コシアブラ レシピ。 山菜の女王「こしあぶら」|見分け方と採取時の注意点まとめ

コシアブラ(漉油)の時期・採り方・食べ方・レシピ・栽培方法

コシアブラ レシピ

Contents• コシアブラの食べ方 写真左の方が成長した芽です。 大きくなりすぎると、茎の部分が茶色く太くなって行き、硬くなって行きます。 その場合は硬い部分を落とせば問題なく食べることができます。 (味や風味は損なわれます) 右のほうが、新芽です。 この時がイチバン香り高く、美味しいとされています。 コシアブラは、木の新芽です。 切り取った部分にまだ木の部分が付いている場合はこれを切りおろします。 先端に付いている袴の部分も手で外して行きます。 この時、芽がバラバラになってしまうことがあるので気をつけましょう。 我が家はある程度成長して、手のひら大になったこしあぶらも、硬い部分を落として天ぷらにして食べます。 天ぷら ふきのとうが終わり、たらの芽、こしあぶらと山菜の天ぷらのパレードです。 大根おろしやもみじおろしでさっぱりすると、食べやすいです。 天ぷらの場合は、灰汁抜きは不要です。 バラバラになったこしあぶらでも、天ぷら粉でまとめて上手にあげられます。 揚げたての天ぷらに、塩をパラパラとかけて素材の味を楽しむことがオススメします。 アレンジ これを人参や玉ねぎ、枝豆などと一緒にかき揚げにします。 季節的にも気温が上がりさっぱりと食べたい時にサラダうどんや冷たいそばと一緒に食べます。 食べやすくてお腹も満足です。 こしあぶらご飯 炊いたご飯に、茹でたこしあぶらと塩昆布、味が足りなかったら塩と味しょうゆを少し足します。 昆布から茶色い色が出るので、時間が経つとご飯が茶色くなってしまいます。 色を綺麗にしたいのであれば、昆布は食べる前に入れることをオススメします。 コシアブラも同様、食べる前に入れると一番香りがいいです。 ジャーの中で保温しておくと色も悪くなり香りも失われます。 私はこの食べ方が一番好きで、超美味しくて何杯も食べれてしまいます。 こしあぶらの香りがふんわり鼻を通る絶品! 我が家のアレンジ 常温で冷えても美味しく食べれます。 余ったら翌日おにぎりにしてお弁当にどうぞ。 のりを巻くのがもったいない美味しさです。 こしあぶらチャーハン 混ぜご飯の応用編です。 我が家では主に、成長したこしあぶらを使用します。 細かく切って、チャーハンにします。 具は、シンプルにしたほうがよりコシアブラの風味を感じることができますが、ベーコンやねぎ、卵を入れても美味しく食べられます。 味付けは醤油をベースにした和風味。 子供も食べやすい調理法ではないかと思います。 超簡単!茹でるだけ 写真: 我が家はこの食べ方が一番多いです。 アクの少ないこしあぶらをサッと茹でて、マヨネーズをつけるだけ。 シンプルだけど、飽きない美味しさです。 味しょうゆやしょうゆマヨでもいいですね。 初モノは、素材を味わうのがイチバン! コシアブラの保温方法 冷蔵保存 我が家は基本的に冷蔵庫で保存です。 風味を損なわないために、2・3日で食べきることがオススメですが、2・3日を過ぎても十分美味しく食べることができます。 山菜は、乾燥しないように、霧吹きをかけた新聞紙で優しく包み、野菜室で保管しています。 密閉せず、空気が流れるようにしておくといいです。 茹でてから冷蔵保存 お湯でサッと茹でてからタッパに入れて冷蔵庫で保存しておきます。 その後簡単に調をすることができるのでオススメです。 マヨネーズで食べてもよし、ご飯にあえてもよし、春の山菜スパゲティにしても美味しいです。 冷凍保存 我が家では冷凍保存をすることはありません。 しかし、冷凍しておくこともできるそうです。 長期間保存したい場合は冷凍します。 その場合は、薄めの塩を加えて沸騰させている湯の中で1分半程度固めに茹で、氷水に落としてしばらくそのまま水にさらしてアクを抜いた後、よく水気を切って小分けしてアルミやステンレスのバットに広げ一気に冷凍します。 凍ったものを小分けしてラップなどで包み、保存袋に入れて冷凍しておきます。 更に長期間保存する場合はタラの芽と同じように塩漬けにします。 引用:.

次の

山菜の女王・・・「コシアブラご飯」のレシピ : 八ヶ岳岳麓蕎麦便り

コシアブラ レシピ

山菜と一口に言っても 色々な種類がありますよね。 「ふきのとう」や「たらの芽」などは、 誰もが知っている有名な山菜になります。 そういった山菜の中で、 コシアブラという山菜があるのはご存じですか? 私もちょっと前までは知らなかったのですが、 頂いて食べてみてからというもの、 すっかりと虜になってしまっています。 まだまだ 世間では認知されていないコシアブラですが、 今回、ここで紹介したいと思います。 コシアブラとは何ぞや? っていうところから始まり、 美味しい食べ方をご紹介します。 料理方法、栄養や保存方法などなども。 ぜひぜひ コシアブラに興味を持った方は食べてみて下さいね。 もくじ• 山菜コシアブラとは コシアブラというのは、 山菜の中の1つになります。 学術的な種別としては、 ウコギ科ウコギ属になるわけですが、 まぁ、学術的な話は別に良いですね。 全国の雑木林で見られることが出来るのですが、 その時期としては、 4月くらいから6月いっぱいぐらいです。 暑くなってきてしまうと、 見ることが出来なくなってしまうので、 初めは四国などのほうから見られるようになり、 少しずつ北上していくイメージです。 このコシアブラですが、 自分で採ることも難しくありません。 しかし、 山菜の中には コシアブラに似たようなものもあるため、 採りに行く時はちょっと注意が必要です。 では、 その似ている山菜と併せて 特徴も少し紹介します。 似ている山菜は、 たらの芽とハリギリですが、 これらとコシアブラを見分ける必要があります。 そのために必要なのが 「特徴を覚えること」ですが、 コシアブラの特徴は・・・• 葉っぱは5枚に分かれている• 10メートル以上の大木• うす暗い雑木林に生えている• 幹はつやつやとしてトゲがない これが主なコシアブラの特徴となります。 それに対して、 似ているたらの芽、ハリギリの特徴ですが・・・ たらの芽 ・木の高さとしては、せいぜい5メートル程度 ・明るい場所に生えていることが多い ・幹にはトゲトゲがはえている。 ハリギリ ・20メートル以上の大木 ・幹にはトゲがある たらの芽、ハリギリには こういった特徴があります。 つまり、 これらの特徴を見分けることが出来れば、 コシアブラを採ることは難しくありません。 ポイントは木の高さとトゲのあるなしになるかと思いますね。  コシアブラの美味しい料理 コシアブラの美味しい料理は様々ありますが、 やはり山菜ということもあり、 一番のオススメは 天ぷらです。 他の山菜も天ぷらで食べることが多いと思いますが、 これはコシアブラでも同様なのです。 では、 ここで誰でも簡単に作れる美味しい天ぷらのレシピのご紹介。 参照: 《材料》 ・こしあぶらの葉っぱ・・・適量 ・天ぷら粉・・・適量 ・氷水・・・適量 ・揚げ油・・・適量 材料は適量ばっかりですね。 でも、この辺りは正直、 分量はあまり関係ないです。 天ぷら粉だけ市販の天ぷら粉を用い、 パッケージに記載してある分量で作ればOKです。 では、次に作り方の紹介をします。 《作り方》 ・コシアブラの汚れをさっと落とします。 (この時、あまり水でバチャバチャやるのではなく、 あくまでさらっとやったほうが良いです。 ) ・天ぷら粉は作った後、冷蔵庫でよく冷やしておきます。 (こうやると出来上がりがカラっとして美味しいです。 ) ・コシアブラに天ぷら粉をつけて、よく熱した油の中に投入します。 (油の温度は少し高めぐらいが良いです。 ) ・揚げている間は、葉っぱは焦げやすいので目を離さないようにして下さい。 ・揚がったら油をよく切って、塩で頂いて下さい。 作り方はこれだけですので、 特に難しいことはないかと思います。 食べ方としては 塩の他に、 めんつゆに大根おろしを落として食べるのもオススメです。  いろんな食べ方がある? 美味しい食べ方として、天ぷらを紹介しましたが、 コシアブラには 他にも美味しい食べ方がいくつもあります。 今回も参照はクックパッドさんです。 コシアブラの酢味噌和え 《材料》 ・コシアブラ・・・100g ・白みそ・・・大さじ2 ・砂糖・・・大さじ1 ・お酢・・・大さじ1 ・みりん・・・小さじ1 《作り方》 ・塩を入れた熱湯でコシアブラをサっと茹でます。 ・茹でた後に3センチぐらいの大きさに切ります。 ・切った後のコシアブラと他の材料をあえます。 ・完成 ポイントとしては、 味噌が固いようであれば、 みりんを加えて調整します。 コシアブラご飯 《材料》 ・お米・・・2合 ・塩昆布・・・適量 ・昆布茶・・・小さじ2 ・ごま油・・・大さじ1 ・白ごま・・・適量 ・めんつゆ・・・大さじ1 ・酒・・・大さじ1 ・みりん・・・大さじ1 《作り方》 ・お米の水加減を少し固めにし、昆布茶と塩昆布を入れて炊きます。 ・コシアブラを食べやすい大きさにカットし、フライパンで炒めます。 ・炒める際、ごま油を使用し、酒、みりん、めんつゆを加えた後、水分を飛ばします。 ・ご飯をよそい、上にコシアブラを載せて完成です。 生の葉を入れると風味が増します。 ただ、苦手な人もいるので、 加減を見たほうが良いかもしれません。 今回、 コシアブラを美味しく食べることが出来るレシピを 2つ紹介しました。 他にも色々な食べ方がありますが、 各々、レシピを開発するというのも面白かったりします。 失敗すると大変なことになりますけどね・・・ 笑  こしあぶらの健康効果は? ここまで 美味しい食べ方をいくつか紹介したこしあぶらですが、 ただ美味しいだけではなく、 健康という点で見ても優れた食材です。 まず、 何と言っても嬉しいのが、 カロリーが低いこと。 そのため、 少し食べたくらいでは、 太るなどは気にすることはありません。 (ただ、食べ方にもよりますけどね・・・) そして、 食物繊維が豊富であるため、 便秘であったり、ダイエットに効果的です。 私もコシアブラを食べる時期というのは、 その効果のためか、 便秘に悩んだという時はほとんどなかったと思います。 また、食物繊維の他、 豊富な栄養素として、 ポリフェノールもあげられます。 そのために、 動脈硬化や抗酸化作用、抗菌作用やガンを抑える効果 などがあります。 このように 様々な効果を持つコシアブラですので、 ぜひぜひシーズンの時には 積極的に食べてもらいたいですね。 どちらかと言えば、 大人の味なので、 苦手な方もいるかもしれませんが、 ハマると毎年、食べたくなる食材です。  こしあぶらの保存方法 貰ったり、摂ってきたコシアブラは、 ぜひとも早めに食べて欲しいところです。 なぜなら、 あまり日持ちするものではなく、 保存すると、 コシアブラの良さである独特の風味が飛んでしまうこと になるためです。 ただ、 どうしても 保存しなければならない時があるかと思います。 その時ですが、 まず、2~3日以内であれば、 乾燥を防ぐように保存します。 新聞紙に包んで、 更にポリ袋などに入れて野菜室に入れるようにします。 この時、 ポリ袋には少し穴を開けてあげるようにして下さい。 続いて、 長期間保存したいということもあるかと思います。 その時は、 まず塩を入れた熱湯にて茹でます。 この時、 茹でる時間としては、 少し固めぐらいを目安にして下さい。 固めに茹でた後は、 氷水につけて、しばらく置きます。 その後、 水気をしっかりと切って、冷凍します。 この冷凍の際は、 バットなどに広げて冷凍するようにすると、 あっという間に凍ります。 凍った後は、冷凍庫から取り出し、 小分けにして、ジップロックなどで保存するようにして下さい。 これで コシアブラを長期間、保存することが可能となります。

次の

コシアブラは栄養たっぷり、山菜の女王

コシアブラ レシピ

樹木シリーズ103 コシアブラ• 最近、山菜として人気急上昇のコシアブラ 漉し油、ウコギ科 若芽は、タラノメと並び人気の山菜だが、秋田ではほとんど食べなかった。 しかし、最近は山菜ブームに乗ってポストタラノメ的存在になりつつある。 幹がブナのように白く、枝の先に5枚の葉を掌のようにつけているのが特徴。 タラノキのようにトゲがないのも人気の秘密かもしれない。 深山のブナ林帯から里近くの雑木林や林縁、林道脇などに自生している。 和名の由来は、昔、この木の樹液を漉して、槍や刀などの錆止め用の油として使われていたことによる。 ノウサギは、雪の上に出ているコシアブラが大好物でよくかじることから、別名ウサギカジリとも呼ばれている。 名前の由来・・・かつてこの木の樹液を漉して、金属のさび止めなどに使う塗料油として使われていたことから、「漉し油」と書く。 越後産の油だから「越油」という説もある。 別名ゴンゼツ 金漆 は、槍や刀の錆止め用の漆として利用するなど、黄金色に輝く塗料として珍重されたことによる。 花期・・・8月頃、高さ10~20m• 花・・・線香花火のような花序。 花は黄緑色。 雄しべ、雌しべ・・・雄しべは5個、中央に雌しべが1個。 花弁は白色5個で後ろに反り返る。 葉・・・小葉は5枚の掌状複葉で、トチノキに似ているが、本種は小葉に柄があるので判別できる。 鋸歯は細かい。 果実・・・扁平な球形で、黒色に熟す。 ツグミやヒヨドリなどの野鳥、ツキノワグマなどの好物。 黒く熟した果実• コシアブラの黄葉と果実・・・若芽は山菜として有名だが、黄葉や実を見る機会は少ない。 5枚の小葉は白っぽく半透明な黄色に黄葉する。 最後は白くなって散ってゆく。 果実は黒く熟し、多くの鳥が採食する。 樹皮・・・灰白色でなめらか。 成木になると、ブナの幹のように地衣類の付着が目立つ。 豆腐の木・・・材が柔らかく、色も白いので「豆腐の木」と呼んでいる所が多い。 一刀彫の材料・・・山形県米沢笹野地区に伝わる一刀彫の材料は、付近で採れるコシアブラ。 主にサルキリを使い、頭部や翼部、尾部を成型し、ポスターカラーで彩色する。 代表的な作品は、商売繁盛の守り神「お鷹ぽっぽ」。 山菜・・・タラノメやウドと同じウコギ科の木の芽の部分を山菜として食用にする。 利用するのは若い葉芽。 ただし、高木になると採取できないので、雑木林で伐採した後の株から芽吹いた若い木がターゲット。 粘り気のある木でよくたわむので、簡単に引き寄せて採れる。 「山菜の女王」とも呼ばれている。 栄養価と薬効・・・新芽は栄養価が高く、特に脂肪や良質のたんぱく質、フラボノイドが多く、血圧降下などに役立つと言われている。 採り方・・・葉が展開する前のすぼまった状態の頂芽を、指先で折り取る。 脇芽まで採ると枯れるので残す。 アクで手が黒くなるので軍手は必携。 硬くなった葉でも、一枚葉を天ぷらに揚げると美味しいらしい。 だから夏でも利用可能な旬の長い山菜である。 コシアブラの栽培・・・横手市山内三又地区では、耕作放棄地を利用した山菜の産地づくりを進めている。 その一つがコシアブラ。 定植活動は、地元高校生を招き世代間で交流しながら実施している。 山菜として収量を上げるには・・・一本のコシアブラの頂芽を増やすことが大切。 若芽採取の効率性を考慮すれば、1m前後で幹を剪定し、低い位置からの分枝を促すようにする。 開いたばかりの若い葉芽は、美しい透き通るような黄緑色で、その名のとおり「油」を感じさせる艶がある。 料理・・・新芽はハカマをとって料理する。 天ぷら、おひたし、各種和え物が定番。 ウサギカジリ・・・ノウサギは、冬は雪の上に出ている木の皮や木の芽をかじって生きている。 特に好きなのがコシアブラの木で、この木を見つけると、きれいに皮も芽もかじってしまう。 だから、ウサギカジリなどとも呼ばれている。 参 考 文 献• 「山渓カラー名鑑 日本の樹木」 山と渓谷社• 「葉っぱで見分け 五感で楽しむ 樹木図鑑」 ナツメ社• 「里山の花木ハンドブック」 多田多恵子、NHK出版• 「別冊趣味の山野草 日本の山菜100」 加藤真也、栃の葉書房• 「きのこ・木の実・山菜カラー百科」 主婦の友社• 「釣り人のための山菜・きのこ50」 菅原光二、つり人社• 「読む植物図鑑」 川尻秀樹、全国林業改良普及協会• 「山菜ガイド」 今井國勝ほか、永岡書店.

次の