ(さらにそのうち2回は大トリ)を務めている。 来歴 [ ] 1997年 [ ]• 、ミニ・アルバム『』で。 、1stシングル「」を発売。 、1stアルバム『』を発売。 1998年 [ ]• 、2ndアルバム『』を発売。 発売当時はランキング上位にならなかったが、99年のブレイクによってロングヒットし70万枚を超える売り上げを記録。 1999年 [ ]• サポートメンバーであった BOTSが正式加入。 に発売した4thシングル「」が70万枚近くの売り上げを記録。 、5thシングル「」、6thシングル「」を同時リリース。 「Grateful Days」はバンド初のオリコン1位を記録し、売り上げ枚数も約90万枚を記録。 、3rdアルバム『』を発売。 約180万枚の売り上げを記録し、アルバムでは初めてオリコン1位を獲得。 2001年 [ ]• 、4thアルバム『』を発売。 80万枚を超える売り上げを記録。 2002年 [ ]• 、10thシングル「」を発売。 オリコン週間ランキング2週連続1位を記録する。 売り上げ枚数約80万枚で年間シングルセールス4位になる。 2003年 [ ]• 以前からのサポート・メンバーであった HIROKIと DRI-V、 ATSUSHIがメンバーとして正式加入。 、新レーベル MOB SQUADを設立。 、5thアルバム『』を発売。 オリコン1位を獲得。 2005年 [ ]• 、6thアルバム『』を発売。 オリコン1位を獲得。 2006年 [ ]• 、これまで発売されたすべてのアルバムが、やなどにて配信開始される。 ただし、アルバム『Viva La Revolution』に収録されている、と共演した「Grateful Days feat. ACO, ZEEBRA」は権利処理がされていないため、配信されていない。 2007年 [ ]• 、7thアルバム『』を発売。 、Dragon Ashデビュー10周年を形にした、バンド初のベスト・アルバムを2枚同時発売。 2009年 [ ]• 、8thアルバム『』を発売。 アルバム発売を記念してフリーライブが開催された。 より、シングルがにて配信開始。 ただし「」、「」は配信されていない。 「」は2012年8月22日より、「」は同年9月19日より配信を開始。 、バンド初の試みとして、配信限定シングル「」を会場内で先行配信。 5日に一般配信。 2010年 [ ]• 、9thアルバム『』を発売。 2011年 [ ]• 、に初出演。 同年5月から左腕の「橈骨 とうこつ 神経麻痺」の治療で活動休止していたベーシスト・IKUZONEが復帰。 2012年 [ ]• 、IKUZONEが急性心不全のため死去。 、デビュー15周年を記念したベストアルバム『』を発売。 、IKUZONEが最後に携わった24thシングル「」を発売。 2013年 [ ]• 、6人体制でのレコーディング以降初のシングルとなる25thシングル「」を発売。 2014年 [ ]• 、10thアルバム『』を発売。 、ライブツアー「Dragon Ash Tour 〜THE SHOW MUST GO ON〜」のファイナル公演を、キャリア初となるで開催した。 2015年 [ ]• 、がソロ活動を開始。 、プレゼンツイベント「 Bowline 2015」のキュレーターを務め、15年ぶりに「 TMC」を復活させた。 2016年 [ ]• 、3年ぶりのシングルとなる27thシングル「」を発売。 2017年 [ ]• 、デビュー20周年を迎え、記念配信シングル「」をリリース。 、結成20年目にして初めて系の音楽番組『』に出演し、「Mix It Up」を披露。 、3年4か月ぶりの11thアルバム『』を発売。 2019年 [ ]• 、「Red Bull Air Race Chiba 2019」大会テーマ・ソングとして製作された、およそ2年振りとなる新曲「FLY OVER」を配信限定でリリース。 、KenKenが違反(所持)容疑でされた。 これを受け、、所属するJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントでは、彼が制作に携わった楽曲(音源)が含まれる全作品 の出荷や配信の全面停止を発表した。 、配信停止となってしまった新曲「FLY OVER」を、新体制でリレコーディングした「 Fly Over feat. また、ツアー会場限定でCD版も販売。 内容は本曲が収録されたCDと、Tシャツをパッケージングしたもの。 、出荷・配信停止となっていた2014年以降の作品の再生産・再配信を開始。 但し「FLY OVER」のオリジナル版に関しては配信されていない。 、KenKenが脱退。 2020年 [ ]• 、300を超える楽曲のストリーミング配信開始 ディスコグラフィー [ ] シングル [ ] も参照のこと。 Let yourself go, Let myself go• Grateful Days feat. Aco,Zeebra• I LOVE HIP HOP• Rock the beat• Deep Impact feat. Rappagariya• Summer Tribe• Amploud• 静かな日々の階段を• Bring It• Let yourself go, Let myself go Another Edit Version• Deep Impact feat. Rappagariya Another Edit Version• Summer Tribe Another Edit Version• Amploud Another Edit Version VIBL-32 DVD 3rd POSSE IN VIDEO VIVL-293 VHS 13位• 天使のロック• Under Age's Song• 陽はまたのぼりくりかえす• I ハート HIP HOP• Let yourself go,Let myself go• Deep Impact feat. Rappagariya• 静かな日々の階段を• Life goes on• Fantasista• Morrow• Episode 4 feat. SHUN,SHIGEO from SBK• Crush the window• 夕凪Union• Ivory• few lights till night• 夢で逢えたら• wipe your eyes feat. ROCK BAND FEAT. SATOSHI,KO-JI ZERO THREE VIDEO MIX• CALLIN' VIDEO MIX• VELVET TOUCH VIDEO MIX• ECONOMY CLASS NEW CLIP [LIVE VERSION] VIDEO MIX• SKY IS THE LIMIT FEAT. TAKUMA NEW CLIP [LIVE VERSION] VIDEO MIX• 繋がりSUNSET VIDEO MIX• FIRE SONG NEW CLIP [LIVE VERSION] VIDEO MIX• AMBITIOUS VIDEO MIX• TIME OF YOUR LIFE VIDEO MIX• 運命共同体 VIDEO MIX• Communication 1999. 17 YOKOHAMA ARENA <LIVE 1999>• Let yourself go, Let myself go 1999. 17 YOKOHAMA ARENA <LIVE 1999>• Dark cherries 1999. 17 YOKOHAMA ARENA <LIVE 1999>• Drugs can't kill teens 1999. 17 YOKOHAMA ARENA <LIVE 1999>• Freedom of Expression 1999. 17 YOKOHAMA ARENA <LIVE 1999>• HOT CAKE 1999. 17 YOKOHAMA ARENA <LIVE 1999>• Viva la revolution 1999. 17 YOKOHAMA ARENA <LIVE 1999>• Cool Boarders -Digest- 1997. 20 SHIBUYA ON AIR WEST <PIECE 1997-1999>• 天使ノロック -Digest- 1997. 20 SHIBUYA ON AIR WEST <PIECE 1997-1999>• Cowboy Fuck! -Digest- 1997. 20 SHIBUYA ON AIR WEST <PIECE 1997-1999>• Rainy Day And Day -Digest- 1997. 20 SHIBUYA ON AIR WEST <PIECE 1997-1999>• Don't worry 'bout me -Digest- 1998. 6 SHIBUYA CLUB QUATTRO <PIECE 1997-1999>• Invitation -Digest- 1998. 6 SHIBUYA CLUB QUATTRO <PIECE 1997-1999>• Mustang A Go Go!!! -Digest- 1998. 6 SHIBUYA CLUB QUATTRO <PIECE 1997-1999>• Public Garden -Digest- 1998. 6 SHIBUYA CLUB QUATTRO <PIECE 1997-1999>• The Day dragged on 1999. 11 AKASAKA BLITZ <PIECE 1997-1999>• Under Age's Song 1999. 11 AKASAKA BLITZ <PIECE 1997-1999>• 陽はまたのぼりくりかえす 1999. 11 AKASAKA BLITZ <PIECE 1997-1999>• 21st Century Riot 2001. 5 Tokyo Bay NK Hall <LIVE 2001>• Amploud 2001. 5 Tokyo Bay NK Hall <LIVE 2001>• Bring It 2001. 5 Tokyo Bay NK Hall <LIVE 2001>• 静かな日々の階段を 2001. 5 Tokyo Bay NK Hall <LIVE 2001>• Aim High 2001. 5 Tokyo Bay NK Hall <LIVE 2001>• Revolater 2001. 5 Tokyo Bay NK Hall <LIVE 2001>• Lily of da Valley 2001. 5 Tokyo Bay NK Hall <LIVE 2001>• Glory 2002. 24 Tokyo Bay NK Hall <PIECE 2002>• Fantasista 2002. 24 Tokyo Bay NK Hall <PIECE 2002>• Iceman 2002. 24 Tokyo Bay NK Hall <PIECE 2002>• House of Velocity 2003. 23 Tokyo Bay NK Hall <LIVE 2003>• Posse in Noise 2003. 23 Tokyo Bay NK Hall <LIVE 2003>• Massy Evolution 2003. 23 Tokyo Bay NK Hall <LIVE 2003>• Sleep 2003. 23 Tokyo Bay NK Hall <LIVE 2003>• Episode 4 2003. 23 Tokyo Bay NK Hall <LIVE 2003>• Los Lobos 2005. 25 YOKOHAMA BLITZ <PIECE 2005>• Just I'll say 2005. 25 YOKOHAMA BLITZ <PIECE 2005>• Invitation 2005. 25 YOKOHAMA BLITZ <PIECE 2005>• crush the window 2005. 25 YOKOHAMA BLITZ <PIECE 2005>• Develop the music 2007. 28 Zepp Tokyo <PIECE 2007>• El Alma 2007. 28 Zepp Tokyo <PIECE 2007>• few lights till night 2007. 28 Zepp Tokyo <PIECE 2007>• Freedom 2009. 8 Zepp Tokyo <LIVE 2009>• Ivory 2009. 8 Zepp Tokyo <LIVE 2009>• Mixture 2009. 8 Zepp Tokyo <LIVE 2009>• 繋がりSUNSET 2009. 8 Zepp Tokyo <LIVE 2009>• morrow 2009. 8 Zepp Tokyo <LIVE 2009>• 運命共同体 2009. 8 Zepp Tokyo <LIVE 2009>• RAMPAGE 2011. 22 Zepp Tokyo <LIVE 2011>• SKY IS THE LIMIT 2011. 22 Zepp Tokyo <LIVE 2011>• AMBITIOUS 2011. 22 Zepp Tokyo <LIVE 2011>• Dear Mosh Pit 2011. 22 Zepp Tokyo <LIVE 2011>• ROCK BAND 2011. 22 Zepp Tokyo <LIVE 2011>• 百合の咲く場所で 2011. 31-2012. 1 MAKUHARI MESSE <PIECE 2011-2012>• 天使ノロック• Under Age's Song• 陽はまたのぼりくりかえす• I LOVE HIP HOP 挿入曲:I LOVE ROCK'N ROLL• Let yourself go, Let myself go• Deep Impact• 静かな日々の階段を• Life goes on• Fantasista• morrow• Episode 4• crush the window• 夕凪UNION• Ivory• few lights till night• 夢で逢えたら• wipe your eyes 9th 2014年 Live Tour THE SHOW MUST GO ON Final At BUDOKAN May 31, 2014 VIBL-725 DVD 6位• Introduction• The Show Must Go On• Trigger• Run to the Sun• For Divers Area• Life Goes On• Neverland• Today's the Day• Walk with Dreams• Here I Am• Blow Your Mind• The Live• Still Goin' On• Golden Life• 繋がりSunset• 百合の咲く場所で• Fantasista• 静かな日々の階段を• ROCK BAND• Lily• Dance with Apps• 天使ノロック• Ambitious• Viva la Revolution VIXL-135 BD 11位 参加作品 [ ] 発売日 アーティスト タイトル 規格品番 収録曲 V. オリジナル・サウンドトラック VICL-60260• 陽はまたのぼりくりかえす VICL-61111• MOB SQUAD feat. PASSER, HUNTER, 黒兄, ONO-G• Revive• Massy Evolution• Thousand Times V. YELL VICL-61940• Fantasisita V. ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT オリジナル・サウンドトラック UMCK-1211• リサウンド V. スポコン! 〜sports music compilation〜 TFCC-86286• Fantasista ATARASHII YATSU! VICL-63635• Fantasista TOCT-27090• DREAMIN' TOCT-27091 V. エレファントカシマシ カヴァーアルバム2 ~A Tribute to The Elephant Kashimashi~ UMCK-1468• さらば青春 V. 映画「」 オリジナルサウンドトラック SRCL-8519• Still Goin' On feat. 50Caliber, Haku the Anubiz, WEZ from YALLA FAMILY V. The Broccasion -music inspired by - CTCR-14827• THAT'S THE WAY WE UNITE V. 800TRIBUTE -champloo is the BEST!! - HICC-3803• 月灯りの下で V. hide TRIBUTE IMPULSE UPCH-2162• ROCKET DIVE V. ROTTENGRAFFTY Tribute Album 〜MOUSE TRAP〜 NZS-802 オンライン受注生産限定盤• マンダーラ VIZL-1684 完全生産限定盤 VICL-65290 通常盤 EPISODE シリーズ [ ] と双方の作品で発表しているコラボレーションシリーズ。 発売日 アーティスト タイトル 収録作品 1 3月23日 2000年9月27日 スケボーキング EPISODE 1 feat. Kj EPISODE 1 2 2000年7月12日 3月14日 Dragon Ash EPISODE 2 feat. SHUN, SHIGEO (初回盤のみ) 3 2001年8月29日 スケボーキング EPISODE 3 4 7月23日 Dragon Ash Episode 4 feat. SHUN,SHIGEO 5 11月26日 SBK episode 5 featuring Kj RETURNS 6 3月4日 Dragon Ash Episode 6 feat. UZI-ONE」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「wipe your eyes feat. Kaori Mochida from ELT」「」「」「」「夢で逢えたら-Playing Ver. -」「」 不明 「」「」「」「Rock the beat」「」「」「」 ライブ [ ] ツアー [ ]• 1998年• 6月、ツアー"High Time Tour"(全4公演)• 10月・12月、全国ツアー"FACE TO FACE"(全10公演)• 1999年• 3月 - 4月、全国ツアー"Let yourself go"(全13公演)• 8月 - 9月、全国ツアー"Freedom of Expression"(全19公演)• 2000年• 3月 - 4月、全国ツアー"TMC 2000"(全14公演)• 7月 - 8月、全国ツアー"TMC 2000 Summer Tour"(全18公演)• スケボーキング・麻波25と"DSM CIRCUIT Tour"開催(全11公演)• 2001年• 3月 - 5月、全国ツアー"21st Century Riot"(全27公演)• 7月 - 9月、"TMC 01 Tour"(全13公演)• 2002年• 3月 - 4月、"TMC 02 Tour"(全14公演)• 9月 - 11月、全国ツアー"Dragon Ash Tour 02"(全29公演)• 2003年• 9月 - 11月、全国ツアー"Dragon Ash House of Velocity"(全29公演)• 2004年• 7月 - 8月、SOURCEとツアー"TOUR MOB SQUAD 04"開催(全11公演)• 2005年• 2007年• 3月15日 -、"Dragon Ash Tour 〜DEVELOP THE MUSIC〜"がスタート。 2009年• 3月18日 -、"Dragon Ash Tour 〜FREEDOM〜"がスタート• 2011年• 1月28日 -、"Dragon Ash Tour 〜MIXTURE〜"がスタート。 8月11日 -、"Dragon Ash PRESENTS 震災復興支援イベント WORDS OF HOPE FOR TOHOKU SPECIAL"開催。 2012年• 7月4日 -、"Dragon Ash Live 〜REST IN PEACE IKUZONE〜"がスタート。 2014年• 2月1日 - 5月31日、"Dragon Ash Tour 〜THE SHOW MUST GO ON〜"開催(全18公演)• 11月15日、"REMIX 10th ANNIVERSARY PRESENTS Dragon Ash TOUR "THE SHOW MUST GO ON" in TAIPEI〜"開催• 2016年• 4月15日 -、"Tour 2016 "The Lives""がスタート。 出演イベント [ ]• 1998年08月25日 - 達 '98• 1999年08月14日 - 1999• 1999年08月21日 - 1999 in EZO• 2000年08月05日・06日 - 2000• 2000年08月12日 - 2000• 2001年08月03日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2001• 2001年08月15日 - 音楽と髭達 2001• 2001年09月02日 - RUSH BALL 2001• 2002年05月23日 - MTV THE SUPER DRY LIVE 2002• 2002年05月24日 - MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2002• 2002年08月11日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2002• 2002年08月16日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2002 in EZO• 2002年08月18日 - SUMMER SONIC 2002• 2002年08月25日 - 2002• 2003年08月02日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2003• 2003年08月09日 - '03• 2003年08月23日 - 音楽と髭達 2003• 2003年08月31日 - RUSH BALL 2003• 2004年08月07日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2004• 2004年08月14日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2004 in EZO• 2005年07月24日 - SETSTOCK'05• 2005年08月05日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005• 2005年08月27日 - MONSTER baSH 2005• 2005年08月28日 - RUSH BALL 2005• 2005年09月03日 - 音楽と髭達 2005• 2006年06月22日 - JAPAN CIRCUIT Vol. 2006年06月24日 - JAPAN CIRCUIT Vol. 2006年07月09日 - Vol. 2006年08月04日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006• 2006年08月27日 - THE 夢人島 Fes. 2006 WOW!! エンタのフレンドパーク Hey Heyステーション…に泊まろう! 2006年08月27日 - RUSH BALL 2006• 2007年04月29日 - 07• 2007年07月07日 - 湘南音祭 Vol. 2007年07月22日 - SETSTOCK'07• 2007年08月05日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2007• 2007年08月17日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2007 in EZO• 2007年08月26日 - MONSTER baSH 2007• 2007年09月01日 - SPACE SHOWER 2007• 2007年09月02日 - RUSH BALL 2007• 2007年10月08日 - GG07• 2008年06月29日 - 湘南音祭 Vol. 2008年07月12日 - 2008〜去年は台風でごめんな祭〜• 2008年08月03日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008• 2008年08月30日 - RUSH BALL 2008• 2008年09月27日 - LIVE TOUR YOUNG FLAG 08• 2009年06月27日 - 一月早い前夜祭! rockin'on presents JAPAN CIRCUIT -vol. 47- PRE-FES NIGHT SHIBUYA-AX STAGE• 2009年07月05日 - 湘南音祭 Vol. 2009年07月11日 - 京都大作戦2009〜暑いのに熱くてごめんな祭〜• 2009年07月19日 - MUSIC ON! TV presents GG09• 2009年07月26日 - SETSTOCK'09• 2009年08月01日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009• 2009年08月07日 - SUMMER SONIC 2009• 2009年08月15日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO• 2009年08月22日 - MONSTER baSH 2009• 2009年08月28日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2009• 2009年09月20日 - SCHOOL OF LOCK! LIVE TOUR YOUNG FLAG 09• 2009年10月03日 -• 2010年05月15日 - JAPAN JAM 2010 ATSUSHIがのステージにゲスト出演• 2010年05月30日 - 2010• 2010年07月03日 - 湘南音祭 Vol. 2010年07月11日 - 京都大作戦2010〜今年も子供に戻りな祭〜• 2010年07月19日 - fes '10• 2010年07月24日 - MUSIC ON! TV presents GG10• 2010年08月08日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010• 2010年08月29日 - RUSH BALL 2010• 2011年05月03日 - 2011• 2011年05月29日 - ROCKS TOKYO 2011• 2011年07月10日 - 京都大作戦2011〜今年も楽しむ覚悟でいらっ祭〜• 2011年07月24日 - SETSTOCK'11• 2011年07月30日 - OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL VOL. 2011年08月06日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011• 2011年08月20日 - MONSTER baSH 2011• 2011年08月21日 - 音楽をチカラに。 2011 〜one pray in nagasaki〜• 2011年08月28日 - FREEDOM 2011 in 淡路島 "青空"• 2011年09月10日 - 2011• 2011年09月13日 - 極東ROCK'N'ROLL HIGH SCHOOL 「ENTER THE DRAGON」• 2011年09月17日 - 2011• 2011年09月24日 - GG11 -GG 10th Anniversary-• 2011年10月02日 - MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!! 2011• 2011年10月20日 - 15th Anniversary 〜湘南音祭番外編〜• 2012年04月19日 - TOUR 2011〜2012 「GOLD」• 2012年07月08日 - 京都大作戦2012〜短冊に こめた願いよ 叶いな祭〜• 2012年07月28日 - OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL VOL. 2012年08月03日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2012• 2012年08月19日 - SETSTOCK'12 -10th Anniversary in Bihoku-• 2012年08月26日 - アシタエ Sky Jamboree 2012 〜one pray in nagasaki〜• 2012年09月01日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2012• 2012年09月02日 - RUSH BALL 2012• 2012年09月15日 - 2012• 2012年10月21日 - ロックの学園 in 東北• 2012年10月27日 - 湘南音祭 vol. 2013年05月25日 - 2013• 2013年07月06日 - 京都大作戦2013〜天の川 今年も宇治で見上げな祭〜• 2013年07月20日 - 2013• 2013年07月27日 - OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL VOL. 2013年07月31日・08月01日・08日 - MUSIC ON! TV presents GG13• 2013年08月04日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013• 2013年08月24日 - MONSTER baSH 2013• 2013年08月31日 - RUSH BALL 2013• 2013年09月07日 - BAYCAMP 2013• 2013年09月08日 - RADIO BERRY ベリテンライブ2013 Special• 2013年09月14日 - 湘南音祭 〜横浜BLITZ THE FINAL〜• 2013年11月09日 - MADOllie2013• 2013年12月28日 - ROCK FESTIVAL 2013• 2014年02月22日 - ビクターロック祭り〜音楽の嵐〜• 2014年03月24日 - "予襲復讐"ツアー• 2014年03月30日 - 2014• 2014年04月01日 - ツタロック フェス 2014• 2014年04月17日 - Hand In Hand Vol. 2014年05月03日 - 2014• 2014年06月14日 - Broccasion Live TOKYO• 2014年06月21日 - MIYAKO ISLAND ROCKFESTIVAL 2014 10th Anniversary• 2014年07月06日 - 京都大作戦2014〜束になってかかってきな祭! 2014年07月27日 - OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL VOL. 2014年07月30日・08月07日 - MUSIC ON! TV presents GG14• 2014年08月02日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014• 2014年08月16日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO• 2014年08月23日 - 2014• 2014年08月24日 - MONSTER baSH 2014• 2014年08月30日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2014• 2014年09月06日 - BAYCAMP 2014• 2014年09月20日 - GAMA ROCK FES 2014• 2014年09月27日 - 2014• 2014年10月05日 - MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!! 2014• 2014年12月20日 - MADOllie2014 WINTER• 2014年12月23日 - ポルノ超特急2014• 2014年12月26日 - ATF 15th 大感謝祭! フォーエヴァーヤング!! 〜豊洲で5PM編〜• 2014年12月27日 - MEGA ROCK 2014• 2015年03月14日 - ビクターロック祭り 2015• 2015年05月04日 - VIVA LA ROCK 2015• 2015年05月05日 - JAPAN JAM BEACH 2015• 2015年05月12日・16日 - 「Seven Deadly Sins Tour 2015〜七つの対バン〜」• 2015年06月13日 - STOMPIN'NITE GP BOWL -真我-• 2015年06月27日 - OTOSATA Rock Festival 2015• 2015年07月04日 - 京都大作戦2015〜いっ祭 がっ祭 感じな祭! 2015年07月26日 - OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL VOL. 2015年08月09日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015• 2015年08月22日 - WILD BUNCH FEST. 2015• 2015年08月29日 - RUSH BALL 2015• 2015年09月27日 - 中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015• 2015年10月24日 - PHOENIX ROCK FEST. 2015年12月06日 - SKULLMANIA vol. 10〜Final Episode〜• 2015年12月23日 - ポルノ超特急2015• 2015年12月27日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2015• 2015年12月30日 - KenKen's 30th Anniv. Party "OLE PALOOZA"• 2016年02月14日 - ビクターロック祭り2016• 2016年03月19日 - George Williams presents GG16• 2016年05月29日 - VIVA LA ROCK 2016• 2016年06月04日 - 百万石音楽祭 2016〜ミリオンロックフェスティバル〜• 2016年06月25日 - 暁ロックフェス• 2016年07月03日 - 京都大作戦2016〜吸収年! 栄養満点! 音のお野祭! 2016年07月10日 - DEAD POP FESTiVAL 2016• 2016年07月31日 - OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL VOL. 2016年08月06日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016• 2016年08月20日 - MONSTER baSH 2016• 2016年08月21日 - Sky Jamboree 2016 〜one pray in nagasaki〜• 2016年08月27日 - RUSH BALL 2016• 2016年09月03日 - BAYCAMP 2016• 2016年09月10日 - 中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2016• 2016年11月06日 - MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!! 16 出演 [ ] ウェブテレビ [ ]• (2017年11月10日 - 12月1日、) 櫻井のみ出演 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• sputnikmusic・2015年9月27日閲覧。 『ロッキング・オン・ジャパン』2014年8月号、p20• タワーレコード• 激ロック. 2019年7月8日. 2019年7月22日閲覧。 日刊スポーツ. 2019年7月20日. 2019年7月22日閲覧。 rockin'on com. 2019年7月24日. 2019年8月18日閲覧。 激ロック. 2019年9月11日. 2019年10月2日閲覧。 Dragon Ash Official Website. 2019年11月12日. 2019年11月16日閲覧。 Dragon Ash Official Website. 2019年11月18日. 2019年11月18日閲覧。 ツイート. より 2020年2月21日閲覧。 音楽情報サイトrockinon. com 2020年2月21日. 2020年2月21日閲覧。 オリコンニュース 2020年2月21日. 2020年2月21日閲覧。 2020年2月21日閲覧。 音楽ナタリー 2020年2月21日. 2020年2月21日閲覧。 オリコン• Billboard• Billboard Japan Hot Albumsによる最高位:• "MAJESTIC" Billboard Japan• オリコン• オリコン• TVLIFE web. 2017年11月6日. 2017年11月10日閲覧。 参考文献 [ ]• Grateful Days Dragon Ash 12月発行。。 Live goes on Dragon Ash tour 02 photo book 撮影。 8月発行。 ロッキング・オン。 関連項目 [ ]• (ほとんどの楽曲のPVを手掛ける)• (すべてのCDジャケットのデザインを手掛ける)• - Kjが写真集「」(2006年)に参加、ATSUSHIが「」(2010年)に参加• - Dragon Ashの所属事務所• - Dragon Ashの所属レコード会社• - 携帯電話向け公式サイト「DragonAshモバイル」の運営主体 外部リンク [ ]• - 公式モバイルサイト• - ビクターエンタテインメントによる公式ページ• - Dragon Ashの所属レーベル• - レーベルによるグッズ販売サイト• - Electric Sound Products• - 所属レコード会社• - チャンネル.

次の

ケンケン金子賢輔(Dragon Ashメンバー)や兄と父親の経歴が凄すぎる|ベースの動画と病気の噂も

ドラゴン アッシュ kenken

佐藤タイジより 大麻取締法違反罪で、10月30日に有罪判決を受けたロックバンド・RIZEのメンバーで、Dragon Ashのサポートベーシストを務めるKenKenをめぐって、ファンを複雑な心境にさせる出来事が発生した。 TwitterなどSNS上には、それぞれのファンからさまざまな意見が書き込まれているという。 佐藤はKenKenの判決公判翌日となる10月31日、11月3日と4日に行われる自身のライブに、KenKenがゲスト出演することをTwitterで告知。 すると同日、Dragon Ashのドラマー・櫻井誠はTwitterに「愕然。 全く聞いてないし、俺らの事なんてどうでもいいのか」と、名指しこそしていないものの、明らかにKenKenに向けて発したとわかるツイートを投稿した。 「7月24日、Dragon AshはKenKenの逮捕を受けてバンド活動自粛を検討した上で、『すでに決定していた出演をキャンセルすることになれば、さらに皆様にご迷惑をおかけすることになってしまうのではないか、そのような事態は避けるべきではないか、という思いに至りました』と経緯を説明し、別のサポートメンバーを迎えることを発表。 現在、Dragon Ashはツアーの真っ最中で、11月4日にも熊本公演が行われました。 承諾したKenKenも信じられない」といった批判が殺到。 櫻井やファンからの否定的なコメントが後押しになったのか、佐藤は1日に告知ツイートを削除し、公式サイトでKenKenの出演見送りを報告。 また同日、「完全に私のミスです」として、Dragon Ashのメンバーやスタッフ、レーベル、ファンに対しての謝罪文をツイートした。 「しかし、その謝罪文にあった『ケンケンを一日も早く応援したい一心でドラゴンアッシュのツアースケジュールを確認せずに発表してしまいました』という一文で、KenKenの落ち度が浮き彫りになってしまっています」(同) 櫻井のツイートからもわかるように、最も問題なのはKenKenが、Dragon Ashメンバーに一切連絡をせず、復帰を決めたことだろう。 「サポートメンバーでありながら、バンドに多大な迷惑を掛け、かつ謝罪や報告が後回しになっていることについて、現時点でKenKenは釈明をしていません。 RIZEやDragon Ashの活動が宙ぶらりんのまま再始動することに、疑問を抱いている人も多いようです」(同) KenKenは保釈後となる8月19日、自身のサイトで「ぼくの命にも等しい音楽仲間と、ぼくの事を命のように大切にしてくれるスタッフ」と、「命」という表現を用いて、謝罪文を発表している。 このような言葉で思いを伝えておきながら、なぜKenKenは配慮に欠ける行動をしてしまったのだろう。

次の