ネプチューン 名倉。 名倉潤の顔つき(顔色)が変わったか画像比較!むくみで変化した理由は侵襲が気になる!

名倉潤、手術からの早期復帰がアダか

ネプチューン 名倉

渡辺勝彦さんと「ジュンカッツ」というコンビを結成し下積みを重ねていましたが、相方の渡辺さんが引退したため、ピン芸人となり仕事が激減。 そんな中、後輩の原田泰造さんと堀内健さんからツッコミをしてほしいと頼まれ、1994年に「 ネプチューン」を結成。 大御所芸能人にもひるむことなく 鋭いツッコミをいれる芸風が高く評価され、ネプチューンとしてのレギュラー番組の他に、単独で単発の司会業なども務めています。 2005年にタレントの 渡辺満里奈さんとの結婚を発表し、2007年に長男、2010年に長女をもうけています。 4人兄弟の長男である名倉良知さんは、中目黒にある 「ステーキなぐら」の社長を務めています。 顔は名倉潤さんとは少し違っていますが、ダンディな方ですね。 以前はイタリアン料理店を10年ほど経営していたそうですが、かねてから「ステーキ店をやりたい」と思っていたのだとか。 そんな兄の夢を叶えるため、援助を申し出たのが名倉潤さんです。 「ステーキなぐら」は良知さんが社長を務め経営されていて、オーナーも良知さんが務めていますが、店のプロデュースを務めたのは名倉潤さんです。 名倉さんは芸能人ではありますが、とても庶民的な感覚を持っていると兄・良知さんは話します。 そのため、「もっと安くしてくれ」という要望が多く、良知さんはその要望に応えるべく、かなり無理をしてリーズナブルな価格で美味しいステーキを提供しているそう。 兄の夢を叶えるために援助し、しかも自らが店をプロデュースするなんてとても兄思いな名倉さん。 兄弟仲の良さが見て取れますよね。 名倉さんは多い時には「ステーキなぐら」に 週3回も訪れることがあるそう。 後輩や芸人仲間など大人数を連れて、お店に貢献しているそうです。 また、お店で使用する野菜を提供してくれる農家は名倉さんの奥様である渡辺満里奈さんが紹介したそう。 家族総出で良知さんのために「ステーキなぐら」を支えているようですね。 良知さんは、「肉=男」というイメージを払拭するために、女性も入りやすいオシャレな店内、メニューも女性ウケを狙ったものを考案し、こだわりのお店づくりを心がけているようです。 もはや名倉潤さんそのもの…といっても過言ではないほど瓜二つですね。 顔はほぼ同じですが、生きる世界は名倉さんと教文さんとでは全く違います。 兄・教文さんはなんと指定暴力団「山口組」の山健組幹部ならびに名倉組組長を務めている、正真正銘の 暴力団員です。 これだけバラエティ番組などでも躍している名倉さんの実の兄が暴力団というのはもっと大きく取り上げられてもいい気がしますが、これは、言わずと知れた 芸能界のタブーだそう。 「山口組」と言うと、メディアでも取り上げられることが多く、抗争や分裂騒動などが現在も続いていることが知られていますが、組織の構造はイマイチ分からない人が多いでしょう。 「山口組」は100ほどの派閥に分かれていて、全てを総称して「山口組」とされるため、かなり大きな組織であることがわかります。 名倉教文さんが所属する「山健組」の組長は、この100の派閥のうちの1つであり、「山健組」で幹部を務める教文さんは組織の中でもかなり権力を持った存在です。 また、教文さんが組長を務める「名倉組」はこの「山健組」の傘下の1つです。 こうして下への連なりでかなり大きな組織を形成し、全国的に見ても最も力を持った暴力団と言えます。 これだけの大所帯となり、現在では「山口組」が3つに分裂しそれぞれが抗争状態にある、とても不安定な状況なのです。 薬物取締法違反、窃盗罪や暴行罪などとにかく極悪非道を極めた人生を送ってきました。 そしてきわめつけは、なんと 殺人を犯し逮捕されました。 名倉教文さんが逮捕されたのは2004年4月。 毎日新聞の紙面でも取り上げられた殺人事件ですから、決して噂ではなく、実際に殺人犯として逮捕されています。 この事件で被害者となったのは暴力団飯島会系組幹部。 東京都江東区で刺殺されており、この事件で名倉教文さんと、渡部俊文さんが殺人容疑で逮捕されています。 暴力団飯島会は、五代目山口組の渡辺芳則組長が初めてヤクザの世界に足を踏み入れたことでも有名な、関東神農同志会に加盟するテキヤ組織だそう。 この殺人事件は、飯島会と三代目山健組との間の抗争により起こり、計6人の死傷者を出しました。 罪名が殺人であることから、まだ服役中と考えられますが、噂によると教文さんが出所している可能性があると言います。 現在、跡目をめぐって大きく分裂を見せる「山口組」。 かの有名な「山一抗争」ほどの大きな抗争に発展する可能性を見越して、警察は厳戒態勢だと言います。 この分裂騒動により、各地で頻繁に抗争が起きており近隣住民への影響が懸念されています。 教文さんが組長を務める名倉組も含め、20の団体を抱えるという山健組が6代目山口組を抜けるようなことがあれば、大抗争に発展しかねません。 もしも、教文さんがこのタイミングで出所しているとなれば、名倉潤さんへ与える影響も計り知れませんよね。 naver. 現在各地で抗争が起こり、指定暴力団員の動向に世の中の関心が高まっている中で、教文さんに関する報道がこれだけ皆無であることはかなり不自然です。 どんなに小さな事件であっても、芸能人の家族が犯罪に関わった場合は、マスコミが騒ぎ立て、謝罪会見などを行う例もあるくらいです。 それなのに、教文さん逮捕時、メディアが名倉潤さんの兄が逮捕されたと騒ぎ立てることは一切ありませんでしたし、出所した噂がある今も、教文さんに関しては何一つ情報がありません。 これは、明らかに 報道操作がなされている可能性 が高いです。 名倉さんが所属する事務所「渡辺プロダクション」は、政財界にまで太いパイプを持つと言われる芸能界最大手プロダクションです。 おそらく報道を規制するよう手を回しているのでしょう。 本来なら、身内に暴力団員がいるというだけで大問題、しかも殺人という罪を犯しているとなるともはや芸能界で生きていくことは不可能なはず。 それでも名倉潤さんが現在のような活躍を見せる裏では、大きな力が動いているのです。 芸能界は怖いですね。 ただ、名倉潤さん自身は妻・渡辺満里奈さんと2人のお子さんを何よりも大切にする 家族思い で素敵な方です。 バラエティ番組で見せる活躍も素晴らしいわけですから、とんでもない兄のせいで名倉さんの人生までめちゃくちゃになってしまうようなことがあってはなりません。 イメージ命の仕事の中で、兄・教文さんの存在はとても危険なものではありますが、そこは事務所の力を存分に利用して、どうか末永く芸能界で活躍してほしいですね。 名倉潤の兄と逮捕歴についてのまとめ ・名倉潤の長男は「ステーキなぐら」の経営者をしている ・名倉潤のもう一人の兄は「山口組」の山健組幹部で2004年に逮捕されたことがある 鋭いツッコミと、持ち前のノリツッコミギャグで多くのレギュラー番組を持つネプチューンの名倉潤さんには、3人の兄がいることで知られています。 1人に関しては全く情報がありませんが、長男は「ステーキなぐら」の経営者である良知さん、そしてもう1人の兄は指定暴力団「山口組」の山健組幹部である教文さんです。 教文さんは、2004年に殺人罪で逮捕されました。 このことは芸能界のタブーとされ、マスコミが一切報道しない事実と言われています。 抗争が激化する中で、教文さんの動向が名倉潤さんの芸能活動に影響を与えないことを願いたいですね。

次の

名倉潤の兄の事件と逮捕歴まとめ!兄・名倉教文の存在を語るのはタブー?

ネプチューン 名倉

スポンサーリンク 名倉潤の顔つき 顔色 が変わったか画像比較!変化した理由は? 名倉潤の顔つき 顔色 が変わったか画像比較! 名倉潤さんの顔つきが昔や「しゃべくり」などの動画公開された時に明らかに顔つきが変わったと言われて話題になりました。 うつ病公表したから最近のしゃべくりの名倉潤調べたけど、マジで顔死んでるやん よくこの状態で頑張ってたな — K. TAK longtimenosee95 そんな、名倉潤さんの顔つきが変わったのか昔の名倉潤さんと比べてみると… 【現在の名倉潤】 (画像引用元:) (画像引用元:) (画像引用元:) 【昔の名倉潤】 (画像引用元:) (画像引用元:) (画像引用元:) 現在はむくんでいるように見え、以前よりも元気が見られませんね。 年齢によるものかもしれませんが、鬱を患って復帰したこともあり、体調が心配されます。 スポンサーリンク 名倉潤の顔つき 顔色 が変わった理由は鬱? 名倉潤さんの顔つき 顔色 が変わった理由は、手術による侵襲でうつ病になって2ヶ月もの休養したのが原因と言われています。 お笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤(50)が、きょう1日から約2ヶ月間、 うつ病のリハビリのため休養することを所属事務所が発表した。 名倉は「少しの間休養させて頂きます。 体調を回復させて戻って参りますので、よろしくお願い致します」とコメントを寄せた。 名倉は昨年6月に頚椎椎間板ヘルニアの手術を行い、10日間ほど休養した後に復帰。 手術の経過は良好な一方で、手術の侵襲という普段の生活圏にはないストレスが要因でうつ病を発症し、一定期間の休養が必要という医師の診断により、再度休養することになった。 休養前の最後の仕事は7月31日のテレビ朝日系『ナニコレ珍百景』収録だった。 引用: その後、名倉潤さんは復帰しましたが、以降はむくんでいるように見え、上記の画像のように元気ない顔つきで心配されているのです。 名倉潤のうつ病の原因「手術の侵襲」とは? 名倉潤さんがうつ病の原因である 「手術の侵襲」とは、手術に伴う身体的精神的な刺激のことで、手術による予想外の刺激で体が反応してストレスとなってうつ病になったようです。 侵襲とは外的要因によって、生体内のいつもの状態を乱すことを言います。 そして、「手術の侵襲」とは、手術に伴う身体的精神的な刺激を指し、手術によって生体のいつもの状態が乱れ。 その外的要因による生体の乱れが、うつ病の原因となるストレスとなってしまったのです。 このように、名倉潤さんが見舞われた「手術の侵襲」とは、手術に伴う身体的精神的な予想外な刺激で、体が反応してストレスとなってうつ病になったようです。 スポンサーリンク 名倉潤 プロフィール (画像引用元:) 本名 名倉 潤 ニックネーム 潤ちゃん、リーダー 生年月日 1968年11月4日 出身地 兵庫県姫路市 血液型 AB型 身長 170cm 事務所 ワタナベエンターテインメント 活動時期 1986年~ 1986年デビューし元々は俳優志望だったが、3年後の1989年にお笑いに転向し、同年に渡辺勝彦とジュンカッツというコンビを組み、ツッコミを担当します。 駆け出しの頃は「東京フレンドパーク」で前説を務めるなど下積みを重ねていたが、相方が辞めてピン芸人となり仕事も激減してしまいます。 しかし、ボケしかいない後輩のコンビ芸人フローレンス(原田泰造、堀内健)に「ツッコミをやってほしい」と持ちかけられ、1994年にネプチューンを結成します。 そして、ネプチューンから活躍しだし、「ボキャブラ天国」等で知名度を高めます。 その後は、ネプチューンとして「力の限りゴーゴゴー!! 」「銭形金太郎」「ハモネプ」等の冠番組を次々ともって売れっ子芸人となります。 現在も「ネプリーグ」「あいつ今何してる?」「ナニコレ珍百景 」等とレギュラー番組をもっています。 2005年4月5日には共演していた渡辺満里奈さんと結婚し、以降の名倉さんは司会・コメンテーターや雑誌の執筆活動等とピンでの活動も増えていきます。 2010年には中目黒にプロデュース店「ステーキなぐら」を開店しています。 名倉潤の顔つき 顔色 が変わったか画像比較!むくみで変化した理由は侵襲? 名倉潤さんは確かに鬱から復帰後が、むくんでいたりと顔つき 顔色 が変わったように見えます。 年齢によるものもあるかもしれませんが、鬱が再発したら大変ですので、このご時世ですし体調には十分に気をつけてもらいたいです。 せばな~.

次の

ネプチューン名倉潤の「うつ病休養」発表と東スポ報道の”あのウワサ”に関係は?|日刊サイゾー

ネプチューン 名倉

名倉潤(より) お笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤が、頸椎椎間板ヘルニア手術後の侵襲により、うつ病を発症したことからリハビリのため約2カ月間休養すると、所属するワタナベエンターテインメントから発表された。 これまでの活躍から考えても、名倉はうつ病からは遠いイメージだけに、今回の発表はショッキングなニュースであった。 50歳と働き盛りの名倉に何があったのだろう。 名倉は2018年6月末に頚椎椎間板ヘルニアの手術を受けたが、術後わずか10日間の休養で仕事復帰を果たした。 一口に頚椎椎間板ヘルニアの手術といっても、頚部の皮膚を切開して行う方法や、内視鏡手術などがある。 いずれの方法にしても、体にダメージを与えることは変わりなく、術後は十分な休養が必要といえるだろう。 頸椎椎間板ヘルニアの手術は、術後に痛みやしびれが残ることも珍しくなく、名倉は早い復帰がアダになった可能性もある。 多くの報道で、名倉のうつ病の原因は「頸椎椎間板ヘルニアの手術による侵襲」と表現されている。 侵襲とは、わかりやすくいえば「身体に害を及ぼすこと」である。 外科手術などによって体にメスを入れたり、麻酔などの薬剤を投与することは、体にとって大きなダメージとなり、神経・内分泌系に影響を与え、さらに免疫系にも影響を及ぼす。 侵襲は術後に起きる体の防御反応ともいえる。 また、侵襲により合併症などを引き起こすこともある。 名倉のケースでは、手術自体は成功し合併症などはなかったと思われるが、手術により炎症反応が体内で起きたことで、自立神経のバランスを崩し、うつ病を発症した可能性もある。 また、術後に多少の痛みや違和感が残っていたことも予想され、その場合、痛みを抱えての仕事復帰がストレスとなり、うつ病につながったといえる。 うつ病は完治できるのか、との問いに対しては諸説あるが、筆者の医療現場での経験からは「うつ病は治療できる」といえる。 うつ病の治療に不可欠なものは「うつ病であるという本人の自覚」である。 本人の自覚がなくては、治療はもちろん、十分な休養も取れない。 また、家族や周囲の人の理解と協力も不可欠である。 名倉については、事務所が休養の発表とともに「病状の回復には家族と過ごすなど平穏な時間が不可欠ということで、休養期間中は本人、親族への直接の取材はなさらぬよう、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします」と呼びかけた通り、静かに見守ることが最良の応援といえるだろう。 (文=吉澤恵理/薬剤師、医療ジャーナリスト).

次の