プラグインブロック 解除。 カスペルスキー インターネット セキュリティ 2018 のバナー広告対策の設定方法

Microsoft Edge における Flash Player の有効・無効

プラグインブロック 解除

STORM/THiNQ/FLIPPER• Flash と HTML5 が自動的に切り替わるコンテンツの場合 Flashがブロックされている場合、HTML5コンテンツが表示されます。 もしFlashコンテンツを閲覧したい場合は、Flashを許可してからコンテンツを再読込してください。 または、Flash制約がゆるやかな、Internet Explorerで閲覧してください。 Flashコンテンツのみの場合 Flashがブロックされている場合、以下のような画面になります。 「こちら」のリンクをクリックしてください。 その後表示されるダイアログで、許可します。 FLIPPERの例• STORMの例• または、Flash制約がゆるやかな、Internet Explorerで閲覧してください。 GigaCast• 講師画面、参加者画面 以下の画面が表示されます。 「Flash Playerの実行を許可する」をクリックしてください。 その後表示されるダイアログで、許可します。 または、Flash制約がゆるやかな、Internet Explorerで閲覧してください。 管理画面 以下の画面が表示されます。 「こちら」をクリックしてください。 その後表示されるダイアログで、許可します。 または、Flash制約がゆるやかな、Internet Explorerで閲覧してください。 回線チェッカー 以下の画面が表示されます。 「こちら」をクリックしてください。 その後表示されるダイアログで、許可します。 または、Flash制約がゆるやかな、Internet Explorerで閲覧してください。 Libra(旧製品)• ユーザー画面 (コンテンツ詳細画面:本棚に並んでいるサムネイル画像をクリックした後の画面) 以下の画面が表示されます。 「こちら」をクリックしてください。 その後表示されるダイアログで、許可します。 または、Flash制約がゆるやかな、Internet Explorerで閲覧してください。 管理者画面 以下の画面が表示されます。 「こちら」をクリックしてください。 その後表示されるダイアログで、許可します。 または、Flash制約がゆるやかな、Internet Explorerで閲覧してください。 スコア・オンラインストレージ 以下の画面が表示されます。 「こちら」をクリックしてください。 その後表示されるダイアログで、許可します。 または、Flash制約がゆるやかな、Internet Explorerで閲覧してください。 ブラウザを最新にしてご確認ください。 Internet Explorer Flashはブロックされません。 Adobe Flash プラグインが無効になっている場合は、以下で有効にしてください。 右上の「ツール」メニューから「アドオンの管理」を選択します。 リストから「Shockwave Flash Object」を選択し、「有効にする」をクリックして閉じます。 再読み込みしてください。 Edge Flashはブロックされます。 三点メニュー>設定>詳細設定で「Adobe Flash Player を使う」を「オン」にします。 「こちら」をクリックした後、「一度のみ許可」をクリックします。 Chrome Flashはブロックされます。 Flashの許可方法は複数あります。 いずれかでご対応ください。 URL欄の左側にある「i」または「鍵」マークをクリックし、「サイトの設定」を選択します。 Flash:許可を選択します。 表示したい画面を再読み込みします。 [こちら]をクリックした後、アドレスバーに「プラグインをブロックしました」と表示されます。 プラグインアイコンをクリック 後、[管理]をクリックします。 「最初に確認する」に設定します• 再度[こちら]をクリックした後、[ 許可 ]をクリックします。 C)Chrome 設定画面から直接許可する方法• 最初に確認する(推奨)を「ON」、追加ボタンをクリックします。 許可したいサイトを入力し、「追加」ボタンをクリックします。 ブックURLに再度アクセスしてください。 Firefox Flashはブロックされません。 Adobe Flash プラグインが「実行時に確認する」の場合 画面の「Adobe Flash を実行します」をクリック後、「許可する」からプラグインの実行を許可してください。 Adobe Flash プラグインが「無効」の場合• 右上部のメニューからアドオンを選択します。 プラグイン一覧の「Shockwave Flash」を有効にしてください。 Safari(Ver12. 0の場合)• サイト毎にFlashを許可する場合• Flashがブロックされた場合は、「プラグインを使用するにはここをクリック」をクリックします。 ダイアログボックスの「信頼」をクリックします。 すべてのサイトでFlashを許可する場合• Safari環境設定Webサイトタブのプラグイン内にある「Adobe Flash Player」をクリックします。 「これ以外のWebサイトでのデフォルト設定」をオンにします。

次の

Chrome でポップアップをブロックまたは許可する

プラグインブロック 解除

Google Chrome では、ポップアップの自動表示はデフォルトでブロックされています。 ポップアップがブロックされると、アドレスバーにポップアップのブロック が表示されます。 ポップアップを許可することもできます。 ポップアップを無効にしてもポップアップが表示される場合は、不正なソフトウェアがインストールされている可能性があります。 方法をご覧ください。 ポップアップの有効と無効を切り替える• パソコンで Chrome を開きます。 右上のその他アイコン [ 設定] をクリックします。 [プライバシーとセキュリティ] の [ サイトの設定] をクリックします。 [ ポップアップとリダイレクト] をクリックします。 上部の設定を [ 許可] または [ ブロック] に切り替えます。 特定のサイトのポップアップをブロックまたは許可する ポップアップのすべてが広告やスパムではありません。 正当なウェブサイトで、ウェブ コンテンツがポップアップ ウィンドウで表示されることもあります。 パソコンで Chrome を開きます。 右上のその他アイコン をクリックします。 [ 設定] をクリックします。 [プライバシーとセキュリティ] の [ サイトの設定] をクリックします。 [ ポップアップとリダイレクト] をクリックします。 [許可] で対象のサイトを探します。 サイトの右側のその他アイコン [ ブロック] をクリックします。 サイトがリストにない場合は、[ブロック] の横の [ 追加] をクリックし、サイトのウェブアドレスを入力して [ 追加] をクリックします。 ]example. com を使用します。 Block notifications If you still get communications from a site after disabling pop-ups, you may be subscribed to notifications. To turn off notifications for a site:• On your computer, open Chrome. Go to the site you are getting notifications from. Select View site information. Next to Notifications, select Block from the drop down menu. You can also block notifications from your site settings. ポップアップに関する問題 引き続き不要なポップアップが表示される場合: してみてください(Windows のみ)。 それでも問題が解消しない場合は、をご確認ください。 職場や学校で Chrome デバイスを使用している場合: ネットワーク管理者がポップアップ ブロッカーを設定している場合があります。 その場合、この設定を自分で変更することはできません。 についての記事をご確認ください。 方法をご確認ください。 自分のサイトのポップアップがブロックされている場合 Chrome では、ユーザーにとって有用ではないと判定されたポップアップがブロックされます。 所有するサイトでポップアップがブロックされる場合は、をご覧ください。 このレポートで自分のサイトの問題が報告されている場合は、必要に応じて対処してください。

次の

Macでプラグインのブロックを解除する2つの主な方法

プラグインブロック 解除

「拡張機能」自体に用意されている場合 拡張機能によっては、有効と無効を切り替えるための項目が メニュー内に用意されています。 下図は例として、プラグイン「AutoPagerize」の場合のメニュー画面です。 なお、上図のようにメニュー内に「無効」が用意されているプラグインであっても、その機能が有効になるページでないとメニューが表示されない、といったケースもあります。 メニュー内に「無効」の項目が無いプラグインは、次の方法を試してみてください。 右上にアイコンが表示されている場合 Chromeの画面右上に、プラグインのアイコンが表示されている場合。 その アイコンを右クリックした後、[拡張機能を管理]をクリックします。 すると拡張機能の画面が表示されて、プラグインの一覧が表示されます。 その中から、無効にしたいプラグインのスイッチをオフにします。 これで、そのプラグインが無効の状態になります。 右上にアイコンが無かった場合 もしも、Chromeの画面右上に プラグインのアイコンが無い場合。 その場合は、下記の手順でプラグインの設定画面を表示します。 続いて、無効にしたいプラグインのスイッチをオフにします。 これでプラグインが無効になります。 [有効]に戻すには [有効]に戻すには、上記と同じ手順を繰り返して、有効の状態に変更します。 手順は以上です。 無効と有効を切り替える必要がある方は、上記の手順のいずれかを試してみてくださいね。

次の