お願いします 丁寧。 ビジネスメールで返信を催促|例文を活用して丁寧にお願いしよう【社内・社外】

「ご了承ください」のビジネスメールでの正しい使い方!意味や類語、英語表現もあわせて解説

お願いします 丁寧

「お願いできますでしょうか」は文法的には間違った表現 二重敬語になる 「お願いできますでしょうか」は多くの方にとって自然な日本語に聞こえるでしょうが、実は、「お願いできます」の「ます」と「でしょうか」の「です」という二つの丁寧語が混じった言葉であり、二重敬語と呼ばれる重複表現です。 したがって、文法上は厳密には誤った表現ということになります。 最近は使用が認められることも多い このように厳密には誤りとなる「お願いできますでしょうか」ですが、実社会ではかなり多くの人に使用されているため、最近ではその使用が容認される傾向にあります。 敬語の使い方を解説しているインターネットのサイトでも「お願いできますでしょうか」の使用を推奨しているところもあり、人前で使ったとしても大きな恥をかくことはあまりないでしょう。 「お願いできますでしょうか」を正しく表現するには? たしかに「お願いできますでしょうか」は使用可能な表現ではありますが、文法的にも正しい正規の表現についても知っておく必要があります。 そこで、ここでは「お願いできますでしょうか」正しい言い換え表現について解説いたします。 同僚や部下に使う場合 同僚や部下など目上の人以外に用いる場合は、シンプルに「お願いできますか」と表現することができます。 また、さらにシンプルに表現したい場合は、「お願いします」とすることもできますが、これは命令口調にも聞こえるため注意が必要です。 より丁寧に表現するには謙譲語の「いたします」を用いて「お願いいたします」とすることもできます。 上司など目上の人に使う場合 目上の人に対して「お願いできますか」を使うとややぞんざいな感じになります。 そのような場合には、より丁寧に、「お願いできればと思います」「お願いできればと存じます」「お願いしてもよろしいでしょうか」などと表現することをお勧めします。 ビジネスメールなどの書き言葉で使う場合 ビジネスメールやビジネス文書などの書き言葉では「お願い申しあげます」と表現することもできます。 「お願い申しあげます」は大変丁寧な表現なので上司や取引先の相手など、目上に人に対しても用いることができます。 「お願いできますでしょうか」の意義 ビジネスの現場では、家族や友人同士のコミュニケーションと違い、さまざまな立場の人と接する機会があります。 中には、上司や取引先の上役など自分よりもはるかに上の立場の人に何かをお願いしなければならない場面もあるでしょう。 そのようなときにぞんざいな頼み方をしていたのでは、相手の機嫌を損ねたり、自分の評価を下げるたりするばかりではなく、会社の信用まで失墜してしまう恐れもあります。 こうした事態を避けるためにも、相手にお願いをする時には常に敬意や礼儀を払う必要があり、そのための手段として「お願いできますでしょうか」などの畏まった表現があるのです。 「お願いできますでしょうか」を用いる場合は、言葉の持つ意味や使い方だけでなく、なぜこうした表現が必要なのかという意義や背景も併せて考えてみるとよいでしょう。 「お願いできますでしょうか」の例文と英語表現 ここでは「お願いできますでしょうか」を使った状況別の例文や英語表現をいくつかご紹介いたします。 電話での使用例• 恐れ入りますが、折り返しのお電話をお願いできますでしょうか。 先日送付した資料について、内容のご確認をお願いできますでしょうか。 メールでの使用例• 本メールを読まれましたらご返信をお願いできますでしょうか。 内容をご確認のうえ、来週までに企画書を作成していただけるようお願いできますでしょうか。 御多忙の中、大変恐縮ですが、資料を送っていただくようお願いできますでしょうか。 英語表現 「~をお願いできますでしょうか」を英語で表現する場合は、Could you~? やWould you~? を用いれば良いでしょう。 CouldやWouldのように助動詞の過去形を用いることで、Can you~? やWill you~? よりも丁寧な表現になり、「お願いできますでしょうか」のニュアンスが伝わります。 また、さらに丁寧に表現したい場合は語尾にpleaseを加える方法もあるので、併せて覚えておきましょう。 以下にいくつか例文をご紹介します。 Would you check this data? (このデータの確認をお願いできますでしょうか。 Could you help me with this work? (この仕事について協力をお願いできますでしょうか。 Could you make the estimate, please? (見積もりをお願いできますでしょうか。 ) まとめ 「お願いできますでしょうか」は厳密な文法上は誤った表現ですが、実際には大変良く使われるものです。 よほどのフォーマルな場面を除けば使用しても差障りはないので、ビジネスの現場などでも適宜お使いいただいても良いでしょう。

次の

お願いがありますの英語|ビジネスメール(丁寧)などで使う7つの表現

お願いします 丁寧

「把握」とは、握りしめる、手中に収めるなどの意味から十分理解するという意味をもちます。 つまり「把握」は、主に個人に対して使う言葉なのです。 十分に理解するということは個人の自由なのです。 片手で握った量が1把。 10把が1束)。 「握」にも握る、つかむという意味があります。 「把握」という文字がどちらも握る、つかむという似た意味をもつ言葉です。 「把握」をもう少し詳しく見てみますと、品詞(文法的分類)の中での名詞にあたります。 名詞自体は変化することができない単語です。 「把握お願いします」では意味と立場がちぐはぐになっています。 相手に「把握」という行動を丁寧な言葉で指示していることになります。 指示するということは、相手の立場がこちらよりも下であることを示します。 「把握」では相手の立場が下、「お願いします」では相手の立場が上となるのです。 単語の分類には、形容詞、動詞、接続詞など多くの品詞があります。 そして名詞には、サ変動詞をつけることによって変化させることが可能な場合があります。 「把握」には「する」をつけることができます。 しかし残念なことに「把握する」と変化させても、言葉の意味が単独(個人)を示すことからは変化できません。 つまり「把握お願いします」では、立場や意味のにおいて正しく変化できていないということが分かります。 ここで気分を変えて「わかる」についての敬語の使い方などを下記にご紹介します。 どうぞご覧ください。 敬語というのは、相手との立場の上下関係が重要になってきます。 相手を敬うということは、相手がこちらよりも立場が上でなければ敬語は成り立ちません。 目上の人やビジネスシーンなどで敬語を使うのは、こちらの立場が下であり、相手は敬うべき存在(立場が上)であることを言葉遣いを通して表現するためです。 そして「把握お願いします」において、この「把握」という言葉の意味により、立場の逆転があるため敬語として使うことができない言葉となります。 正しい敬語として使うためには、「把握」の言葉を使わずに「把握」と似た意味で、立場を守る言葉を代わりに使う必要があります。 「把握お願いします」を無理やり簡単な言葉に直してみると「十分に理解するようにと願う」となり、理解することを指示(命令)する意味を丁寧な言葉と組み合わせていることになります。 言い換えれば、相手が十分に理解していないので、もっと理解するようにしてほしいというような意味になってしまいます。

次の

ビジネスメールですぐに使える丁寧な「お願い」と「依頼」の英語表現

お願いします 丁寧

」 「I have a favor to ask. 」は「お願いしたいことがある」という少しストレートな言い方で、ニュアンス的に「ちょっとやってよ」というお願いを聞いてくれることが前提のような感じです。 失礼ではないのですが、基本的に親しい関係の人に使うのがいいでしょう。 また、 「favor(フェイヴァー)」は、「親切な行為・善意」などの意味がある名詞です。 「Do you mind ~ing? 」 「mind(マインド)」は「~を気にする」という動詞で、その後の動名詞(ing)で「~をすることを気にしますか?」=「~をしてもらえないですか?」とお願いをする時に使います。 下記が例文です。 Do you mind staying here for a while? (少しの間ここにいてもらえますか?• Do you mind finding my favorite book? (私が好きな本を探してもらえないですか? 「Could you do me a favor? 」 「Coudl you do me a favor? 」は、上記のフレーズより丁寧な言い方になります。 カジュアルでもビジネスでも使える言い方です。 「Could you ~? 」の文章は、「~して頂けますでしょうか?」とお伺いをたてる言い方で、頻繁に使われます。 初心者の方で、どの場面でどの言い方がいいのかわからない場合は、「Could you do me a favor? 」を使うのをおすすめします。 また、同じような意味合いで、「Can I ask you a favor? 」もあります。 「I wonder if you could ~. 」 やってもらいたいことをすでに表現することに使う丁寧な言い方でもあります。 これもビジネスの場面でも使います。 「wonder」は「~かしら」という場面で使う動詞です。 下記が例文で「could」の後ろに文章を作ります。 I wonder if you could give me a hand. (ちょっと手伝ってほしいことがあるのですが)• I wonder if you could drive me to the airport. 」、「I was just wondering if you could ~. 」などの文章でも同様です。 」 これは友達同士で、「本当にお願い!」という時にスラング的に使う表現です。 」と付け加えることで更に強調します。 映画やドラマなどでも使われているので覚えておきましょう! 2.丁寧・ビジネス(メール)での「お願いがあります」の英語フレーズ さて、先ほどの「Could you do me a favor? 」や「I wonder if you could ~. 」のフレーズは十分はビジネスでの口頭、メールでも使えるので覚えておきましょう。 また、丁寧にお願い事を依頼する時は、『』の記事でも書いてある通り、次のようなフレーズを使います。 これが基本となります。 「Would you ~? 」を丁寧にすると「Would you mind ~? 」となります。 「Could you ~? 」 「appreciate(アプリーシエイト・感謝します)」という丁寧な単語を使って、「~していただけると大変感謝致します」という文になります。 ビジネスメールでも頻繁に使われる表現です。 また、目上の人に使うのに最適です。 下記が例文です。 「could」や「would」を基本的に使います。 I appreciate it if you could do me a faover. (お願い事があるのですが聞いていただけたら感謝致します)• I really appreciate it if you would go there with me. 「Would it be possible to ~? 」 「possible(ポッシブル)」は「可能な」という形容詞で、直訳すると「~していただくことは可能でしょうか?」となります。 ビジネスで使える表現で、日本人があまり使わないフレーズなので使えるとクールです! 下記が例文です。 Would it be possible to make a payment within a month? (1ヶ月以内にお支払いして頂くことは可能でしょうか?)• Would it be possible to meet us next Monday? 次のフレーズも触れておきましょう!• 」などがあります。 一つお願いがあります:I have one favor to ask. 意味的には「I have a favor to ask」と同じですが、「一つ」と強調するには数字(one)で表現しましょう!• もう一つお願いがあります:I have one more favor to ask. 」などもカジュアルに聞ける言い方です。 丁寧に「Could you do me one more favor? 」でもいいです。 ちょっとお願いしたいことがあるのですが:I have something I would like to ask. 」などとなります。 まとめ:お願い事をする時の「Please」は失礼!? お願い事がある時は、どうしても「please(プリーズ)」を日本人の多くが使いたがりますが、相手が聞き入れてくれるかどうかが分からない時は「命令口調」に聞こえます。 「~してください」という意味なので、とても上から目線に聞こえる場合があるので注意が必要です。 使って悪いことはありませんが、余り使いすぎるのはよくありません。 丁寧にお願いしているつもりでも、相手に対して失礼になる場合があるのことは覚えておきましょう! 「please」をよく使う場面は、「Could you please ~? 」など、丁寧な文章の中で更にお願いを強調する時でので、その点も押させておきましょう。 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の